人気ブログランキング |
王子さま(寛訳6)


ああ!王子さま、僕はこうして少しずつ君の小さくて物寂しい暮らしを知っていったね。君は長い間、気晴らしといったら優しい夕日しかなかったんだ。僕はこの新しい事実を、4日目の朝、君が僕にこう話した時に知った。

「僕は夕日が大好きなんだ。夕日を見に行こうよ・・・」

「でも待たないと・・・」

「何を待つの?」

「日が沈むのを待つんだよ。」

君はいったん驚いた様子になって、それから自分自身に笑っていたね。そして僕にこう言ったんだ。

「ずっと自分の星にいるつもりだったよ!」

e0001193_8252565.jpg


なるほどね。アメリカがお昼の時、太陽は、誰もが知っている通り、フランスで沈む。フランスにいれば一分でも歩けば夕日を見ることができる。残念ながらフランスはずっと遠くにあるけどね。だけど、君の小さな星では、君は椅子を数歩ばかり動かせば十分なんだね。そして君は夕暮れを見たいだけ見ることができたんだ。

「ある日なんて、僕は日が沈むのを44回も見たよ!」

そして少ししてから君は付け足した。

「知ってるかな・・・人はとても悲しい時に夕日を見たくなるんだよ・・・」

「44回見た日、君はとても悲しかったの?」

だけど王子さまは答えてくれなかった。




~続く~


ちょっと切ない要素が加わってきた。

この章では初めて(この後もあるのかもしれないけど)、王子さまに対して「tu(きみ)」という言葉で話しかける口調が使われています。前の章では読者への語りかけが多かったけど、続けざまに今度は王子さまに語りかけることで、読者と王子さまの距離を一気に縮めることに成功していると思う。そして最後の一文では王子さまに話しかけるのはやめて、読者に向き直ってうつむきかげんで語りかけるような口調で結び、次の章への流れを作っている。うまいなあ、本当にうまい。

そして今回の写真はフランス語の教室から見たヴィシー市街地。

この和約にかかった時間、約40分。11個の単語と表現を新たに学びました。
by kan-net | 2013-04-28 08:48 | 練習
<< trois semaines ... 王子さま(寛訳5) >>