人気ブログランキング |
王子さま(寛訳9)


王子さまは星を出るために野鳥の渡りを利用したのだと思う。出発の朝、彼は星をしっかり整理整頓した。彼は念入りに活火山の煤払いをした。彼は二つの活火山を持っていた。朝食を温めるのにとても便利だった。彼は死火山も一つ持っていた。だけど、彼曰く、「絶対わからないからね!」それで彼は死火山も同様に煤払いした。きちんと煤払いされていれば、火山は静かに規則的に火を起こすが、噴火はしない。火山の噴火というのは暖炉の火のようなものなのだ。もちろん僕たちの星で火山の煤払いをするには僕たちはあまりに小さすぎる。だから僕たちは火山で大迷惑を被るのだ。

e0001193_763163.jpg


王子さまはまた、少し寂しい気持ちになりながら、バオバブの最後の新芽を引っこ抜いていった。彼はもう決して戻らないだろうと思っていた。だけどその朝、この慣れた作業はとても心地よく感じられた。そして、彼が花へ最後に水をやり、花をガラスケースで守ってやろうと準備していた時、彼は自分が泣きたい気持ちになっていることに気付いた。

「さようなら」彼は花に言った。

花は応えなかった。

「さようなら」彼はもう一度言った。

花は咳をした。だけどそれは風邪のためではなかった。

「私ばかだったわ(ようやく花は彼に言った)。許してね。幸せになって。」

彼は非難が出ないことに驚いた。彼は全く狼狽え、ガラスケースを手に立ち尽くしていた。彼はこの穏やかな優しさが理解できなかった。

「でも私、あなたのこと好きよ(花は彼に言った)。あなたはそんなこと全く知らなかったわね、私のせいで。そんなことどうでもいいけど。でもあなたも私と同じでばかだったわ。幸せになってね・・・。ガラスケースはそのままにしておいて。もう要らないわ。」

「でも風が・・・」

「私そんなにひどい風邪じゃないわ・・・夜の涼しい風で具合も良くなるわよ。私は花なのよ。」

「でも動物たちが・・・」

「蝶々に会いたかったら毛虫の二、三匹は受け入れなくちゃいけないのよ。ずいぶん美しいらしいの。そうでもしなかったら誰が私を訪ねてきてくれるの?あなたは、遠くへ行ってしまうじゃない。大きな動物だって、私ちっとも怖くないわ。私だって爪があるのよ。」

そして花は無邪気に4本の棘を見せた。それから花は付け足した。

「そんなふうにぐずぐずしないでちょうだい、目障りよ。行くって決めたんでしょ。行きなさい。」

花は彼に泣いているところを見られたくなかったのだ。それは本当にプライドの高い花だった・・・。




~続く~

王子さまの出発、花との別れ。

花が随分いじらしい。寛訳にも熱が入ってしまった。「大きな動物だって、私ちっとも怖くないわ」「目障りよ」・・・なんとまあ!なんて花!ホント勘弁してほしいわ!なんやねんもう!!

・・・おっと、エキサイト。エキサイトブログ。

今回の写真はMoulinsの町中に取り残されていたスーパーマーケットMonoprixの残骸。

次の第十話はとても長いので、また数日後になると思う。
by kan-net | 2013-05-13 07:26 | 練習
<< après cinq sema... ma vie à Vichy ... >>