王子さま(寛訳8)


すぐに僕はこの花についてより詳しく知ることになった。王子さまの星にはとてもシンプルでたった一並びの花びらを身に纏い、何の役にも立たず、誰に迷惑をかけるでもない花が、いつも咲いていた。その花は朝に草の中から姿を現し、夕方に姿を消すのだった。だけどそこにある日、どこからか運ばれてきた種子の芽が姿を現して、王子さまは他のどの草木とも似つかないこの芽をしっかり注意深く見張っていた。新種のバオバブかもしれなかった。だけどこの低木はすぐに成長を止めて、花を準備し始めた。王子さまは、大きなつぼみが用意されているのを見守りながら、奇跡的な花が姿を現すのを感じとっていたが、その花は美しくなるための準備を止めずに緑の部屋に閉じこもっていた。花は入念に色を選んでいた。花はゆっくりと着飾って、花びらを一枚ずつ整えていった。ヒナゲシのように皺くちゃで現れたくなかったのだ。自分の美しさをしっかり輝かせた形でしか姿を現したくなかった。ああ!そう、とても気取った花だったんだ!だからその神秘的な身繕いは何日も何日も続いた。そしてある朝、ちょうど日が昇る時刻に、花は姿を現した。

花は、しっかり正確に手入れをした上で、あくびをしながら言った。

「ああ!今やっと起きたところなの・・・ごめんなさいね・・・私まだ髪が乱れているわ・・・」

王子さまは称賛を抑えることができなかった。

「なんて綺麗なんだ!」

「そんなことないわ(花はゆっくり答えた)。私、お日様と同時に生まれたの。」

王子さまは花が慎ましいどころかずいぶん情動的だとすぐに気づいたのだった!

e0001193_1938466.jpg


「今、たぶん、朝食の時間よね(花はすぐに付け足した)、すみませんけど私に何か・・・」

王子さまはすっかり動転して、じょうろを探しに行き、花に冷たい水をやった。

e0001193_1931444.jpg


こうして花はちょっと気難しい見栄を張ってすぐに彼を悩ませていった。例えばある日などは、4本の棘のことを話していて、花は王子さまに言った。

「彼らが来るわ、トラが、獰猛な爪のトラが!」

「僕の星にトラはいないよ(王子さまは言い返した)、それにトラは草を食べないよ」

「私は草じゃなくてよ(花はゆっくりと答えた)」

「ごめんなさい・・・」

「私はトラなんて全く怖くないの、でもすきま風が大嫌いなの。ついたてはお持ちかしら?」

『すきま風が大嫌いだって・・・植物がそんなことあり得ないよ(王子さまは気づいていた)。この花はずいぶん厄介だな・・・』

e0001193_19351260.jpg


「毎日夕方になったら私にガラスケースをかぶせてちょうだい。あなたの星はずいぶん寒いわ。整備がなってないわね。私が前にいたところは・・・」

でも花はそこで止めた。花は種子の形で来たのだった。他の世界のことは何も知りようがなかった。こんな無邪気な嘘を見抜かれていることに恥ずかしくなって、花は2,3回咳払いをし、王子さまに過失を押し付けようとした。

「ついたては・・・?」

「探しに行こうとしているのにあなたが僕に話しかけてるんじゃないか!」

花はどうにか彼を後悔させようと無理やり咳払いをした。

e0001193_19324934.jpg


こうして王子さまは、愛の気持ちを抱きながらも、間もなく花を信じないようになった。彼は取るに足りない言葉を真面目に受け止めて、嫌な思いをするのだった。

「僕は花の言うことを聞かないべきだったんだ(ある日彼は僕に打ち明けた)、花の言うことを決して聞いてはいけないんだ。花は見て香りを嗅がなくちゃいけないんだ。僕の花は僕の星を香りで満たしたけれど、僕はそれを愉しむことができなかった。爪の話で、僕はすごく腹を立てたんだけど、僕は優しい気持ちにならなくちゃいけなかったんだ・・・」

彼はさらに打ち明けた。

「その時僕は全く理解できなかったんだ!僕はあの花を振る舞いから捉えるべきで、言葉から捉えてはいけなかったんだ。あの花は僕を香りで満たし、僕を照らしてくれた。僕は決して逃げ出すべきじゃなかったんだ!僕はつまらない策略を聞いて愛情を抱くべきだったんだ。花っていうのは本当に矛盾してるんだ!でもあの花を愛するには僕は幼すぎたんだ。」

e0001193_1935298.jpg





~続く~


約一週間ぶりの続編。ここでは王子さまと花との出会い、やり取りが描かれている。

たしか岩波なんかの和訳では「バラ」という表現が使われていたと思うけど、フランス語原文では「(4本の棘のある非常に美しい)花」としか書かれていない。色も描かれていない。確かに「バラ」と言ってしまわずに「花」のままで描いた方が、つかみどころのない魅惑的なキャラクターがより際立って良いのかもしれないと思う。(ただし原文でも赤い花びらを付けたバラっぽい花のイラストは描かれている)

振る舞いから捉えるべきで言葉から捉えてはいけない。なるほど、言葉が真実とは限らないものね。なるほどなぁ。

今回の写真ラインナップ。
1枚目:ヴィシー市内の公園に咲いてた
2枚目:名物「ヴィシーの水」セレスタンの蛇口。美味しい。
3枚目:ティティ
4枚目:エロン
5枚目:ムーラン市内のメリーゴーランド

なお5月8,9日はフランスは祝日なのだ。最近ちょっと疲れもたまっているので休みをとりながらできる限り勉強がんばりたい。
[PR]
by kan-net | 2013-05-08 19:46 | 練習
<< フランス生活一か月での率直な思い Excursion à Mou... >>