人気ブログランキング |
王子さま(寛訳13)
十三 

四番目は実業家の星だった。この人はとても忙しかく、王子さまが到着しても頭も上げなかった。

「こんにちは」、彼は言った。「あなたのタバコ、消えてますよ。」

「3たす2は5。5たす7は12。12たす3は15。こんにちは。15たす7は22。22たす6は28。火をつけ直す時間がないのさ。26たす5は31。おお!てことは5億162万2731か!」

「5億の何?」

「え?君はずっとそこにいるのか?5億100万の・・・もうわからんな・・・私はたくさん仕事があるんだ!私は重要な人物で、無駄話で暇をつぶしたりしないのだよ!2たす5は7・・・」

「5億100万の何なの?」ひとたび質問したら決して諦めることのない王子さまは繰り返した。

e0001193_27477.jpg


実業家は頭を上げた。

「54年前からこの星に住んでいるが、三度しか邪魔をされたことはない。一度目は22年前、コガネムシがどこかから落ちてきた。こいつはもの凄い声で鳴き散らして、私は一つの勘定で四つの間違いをしたんだ。二度目は11年前、リウマチの発作が起きた時だった。私は運動不足でね。ぶらぶらする時間がないのさ。私は重要な人物だからね。三度目は・・・これさ!だからこれは5億100万の・・・」

「の何?」

実業家は静けさなど期待できないと悟った。

「たびたび空に見る小さいものさ。」

「ハエ?」

「いやちがう、小さくて光っているんだ。」

「ハチ?」

「いやちがう。小さくて光っていて怠け者を夢見心地にさせるものさ。しかし私は重要人物だからね!私は夢見心地になる時間はないのさ。」

「あ!星?」

「その通り。星だ。」

「それで5億100万の星をどうしようっていうの?」

「5億162万2731だ。私は重要な人物でね、私は正確なのだよ。」

「それでその星をどうしようっていうの?」

「私がこれをどうするかって?」

「そう。」

「何も。私はこれらを所有しているのさ」

「この星たちを所有しているの?」

「そうさ。」

「でも僕はもうそういう王様を見たよ・・・」

「王様は何も所有していない。王様というのは『統治している』のさ。これは全く別のことだ。」

「それで星を所有することがどう君の役に立つの?」

「裕福になるのに役立つのさ。」

「それで裕福であることがどう君の役に立つの?」

「他の星を買うのに役立つのさ、誰かが見つけた時にね。」

「この人は」、王子さまは思った、「酒飲みみたいな考え方だな。」

しかしながら彼はまだ質問をした。

「どうやったら星を所有できるの?」

「星は誰のものだ?」気難しい実業家は言い返した。

「知らないよ。誰のものでもないよ。」

「であれば私のものだ、というのも私が一番にそれを思ったわけだからね。」

「それで十分なの?」

「もちろんさ。もし君が誰のものでもないダイヤモンドを見つけたらそれは君のものだ。もし君が誰のものでもない島を見つけたらそれは君のものだ。もし君が一番にアイデアを思いついたら君は特許を取って、それは君のものになる。そして私は星を所有している、というのも私より前には誰一人としてその所有のことを考えなかったのだからね。」

「それはそうだね」、王子さまは言った。「それで君はどうするの?」

「管理するのさ。数えて、数え直す」、実業家は言った。「これは難しいんだぞ。しかし私は重要な人物だからね!」

王子さまはまだ納得していなかった。

「僕は、スカーフを所有していたら、僕は首に巻いて持ち歩くことができる。僕は、もし一輪の花を所有していたら、僕はそれを摘んで持ち歩くことができる。でも君は星を摘みあげることはできないでしょ!」

「できない、しかし私は銀行に預けることができる。」

「それはつまりどういうこと?」

「つまり小さな紙に私の星の数を書くのさ。それから引出しに紙を入れて鍵をかける。」

「それだけ?」

「それで十分!」

「これはおもしろいや」、王子さまは思った。「ほとんど詩みたいじゃないか。でもこんなの大して重要じゃないや。」

王子さまは重要なことについて大人たちの考えとはとても違った考えを持っていた。

「僕は」、彼はもう一度言った、「僕は一輪の花を所有していて毎日水をやる。僕は三つの火山を所有していて毎週煤払いをしてあげる。もう活動していない火山も煤払いしてあげるんだよ。どうなるかわからないからね。火山のためにもなるし、花のためにもなるんだ、僕が彼らを所有しているっていうのは。でも君は星たちのためにはならない・・・」

実業家は口を開けたが答えが何も見つからず、王子さまは旅路を進めた。

「大人たちって本当に全くどうかしてる」、王子さまは旅を続けながらずっとそう思っていた。




~続く~


実業家の星。

王子さまは相変わらず手厳しい。それに対して実業家も途中まではなかなかよく対抗しているように見えたけど、最後に寄り切られてしまった。彼ならまだまだ無暗な屁理屈で対峙できたはずなだけに残念。

けっこうボリュームあったけど難しい単語や表現はなかったのでサクサク訳せた。所要時間、約1時間半。

ところで日本語は数字を万・億で区切っていて、海外でスタンダードな千・百万・十億~の区切りと食い違っているのでたまに不便を感じる。日本の標準時間を2時間早めるというのと同時に、数の位の区分を修正するという話はないだろうか。経済効果とか何とかが生じるほどのことではないのかも。

写真はLe Puyで見つけたレースの裁縫機。すごい速さで紡いでおった。
by kan-net | 2013-06-03 02:31 | 練習
<< 王子さま(寛訳14) 一三〇五五七五 >>