人気ブログランキング |
王子さま(寛訳25) ("Le Petit Prince")
二十五 

「人間って」、王子さまは言った、「わざわざ特急電車に乗り込んで、でも自分が何を探し求めているのかも知らないんだよ。彼らは動き回って堂々巡りばっかりしてるんだ・・・。」

そしてこう付け加えた。

「そんな苦労することないのに・・・。」

僕たちが行きついた井戸はサハラの井戸に似つかわしくないものだった。サハラの井戸は砂の中に掘られた単純な穴だ。ここの井戸は村の中にある井戸のようだった。しかしそこには村など一切なく、僕は夢を見ているのだと思った。

「これは妙だよ」、僕は王子さまに言った。「全部そろってる。滑車に桶、ロープ・・・。」

彼は笑い、ロープに触れて、滑車を回した。

滑車は長い間風が吹かなかった時の風見鶏のように音を立てて軋んだ。

「聞こえるかい」、王子さまは言った、「僕たちがこの井戸を起こして、井戸が歌っているよ」

僕は彼に力作業をさせたくなかった。

「僕にやらせて」、僕は彼に言った、「君には重すぎるよ。」

ゆっくりと僕は桶を縁石まで引き上げた。僕はそこにしっかりと置いた。僕の耳には滑車の歌が鳴り続け、まだ揺れている水面に、僕は太陽が揺れているのを見た。

「僕この水が飲みたいな」、王子さまは言った、「飲ませて・・・。」

そして僕は彼が何を探していたのかが分かったのだった!

僕は桶を彼の唇まで持ち上げた。彼は目を閉じて飲んだ。祝祭のように柔らかだった。この水は単なる栄養物とは全く違った何かだった。この水は星の下を歩き、滑車が歌い、僕の腕が引き上げて生まれたのだ。この水は贈り物のように心に沁みわたった。幼い頃、クリスマスツリーの明かり、夜中のミサの音楽、柔らかな微笑みが、僕のもらったクリスマスプレゼントの全ての輝きを創り出していたのだった。

「君の星の人たちは」、王子さまは言った、「一つの庭に五千のバラを植えるんだよ・・・それで彼らは自分たちが何を探し求めているのかも知らないんだ・・・。」

「知らないね・・・」、僕は応えた。

「だけど彼らが探し求めているものはたった一輪の花やほんの少しの水の中に見つかるかもしれないんだよ・・・。」

「もちろんさ」、僕は応えた。

そして王子さまはさらに言った。

「でも目は盲目なんだよ。心で探さなくちゃいけないんだ。」


僕は飲んだ。僕はしっかり息を吸った。砂漠は、明け方、琥珀色に染まっていた。僕はこの琥珀色にも喜びを感じていた。どうして僕はわざわざ苦労しなくちゃいけないのか・・・。

「君は約束を守らなくちゃいけないよ」、再び僕の近くに座っていた王子さまは、ゆっくりと僕に言った。

「どの約束?」

「ほら・・・僕の羊のくつわだよ・・・僕はこの花に責任があるんだから!」

僕はカバンから画の下描きを取り出した。王子さまはそれをちらと見て笑いながら言った。

「君のバオバブ、ちょっとキャベツみたい・・・。」

「おお!」

僕はバオバブに結構自信があったのに!

「君のキツネは・・・耳が・・・なんだか角みたいだ・・・それに長すぎるよ!」

彼はまた笑った。

「そんなの不公平だよ、君、僕は不透明なボアと透明なボアしか描けなかったんだよ。」

「おお!そうさ」、彼は言った、「子どもは知っているからね。」

僕はそれでくつわを描いた。そして彼にそれを渡しながら僕は心が締め付けられた。

「君は僕の知らない計画があるんだね・・・。」

でも彼は僕に応えなかった。彼は言った。

「ねえ、僕が地球に落ちてきたの・・・明日でそれから一年になるんだ。」

それから、静寂の後で彼はまた言った。

「僕ここのすぐ近くに落ちてきたんだ。」

そして彼は赤くなった。

再び、なぜかわからないけれども、僕は不思議な悲しみを感じた。だけれども一つの疑問が浮かんだ。

「そしたらつまり、君に出会った朝、一週間前、こんな風に君が散歩して、人の住んだところから千マイルも離れたところにいたのは、偶然じゃなかったんだ!君は落ちてきたところに戻っていたの?」

王子さまはさらに赤くなった。

そして僕は、ためらいながら、さらに言った。

「それは、きっと、一年になるから・・・?」

王子さまはまた赤くなった。彼は全然質問に答えなかった、けど、赤くなるのって、『そう』っていう意味だよね?

「ああ!」、僕は彼に言った、「怖いよ・・・。」

でも彼は僕に応えた。

「君は作業をしなくちゃ。機械のところに行かなくちゃいけないよ。僕はここで君を待ってる。明日の夕方に戻ってきて・・・。」

でも僕は安心できなかった。僕はキツネのことを思い出していた。なつかされていると、少し泣いてしまう恐れがあるんだ・・・。




~続く~


井戸の水を飲み、王子さまとの別れが近づく。

不思議な井戸。素敵な井戸。滑車の歌、きっと素敵なんだろうな。

いきなり王子さまとの別れが近づくのはびっくり、読んでて悲しい気持ちになった。いきなりくつわを描いてとお願いしたり、明日で一年になるんだって言ったり、けっこうズルい!

あと三話(本編は二話、あと後書き)。
by kan-net | 2013-08-26 10:43 | 練習
<< 王子さま(寛訳26) (&q... La dernière se... >>