人気ブログランキング |
王子さま(寛訳26) ("Le Petit Prince")
二十六

井戸の脇には古い石壁の瓦礫があった。翌日の夕方、僕が修理から戻ってきたとき、僕は遠くから王子さまがその上に座って両足をぶらぶらさせているのを見た。そして僕は彼がこういうのを聞いた。

「つまり君は覚えていないの?」、彼は言った。「ピッタリここではないよ!」

他の声が間違いなく彼に応えた、というのも彼が返事をしたから。

「いや、いや!日付はいいんだよ、でも場所がここではないんだよ・・・」

僕は壁の方へ歩みを進めた。ずっと誰も見えず何も聞こえなかった。だけど王子さまがまた言い返した。

「・・・もちろんさ。砂漠の中で僕の足跡がどこで始まっているか見てごらんよ。君はそこで僕を待っていてくれさえすればいいんだ。今夜そこへ行くからさ。」

僕は壁から20メートルのところにいたけれども相変わらず何も見えなかった。

王子さまは少し黙った後でまた言った。

「良い毒があるの?長い間苦しかったりしないんだね?」

僕は不安を抱きながら立ち止まり、でも相変わらず何もわからなかった。

「ほら、行ってよ・・・」、彼は言った。「下りたいんだ!」

e0001193_9291875.jpg


その時僕は壁の下の方へ目線を下ろし、跳びあがった!そこには、王子さまの方へまっすぐ伸びる、30秒で死に追いやる種類の黄色の蛇がいた。銃で撃ち殺そうとカバンを必死で探りながら、僕は走り出し、だけれども僕がたてた物音で、蛇は噴水が止まったように滑らかに砂の中へ滑り込み、そして、決して急ぎ過ぎることなく、軽い金属音を立てながら石の間へ潜り込んでいった。

僕は壁に駆け寄り、雪のように真っ青になった僕の王子さまをちょうど腕に受け止めた。

「なんてことだ!君は蛇と話をしていたね!」

僕は彼がいつも身に着けている金色のマフラーを取り除いた。僕は彼のこめかみを濡らしてやり、水を飲ませてやった。そして僕は彼にもう何も尋ねられなくなった。彼は深刻そうに僕を見つめ、僕の首に腕を回していた。僕はカービン銃で撃った死にかけの鳥のように彼の心臓が脈打っているのを感じた。彼は僕に言った。

「君の機械のよくなかったところが見つかったみたいで嬉しいよ。家に帰れるね・・・。」

「どうして知っているの!」

僕は、全く予想に反して、修理に成功したということをまさしく彼に伝えに来たのだった!

彼は僕の質問には何も答えず、またこう言った。

「僕も、今日、家に帰るんだ・・・。」

そして、寂しそうに、

「ずっと遠くて・・・ずっと大変なんだ・・・」

僕は何か特別なことが起きているのを感じた。僕は彼を小さな子供のように腕に抱き締めていたのに、彼はまっすぐ深淵へと流れていき僕が彼を引き止めることはできないように思われた。

彼は真剣なまなざしで、ずっと遠くを見つめていた。

「僕は君の羊を持ってる。僕はその羊のための箱も持ってる。それに僕はくつわも持ってる・・・」

そして彼は寂しげに微笑んだ。

僕は長い間待った。僕は彼が少しずつ熱くなっているのを感じた。

「君、怖かったんだね・・・。」

彼は怖かった、もちろんさ!でも彼はゆっくりと言った。

「今夜はもっとずっと怖いよ・・・。」

再び僕は取り返しのつかないことへの気持ちで凍りつきそうになるのを感じた。そして僕は自分がこの笑い声を二度と聞けなくなるなんて考えられないのだと悟った。僕にとってそれは砂漠のなかの泉のようなものだったのだ。

「君、君が笑うのをまた聞きたいよ・・・。」

だけど彼は僕に言った。

「今夜で一年になるんだ。僕の星が去年僕の落ちてきた場所のちょうど真上に来るんだ。」

「君、蛇や待ち合わせや星の話は全部悪い夢じゃないのかい・・・。」

でも彼は僕の質問に答えなかった。彼は僕に言った。

「大切なことは、見えないんだよ・・・。」

「もちろんさ・・・。」

「花と同じなんだ。もし君が一つの星にある花を愛したとしたら、素敵だよ、毎晩、空を見つめるんだ。全部の星が花で彩られるんだ。」

「もちろんさ・・・。」

「水と同じなんだ。君が僕に飲ませてくれたのは音楽のようだったよ、滑車とロープのおかげで・・・覚えてるかい・・・美味しかったよ。」

「もちろんさ・・・。」

「君は、毎晩、星たちを見上げるんだ。僕の星はあまりにも小さいからどこにあるのか君に教えてあげることはできない。それが良いんだ。僕の星は、君にとっては全部の星のうちの一つになる。だから、君は全部の星を見ることが好きになるよ・・・。全部の星が君の友達になるんだ。それに僕は君に贈り物をあげる・・・。」

彼はまた笑った。

「ああ!君、君、僕はこの笑い声を聞くのが好きなんだよ!」

「まさしくこれが僕の贈り物・・・水と同じだよ・・・。」

「どういうこと?」

「みんなにとって星は同じものじゃないんだ。旅をする人たちにとっては、星は道標。他のある人たちにとっては小さな明かりに過ぎない。他のある人たち、学者にとっては、解決すべき問題。僕の会った実業家にとってはお金だった。でもすべての星たちは黙ってる。君は、誰も持っていないような星を手に入れるんだよ・・・。」

「どういうこと?」

「夜、君が空を見上げるとき、僕が星たちの一つに住んでいるから、僕が星たちの一つで笑っているから、君にとっては全ての星が笑っているようになるんだ。君は、君だけは、笑う星を手に入れるのさ!」

そして彼はまた笑った。

「そして君は慰めを必要としている時(いつだって僕らは自分を慰めるね)君は僕と出会って良かったと思うよ。君はずっと僕の友達だよ。君は僕と笑いたいと思うよね。それで君はたまに窓を開くんだ、こんな風に、わくわくして・・・。君の友達は君が空を見ながら笑っているのを見てすごく驚くだろうね!それで君は言うのさ、”そう、星たちは、いつも僕を笑わせるんだよ!”彼らは君のことを馬鹿だと思い込むだろうね。僕は君にいたずらを仕掛けたことになるのさ・・・。」

そして彼はまた笑った。

「これは君に、星たちの中に、小さな笑う鈴をたくさんあげたようなものだね・・・。」

そして彼はまた笑った。そして彼は真剣な表情に戻った。

「今夜は・・・ねえ・・・来ないでほしいんだ。」

「僕は君から離れないよ。」

「僕は具合が悪い様子になるんだ・・・死んだような様子になるんだ。そういうものなんだ。そんなの見に来ないで、そんなことしなくていいんだよ・・・。」

「僕は君から離れないよ。」

でも彼は心配していた。

「君には言うけど・・・これは蛇のためでもあるんだ。彼が君に咬みついたらいけないだろう・・・。蛇は、いじわるなんだ。楽しみのために咬みつくかもしれないよ・・・。」

「僕は君から離れないよ。」

でも彼を何かが安心させた。

「二度目に咬みついた時にはもう毒はないっていうのは本当だよね・・・。」

e0001193_9235362.jpg


その夜僕は彼が出発するのいに気付かなかった。彼は音も立てずに抜け出したのだった。僕がどうにか彼に追いついた時、彼は断固とした足取りで足早に歩いていた。彼は僕にこうとだけ言った。

「ああ!君は来たんだね・・・。」

そして彼は僕の手を取った。しかし彼はもう悩まなかった。

「君は間違っているよ。君は嫌な思いをするよ。僕は死んだような様子になるけどそれは本当じゃないんだ・・・。」

僕は黙っていた。

「わかるでしょ。すごく遠いんだ。僕はこの身体を運ぶことはできないんだ。重すぎるからね。」

僕は黙っていた。

「でも捨てられた古い皮みたいになるんだよ。古い皮みたいになっても悲しいことじゃないんだ・・・。」

僕は黙っていた。

彼は少しためらった。でも彼はもう一度勇気を振り絞った。

「素敵だろうね。僕も星を見上げるよ。全部の星がカラカラ回る滑車を付けた井戸になるんだ。全ての星が僕に水を注いでくれるんだ・・・。」

僕は黙っていた。

「きっととても楽しいよ!君は5億個の鈴を、僕は5億個の泉を手に入れるんだよ・・・。」

そして彼もまた黙った。彼も泣いていたのだった・・・。

e0001193_9235624.jpg


「ここだよ。一人で行かせて。」

そして彼は恐れを抱いて座り込んだ。彼はまた言った。

「ねえ・・・僕の花・・・僕は僕の花に責任があるんだ!そしてあの花はとても弱いんだ!あの花はとても純粋なんだ。あの花は世界から身を守るのに何の役にも立たない四本の棘を持ってるだけなんだ・・・。」

僕はそれ以上立っていられなくなって座り込んだ。彼は言った。

「そう・・・。そういうこと・・・。」

彼はまだ少しためらい、それから立ち上がった。彼は歩いた。僕は動けなかった。

彼のくるぶしのあたりに黄色い閃光が落ちたのが全てだった。その刹那、彼は動かなかった。悲鳴も上げなかった。彼は木が倒れるようにゆっくりと倒れた。砂の上で、音も立てなかった。




~続く~


王子さまと蛇との再会から、王子さまの贈り物、王子さまとの別れに至るまで。すごく長かったので二日間に分けた。

読み取り能力の問題なのか、蛇が結局何をしたのかよくわからなかった。王子さまが毒を食らったことはわかったのだけど、いつ?

王子さまの贈り物は少なからず感動した。星の話は基本的に好きだけど、そこに笑い声を足すなんて、王子さまもなかなか可愛いことをしてくれる。

最後、音も立てずに行ってしまった王子さま。切ない。

写真はCharrouxの街の旧境界線にあるゲート(門)と、同じくCharrouxの街角で見つけたかわいい道案内。
by kan-net | 2013-08-28 09:31 | 練習
<< 王子さま(寛訳27) (&q... 王子さま(寛訳25) (&q... >>