人気ブログランキング |
王子さま寛訳まとめ(Le petit Prince - fin -)
王子さま寛訳が終わった。

寛訳を始めたのがヴィシー到着10日後の4月17日。そして今日、ヴィシー出発の前夜に全てを訳し終えることができた。最後の方は詰まっちゃって大変だったけど、なんとかやり遂げることができて良かったと思う。

王子さまのメッセージは、「大切なものってなんだろう」ということかな、と思う。人間は数字ばかりを追いかけて急行列車に乗っているけれども、何を追い求めているのか、何が大切なのか、自分でもわかっていない。大切な花のためにガラスケースを被せてあげること、大切な友人のために井戸の水を汲み上げること、そういった大切なものを持つことこそ喜びをもたらすんだよ、ということなのかなと思った。

「大切なものは目には見えない」と訳される有名なセリフがあるけど、物語を振り返って思うのは、「目には見えないのに心が追いかけてしまうのは大切なもの」でもあるなのかなと少し思った。そしてむしろ、目に見えないことが大切なものをもっと大切にするために作用しているように思った。たとえば王子さまが羊から花を守りきれないかもしれないという目に見えない謎があるわけだけども、その謎があるせいで「僕」は王子さまのことを考えずにはいられなくなっているし、王子さまももともと自分の星にいた時には花の大切さに気付いていなかったのに、遠くに来て花がか弱い存在だと感じるようになってから花のことばかり考えるようになった。「目には見えない」というのはこの物語の中でちょっと大きめな意味を持つことなのかなと思う。

全体を通して少しよくわからない要素も多かった。特に王子さまが地球で最初と最後に出会う黄色い蛇はどういう役回りだったのか、未だにわかっていない。まあ良いのだけど。

いずれにせよ4月のフランス語初修時代に始めて、こうして5か月間で最後まで訳すことができ、本当に良かったと思う。けっこう頑張った。今後またすぐにできるとは思わないけど、時間がある時にはまた寛訳をしていこうと思う。


長々と拙い寛訳にお付き合いいただいた方、どうもありがとうございました。怪しいところもかなりあるはずなので、より正確な訳は書店でお求めください。またいずれ寛訳することもあると思うので、その際にはまたお楽しみいただけるように頑張りたいと思います。


~ 寛訳リンク ~
12345678910
11121314151617181920
21222324252627あとがき
by kan-net | 2013-08-31 08:29 | 練習
<< Au revoir Vichy... 王子さま(寛訳完) (&qu... >>