「戦争」の言葉に思うこと
前の記事で「オランド大統領は(中略)フランスが戦争へ乗り出すという明確な表明はしていないと思われ、そこに微かな希望を見出したいところ」と書いたけど、そんな「希望」はあっさり裏切られた。16日の夕方に開かれた上下両院合同会議での演説で大統領は「フランスは戦争状態にある」「我々の敵はイスラム国である。我々はこの組織を食い止めるのではない、この組織を滅ぼすのだ」 と宣言。演説後には両院全議員は総立ち、長い拍手が鳴り響き、国歌ラ・マルセイエーズの斉唱が続いた。この国歌が両院合同会議で歌われるのは1918年、2015年1月(シャルリーエブド)以来3度目だったらしいのだけど、その好戦的な歌詞(「武器を取れ市民よ 隊列を組め 進もう 進もう 汚れた血が我らの畑の畝を満たすまで!」とか)にもともと若干ひき気味な僕はテレビを観ながら「これはヤバいな」とただ思った。

そして17日(サンドニの前日)、FigaroとRTLが16日に実施した世論調査の結果が公表された。以下にそのいくつかの数字。
・59%が「フランスは戦争状態へ突入した」に同意
・84%が治安向上のため自らの自由に制限がかかることを肯定
・74%が潜在的危険人物(「fichier S」該当者)の拘留を肯定
・85%がシリアを占拠するイスラム国への攻撃を肯定

これを見て、少し「おや」と思った。テロの発生直後から大物政治家が「戦争」という言葉を繰り返し、それを報じるメディアでも同語が頻出していたのに対して、世論調査では「戦争状態へ突入」への同意が59%に「留まった」と僕は感じた。確かに、テレビのインタビューなどでも市民は皆それぞれに怒りや悲しみを表明していたけど、「戦争」の単語を自ら遣う人は少なかった。一般のフランス市民の間には「戦争」に対する抵抗が一定程度は残っているのかなと思った。

それに比べると政治家が「戦争」と発言する頻度は異常なほどで、こちらの気分を重くする。好戦的な方向へ民意を誘導するつもりかと苦々しく見ていたのだけど、18日未明のサンドニの作戦や、15日の夜から数百件規模でフランス全土で強制捜査が展開されている様子(リヨンではロケット砲など大量の武器を押収)を見ていて、この「戦争」の多用はかなり国内の治安確保への意味合いが強いように思えてきた。

4月の時点でバルス首相は「シャルリーエブド以降で5つのテロ行為を未然に防いだ」と言っていたし(Le Monde 2015年4月23日)、テロリストがコンサートを狙うという情報も夏には明らかになるなど(Le Monde 2015年9月18日)、政府は国内に相当な危機認識を抱いていたと思われる。ただ踏み込めるほどの確証がなかった。それが13日のテロ事件の発生を受けてこれ以上は看過できるわけもなく、非常事態宣言を直ちに発し、以前から危険性があると踏んでいた数百に及ぶ潜在的危険人物を押さえにかかったのだ思う。

つまり「フランスは戦争状態にある」という強い発言によって、国民に危機意識を共有させ、また「国土の治安維持のためにあらゆる手を尽くす」ことについての承認を得たのかなと。前述の世論調査、フランスという人権の国の民の8割が自らの自由に制限がかかることに納得を示し、7割が潜在的危険人物の拘留に賛同するというのは、そうした発言の影響もあったように思う。…あまりこういう推測ごっこみたいのは好きじゃないけど、そう考えると彼らの発言の意図が少し理解できる気がして。



ただそうすると、実際に戦争はどこまで行くのか?どこまで既に行っているのか?というか、ここで言う「戦争」とは何か?という思いが生じる。フランス軍はパリ同時多発テロの翌14日にはラッカを占拠するイスラム国勢力に対して大規模な爆撃を行い、その後もロシア軍と代わる代わる攻撃を続けている。とは言えラッカへの攻撃自体はテロより前から実施されていたものだ(イスラム国はそれをテロの理由の1つとしている)。

再び前述の世論調査、「フランスは戦争状態にある」の肯定は59%、フランス軍によるイスラム国への攻撃への肯定は85%。このギャップは何か。フランスの国土、自分の身の回りの状態が判断基準であり、他所のことは二の次、フランス軍が他所で攻撃していてもフランスは戦争状態ではないという潜在意識が見え隠れする。まあ対峙する相手が国でなくテロ組織という時代になり「戦争」の概念が変わってきているし、その上で「フランスは戦争状態」というフレーズ自体をどう理解するかというのが既に問いだと思うけど。

これは僕自身への問いでもある。僕自身、政治家たちの「戦争」の言葉に対して恐怖を覚えながらも、14日以降に激しくなったフランス軍による攻撃はそれでも単なる「これまでより大規模な攻撃」だった。戦争の前触れとは思っても、戦争に入ったとは思っていなかった。でも戦争には既に入っていたのかもしれない。ラッカへの攻撃のイメージを見て、これはもう戦争でしょという感覚になった。


結局、俄かに多用され始めた「戦争」という言葉に過敏に反応していたけど、言葉に踊らされた感がある。言葉が出ていなかったから戦争が起きていなくて、言葉が出されたから戦争だというのは当たらない。その言葉の有無にかかわらず実際に何が起きているかをできるだけ自分で観察して、自分でその状況を理解するように気をつけないといけない。上のイメージ一枚でじゃあ戦争だと認識するのが正しいわけでも必ずしもないだろう。ただ12日のベイルート、13日のパリとサンドニ、18日のサンドニ、20日のバマコ(現在進行中…)などとにかくここ数日間でテロの脅威が目立ち始めて、フランス軍やロシア軍がラッカへの攻撃を強めるなど、緊張が急激に高まっているのは感じる。できるだけ自分で観察し続ける。

なお僕自身の頭に入っていなかったことなのでここで記載しておくと、イスラム国が占拠しているシリアのラッカには今も「貧しさゆえに難民として避難することすらできなかった市民」が住み続けている。イスラム国の迫害に怯え、フランス軍やロシア軍の攻撃にも怯えながら、ラッカ市民は今何を体験し、何を見聞きし、何を思っているのだろうか。(フランス軍はイスラム国の施設を攻撃としている)


最後にダライラマの言葉。「祈るだけで問題は解決しない。人間が問題を作りだし、そして今は神に救いを求めている。論理的でない。神も、自分で生んだ問題は自分で解決しろと言うだろう。平和のために私たち一人一人が努めよう、家庭の中で、社会の中で。神や仏陀や政府に頼るのではなく。」 (i100/Independent 2015年11月18日
[PR]
# by kan-net | 2015-11-20 13:40 | 考え
2015年11月13日パリ同時多発テロ発生時のことと今思うこと
その時、僕は友人とパリ19区の自宅でワインを飲んでいた。23時半過ぎ、そろそろ解散かなという頃にふと携帯電話を見ると複数の友人から電話やメッセージの着信履歴(22時半以降は通知音が鳴らないように設定している)。僕自身は何も気づいていなかったので何のことやらと思ったが、うち一人のメッセージに「巻き込まれてないよね?」の一言があり、慌ててネットのニュースを見てテロがあったと知る(友人も着信は入っていたがテロが理由とは気付いていなかった)。まだ事態が掴めていなかったけど念のためその夜は友人を泊め、翌朝に帰した。

21時半ごろから発生していた同時多発テロ。最も近い現場Le Petit Cambodgeは自宅から2kmもないほどの距離だった。実は19時半ごろに他の友人から「突然だけど飲みに行かないか?」と誘われ、先約があると断ったのだけど、もしそこに行っていたらLe Petit Cambodgeともう一つの現場Casa Nostraから共に約400mというところでその時を迎えることになっていた(なおその友人の無事は確認できた)。全く気も付かないまま呑気にワインなどを飲んでいる間に起きた事件だったけど、まさに一歩間違えていたらという話だった。

土曜日の朝に友人を途中まで送っていって以降は家から出ていない。テレビやラジオ、インターネットで情報収集してはTwitter(@horikirikan)で発信するといったことをずっと繰り返している。僕が発信する情報など何でもないと知りつつ、気持ちがどうもざわついて他のことが手につかない。日曜日の午後になってようやく少し勉強の時間を確保できた。

テレビをつけているとフランス市民は「団結」「連帯」そして「怒り」という言葉を口々に発し、テレビの司会者は「世界がフランスに連帯を示した」と繰り返している。そして政治家は「戦争」という言葉を意図的に選んで遣っている。バルス首相は「敵を滅ぼす、この戦争に勝利する」と言い、サルコジ前大統領は「我々は戦争下にある」と話した。オランド大統領は「テロリストの戦争行為」を批難したもののフランスが戦争へ乗り出すという明確な表明はしていないと思われ、そこに微かな希望を見出したいところではあるが、すでに強い流れは形成されつつあるように思う。9.11の時にアメリカにいた人の「テロも怖かったけれど周りの人々の愛国心の狂気的な高まりも怖かった」という旨のツイートを目にしたけど、今それと同じようなものを感じている。「敵」「味方」の対立構造を形成していく強い流れ、「戦争」という言葉が頻繁に聞かれる状況が本当に恐ろしい。恐怖の時代が始まらないよう心から祈る。

そして改めて、どうしてこんなことになってしまったのか、歴史や宗教などもう一度勉強しようと思う。正しいと思える世界に少しでも近づけるように。大きな強い流れの前で自分は小石でもないとは思うけど、できること、あるべき姿を考えることだけでもしなくてはならない。流れにただ流されてはならない。
[PR]
# by kan-net | 2015-11-15 19:18 | 考え
残り41日ですること
12月17日のフランス離脱まで残り41日間。今は語学学校に通っているけど、それも11月12日で終わり。その後は再び、その気になれば24時間誰とも会わずにゴロゴロ寝そべって過ごせる状況になる。

就職活動については微妙な前進があったものの、残りの期間でどうなるものか、あまり期待し過ぎないことにしている。むしろこの残りの期間は勉強とかに注力するつもり。

・交通の勉強
・統計の勉強
・プロジェクトマネジメントの勉強
・読書
・尺八

友人がブログで紹介していたのをきっかけに最近興味が再燃してきたのがプロジェクトマネジメントで、これをこの期間で頑張ってみようと思っている。残りフランス滞在期間でやることをこのフレームで計画・管理してみようかなと。練習。

こういう下らないものを含めてでもブログの更新頻度をもう少し維持したいなあ。ふと書きたいなと思った時に書けるように。
[PR]
# by kan-net | 2015-11-07 23:05 | 何気ない
mise à jour / アップデート / update
Après une longue absence, voici un nouvel article.
前の記事から随分と間が開いてしまいました。久しぶりにブログを書きます。
After a long absence, here is a new article.

Bref, je ne trouve toujours pas de travail. Je suis à Paris. Tout en cherchant un travail, je vais récemment dans une école de français.
手短に。仕事は見つかっていません。パリに居ます。就職活動をしながら、最近はフランス語の語学学校に通っています。
In short, I haven't found a job yet, am in Paris. While looking for a job, I'm going to a French language school nowadays.

Je suis vraiment désolé de n'avoir rien écrit depuis tout ce temps malgré votre considération. J'avais toujours pensé écrire quand ma situation aurait changé, mais rien ne s'est amélioré, et j'ai commencé à être un peu déprimé.
気にかけてくださっている皆様にもずっと無言を続けていてごめんなさい。状況が好転したら連絡しようと思っていたのですが、一向に好転することがなく、そのまま僕自身の気分も塞いでしまっていました。
I'm really sorry for not having written anything for a long time in spite of your consideration. I had thought of writing when my situation changed nicely, but nothing improved, and I started to be a bit depressed.

Je viens de réserver un billet d'avion partant de Paris le 17 décembre, car un an se sera passé depuis la rémise du diplôme et mon autorisation de séjour va expirer. Ça veut dire qu'il me reste 78 jours y compris aujourd'hui (le 1er octobre) et le jour du départ.
先ほど12月17日にパリを発つフライトを予約しました。修士課程の修了から1年が経過して現状のフランス滞在許可が切れるためです。つまり今日(10月1日)と出発日を含めてフランス滞在は残り78日間です。
I just reserved the flight departing from Paris on 17th December, as one year would have passed since the end of master and my stay authorization will be expired. It means I have 78 days left including today (1st October) and the departure day.

Beaucoup de choses ne se sont pas très bien passées depuis ces six derniers mois en France, et j'ai perdu beaucoup de temps dans un mauvais état d'esprit sans concentration. Pour la période qui me reste, je vais réessayer de me concentrer, de chercher tout ce que je peux encore faire et de les faire.
フランスへ来てからの六か月間は多くのことが上手くいかず、集中力を失って多くの日々を無駄にしてきました。残りの期間は、できることがまだ残ってないかしっかり考えて、できる限りのことをしたいと思います。
Since the arrival in Paris six months ago, many things haven't gone very well for me, and I have lost a lot of days without concentration. For the remaining days, I will put my best effort to get concentrated again and to seek and do what I still can do.
[PR]
# by kan-net | 2015-10-01 07:15 | あいさつ
就活放浪をしてみて
帰りのチケットも持たず翌週の宿も定めないまま6月8日にパリからミラノへ発った時にはもっと長い旅になるだろうと思っていたのだけど、少し事情が変わってあっさり7月1日にパリへ戻ってきた。終わってみれば、ミラノ4泊5日、スタバンゲル6泊7日、ロンドン6泊7日、ハーグ6泊7日で、合計は24日間。あれっという感じだが、まあ長旅をするのが目的ではないし、妥当な帰還なのであるよ。

ミラノの記録スタバンゲルの記録ロンドンの記録ハーグの記録

収穫は、色々な人にお会いできたということ、お会いした人からは概ね良い反応をいただけたということ。やはり面識もない知らない人から「雇ってくれ」だの何だの言われてもそもそも興味が沸かないのでしょうけれども、とりあえず会って一個人として認知してもらえば、それなりに興味を持ってもらえる可能性が高まる。だからと言って人事権のある人とすぐ会えるわけではないので苦労は続くのだけど、例えばスタバンゲルやロンドンでお会いした人はけっこう僕のことを社内でプロモーションしてくださっているみたいで、大変ありがたいし、こういう所から道が開けていくかもしれないと思う。またお会いした人から様々な助言をいただけたのも良かった。

そして気分転換になったというのも大変良かったと思う。一所で悶々としている状況から解放されて、街の見学や観光なんかもしながら、そりゃ自宅にいないので疲れはたまるのだけど、日々何らかの刺激を受けながら過ごした。純粋に楽しかった。

どうしても日々が落ち着かなくて、就活関連の情報収集を含めていろいろと手落ちになってしまったのは反省。せっかく来たのだからと街や郊外を動き回る時間はけっこう取ったし、それもあって夜は疲れてよく眠ったし。後悔はしないが、もう少しやり様があっただろうと思うところではある。

パリに戻ってきたのは就活絡みのアポイントメントが複数取れたから。これについては直近に改めて書きたいと思うけれども、何か動くかもしれない状況ではある。これ次第では暫くパリに留まることになるし、あるいはまた次の旅の支度をすることになるかもしれない。

このため例によって今、一週間後の宿は確保できていない。なかなか奇異な生活スタイルではあるが、なんとか生きていくということについては今回の旅を経ても少し身につけられたと思うし、事情としても本当に先のことが決め難い状況なので、まあこんな調子でもう暫くやっていくのだろう。

そうそう、この旅ではいろいろな発見があったけれども、スタバンゲルの空を見上げていて、ああ本当に自分は空が好きなんだなと感じたのも一つの発見、再発見だった。パリに帰った日の夕べの空も美しかった。
e0001193_09041851.jpg

[PR]
# by kan-net | 2015-07-08 09:25 |
就活放浪ハーグの記録
2015年6月25日(木)~7月1日(水)に滞在したオランダ、ハーグの記録。

オランダの事実上の首都ハーグ。中央駅の周りには高層ビルが立ち並び、そこかしこでビルの建設工事が行われていたのが非常に印象的。カフェのテラス席にたくさんお客さんが座っていたり、路面電車の周りに広々としたスペースを用意している様子は、フランス特にナントを少し思い出させるものがあった。

しかし滞在しているうちに、どうもやはりオランダはフランスではないということがわかってきた。まず人がフランス人よりさらに粗暴。導火線が短く表現が大きい。自転車に乗った2組の女性が互いに罵声を浴びせかけ(オランダ語だから理解はできなかったけど)中指を突きたてながら走り去っていったのには唖然とした。上半身裸で歩いている男性は多々いるし、モーターバイクに乗っていてヘルメットをかぶっているのは10人に1人と言ったところか。フランス人は何となく謎の「フランス人たれ」みたいなものを持っている気がするが、その違いな気がする。

また町の作りが違う。何と言っても自転車と自転車道路の普及率が極めて高い。1,685万人の人口に対して自転車が2,200万台あるらしく、駅前の駐輪場はもの凄いことになっているし、自転車専用レーンもかなり広範に整備されている。ここまで自転車王国だとは知らなかった。(時事ドットコム:知られざる自転車大国‐オランダ

就活的にはミラノでお会いした方からオランダの企業で働かれている方をご紹介いただき連絡してみたのだけど、体調を崩されていてお会いすることができなかった。なので収穫なし。ただしオランダでは日本人が労働許可なしで就労できるようになったらしいので今後も積極的に可能性を探っていきたい。(NFIA:日本国籍者―オランダ労働許可が不要に

以下、写真。

ハーグ中心部の交差点
e0001193_08052216.jpg

広々としたフラットな造りが少しナントに似ているかなと思ったけど、よく見ると信号がない。それでいて路面電車もバスも乗用車も自転車も歩行者も、みな同じ空間を使う。


ハーグ中心部のカフェ
e0001193_08052742.jpg

これはフランスに近い。


ハーグ中央駅前の駐輪所
e0001193_08053241.jpg

もの凄い数の自転車である。


都市間を結ぶ自転車道
e0001193_08062750.jpg

都市内はもちろんのこと、都市間にも自転車道が長く長く整備されている。広大な緑の平地の中を自転車で駆ける。


ハーグ郊外のどうってことなさそうな風車
e0001193_08053835.jpg

少し町の中心から離れるとふとこういう風車があったりする。町の中心にもあるけど。


ちらっとアムステルダム
e0001193_08055530.jpg

アムステルダムも行ってきた。ただこのタイミングで体調が優れず、なのに人が多すぎたので疲れてしまい、数時間で撤退。


ドラハテンDrachtenのShared-space roundabout
e0001193_08064811.jpg

交通標識を撤去し、多様な交通主体を一緒くたにした空間を提供することで、各主体の責任ある交通行動を促す取組み。これについては素晴らしいと称賛する記事も多いのだが(The telegraphe:Is this the end of the road for traffic lights?)、そんなことはない、むしろ事故は増えているし交通弱者にとっての利用性は低下しているという主張も見られる(a view from the cyclepath:Where the crashes are: Shared Space and other bad junction designs lead to crashes and injuries)。


アムステルダム北西の太陽光道路
e0001193_08065216.jpg

太陽光パネルを自転車専用道路の路面にはめ込んだSolaRoad。現時点ではコストが高すぎて実験段階にとどまっているが、将来的には信号機や電気自動車への電力供給源へ展開することが目標とされている。(The guardian:World's first solar cycle lane opening in the Netherlands


路面電車とバスがホームを共有
ハーグでもアムステルダムでも見られた光景。ちなみにこれをツイートしたら過去最高、81回もリツイートされて42回もお気に入りに登録されるという事態に。これは驚いた。


ところでヒートホールン
e0001193_08065809.jpg

北のベニスと呼ばれる水路の張り巡らされた小さな町。のどかで良い。


スケベニンゲンの夕日
e0001193_08070166.jpg

オランダ最終夜に見た夕日はスケベニンゲンを美しく照らしてゆっくりと消えていった。
[PR]
# by kan-net | 2015-07-08 08:31 |