人気ブログランキング |
王子さま(寛訳23) ("Le Petit Prince")
二十三 

「こんにちは」、王子さまは言った。

「こんにちは」、商人は言った。

喉の渇きを抑える最新の丸薬を売る商人だった。週に一錠飲めば何か飲みたいとの欲求を感じなくなるのだった。

「なんでそれを売ってるの?」、王子さまは言った。

「時間がずっと節約できるのさ」、商人は言った。「専門家が計算したんだ。一週間で五十三分間の節約になるんだ。」

「そしたらその五十三分間で何をするの?」

「したいことをするさ。」

『僕なら』、王子さまは思った、『五十三分間あったら、ゆっくりゆっくり泉の方に歩くけどな。』




~続く~


すごい薬を売る商人が現れたものだ。

「五十三分間」とか。この中途半端に具体的な数字が馬鹿らしさを引き出しているな。

ヴィシー生活残り10日間、王子さま残り5話。
by kan-net | 2013-08-21 08:55 | 練習
<< 王子さま(寛訳24) (&q... 王子さま(寛訳22) (&qu... >>