王子さま(寛訳7)


五日目、いつもの通り羊のおかげで、王子さまの暮らしの秘密がまた一つ明らかになった。彼は唐突に、何の前置きもなく、ずっと静かに考えていた結果のように僕に尋ねてきた。

「羊は、低木を食べるということは、花も食べるの?」

「羊は出くわしたものをなんでも食べるよ。」

「棘のある花も?」

「うん。棘のある花も。」

「だったら棘は、なんのためにあるの?」

僕はその答えを知らなかった。その時僕はエンジンで固く締まったネジを外そうと必死になっていた。僕はこの故障が非常に深刻に思われてきたことでとても不安であり、また尽きつつある飲み水は僕に最悪の事態を想像させていた。

「棘は、なんのためにあるの?」

王子さまは、ひとたび質問をしたら決してその質問を諦めなかった。僕はネジに苛立っていて、適当なことを答えた。

「棘は、何の役にも立たないよ、花の単なる意地悪さ。」

「え!」

だけどちょっと黙りこくった後で彼は、どこか恨めしそうに僕に叫んだ。

「僕は君を信じない!花は弱いんだ。花は純粋なんだ。花はできる限りのことをして安心しているんだ。花は自分には棘があって怖い存在だと信じ込んでいるんだ・・・」

僕は何も応えなかった。この時に僕が思っていたのはこういうことだ、「もしこのネジがまだ取れなかったら、金槌で一発叩いて取っ払ってやろう。」王子さまは僕が新しいことを考えるのを遮った。

「それで君は、君は本当に、花が・・・」

「いや違うよ!違う!僕はどうとも考えてないよ!僕は適当に答えたんだ。僕はね、忙しいんだ、重要なことがあるんだよ!」

彼は仰天して僕を見た。

「重要なこと!」

彼は僕を見て、そして僕の手にした金槌と油まみれで真っ黒な指が、彼にとってはひどく醜く見える物体の上にかざされているのを見た。

「君は大人たちのように話すね!」

この言葉は聞いて僕は恥ずかしくなった。だけど彼は、容赦なく、付け加えた。

「君は全部いっしょくたにしてる・・・君は全部ごちゃ混ぜにしてる!」

彼は明らかにとても怒っていた。彼は金色に輝く髪を振り乱していた。

「僕は真っ赤な紳士がいる星のことを知ってるよ。この人は花の香りを嗅いだことが全くないんだ。この人は星を見たことが全くないんだ。この人は誰も愛したことがないんだ。この人は足し算以外のことは決して何もしないんだ。それでいてこの人は毎日毎日君みたいに繰り返すんだ。『私は重要な人物なのだ!私は重要な人物なのだ!』そうして彼はますます思いあがっているんだ。でもこんなのは人間じゃないよ、こんなのはキノコだ!」

「なんだって?」

「キノコだ!」

王子さまは今や怒りで真っ青になっていた。

「何百万年も前から花は棘を身に付けている。何百万年も前から羊はやっぱり花を食べている。それで、花が全く何の役にも立たないような棘を身につけるのになんですごく苦労しているのか理解しようとすることが、重要じゃないっていうの?羊と花の戦いは大切じゃないっていうの?太った赤い紳士の計算よりも重要でも大切でもないっていうの?僕が、僕の星以外には、どこにも存在しないような、たった一つの花を知っていて、それを小さな羊があっさりと、この羊が、いつかの朝に、自分のしていることの意味も知らずに、この花をあっさりと食べてしまったとしても、そんなことは大切じゃないんだって!」

e0001193_9275353.jpg


彼は赤くなって、そして続けた。

「もし誰かが何百万個ものうち一つだけの星に咲いているある花を愛しているとしたら、それだけでその人は星たちを見上げた時に幸せを感じることができる。その人は思うんだ、『僕の花があのどこかにいる・・・』。でも、もし羊が花を食べてしまったら、それはその人にとっては、突然、全ての星が消えるようなものなんだ!それでも大切じゃないんだって!」

彼はそれ以上何も言うことができなかった。彼はいきなり嗚咽し始めた。夜が更けていた。僕は工具を放り出した。僕は金槌もネジも、喉の渇きも死もどうでもよかった。ただある星、ある惑星、僕の星、この地球に、慰めるべき王子さまがいるのだった!僕は彼を腕に抱いた。僕は彼を慰めた。僕は彼に言った、『君の愛する花は大丈夫だよ・・・僕が君の羊に、くつわを描くよ・・・僕が君の花のために覆いを描くよ・・・僕が・・・』。僕は言うべきことがほとんど見つからなかった。僕は自分自身をとても不器用に感じた。僕はどうやって彼の心に触れることができるか、どうしたら彼と再び心を通わせられるか、わからなかった。本当にわからない、涙の世界というのは!




~続く~

ついに「花」が登場しました。

王子さまが怒り出すこの場面。もしかしたら全編のなかで僕は一番好きかもしれない。メッセージ性ももちろんのこと、「キノコだ!」っていうのも、なんでキノコなのかはわからないようでいて、でも確かにキノコがしっくりくるような気もして、なんだか良い。

今回の写真はスズラン(muguet)。こちらフランスでは5月1日がメーデーで祝日。この日にスズランを家族や友人に贈るという風習があるそうな。祝日だと学校もないので、学校の先生には一日早いけど明日、ホストファミリーには当日で5月1日に渡すつもりなのだった。こういう異なる社会の慣習に触れるのはウキウキして楽しい。

今回の和訳は全部で5時間くらいかかったかな。新しい単語・表現が60個。単語を少しでも覚えるため最初に辞書で調べながら読むときは和訳を作らず、もう一度読み直すときに和訳を作文したので、よけい目に時間がかかった。ちょっと大変だったけどストーリーが面白いこともありついつい頑張って読んでしまう。いやはや次の話も楽しみだ。
[PR]
by kan-net | 2013-04-30 10:04 | 練習
<< Impression d... trois semaines ... >>