人気ブログランキング |
王子さま(寛訳21) ("Le Petit Prince")
二十一 

その時キツネが現れた。

「こんにちは」、キツネは言った。

「こんにちは」、王子さまは礼儀正しく言って振り返ったが誰も見えなかった。

「僕はここだよ」、声がした、「リンゴの木の上。」

「君は誰?」、王子さまは言った。「とてもきれいだね。」

「僕はキツネさ」、キツネは言った。

「こっちに来て僕と遊んでよ」、王子さまは彼に言った。「僕すごく悲しいんだ・・・」

「君とは遊べないね」、キツネは言った。「なつかされてないから。」

「ああ!ごめんなさい」、王子さまは言った。

しかし考えた末に、彼はこう付け足した。

「『なつく』ってどういう意味?」

「君はここの人じゃないね」、キツネは言った。「何を探してるの?」

「僕は人間を探してるんだ」、王子さまは言った。「『なつく』ってどういう意味?」

「人間は」、キツネは言った、「彼らは鉄砲を持っていて狩りをするんだ。すごく厄介なんだぜ!彼らはそれと鶏を育ててる。彼らの唯一の関心なんだな。君は鶏を探してるの?」

「ううん」、王子さまは言った。「僕は友達を探してるんだ。『なつく』ってどういう意味?」

「ずいぶん忘れ去られたことさ」、キツネは言った。「『関係を築く』ことだよ・・・」。

「関係を築く?」

e0001193_20485363.jpg


「その通りさ」、キツネは言った。「君は僕にとってはまだ十万人の男の子と全く同じの一人の男の子でしかないんだ。僕は君を必要としていないでしょ。そして君も僕を必要としていない。僕も君にとってはまだ十万匹のキツネと同じの一匹のキツネでしかないからね。だけど、もし君が僕をなつかせたら、僕たちはお互いを必要とするんだ。君は僕にとって世界で唯一の存在になる。僕は君にとって世界で唯一の存在になる・・・」

「なんだかわかってきたよ」、王子さまは言った。「花があるんだ・・・あの花は僕をなつかせたに違いないや・・・」

「そうかもしれないね」、キツネは言った。「地球ではどんな種類のものにだって出会うからね。」

「ああ!地球での話じゃないんだ」、王子さまは言った。

キツネはとても不思議がった。

「他の星ということ?」

「そう。」

「狩人はいるの、その星には?」

「ないよ。」

「それはおもしろいね!じゃあ鶏は?」

「ないよ。」

「完璧なものはない」、キツネはため息をついた。

しかしキツネは考え直した。

「僕の暮らしは単調なんだ。鶏を追いかけて、人間が僕を追いかけるんだ。鶏はどれも似てて、人間もどれも似てる。だから僕はちょっと退屈なんだ。でも、もし君が僕をなつかせたら、僕の暮らしは明るくなるんだ。僕は他とは違う足音を聞き分けるんだ。他の足音を聞いたら僕は地中に戻る。君の足音が僕を巣から呼び出すんだ、まるで音楽のようにね。それにごらんよ!ほら、そこに小麦畑があるだろう?僕はパンを食べないんだよ。小麦は僕にとって何の役にも立たないんだ。小麦畑は僕にとって何でもない。そんなの、悲しいことだよ!でも君は金色の髪をしている。だから君が僕をなつかせてくれたら素晴らしいよ!金色の小麦が君を思い起こさせるんだ。そして僕は小麦のあいだを吹く風の音を好きになるんだ・・・」

キツネは黙って王子さまを長い間見つめた。

「お願い・・・僕をなつかせて!」、彼は言った。

「わかるんだけど」、王子さまは応えた、「そんなに時間がないんだ。僕は友達を見つけてたくさんのことを知りたいんだよ。」

「僕たちはなつかせた物のことしか知らない」、キツネは言った。「人間は何かを知るための時間がもうないんだ。彼らは商人のところで出来合いのものを買う。でも商人に友達なんていないから、人間にも友達なんていないんだ。もし友達がほしかったら、僕をなつかせて!」

「どうしたらいいの?」、王子さまは言った。

「とても辛抱強くなくちゃいけない」、キツネは応えた。「君はまず僕からちょっと離れたところに座るんだ、こんな感じで、草原で。僕は君を目端で見て、でも何も言わないんだ。言葉は誤解のもとだからね。でも、日ごとに、君は少しずつ座るのさ。」

翌日王子さまは戻ってきた。

「同じ時間に戻ってきた方が良かったな」、キツネは言った。「もし君が、例えば、午後の4時に来るとしたら、3時から僕は嬉しくなるんだ。時間が進むにつれて、僕はますます嬉しい気持ちになる。4時になると、今度は、僕は落ち着かなくなってソワソワし始めるんだ、僕は幸せな時の素晴らしさを知るんだよ!でももし君がいつでも来ちゃうと、僕はいつ心の準備をするか全然わからないだろう・・・慣わしが必要なのさ。」

「慣わしって?」、王子さまは言った。

「これもずいぶん忘れ去られたことさ」、キツネは言った。「これは一日を他の日とは違った一日に、一時間を他の時間とは違った一時間にするもののことなんだ。例えばうちの狩人の家にもひとつの慣わしがある。彼らは木曜日に街の娘たちと踊るんだ。だから木曜日は素晴らしい日なんだよ!僕はブドウ畑まで散歩をするんだ。もし狩人がいつだって踊っていたら、毎日はいつだって同じで、僕は休みに出かけることだってできないんだよ。」

e0001193_20482795.jpg


そうして、王子さまはキツネをなつかせた。そして出発の時が近づいたとき、

「ああ!」、キツネは言った。「・・・泣きそうだよ。」

「君のせいだよ」、王子さまは言った、「僕は君に悪いことをしようなんてこれっぽっちも願わなかったのに、君が僕になつかせてほしかったんだから。」

「その通りさ」、キツネは言った。

「でも君は泣くんでしょ!」、王子さまは言った。

「その通りさ」、キツネは言った。

「そしたら何にもならないじゃないか!」

e0001193_20521050.jpg


「僕は良いんだよ」、キツネは言った。「小麦の色があるからね。」

さらに彼は付け足した。

「バラたちを見に行っておいで。君のが世界で唯一の存在だってわかるよ。僕にさよならを言いに戻っておいで、そしたら僕が君にひとつの秘密を贈ってあげる。」


王子さまはバラたちを見に行った、

「君たちは僕のバラにちっとも似ていないし、君たちは何でもないよ」、彼はバラたちに言った。「誰も君たちをなつかせないし君たちも誰もなつかせない。君たちはこないだまでの僕のキツネみたいなものなんだ。彼は十万匹のなかの一匹に過ぎなかった。でも僕は友達になって、彼は今は世界で唯一の存在なんだ。」

バラたちはとても困惑していた。

「君たちは美しいよ、でも君たちは何でもないんだ」、彼はさらに言った。「君たちのために死ねる人はいないんだ。もちろん、僕のバラは、普通の通りがかりの人が見たら君たちに似ていると思い込むだろうね。だけどあの花だけは、君たちみんなよりも大切なんだ、だって僕が水をやったのはあの花なんだから。だって僕が植え付けたのはあの花なんだから。だって僕がついたてで守ってあげたのはあの花なんだから。だって僕が毛虫をとってやったのはあの花なんだから(蝶々になるから2,3匹は残しておいたけどね)。だって僕が不満を言ったり自慢をしたりもっと言えばたまに黙ったりするのを聞いていたのはあの花なんだから。だって僕のバラなんだから。」

e0001193_2050527.jpg


そして彼はキツネのもとに戻った。

「さようなら・・・」、彼は言った。

「さようなら」、キツネは言った。「秘密を教えてあげる。とても単純だよ、物事っていうのは心がないとよく見えないんだ。大切なものは目には見えないんだよ。」

「大切なものは目には見えない」、王子さまは繰り返した、覚えておくために。

「君のバラをそんなに大切にしているのは君が君のバラに捧げた時間なのさ。」

「僕が僕のバラに捧げた時間・・・」、王子さまは繰り返した、覚えておくために。

「人間はこの真実を忘れてしまった」、キツネは言った。「でも君は忘れちゃいけないよ。君は君がなつかせたものに対してずっと責任を持つんだ。君は君のバラに対して責任があるんだよ・・・」

「僕は僕のバラに対して責任がある・・・」、王子さまは繰り返した、覚えておくために。





~続く~


長かった・・・新しい単語はほとんどなかったのだけど長かった。ちなみにシャンソン「Les Champs-Élysées(オーシャンゼリゼ)」に出てくるから知っていた「apprivoiser(なつかせる)」という単語、滅多に使うことはないだろうと思っていたけどこの話で頻出していて驚いた。

このキツネ。「僕をなつかせて!」と言ってみたり「人間はこの真実を忘れてしまった」と言ってみたり、なかなか幅広くて良いキャラをしている。しかしこのキツネの言う「大切であること」と「時間」の関係、「なつかせること」と「責任」の関係については、そんなにしっくり来ない。

バラたちについて言えば、戻ってきた王子さまからいきなり罵詈雑言を浴びせられて、かなり気の毒だと思う。というかここに来て王子さまの「花」は「バラ」だったことになってしまうのか。ちょっとショックだ。

「大切なものは目には見えない」というのはもはや王子さまの代名詞のようなものになっているから寛訳でも影響が避けられなかったのがちょっと無念。

残り2週間で残り7話。2日に1話ペースということか!これはまずいな。

写真は8月15日の花火でした。
by kan-net | 2013-08-17 20:53 | 練習
<< MME OUI 王子さま(寛訳20) (&q... >>