王子さま(寛訳4)


そうして僕はもう一つのとても重要なことを知った。彼のいた星はせいぜい家一軒より大きいという程度なのだ。

だからと言って僕はそんなには驚かなかった。地球や木星、火星、金星、その他の名前が付けられた大きな惑星の他に、とても小さいがために天体望遠鏡で見つけることがとても難しいような星が何百とあることを、僕はよく知っていた。天体学者がそのうちの一つを発見したら、彼はその星の名前として番号を付ける。たとえば「小惑星325号」といった風に。

e0001193_747587.jpg


僕が王子さまのいた惑星が小惑星B612号だったと信じているのには確かな根拠がある。この小惑星は1909年にあるトルコ人の天体学者によって一度だけ発見された。

そこで彼はその発見について天体国際会議の場で大々的な発表を行った。しかしその服装のために、誰も彼を信用しなかった。大人たちとはいつもそんなものなのだ。

e0001193_7471224.jpg


運のいいことに小惑星B612号の噂を聞きつけ、トルコの独裁者は人民に対してヨーロッパ風の衣装を纏うことを命じ、さもなくば死刑と処すると定めた。天体学者は1920年に、優雅な衣装を身に纏って再び発表を行った。そしてこの時には誰もが彼の意見を支持したのだった。

e0001193_7471598.jpg


僕は君にこの小惑星B612号について詳細を話し、そしてその番号を明かしたわけだが、それは大人たちのせいである。大人たちは数字が好きだ。君が新しい友達について大人たちに話すとき、大人たちは大事なことについて決して尋ねない。大人たちは決してこんなことは言わない。「その子はどんな声なの?その子はどんな遊びが好きなの?その子は蝶々を集めてる?」。彼らはこう尋ねるんだ。「その子はいくつ?その子は何人兄弟?その子は体重どのくらいなの?その子のお父様は収入いくらくらいかしら?」。そうしてようやく大人たちは彼を理解したと考える。もし君が大人にこういったとする。「バラ色の煉瓦のきれいな家を見たよ。ゼラニウムが窓においてあって、屋根にハトがいたんだ。」大人たちはその家を思い浮かべるところまでいかない。彼らにはこう言ってあげる必要がある。「10万フランの家を見たよ。」すると大人たちはこう叫ぶ、「なんて素敵なんだ!」。

そんなわけで、もし君が大人たちに、「王子さまが確かにいたという証拠は彼がうっとりするような佇まいで、彼が笑っていて、そして彼が羊をほしがっていたということだよ。ある人が羊を欲しがったということは、その人が確かにいたという証拠だよ。」と言ったら、彼らは肩をすくめて君のことを子ども扱いするだろう。だけどもし君が彼らに「彼は小惑星B612号からきたんだ」と言えば、彼らはしっかり把握した気になって、君は落ち着いて彼らの質問を受けることになるだろう。大人たちとはこんなものだ。彼らのことを悪く思うことはない。子供たちは大人たちに対して寛大たらねばならないのだから。

だけど、当然ながら、生きることを知っている僕たちからしたら、数字なんてまったく馬鹿らしいじゃないか!僕はおとぎ話のようにこの話を始めたかった。僕はこう言いたかった。

「その昔、自分よりも少し大きいくらいの星に住んでいた王子さまがいて、王子さまはお友達が欲しかったのでした・・・」。生きることを知っている人たちにとっては、こっちの方がより本当らしく伝わるはずだ。

というのも僕は僕の本を軽はずみに読んでもらいたくないのだ。僕はこの記憶を語るのにとてもたくさんの悲しみを感じている。僕の友達が羊と一緒に行ってしまったのはもう6年前のことだ。ここに彼のことを書こうとしているのは、彼を忘れないようにするためだ。友達を忘れてしまうのは悲しい。みんな昔は友達がいなかったのだから。そしてまた僕は数字にしか興味のない大人のようになっているかもしれない。そういうわけもあって僕は絵の具のケースと鉛筆を買った。僕の年で絵描きに再挑戦するというのは難しい。しかも僕は6歳の時の不透明なボアと透明なボアしか描いてみたことがないのだから!もちろん、僕はできる限りそっくりそのままの画を描きたい。だけど僕はうまく描けたり描けなかったりしてばかりだ。一枚の画がうまく描けて、次のはもう似ても似つかない。僕はまた丈についても少し間違える。こちらでは王子さまが大きすぎる。そちらでは小さすぎる。彼の衣服の色についてもはっきりしない。僕はどうにかこうか、あれやこれやと手探りしている。僕は最終的にいくつかのとても重要な細部を間違えることになるだろう。だけどそれは大目に見てもらわなくては。僕の友達は何も説明してくれなかったんだから。彼はきっと僕を自分と似た者同士だと思っていたと思う。だけど僕は、あいにく、箱の中を横切る羊を見ることはできない。僕はきっと大人みたいなものなのだ。僕は年を取った。




~続く~


長い。これは大変。王子さま大変。でも面白い。

「大人たちは数字が好きだ。」「大人たちは大事なことについて決して尋ねない。」「数字なんてまったく馬鹿らしいじゃないか!」 ・・・しびれますね。そんな僕ですが交通計画(めっちゃ数字つかう)を修めようとしています。そのために仕事を止めてフランスまで来てしまいました。嗚呼。

というかどうだろうか、だいたい意味は通じてる?日本語がおかしいところもあると思うのですがご容赦ください。明らかな誤植とかは教えていただけると幸いです。あと和訳版の「星の王子さま」は渡仏の飛行機のあと読んでないため、そろそろ読み取りミスで意味の取り違えが起きている恐れもありますが、それもご容赦ください。

なお今日の写真については、
・一枚目は僕のベッドの下に隠れるティティ
・二枚目はヴィシーの歴史的重要人物 Célèbre Curiste
・三枚目はヴィシーの歴史的重要人物 Napoleon III
でした。

第五章、これがまた長い。明日は無理だな。明後日かな。じゃおやすみなさい。
[PR]
by kan-net | 2013-04-23 10:12 | 練習
<< la chance / 幸運 ... Excursion à Lyo... >>