人気ブログランキング |
王子さま(寛訳16) ("Le Petit Prince")
十六

こうして七番目の星は地球になった。

地球は全くそこらにあるような星ではなかった!そこには111人の王様(もちろん黒人の王様も忘れていない)、7,000人の地理学者、900,000人の実業家、7,500,000人の酒飲み、311,000,000人の自惚れ屋、つまりおよそ2,000,000,000人の大人がいるのだった。

地球の大きさについてイメージしてもらうためにこう説明しよう、電気の発明の以前には、六つの大陸あわせて、なんと462,511人もの人たちが街灯の明かりを灯していたのだ。

ちょっと離れたところから見るとこの星は煌びやかな光景を作り出していた。この大群の動きはまるでオペラのバレエのように規律付けられていたのだ。まずはニュージーランドとオーストラリアの街灯の明かりを灯す人たちの番。彼らはカンテラを灯し、眠りにつく。すると中国とシベリアの明かりを灯す人たちが踊り出す番だ。そして彼らもまた舞台袖に引っ込んでいく。そしてロシアとインドの街灯の明かりを灯す人たちの番。そしてアフリカとヨーロッパの人たちの番。南アメリカの人たちの番。北アメリカの人たちの番。彼らは決して舞台に出てくる順番を間違えることはない。これは壮大な眺めだ。

ただ二人、北極の街灯の明かりを灯す人、そしてその同僚である南極の街灯の明かりを灯す人は、怠惰でのんきな生活を送っていた。彼らは一年に二度だけ働くのだ。




~続く~


いよいよ地球に到達。

なるほど明かりを順々につけていく光景をちょっと遠くから見るのは面白そうだなあと思う。

飛行機で上空から夜の地上を眺めると町や道路の光が目に入ってきて、ああそこに人間がいるんだな、とわかる。昼間には目を凝らしても気づかないかもしれないのに、夜になると人間の生活の形がハッキリ見えるなんて、火だの電気だの、人間って本当に妙な道具を扱う生き物だな。

と夜空を漂いながら思ったことを思い出した。


短い章だったのにちょっと忙しくて遅くなってしまった。全国の王子さま寛訳ファンに申し訳ない。見捨てないでください。
by kan-net | 2013-06-27 06:19 | 練習
<< Hier et aujourd... week-end amusan... >>