人気ブログランキング |
【ハリキリ通信#005】私とウルドゥ語
2010年7月28日
カラチ(パキスタン)ホテルにて

週末のこと。昼下がりのビリーズブートキャンプの後、体重計に乗ると壊れている。取替えにきたホテルマンが動作確認のため試計測したので「65.4kg, OK!」と言ったところ、「NO! NO Sir!」と激しい剣幕で反論され、手にしていた荷物を置いて再計測。確かに彼は63.2kgでした。

----

約11ヶ月ぶりとなった前号、多少おっかなびっくりの発信であったが、思いも寄らぬ多くの方から感想や激励のメールをいただいた。感謝感激である。その声を受けさらに調子に乗って、まだ興奮冷めやらぬうちに第五号を書いてしまう。

前号の末尾にあった「ありえるトピック」の中でも圧倒的な人気を集めたのは目下の予想通り「そしてピクニック」であった。しかし残念ながらこれは急激な治安悪化により実現しなかった(前号の時点で実はピクニックは未実施なのだった)。そこで今回は2番人気の「私とウルドゥ語」。

----

「2010年はカラチに専念してね」とエラい人からの冷徹な宣告を受け、僕は本屋に直行してパキスタンの国語である「ウルドゥ語」の本を探した。想像されたことだったが、やはり、ない。ネットで「旅の指さし会話帳 パキスタン」を取り寄せた。

ウルドゥ語と言われも初耳な人が殆どであろうが、「アッサラーム・アレイコム」というと地理の教科書で目にした覚えがある人もいるだろう。アラビア語と同じで、「こんにちは」という意味になる。返事は「ワレイコム・サラーム」。

ウルドゥ語は言語学的にはインドのヒン(中略)

そうこうしているうち最近では、運転手に行く先を告げるときはウルドゥ語でないと聞いてくれないし、ホテルのドアマンには毎日「とんでもなく元気」と答えないと預けた荷物を返してくれないという事態が発生しだした。先日オフィスで「Thank you」と礼を言ったところ、聞きつけた現地スタッフが横から割り込んできて「Hey Kan, You know what to say, ha?(おい、こういうとき何て言うんだ)」と詰るので「しゅくりあ(ありがとう)」と言い直したところ「More!(お前の気持ちはそんなもんか!)」と怒られ、「ば…ばほっとしゅくりあ(ほ…ほんとにありがとう泣)」とほぼ強制的に言わされた。

ウルドゥ語を覚えたことでかくも不利な立場に置かれるとは完全に想定外の展開である。しかしこうした数々の仕打ちも親愛の裏返しであると信じ、ここはプチジャパン大使の気持ちで大らかに受け止めることとする。

ところで当地にて頻繁に耳にする印象的な言葉は(英語だが)「It’s not my fault.(俺は悪くない)」。役所の官僚からピザ配達の兄ちゃんまで、身分の高低に関わらず何事かあるたびにこの言葉を口にする。こちらとしては誰が悪いのかなど聞いていないし興味もないのだが。常に自らの保身を図る彼らの言葉を聞くにつけ、また他人については平然と批判を展開する様子を見るにつけ、心底うんざりさせられるし未来への展望はますます霞んでいくのである。

----

以上、おわり。「私とウルドゥ語」、思いのほかパンチ力不足。ブートキャンプを頭にぶつけるという荒業でカバーしきれたかどうか。

そして気づけば帰国まで残りわずか(31日夜着)。まだまだネタは尽きないのだが今回カラチからお届けできるのは今号までである。カラチには9月中旬にまた戻ります。それではまた。アッラーハーフィズ(さようなら)。

----

写真① カラチの人々:
俺を撮れと主張してきた人々の写真をぺたぺた並べてみた。主張してきただけあって、みんな良い顔してる。

e0001193_4473113.jpg




------------
上質な苦笑を貴方に-。ハリキリ通信は無料のメルマガ的存在です。ブログに掲載しつつ、熱心な読者の皆様にはメールでも配信する理想のサービスを提供しています。配信先の新規登録および変更、停止はホリキリ即刻対応しますので、ある程度考えた上でご連絡ください。またご意見やご要望につきましても好意的なものをお寄せください。

※お礼※ 随所でご声援いただきありがとうございます。「Kanet」全体よりも「ハリキリ」に対する注目の方が高まりつつあることに緊張感を覚えます。
------------
by kan-net | 2010-07-29 05:03 | 通信
<< やりきった感と悔しさ 今あるものリスト(カラチ時間2... >>