人気ブログランキング |
王子さま(寛訳10)


彼は小惑星325号、326号、327号、328号、329号、そして330号の一帯にいた。そこで彼は仕事を見つけ勉強するために小惑星の訪問を始めた。

初めの星には王様が住んでいた。緋の衣とオコジョを身に纏った王様は非常に簡素でありながら荘厳な玉座に腰を据えていた。

「あ!民だ!」、王子さまを見つけて王様は叫んだ。王子さまは訝った。

「どうして僕のことがわかるんだろう、これまで僕を全く見たこともないのに!」

彼は、王様というものにとっては全てがとても単純だということを知らなかった。全ての人間が民なのだ。

「よく見えるよう近う寄れ」、王様はついに誰かの王様になったことで誇らしくなり彼に言った。

王子さまはきょろきょろと座るところを探したが、惑星は王様の見事なオコジョのマントで全く覆い尽くされていた。そのため彼は立ち続けていたが、疲れていたため、あくびをした。

「王様のいるところであくびをするのは礼儀に反しておる。そちにあくびを禁ずる。」

「あくびを止めることなんてできません」、王子さまはすっかり困惑して応えた。「長い旅をしてきて寝てないんです・・・」

「よろしい」、王様は言った、「そちにあくびを命ずる。もう何年も人があくびするのを見ておらん。あくびというのも余にとっては興味深い。ほれ!もう一度あくびせよ。命令であるぞ。」

「そんな脅かさないでください・・・もう出ません・・・」王子さまはすっかり赤くなった。

「ムホン!ムホン!」王様は応えた。「よろしいでは・・・ではそちへの命令である、ある時はあくびをしてまたある時は・・・」

彼はやや口ごもって気を悪くしたようだった。

というのも王様は何よりもその権威が尊重されることを強く望んでいるのであった。彼は不服従を認めなかった。彼は絶対的な君主なのであった。しかし、彼は大変な善人であるため、合理程な命令を下すのであった。

e0001193_614382.jpg


「もし余が」、彼はすらすらと言った、「もし余が将軍に海鳥に変身せよと命令し、そしてもし将軍が従わなかったならば、それは将軍の誤りではない。それは余の誤りである。」

「座っても良いですか?」王子さまはおずおずしながら尋ねた。

「そちに座ることを命ずる」、王様は応え、オコジョのマントの裾を厳かに引き寄せた。

しかし王子さまは仰天した。その星はとても小さかったのだ。この王様はいったい何を統治できているというのだろう?

「陛下」、彼は言った・・・「陛下に質問させていただきたいのですが・・・」

「余に質問することを命ずる」王様は急いで言った。

「陛下・・・陛下は何をお治めですか?」

「全てである」、王様はたやすく応えた。

「全てですか?」

王様はさりげない仕草で自分の惑星、その他の惑星たち、そして星たちを指示した。

「この全てですか?」王子さまは言った。

「この全てである・・・」王様は応えた。

彼は単なる絶対的君主なのではなく全世界の君主なのだった。

「では星たちはあなたに従うのですか?」

「無論である」、王様は言った。「星たちは直ちに従う。余は不服従を許さぬ。」

そのような権力があると知り王子さまは驚嘆した。もしそれを彼自身が持つことができたら、彼は1日で44回でなく、72回、いや100回、いや200回だって夕暮れを見ることができるのだ、椅子を動かしたりもせずに!彼は見捨ててきた小さな星の思い出に少し寂しくなっていたため、彼は思い切って王様に嘆願をした。

「夕暮れを見たいのです・・・お願いします・・・太陽に沈むよう命じてください・・・」

「もし余が将軍に、花を次々と蝶々のように飛ばせと命じ、あるいは悲劇を執筆せよと命じ、あるいは海鳥に変身せよと命じて、そしてもし将軍が命令を実行しなかったならば、誰が、将軍と余のうちどちらが、間違っているか?」

「陛下です。」王子さまははっきり言った。

「さよう。各人には各人に可能なことを要求しなくてはならぬ。」王様は繰り返した。「権威とはまず合理性の上に成り立つ。もしそちが人民に海へ身投げするよう命ずれば、人民は革命を起こすであろう。余には服従を要求する権利がある、というのも余の命令は合理的だからである。」

「それで僕の夕暮れは?」ひとたび質問すると決して忘れない王子さまが再び尋ねた。

「そちの夕暮れであるが、それは叶う。余が要求しよう。しかし余は、統治の学に則り、状況が好ましくなるのを待とう。」

「いつになりますか?」王子さまは尋ねた。

「ムホン!ムホン!」王様はまず分厚いカレンダーを見て応えた、「ムホン!ムホン!それはな、だいたい・・・だいたい・・・それは今夜のだいたい9時40分ごろである!そちは余がいかに意のままに服従させているか見ることになろう。」

王子さまはあくびをした。彼は夕暮れが見られなくて残念だった。そして彼は既に少しうんざりしていた。

「僕ここですることはもう何もありません」、彼は王様に言った。「出発します!」

「行くでない。」民を持って誇らしげにしていた王様は応えた。「行くでない、そちを大臣に任命する!」

「何の大臣ですか?」

「ほ・・・法務大臣である!」

「でも裁くべき人が誰もいないじゃないですか!」

「わからぬぞ」、王様は言った。「余は余の王国の見回りをまだしておらん。余は大変年を取っており、馬車を置く場所もなく、そして歩くのは難儀なのである。」

「ああ!でも僕はもう見ました。」王子さまは身体をよじってもう一度惑星の逆側を見るために一瞥をやり、言った。「あっちの方も誰もいません・・・」

「ではそちはそち自身を裁くのだ」、王様は彼に応えた。「それはもっとも難儀なことであるぞ。自らを裁くのは他者を裁くよりも大いに難儀である。もしそちがそち自身を見事に裁くことができれば、そちは真の賢者ということである。」

「僕は」、王子さまは言った、「僕はどこにいても自分を裁くことができます。僕ここにいる必要はありません。」

「ムホン!ムホン!」王様は言った、「余の星にはどこかに老いぼれの鼠がおるはずである。夜に音がしておるからな。そちはこの老いぼれの鼠を裁くことができよう。そちは時として死刑を言い渡すのだ。すなわちあれの命はそちの判断次第である。しかしあれを保っておくためにその都度恩赦を与えるのだ。一匹しかおらぬからな。」

「僕は」、王子さまは応えた、「死刑を言い渡したりしたくありませんし、本当に行こうと思います。」

「ならぬ。」王様は言った。

しかし王子さまは、支度を終え、この年老いた王様を苦しませたくなかった。

「もし陛下が厳格な恭順をお望みでしたら、私に合理的な命令を下してください。例えば私に、一分以内に出発することを命じてください。状況は好ましいように思われます・・・」

王様は何も応えず、王子さまはいったん戸惑った後、ため息をつき、出発した・・・

「そちを大使に任命する」、その時王様が慌てて叫んだ。

彼は大いに威厳を誇っていた。

「大人たちってすごく変だな」、王子さまは旅を続けながらずっとそう思っていた。




~続く~


王子さまの旅、始まる。

王様と王子さまのやり取りがなんとも滑稽。王子さま、王様の威厳を反故にし過ぎ。もはや見てるこっちがビビる勢い。しかし王様の返しもなかなか健気でハイセンス。

王様の「自分を裁く」ことに関する言葉は初めもっともに思ったけど、王子さまの軽い切り返しを見て、オヤっと思った。「他者よりも自分を裁く方が難しい」のはなぜなのか、本当にそうなのか、なんでそれを初めもっともだと思ってしまったのか。どうりで僕もつまらない大人になってきているわけだ、と妙に納得がいった。

写真は今日ホストマザーの誕生日プレゼントで買ったバラ。こんなに大きなバラを買ったのは初めてだったので帰り道のガラス戸で写真を撮っていたら、撮った直後に「にーちゃん何してんねん」みたいに内側から戸を開けられて相当恥ずかしかった。そして家に帰ってみたらホストマザーの友人がさらに大きい花を持ってきていて唖然。翻弄されたわ。


さて明日からはA2のクラスでの新しい日々が始まる。気を引き締めて頑張ろう。
by kan-net | 2013-05-21 08:18 | 練習
<< La première sem... Excursion en Au... >>