人気ブログランキング |
王子さま(寛訳19) ("Le Petit Prince")
十九

王子さまは高い山に登った。彼がこれまで知っていた山というのは膝までしかない三つの火山だけだった。そして彼は死火山を腰掛けとして使っていたのだった。「こんなに高い山からだったら」、彼は思った、「一目で星全体そして人間みんなを見られるぞ」。しかし彼が見たのは鋭利に尖った岩峰だけだった。

「こんにちは」、彼は念のため言ってみた。

「こんにちは・・・こんにちは・・・こんにちは・・・」、こだまが応えた。

「あなたは誰?」、王子さまは言った。

「あなたは誰・・・あなたは誰・・・あなたは誰・・・」、こだまが応えた。

「友達になってよ、一人ぼっちなんだ」、彼は言った。

「一人ぼっちなんだ・・・一人ぼっちなんだ・・・一人ぼっちなんだ・・・」、こだまが応えた。

e0001193_8135825.jpg


「なんておかしな星なんだ!」、彼は思った。「みんな乾いてて、みんな尖ってて、みんな汚れてるや。それに人間は想像力がないんだ。言われたことを繰り返すなんて・・・。僕の星には花がいた。いつだって真っ先に話し出す花が・・・。」





~続く~


王子さま、岩山に登る。そしてこだまに翻弄されて地球にがっくり。の編。

言われたことを繰り返すのは想像力の欠如。おっしゃる通り。

写真はClermont-Ferrandの大聖堂。

ちなみに先日の十八に写真を挿入し損ねていたことが判明したので付け足しておいた。写真の位置づけはかなり低いけども一応。


あとがきを入れて残り9話。ヴィシー生活残り25日間。ふむふむ。
by kan-net | 2013-08-06 08:38 | 練習
<< Le dernier mois... Changement de l... >>