人気ブログランキング |
王子さま(寛訳18) ("Le Petit Prince")
十八

王子さまは砂漠を横切り、たった一輪の花に出遭った。三枚の花びらをまとった、何でもない一輪の花に・・・。

「こんにちは」、王子さまは言った。

「こんにちは」、花は言った。

「人間はどこにいるのでしょうか?」、王子さまは礼儀正しく尋ねた。

花は、ある日、隊商が通り過ぎていくのを見たことがあった。

「人間ですって?6,7人いるに違いないわ。数年前に見かけたもの。だけどどこで会えるかは全然わからないわ。風が彼らを連れまわすのよ。彼らには根っこがなくて、ずいぶん苦労しているの。」

「さようなら」、王子さまは言った。

「さようなら」、花は言った。

e0001193_8284924.jpg







~続く~


王子さま、砂漠を横切って三枚の花びらをまとった一輪の花に出遭う。

立場によって見方は全然違うという話。或いは、よく知らないことについては容易に偏った意見を抱きがちという話。といったところか。所感を付け加えるとしたら。

非常に短く、知らない単語も少なく(あったけど)、ぱぱっと完寛訳。


写真は十九の寛訳時に気付いて付け足した。特に意味はない、ヴィシーのアリエ湖でずっと前に見かけた水上オートバイ。
by kan-net | 2013-07-25 08:21 | 練習
<< Changement de l... 王子さま(寛訳17) (&q... >>