人気ブログランキング |
王子さま(寛訳17) ("Le Petit Prince")
十七

想像を働かせようとするとき、人は時々少しだけ嘘をつく。僕は君たちに街灯の明かりを灯す人たちの話をしたとき少し正直じゃなかった。僕はひょっとして地球のことをよく知らない人たちに間違った考えを植え付けてしまったかもしれない。人間は地球上のほんの一部しか占めていないんだ。もし地球に住み着いている20億人が立って会議の時のように一か所に集まったら、長さ20マイル幅20マイルの開けた場所があれば十分に収容できるのだ。太平洋の一番小さな島に人間を詰め込むことだってできるだろう。

大人たちは、もちろん、君たちを信じやしないだろう。彼らはたくさんの場所を占めていると思い込んでいるんだ。彼らは自分たちをバオバブのように重大な存在だと思い込んでいる。だから君たちは彼らに計算してみるよう勧めてあげたら良い。彼らは数字が好きだからね、喜ぶに決まっているさ。でもそんな下らないことで時間を無駄にしないように。何の役にも立たないからね。僕を信じていい。

王子さまは、ついに地球に到着し、そして誰も見あたらないことにとても驚いた。彼は星を間違えたのではと既に不安になっていたが、そのとき月の色をした輪っかが砂上で動いた。

「こんばんは」、王子さまは念のために言ってみた。

「こんばんは」、蛇が言った。

「僕はどの星にやってきたの?」、王子さまは尋ねた。

「地球さ、アフリカだよ」、蛇は応えた。

「ああ!・・・すると地球には誰もいないの?」

「ここは砂漠なんだ。砂漠には誰もいない。地球は大きいんだよ」、蛇は言った。

王子さまは石の上に座って空へ目をやった。

e0001193_8525972.jpg


「僕は」、彼は言った、「一人ひとりがいつか自分の星をもう一度見つけ出せるように星たちは輝いているんじゃないかって思うんだ。僕の星を見てよ。ちょうど僕たちの真上にあるよ。・・・でもなんて遠いんだろう!」

「きれいな星だ」、蛇は言った。「ここに何をしに来たんだい?」

「花とうまくいかなかったんだ」、王子さまは言った。

「ああ!」、蛇は言った。

そして彼らは黙り込んだ。

「人間はどこ?」、ようやく王子さまが言葉を継いだ。「僕たち砂漠の中で何だか孤独な感じがするけど・・・」

「人間のところだって孤独さ」、蛇は言った。

王子さまは蛇を長い間見ていた。

「君は変わった生き物だね」、ようやく王子さまは言った、「指のように細いよ・・・」

「でも俺は王様の指よりも強いさ」、蛇は言った。

王子さまは微笑んだ。

「君はそんなに強くないよ・・・君は肢だってないじゃないか・・・君は旅に出ることだってできないよ・・・」

「俺は船よりも君を遠くへ連れて行くことができるぜ」、蛇は言った。

彼は金のブレスレットのように王子さまのくるぶしに巻きついた。

「俺は触ったやつをそいつが出てきた大地に戻してやるんだ」、彼は再び言った、「でも君は純粋だし星から来た・・・」

王子さまは何も応えなかった。

「可哀そうに、そんなに弱くて、こんな石のような地球に来て。もし君が自分の星をすごく懐かしがることがあったら僕は君を助けてあげられるぜ。僕は・・・」

「ああ!よくわかったよ」、王子さまは言った。「でもどうして君はずっと謎かけたようなことを言っているの?」

「俺はみんな解決するからさ」、蛇は言った。

そして彼らは黙り込んだ。





~続く~


王子さまは地球に到着。蛇と出会う。この蛇の位置づけ、ちょっと良くわからないんだけど、いずれ読み進めていけばわかるだろう、か。

「自分の星をもう一度見つけ出せるように星たちは輝いているんじゃないか」。そんなわけあるか、と言ってしまうことは簡単だし、そんなわけあるか、と実際思う。でも「何のために星は輝くのか」の答えなんてわからないし、少なくとも今の僕は知らない。それでも「なんだか現実的にありえない感じがする」という理由で「そんなわけあるか」と言うのは、ちょっとつまらない。わかっていないことくらい、わかっていないことを認めて、想像力を働かせてみるのは少し楽しいことのような気がした。


それにしても。

随分と間が空いてしまった。なんと約一か月のブランク。全世界4,5人の寛訳ファンの皆様、お待たせしました。ヴィシー滞在残り39日間、王子さま残り11話。やり遂げたいと思います。

写真はルーブル・ピラミッド(地下)。話中との関連は特になし。
by kan-net | 2013-07-24 08:57 | 練習
<< 王子さま(寛訳18) (&qu... Le 14 juillet 2013 >>