人気ブログランキング |
王子さま(寛訳14)
十四

五番目の星はとても妙だった。この星はどの星よりも小さかった。ここには一つの街灯と街灯の明かりを灯す一人の人がいられるくらいの場所しかなかった。王子さまは、一つの街灯と街灯の明かりを灯す一人の人が、宇宙の片隅、家もなければ人も住んでいない惑星で、何の役に立つことができるのか、どうにも理解できなかった。しかしながら彼はこう考えた。

「きっと、この人はどうかしてる。だけど彼は王様や自惚れ屋、実業家や酒飲みほどはおかしくないんだ。少なくとも彼の仕事には意味があるからね。彼が街灯の明かりを灯す、それはもう一つの星、あるいはもう一つの花を生み出しているようなものなんだ。彼が街灯の明かりを消すと、それは花あるいは星を寝かしつけているんだ。すてきな仕事じゃないか。これは実は意味のある仕事なんじゃないか、すてきな仕事だし。」

星に接近した時、彼は街灯の明かりを灯す人に丁寧にあいさつした。

「こんにちは。どうして街灯の明かりを消したの?」

「そういう指示なのさ」、明かりを灯す人は応えた、「おはよう。」

「指示って?」

「街灯の明かりを消すことさ。こんばんは。」

そして彼は再び明かりを灯した。

「でもどうしてまた明かりをつけたの?」

「そういう指示なのさ」、明かりを灯す人は応えた。

「わからないや」、王子さまは言った。

「わかるべきことなんてないさ」、明かりを灯す人は言った。「指示は指示なんだから。おはよう。」

そして彼は街灯の明りを消した。

そして彼は赤いチェックのハンカチで顔を拭った。

「私はそう、とんでもない仕事をしているのさ。前は理に適ってたんだ。朝になったら明かりを消し、夜になったら明かりを灯していた。日中の残りの時間は休んでいられたし、夜の残りの時間は寝ていられた・・・」

「それで、そのころから、指示が変わったの?」

「指示は変わらないさ」、明かりを灯す人は言った。「これはまったく悲劇だよ!この惑星は年を追うごとにますます速く回っていて、そして指示は変わらないんだから!」

「ということは?」、王子さまは言った。

「というわけで今この惑星は一分で一日が過ぎていくから、私は一秒だって休めないんだ。一分に一度ずつ明かりを灯しては消しているんだからね!」

e0001193_802373.jpg


「そんなのおかしいよ!君の星では日が一分だなんて!」

「まったくおかしいことじゃないさ」、明かりを灯す人は言った。「我々が話してもう一か月になる。」

「一か月?」

「そう。30分間さ。30日間さ!こんばんは。」

そして彼は街灯の明かりを灯した。

王子さまは彼を眺め、こんなにも指示に忠実なこの明かりを灯す人のことが気に入った。彼はかつて椅子を引きながら眺めに行った夕暮れのことを思い出していた。彼は友達を助けたいと思った。

「君は知ってるかな・・・僕、休みたい時に休める方法を知ってるよ。」

「いつだって休みたいさ」、明かりを灯す人は言った。

人というのは同時に勤勉にも怠慢にもなれるのだ。

王子さまは続けた。

「君の星は三歩で一周できるくらいに小さいでしょ。君はずっとお日様といられるようにゆっくり歩くだけでいいんだよ。休みたい時には歩くんだ・・・そしたら一日は君の望むだけ長くなるよ。」

「それは大した助けにはならないよ」、明かりを灯す人は言った。「私が望んでいるのは、眠ることなんだ。」

「そんなの無理だよ」、王子さまは言った。

「そんなの無理なのさ」、明かりを灯す人は言った。「おはよう。」

そして彼は街灯の明かりを消した。

「あの人は」、王子さまはさらに遠くへ旅を続けながら思った、「あの人は他の人たちみんなに馬鹿にされるだろうな、王様や、自惚れ屋、酒飲みや、実業家に。だけどこの人だけは愚かな人だとは思われないんだ。きっと、彼が彼自身以外の物事に取り組んでいるからかな。」

彼は残念そうな溜息をついてまた思った。

「あの人は僕が友達になれそうだった唯一の人だな。でもあの星は本当にあんまり小さすぎたんだ。二人分の場所はなかったよ・・・」

この恵まれた惑星を惜しく思うのが24時間で1440回もの夕暮れを見られるからだということについては、王子さまはどうにも認めなかった。




~続く~


明かりを灯す人の星。

休みなく毎分明かりを灯したり消したりし続けるなんて本当につらい仕事だ。身体を壊すのではないかと心配してしまう。

そして指示に対して忠実であることは我々日本人が比較的得意とする分野だけど、王子さまはそれについて上々な評価を与えている。こうした態度について現代日本ではややナンセンスとして評価を下げている面もあると思うけれども、決まり事を順守し続けられることは基礎的な態度・能力としてやはり大事なのだと思いながら読んだ。自分の欲望・願望に素直であること、与えられた型にはまらない創造的で自発的な活動をすることのほうが魅力的だけど、単純に決まり事を順守し続けるということだって大事だったり随分難しかったりするし、どっちの方が大事というわけではないけどどっちも大事なんだろうな、と思ったのであったよ。

写真は僕の部屋の壁にかかっている電飾つきポスター(?)。コンセントに繋げると、画中の電話のコードとランプのところが光るみたい。繋いだことないけど。

...What!! Don't even think about it!! No way!.. (え!?そんなこと考えてちゃダメよ!絶対ダメ!

どういうシチュエーション・・
by kan-net | 2013-06-09 08:49 | 練習
<< Comme on joue d... 王子さま(寛訳13) >>