人気ブログランキング |
王子さま(寛訳22) ("Le Petit Prince")
二十二 

「こんにちは」、王子さまは言った。

「こんにちは」、転轍手は言った。

「ここで何をしているの?」、王子さまは言った。

「旅人達を振分けているのさ、千人ずつにまとめてね」、転轍手は言った。「彼らを乗せてる電車を送り出すんだ、ある時には右側へ、ある時には左側へとね。」

灯りをつけた特急電車が雷のような音を響かせて転轍室を揺らした。

「すごく急いでいるんだね」、王子さまは言った。「彼らは何を探しに行くの?」

「電車に乗ってる人間たち自身もそんなのは知らないさ」、転轍手は言った。

そして逆の方向へ、明かりを灯した二本目の特急電車が大きな音を響かせていった。

「もう戻ってきたの?」、王子さまは尋ねた・・・。

「同じやつじゃないよ。」、転轍手は言った。「入れ替わってるんだよ。」

「満足いかなかったってこと?自分たちのいた所に?」

「自分のいるところに満足することなんてないさ」、転轍手は言った。

そして明かりを灯した三本目の特急電車が轟音を響かせていった。

「最初の旅人を追いかけているの?」、王子さまは尋ねた。

「彼らは何も追いかけちゃいないのさ」、転轍手は言った。「彼らは電車の中で寝ているか、あるいはあくびでもしているよ。子供たちだけが窓ガラスに鼻を押し付けているのさ。」

「子どもたちだけが自分たちの探しているものを知ってるんだね」、王子さまは言った。「子どもたちは布人形で時間を無駄にして、いずれその人形がとても大切になって、もし子どもたちから人形を取り上げたら、彼らは泣くんだ・・・」

「彼らは運がいいさ」、転轍手は言った。

e0001193_9311886.jpg





~続く~


短いけど読み切れない要素の多い話だった。

「転轍」というのは電車の分岐器の操作のこと。話中には「aiguilleur」という言葉が出てきていて、これは直訳すると転轍する人つまり「転轍手」となる。てことは、こんなにあっさり書かれているけど、つまり王子さまは既に第一星人に出遭ったということ?そこらへんがわからず、もしかして物体を擬人化して表現しているのか?などと考えたりもしたけど、後の話を読んでここは転轍手が第一星人だったということで押し切ることにした。

最後の布人形のくだりとかも、ちょっとピンと来なかった。

ただ大枠としての意味は、「そんなにセカセカ慌ただしく往来して何をしたいんだい」というあたりかと思う。都市にいても荒野にいても同様のスピードで進む時間の中で、大小さまざまなことで(多くは個人的な小さなことで)喜んだり悲しんだりしながらみんな生きてる。何のために鉄道を敷設して電車に乗って、眠りこけたりしながら急いで移動しているのか?

まあ良かろうよ。夜更けだ。

写真は久々にうちのネコ殿。
by kan-net | 2013-08-20 09:57 | 練習
<< 王子さま(寛訳23) (&q... MME OUI >>