王子さま(寛訳1)
レオン・ウェルスへ 

子どもたちには、この本を一人の大人へ捧げたことを許してもらいたい。というのも真剣な理由があって、この大人は僕の一番の友達なのだ。まだ理由があって、それはこの大人が何でも、子供向けの本でも理解できるということ。三つ目の理由は、この大人がフランスに住んでいて、空腹と寒さに耐えていることだ。この人は慰みをとても必要としている。もしこれらの理由が不十分だったら、私は喜んでこの本をこの大人のかつての姿としての子供に捧げたい。すべての大人が昔は子供だったのだから。(だけどそのことを覚えている大人はほとんどいない。)そんなわけで献辞はこう修正しよう。

小さな男の子のころの
レオン・ウェルスへ




僕は六歳だったときに一度、「実際の話」という原始林についての本で、すごい画を見た。それは蛇のボアが猛獣を丸飲みしている画だった。これがその画の写しだ。

e0001193_7245194.jpg


本にはこう書いてあった。「蛇科のボアは獲物を噛まずに丸飲みします。その後は動けなくなって、消化のために六か月間眠ります。」

僕はそれでジャングルの冒険について真剣に思いを巡らし、今度は自分で、一色のクレヨンを使って初めての画を描きあげた。僕のデッサンその一だ。こんな感じだった。

e0001193_752351.jpg


僕はこの傑作を大人たちに見せて、僕の画を見て怖いと思うかを尋ねた。

大人たちは僕にこう答えた。「どうして帽子で怖がるんだい?」

僕の画は帽子じゃない。この画はボアが象を消化しているところを描いたんだ。僕はそれで、大人たちが理解できるようにボアの内側の画を描いた。大人たちにはいつも説明をしてあげなくてはならない。僕のデッサンその二はこんな感じだった。

e0001193_753169.jpg


大人たちは僕に、そんなボアの画はどうとでもして脇に置いておいて、もっと地理や歴史、計算や文法に興味を持つようにと言ってきた。かくして僕は、六歳にして、画家という輝かしいキャリアを諦めたのだった。僕はデッサンその一とデッサンその二の失敗でがっかりしていた。大人たちは自分では決して何も理解しないので、子どもにとってすごく面倒なことに、いつもいつも説明をしてあげなくてはならないのだ…。

僕はそれで他の仕事を探さなくてはならず、飛行機の操縦を勉強した。僕は世界中のいろんなところを少しばかり飛んだ。地理は、確かに、とても役に立った。僕は一目見ただけで、中国とアリゾナを見分けることができた。そうしたことは万が一夜中に進路を失った時にとても役に立つ。

僕はそうした暮らしの中で、たくさんの信頼できる人々とたくさん接してきた。大人たちの世界で生きてきた。彼らをとても近くから見てきた。だからといって僕のものの見方がさほど良くなるわけではなかった。

少し賢そうな人と知り合った時には、僕はいつも持ち歩いていた僕のデッサンその一でその人を試してみた。僕はその人がすべてわかっている人かどうかを知りたかった。だけどその人はいつも僕にこう答えた。「これは帽子だね。」それで僕はその人にボアのこと、原生林のこと、星のことは話さなかった。僕はその人の近くにいた。僕はその人に橋、ゴルフ、政治やネクタイの話をした。そしてこの人はまたちゃんとした人と知り合ったといってとても満足していた…。




~続く~


これ、Antoine de Saint-Exupéryの”Le Petit Prince”、和名で「星の王子様」のフランス語原文を自分で和訳したものです。

先の日記で書いた「フランス語の書物の和訳」の一つ。最初はただ読めたら良いやと思ってたけど、高校時代のホームリーダーを思い出して、そういえば和訳をちゃんと作ろうとすると読み込み方が少し深くなって良いかなと思ったので、作ってみることにした。そして張り合いのためにブログにアップしてしまえ、と。読む人は特にいないかと思うけれども。

もし読む人がいれば、間違えてるかもしれないので気を付けてください。まあ実はこっちにくる飛行機の中で和訳版を読んだので、全体の流れとかニュアンスはそんなに間違えないと思います。あとは文学としての色気はあんまり出せないですが。"Le Petit Prince"を「星の王子様」と訳せるセンスは、僕にはありません。せいぜい「王子さま」。寛訳は「王子さま」です。

全部で二十七章あるので、約一か月かけて少しずつ進めます。読む人はごゆるりとお付き合いください。ただしずっと王子さま縛りだと自分が飽きそうな気もするので他の書物にも浮気しつつやるつもりです。ご了承のほど。
[PR]
by kan-net | 2013-04-17 07:27 | 練習
<< 王子さま(寛訳2) フランス生活も10日目を終えた >>