人気ブログランキング |
王子さま(寛訳15) ("Le Petit Prince")
十五

六つ目は十倍大きな惑星だった。そこには年老いた紳士がいて巨大な本を書いていた。

「おや!探検家だぞ!」、彼は王子さまを見かけて叫んだ。

王子さまは卓に腰かけて少し息をついた。彼はずいぶん旅をしたのだった。

「どっから来たのじゃ?」年老いた紳士は彼に尋ねた。

「この分厚い本は何ですか?」王子さまは言った。「ここで何をしているんですか?」

「わしは地理学者なのじゃよ」、年老いた紳士は言った。

「地理学者って?」

「海が、川が、町が、山が、そして砂漠が、どこにあるかを知っている学者のことじゃ。」

「それはとても面白いですね」、王子さまは言った。「ようやくこれこそ本物の仕事ですね!」そして彼は地理学者の星にて自分の周りをチラリと見た。彼はこんなに大きな星をこれまで見たことがなかった。

e0001193_759153.jpg


「とても美しいですね、あなたの星。大洋はあるんですか?」

「それは知らぬ」、地理学者は言った。

「あら!(王子さまはがっかりした)では山は?」

「それは知らぬ」、地理学者は言った。

「では町と川と砂漠は?」

「それも知らぬ」、地理学者は言った。

「でもあなたは地理学者でしょう!」

「その通り」、地理学者は言った、「じゃがわしは探検家ではないのじゃよ。わしは全く探検家が足りないんじゃ。町や川や山や海や大洋や砂漠を数えるのは地理学者ではない。地理学者は非常に重要なので出歩いたりせぬのじゃ。事務所を出たりせぬ。しかし探検家を迎え入れる。地理学者は探検家の話を聞き取り、彼らの記憶を書きとめるのじゃ。そしてそのうちの一人の記憶が興味深いものだった場合、地理学者はその探検家の品行についての調査を実施させる。」

「なんでですか?」

「なぜならば嘘つきの探検家は地理の本がめちゃくちゃになってしまうからじゃ。それに酒を飲み過ぎる探検家もな。」

「どうして?」王子さまは尋ねた。

「なぜならば酒飲みは二重に見えるからじゃ。地理学者が二つの山を記録しても、そこには一つしかないのじゃ。」

「僕知ってるよ」、王子さまは言った、「悪い探検家になりそうな人。」

「さもあろう。したがって、冒険家の品行が良さそうであれば、発見についての調査を行う。」

「見に行くの?」

「違う。それは手がこみ過ぎる。そうではなくて探検家に対して証拠の品の提示を要求するのじゃ。例えば巨大な山の発見の場合、彼に対してそこの大きな岩を持ち帰ってくるよう要求するのじゃ。

地理学者は不意に興奮しだした。

「しかし君、君は遠くから来たじゃないか!君は探検家だ!君の星の話をしてもらおう!」

そして地理学者は記録帳を開いて鉛筆を削った。まずは鉛筆で探検家の話を記録するのだ。インクで記載するためには、探検家が証拠を提示しなくてはならない。

「それで?」、地理学者は尋ねた。

「ああ!僕の星は」、王子さまは言った、「あまり面白くないですよ、とても小さいんです。三つの火山があります。二つの火山が活火山で、一つは死火山です。でもどうなるかはわからないですからね。」

「どうなるかはわからない」、地理学者は言った。

「一輪の花もあります。」

「花は記録しない」、地理学者は言った。

「どうしてですか!すごくきれいなんですよ!」

「なぜなら花は儚いからじゃ。」

「『儚い』ってどういう意味ですか?」

「地理は」、地理学者は言った、「あらゆる本の中で重要な本なのじゃよ。決して時代に取り残されたりしない。山の場所が移ることは滅多にない。大洋の水が尽きることも滅多にない。わしらは恒久的なものを記録するのじゃよ。」

「でも死火山は目を覚ますかもしれません」、王子さまは遮った。「『儚い』ってどういう意味ですか?」

「火山が眠っていようと目覚めていようと、わしらにとっては同じことじゃ」、地理学者は言った。「わしらにとって重要なのは、山じゃ。山は変わらん。」

「でも『儚い』ってどういう意味ですか?」王子さまは繰り返した、彼はその人生において一度尋ねた質問を決して諦めたりしないのだった。

「それはつまり『すぐにも消えてしまう』ということじゃよ。」

「僕の花はすぐにも消えてしまうんですか?」

「もちろん。」

「僕の花は儚いんだ」、王子さまは思った、「それにあの花は世界から身を回るのに四本の棘しかないんだ!僕はその花を僕の星にたった一人で残してきてしまった!」

それは初めての後悔の思いだった。しかし彼は勇気を取り戻した。

「僕はどこを訪問したらいいでしょうか?」彼は尋ねた。

「地球じゃ」、地理学者は応えた。「評判が良い。」

そして王子さまは旅を続けた、花のことを思いながら。

e0001193_7591067.jpg





~続く~


地理学者の星。

一輪の花が美しくても儚いから地理書に記録しない、というのは尤もだと思うけど、この物語においてこの花が非常に重要な位置づけにあることは明らかなわけで、このあっさりとした断られ方にはちょっと拍子抜けしちゃう。一個人が重要に感じるもの、大切に感じることなんて周りから見たらすごくどうでも良いことだったりするわけだな。最近、他人の様々な価値観に触れる機会、そして自分の振る舞いが他人の目に入る機会が多すぎるせいで、自分自身にとって本当に大切なことを見つめて保つことが少し難しくなっている気がする。

ところで今回が第15話。全28話のうちの折り返し地点を通過したようである。あっぱれ!

そして第16話から王子さまはいよいよ地球へ向かうのだった。

写真はうちのネコちゃんたち。一枚目がエロン、二枚目がウィスティティ。最近あまり遠出していないので写真が不足している。とりあえず可愛い写真を出せばどうにかなると思っている。
by kan-net | 2013-06-13 08:21 | 練習
<< 130616 Comme on joue d... >>