人気ブログランキング |
王子さま(寛訳11)
十一

二番目の星には自惚れ屋が住んでいた。「ああ!ああ!崇拝者のお出ましだ!」自惚れ屋は王子さまを見つけて遠くから叫んだ。

というのも自惚れ屋にとっては全ての他人が崇拝者なのだ。

「こんにちは」、王子さまは言った。「かわった帽子をお持ちですね。」

e0001193_2319892.jpg


「これは礼を示すためさ。」自惚れ屋は応えた。「誰かが私を讃えた時に応えるためさ。」あいにくここを通りかかる誰も人はいなかった。

「あ、はい?」王子さまは理解できずに言った。

「手を叩きなさい」、自惚れ屋は助言してやった。

王子さまは手を叩いた。自惚れ屋は帽子を持ち上げて恭しく応えた。

「これ、王様の訪問よりも面白いな」、王子さまは心に思った。そして彼は再び手を叩き始めた。自惚れ屋は再び帽子を持ち上げて恭しく応えた。

五分間ほど続けて王子さまはこの単調な遊びに飽きた。

「それで、帽子が落ちたら」、彼は尋ねた、「どうするんですか?」

しかし自惚れ屋は聞いていなかった。自惚れ屋というのは称賛しか聞かないのだ。

「君は私に心底敬服しているかね?」自惚れ屋は王子さまに尋ねた。

「『敬服』ってどういう意味ですか?」

「『敬服』というのは私がこの星で最も美しく、最も上品に着飾って、最もお金持ちで最も知的であると認めることさ。」

「でもあなたの星にはあなたしかいないじゃないか!」

「敬服したまえ。それでも良いから敬服したまえ!」

「敬服するよ」、王子さまは肩を少しすくめながら言った、「でもこんなことの何がそんなに嬉しいの?」

そして王子さまは旅路を進めた。

「大人たちって全くもって変だな」、王子さまは旅を続けながらずっとそう思っていた。




~続く~


王子さまの旅、第二の星は自惚れ屋の星。

王子さまがキレキレ。「おもしろいな」とまた手を叩いて、5分で飽きるなんて素敵。ここで描かれている「自惚れ屋」というのは、今の世の中でいう「イイネ」「そう思う」の価値観に重なるものなのだろうか。

写真は一時行方不明となっていたローラ。鋭い眼光(ちょっと怖い)。

今回の話は短かったこともあってかなり速く読めた。辞書を引いたのも7語だけで済み、快調だった。次も短いので速く読めるかも。
by kan-net | 2013-05-26 23:21 | 練習
<< 王子さま(寛訳12) La première sem... >>