人気ブログランキング |
王子さま(寛訳24) ("Le Petit Prince")
二十四

それは僕の飛行機が砂漠で故障してから8日目のことで、僕は持っていた水の最後の一滴を飲みながら商人の話を聞いていた。

「ああ!」、僕は王子さまに言った、「とても素敵だね、君の思い出は、でも僕はまだ飛行機を直してなくて、僕はもう飲み物がなくてね、僕だって、ゆっくりゆっくり泉の方に歩いていけたらどんなにか嬉しいだろうね!」

「僕の友達のキツネが僕に教えてくれたのはね・・・」

「ああ君、キツネの話はもういいんだ!」

「どうして?」

「どうしてってもう喉が渇いて死んでしまいそうだからさ・・・」

彼は僕の理屈がわからず、僕に応えた。

「友達を持つことは良いことだよ、たとえ死んでしまったとしてもね。僕はキツネと友達になれてとても嬉しいよ。」

『彼はこの危険な状況をわかってないんだ』、僕は思った。『彼は全くお腹が空いたり喉が渇いたりしないんだ。ちょっと陽が昇ればそれでいいんだ・・・』

でも彼は僕を見つめて僕の考えに応えた。

「僕だって喉が渇いたよ・・・井戸を探そう・・・」

僕はうんざりという身振りをした、際限ない砂漠の中で当てどもなく井戸を探すなんて馬鹿げているからだ。だけれども僕たちは歩き出した。


僕たちは黙って何時間か歩き、夜が訪れ、星たちが輝きだした。僕は喉の乾きで少し発熱しながら、夢の中にいるように星たちをぼんやりと眺めていた。王子さまの言葉が僕の記憶の中でぐるぐる回っていた。

「つまり君も、喉が渇いているの?」、僕は彼に尋ねた。

だけど彼は僕の質問には応えなかった。彼は僕にこうとだけ言った。

「水は心にも良いんだよ。」

僕は彼の答えが理解できなかったけれども黙っていた・・・彼に質問してはいけないということが分かっていたから。

彼は疲れていた。彼は座った。僕は彼の近くに座った。そして、ちょっとした静寂の後で、彼はまた言った。

「星が綺麗だね、誰にも見えない一輪の花があるから。」

僕は「もちろんさ」と答え、何も言わずに、月の下の砂の隆起を見つめた。

「砂漠は綺麗だね」、彼は言った・・・。

それは本当だった。僕はずっと砂漠が好きだった。僕たちは砂丘に座っていた。何も見えなかった。何も聞こえなかった。だけれども何かが静かに輝いていた。

「砂漠が美しいのは」、王子さまは言った、「どこかに井戸を隠しているからだね・・・。」

驚いたことに僕は突如として砂漠のこの不思議な輝きを理解した。幼い頃、僕は古い家に住んでいて、そこに宝物が隠されているという言い伝えがあった。もちろん、誰もそれを見つけていないし、おそらく誰もそれを探しすらしなかった。だけどその宝物は家全体に魔法をかけていた。僕の家はその心の深いところに神秘を隠していたのだった・・・。

「その通りだね」、僕は王子さまに言った、「家、星、それに砂漠についても、それを美しくしているものは目に見えないんだね!」

「うれしいよ」、彼は言った、「君が僕のキツネに同意してくれて。」

王子さまが眠りについたので、僕は彼を腕に抱き、再び歩き出した。僕は心動かされていた。僕はとてももろい宝物を運んでいるように感じていた。また地球上にこれほどもろいものはないように思われた。僕は月の光の下で、その青白い額、閉じられた瞳、風にたなびく髪の毛を見て、そして思った、「そこに見えているものは表面でしかないんだ。一番大切なものは目に見えないんだ・・・。」

その半開きになった唇がふと微笑みかけたのを見て僕はまた思った、「この眠った王子さまを見てこんなに強く僕の心動かしているのは、それは一輪の花に対する彼の誠実さだ、それはランプの灯のように彼の中で輝いている一輪のバラの存在なんだ、たとえ彼が眠っていても・・・」そして僕は彼がさらにもろい存在なのだと気付いた。ランプはしっかり守ってあげなくちゃいけない、一筋の風が火を消してしまうかもしれないのだから・・・。

そうして歩いていき、夜明けごろに僕は井戸を見つけた。

e0001193_844357.jpg





~続く~


物語の舞台が砂漠の「僕」のもとへ戻ってきた。井戸を探して王子さまと歩き回る。なかなか素敵な内容だと思った。

僕は海や山、特に空を見るのが好きで、特にその理由は考えてなかったのだけど、そこに計り知ることのできない神秘というか自然の存在を感じるからかもしれないな、と思った。

写真は先週末に行ったCharrouxの井戸。

さて残りヴィシー生活も一週間だ。
by kan-net | 2013-08-24 09:07 | 練習
<< La dernière se... 王子さま(寛訳23) (&q... >>