人気ブログランキング |
王子さま(寛訳3)


彼がどこから来たのかを理解するのにはずいぶん時間がかかった。この王子さまは、僕にたくさんの質問をよこしたけれども、僕からの質問は全く聞いていない様子だった。偶然発せられた言葉から、少しずつ、物事が明らかになっていった。例えば、彼が初めて僕の飛行機(僕は飛行機の画は描かないよ、僕には難しすぎるからね)を見たとき、彼は僕にこう聞いた。

「あそこにあるのは何?」

「これはただのものじゃないぞ。これは飛ぶんだ。これは飛行機、僕の飛行機さ。」

e0001193_841539.jpg


僕は飛べることを教えてやったことで誇らしく思っていた。すると彼は叫んだ。

「なんだって!空から落ちてきたんだ!」

「そうさ、ゆっくりとね。」

「ああ、そいつはおかしいや!」

そして王子さまはとても可愛らしい声で大笑いして僕をずいぶん苛立たせた。僕は不愉快になっていることをちゃんと気づいてほしいと思った。すると彼は付け足した。

「そしたら、君も空から来たんだね!どの星から来たの?」

僕はこの王子さまが現れた謎に対して突如として一つのヒントを見出し、急き込んで尋ねた。

「君はつまり他の星から来たのかい?」

だけど彼は答えてくれなかった。彼は僕の飛行機を眺めながらゆっくりと首を振った。

「そうだね、たしかに、そんなに遠くからは来られないね・・・。」

そして彼は長い間物思いに耽っていた。そして、彼はポケットから僕のあげた羊を取り出して、その宝物をじっくりと眺めたのだった。


僕がこの「他の星」という少し解き明かされた謎にどれだけ惹きつけられたか想像してほしい。僕はそのことについてもっと詳しく知ろうと試みた。

「君はどこから来たんだい、ねえ君。『僕のところ』ってどこなの?僕のあげた羊をどこへ持っていこうというの?」

彼はしばらく黙ってよく考えた末に僕へ答えた。

「君が箱と一緒にくれて、良かった。夜の間は彼の家になるものね。」

「もちろんさ。もし君が親切に答えてくれたら、僕は昼間に繋ぎとめておくための綱も上げるよ。それから杭もね。」

僕の提案は王子さまの気に障ったらしい。

「繋ぎ止めておくって?なんておかしなことを言うんだい!」

「でももし繋ぎ止めておかなかったら、羊はどこへでも行ってしまって、迷ってしまうよ。」

すると僕の友だちはまた大きな声で笑いだした。

「でも羊をどこへやるつもりなの?」

「どこへでも。彼の好きにしたらいいさ。」

王子さまは重大そうに行った。

「どうってことないんだ、本当に小さいから、僕のところは!」

そして、少し物憂げそうな様子で、付け足した。

「好きにしたらいいのさ。誰も遠くへはいけないんだから。」

e0001193_855135.jpg






~続く~


昨日は途中まで訳したところでデータが消えるという悲劇が起こったけど、今日はやり直しに成功。

思ったよりも多くの人が読んでくれている?かもしれない?ということがわかったので、少しやりがいを持って継続的に訳していこうと思うのであったよ。

そしてまだ二回しか訳してないのに「写真はフランスのを使え」というダメだしを食らったのだけど、そんなに目新しい載せたい写真がないので、またネコちゃんの写真で当座を凌ごうと思う。

やれやれ大変だ。
by kan-net | 2013-04-20 08:13 | 練習
<< Excursion à Lyo... 王子さま(寛訳2) >>