人気ブログランキング |
王子さま(寛訳5)


毎日僕は彼の星、彼の出発、そして彼の旅についての何かしらの事柄を知っていった。物思いにのままに、とてもゆっくりと。そうして、三日目になって、僕はバオバブの物語を知ることになった。

この時もまた羊のおかげだった。というのも深刻な疑いを抱いた様子で王子さまは唐突に僕へ質問してきたのだった。

「羊が低木を食べるっていうのは、本当なんだよね?」

「うん。確かだよ。」

「ああ!よかった!」

僕にはどうして羊が低木を食べることがそんなに重要なのかわからなかった。だけど王子さまはこう付け足した。

「ということはバオバブも食べるよね?」

僕は王子さまに、バオバブは低木ではなく教会にあるような大きな木だということ、そしてたとえ彼が象の群れを連れて帰ったとしてもその群れは一本のバオバブすらも食べ尽くしたりしないと教えてあげた。

象の群れという発想を聞いて王子さまは笑った。

「そんなことをしたら象の上に象を積み重ねなくちゃね。」

e0001193_6461017.jpg


でも彼はしっかりとこうも指摘した。

「バオバブは、大きくなる前には、小さいんだよ。」

「それはそうだね!でもどうして君は羊にその小さなバオバブを食べてほしいんだい?」

彼は「ああ!考えてもごらんよ!」と、さも当然なことのように答えた。そしてこの問題を理解するのに僕はずいぶん頭を使わさせられた。

実のところ、王子さまの星には、他のすべての惑星と同じように、良い草と悪い草がある。良い種子が良い草に育ち、悪い種子が悪い草に育つ。だけど種子は目に見えない。種子はそのうちの一つが起きる気になるまで、地面の下でひっそりと眠っている。そして種子は伸びて、太陽に向かって美しい無害な小枝をまずは遠慮がちに伸ばす。もしそれがダイコンやバラの小枝であれば、お望み通りに伸びさせておけば良い。だけどもし悪い植物だった場合、それに気付き次第すぐに引っこ抜かなくてはならない。そして恐ろしい種子が王子さまの星にもあった・・・バオバブの種子だ。星の大地にはびこっていた。そしてバオバブは、時間が経ってから取り除こうとしても、もはやそれを取り除くことは決してできないのだ。バオバブは星を全部埋め尽くしていく。バオバブはその根っこで星を穴だらけにしていく。そしてもし星がとても小さく、またもしバオバブがたくさんあると、バオバブは星を壊してしまう。

e0001193_6455936.jpg


「これは心掛けの問題なんだ。」ずっと後になって王子さまは僕に言った。「朝の身繕いが終わったら、今度は星の身繕いを丁寧にしてやる必要があるんだ。とても小さい頃にはバラととても似ているんだけど、見分けがつき次第しっかり必ずバオバブを引き抜く。すごく面倒な仕事だけど、すごく簡単だよ。」

そしてある日、彼は僕の星の子供たちの頭にしっかり入れておくため、何とか上手な絵を描くべきだと助言をくれた。「そのうち子供たちが出かけるときに、」彼は言った。「役に立つよ。遅くになってから仕事を再開したって不自由のないこともある。でも、バオバブに関しては、いつも大変なことになるんだ。僕は怠け者の住んでる星を知ってるよ。彼は三本の低木を無視していたんだ・・・」

そこで王子さまの忠告にならって、僕はこの画を描いた。道徳家の真似をするのはあまり好きじゃない。だけどバオバブの恐ろしさはほとんど知られていないし、惑星のどこかに潜んでいるこの明白な脅威はあまりにも重大なので、一度だけ僕は遠慮するのをやめて、言わせてもらう、「子供たち!バオバブに気をつけろ!」。僕自身も気づくこともないまま長い間かろうじて免れてきたこの危険について、僕の友達であるみんなに警告するために、僕は一生懸命この画を描いたんだ。この教訓はそれだけの価値がある。みんなはたぶん不思議に思っているだろう、どうしてこの本にはバオバブのように大掛かりな画が他にないのか?答えはいたって簡単、頑張ったけどうまく描けなかったんだ。このバオバブを描いた時、僕は急がなくちゃいけないという思いに駆り立てられてね。

e0001193_16174621.jpg





~続く~


バオバブこわい。

僕の訳は上手くないかもしれないけど、話の進め方がとても上手いなあと読みながら常々思う。過去と現在を行き来しながら作者がすぐそこにいるような感覚になる。素敵。僕もこういう物語を書きたいな。

今日の写真。
・一枚目は昨日の授業で行った市場の写真(ソーセージ)
・二枚目は昨日の授業で行った市場の写真(ワイン)
・三枚目は僕のベッドで行き倒れたローラ(♂)

三枚目、もっとシュールでちっぽけな一枚を探したんだけど見つからなかったので、可愛ければなんでも許されるだろうと思ってローラ。ちなみに♂なのに♀だと思われていたから名前はローラ。

今回はほとんど訳してしまってから朗読CDを入手したのだけど、次の話は朗読を聞いてから和訳に挑戦しよう。
by kan-net | 2013-04-27 16:32 | 練習
<< 王子さま(寛訳6) Dans la bibliot... >>