<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
就活放浪をしてみて
帰りのチケットも持たず翌週の宿も定めないまま6月8日にパリからミラノへ発った時にはもっと長い旅になるだろうと思っていたのだけど、少し事情が変わってあっさり7月1日にパリへ戻ってきた。終わってみれば、ミラノ4泊5日、スタバンゲル6泊7日、ロンドン6泊7日、ハーグ6泊7日で、合計は24日間。あれっという感じだが、まあ長旅をするのが目的ではないし、妥当な帰還なのであるよ。

ミラノの記録スタバンゲルの記録ロンドンの記録ハーグの記録

収穫は、色々な人にお会いできたということ、お会いした人からは概ね良い反応をいただけたということ。やはり面識もない知らない人から「雇ってくれ」だの何だの言われてもそもそも興味が沸かないのでしょうけれども、とりあえず会って一個人として認知してもらえば、それなりに興味を持ってもらえる可能性が高まる。だからと言って人事権のある人とすぐ会えるわけではないので苦労は続くのだけど、例えばスタバンゲルやロンドンでお会いした人はけっこう僕のことを社内でプロモーションしてくださっているみたいで、大変ありがたいし、こういう所から道が開けていくかもしれないと思う。またお会いした人から様々な助言をいただけたのも良かった。

そして気分転換になったというのも大変良かったと思う。一所で悶々としている状況から解放されて、街の見学や観光なんかもしながら、そりゃ自宅にいないので疲れはたまるのだけど、日々何らかの刺激を受けながら過ごした。純粋に楽しかった。

どうしても日々が落ち着かなくて、就活関連の情報収集を含めていろいろと手落ちになってしまったのは反省。せっかく来たのだからと街や郊外を動き回る時間はけっこう取ったし、それもあって夜は疲れてよく眠ったし。後悔はしないが、もう少しやり様があっただろうと思うところではある。

パリに戻ってきたのは就活絡みのアポイントメントが複数取れたから。これについては直近に改めて書きたいと思うけれども、何か動くかもしれない状況ではある。これ次第では暫くパリに留まることになるし、あるいはまた次の旅の支度をすることになるかもしれない。

このため例によって今、一週間後の宿は確保できていない。なかなか奇異な生活スタイルではあるが、なんとか生きていくということについては今回の旅を経ても少し身につけられたと思うし、事情としても本当に先のことが決め難い状況なので、まあこんな調子でもう暫くやっていくのだろう。

そうそう、この旅ではいろいろな発見があったけれども、スタバンゲルの空を見上げていて、ああ本当に自分は空が好きなんだなと感じたのも一つの発見、再発見だった。パリに帰った日の夕べの空も美しかった。
e0001193_09041851.jpg

[PR]
by kan-net | 2015-07-08 09:25 |
就活放浪ハーグの記録
2015年6月25日(木)~7月1日(水)に滞在したオランダ、ハーグの記録。

オランダの事実上の首都ハーグ。中央駅の周りには高層ビルが立ち並び、そこかしこでビルの建設工事が行われていたのが非常に印象的。カフェのテラス席にたくさんお客さんが座っていたり、路面電車の周りに広々としたスペースを用意している様子は、フランス特にナントを少し思い出させるものがあった。

しかし滞在しているうちに、どうもやはりオランダはフランスではないということがわかってきた。まず人がフランス人よりさらに粗暴。導火線が短く表現が大きい。自転車に乗った2組の女性が互いに罵声を浴びせかけ(オランダ語だから理解はできなかったけど)中指を突きたてながら走り去っていったのには唖然とした。上半身裸で歩いている男性は多々いるし、モーターバイクに乗っていてヘルメットをかぶっているのは10人に1人と言ったところか。フランス人は何となく謎の「フランス人たれ」みたいなものを持っている気がするが、その違いな気がする。

また町の作りが違う。何と言っても自転車と自転車道路の普及率が極めて高い。1,685万人の人口に対して自転車が2,200万台あるらしく、駅前の駐輪場はもの凄いことになっているし、自転車専用レーンもかなり広範に整備されている。ここまで自転車王国だとは知らなかった。(時事ドットコム:知られざる自転車大国‐オランダ

就活的にはミラノでお会いした方からオランダの企業で働かれている方をご紹介いただき連絡してみたのだけど、体調を崩されていてお会いすることができなかった。なので収穫なし。ただしオランダでは日本人が労働許可なしで就労できるようになったらしいので今後も積極的に可能性を探っていきたい。(NFIA:日本国籍者―オランダ労働許可が不要に

以下、写真。

ハーグ中心部の交差点
e0001193_08052216.jpg

広々としたフラットな造りが少しナントに似ているかなと思ったけど、よく見ると信号がない。それでいて路面電車もバスも乗用車も自転車も歩行者も、みな同じ空間を使う。


ハーグ中心部のカフェ
e0001193_08052742.jpg

これはフランスに近い。


ハーグ中央駅前の駐輪所
e0001193_08053241.jpg

もの凄い数の自転車である。


都市間を結ぶ自転車道
e0001193_08062750.jpg

都市内はもちろんのこと、都市間にも自転車道が長く長く整備されている。広大な緑の平地の中を自転車で駆ける。


ハーグ郊外のどうってことなさそうな風車
e0001193_08053835.jpg

少し町の中心から離れるとふとこういう風車があったりする。町の中心にもあるけど。


ちらっとアムステルダム
e0001193_08055530.jpg

アムステルダムも行ってきた。ただこのタイミングで体調が優れず、なのに人が多すぎたので疲れてしまい、数時間で撤退。


ドラハテンDrachtenのShared-space roundabout
e0001193_08064811.jpg

交通標識を撤去し、多様な交通主体を一緒くたにした空間を提供することで、各主体の責任ある交通行動を促す取組み。これについては素晴らしいと称賛する記事も多いのだが(The telegraphe:Is this the end of the road for traffic lights?)、そんなことはない、むしろ事故は増えているし交通弱者にとっての利用性は低下しているという主張も見られる(a view from the cyclepath:Where the crashes are: Shared Space and other bad junction designs lead to crashes and injuries)。


アムステルダム北西の太陽光道路
e0001193_08065216.jpg

太陽光パネルを自転車専用道路の路面にはめ込んだSolaRoad。現時点ではコストが高すぎて実験段階にとどまっているが、将来的には信号機や電気自動車への電力供給源へ展開することが目標とされている。(The guardian:World's first solar cycle lane opening in the Netherlands


路面電車とバスがホームを共有
ハーグでもアムステルダムでも見られた光景。ちなみにこれをツイートしたら過去最高、81回もリツイートされて42回もお気に入りに登録されるという事態に。これは驚いた。


ところでヒートホールン
e0001193_08065809.jpg

北のベニスと呼ばれる水路の張り巡らされた小さな町。のどかで良い。


スケベニンゲンの夕日
e0001193_08070166.jpg

オランダ最終夜に見た夕日はスケベニンゲンを美しく照らしてゆっくりと消えていった。
[PR]
by kan-net | 2015-07-08 08:31 |
就活放浪ロンドンの記録
2015年6月18日(木)~24日(水)に滞在したイギリス、ロンドンの記録。

ここについては多くを語る必要はないだろう。僕自身にとっても昨秋に1泊2日ながら観光したことのある都市だったので、目新しいというわけではなかった。しかしスタバンゲルの滞在に続いてロンドンへ来ると、その規模の違いには少々困惑させられた。人口は800万人超で、この都市だけでノルウェー全体を上回る(そう言いだしたら東京だって大阪だってノルウェー全体を上回るわけだが)。6月20日に緊縮財政に反対するデモ集会が開かれていて、その参加人数25万人。スタバンゲル都市圏の人口15万人をデモ隊だけで上回っちゃうんだから。

ここロンドンでは欧州へ調査に来ていたサークルの友人と合流して彼の友人と共に飲みに行ったり、サークルの同窓会が東京で開催されたのに合わせてロンドンでOBOGを4人集めてSkype中継で遠隔参加を果たしたりした。さらには高校同級生の姉妹さんと一緒に食事をしたりと、とても賑やかな滞在になった。さすがロンドンは日本人がいるなあという感じ。

就活の面では興味を持っている会社で働いておられる方にツテを辿って連絡し、お話をさせていただいた。求人案内のところには記載されていないけれどもそもそも各求人には非EU出身者を対象とするか否かというのが予め決められているらしく、それで弾かれている可能性が高いということを初めて知った(つまり日本人というだけでアウト)。またその会社のインド支社のポストに応募しようかという考えを話したところ「確かに途上国の仕事はイギリス本社からは少ないが、海外の支社のクオリティは保証できない、全社的なガバナンスが強いとは言えない」という話。「クオリティにこだわる上では日本の会社の方が良いのでは」とも。あとはワーキングホリデーのビザを使ってロンドンにて働いている人がいるという話や、狭い業界ではあるがリクルーティングサービスの利用は有効であろうという助言など。印象的だったのは「(自分が入った)10年前からは状況が大きく変わっていて今は非EU出身者の就職は非常に難しい、どうしたら力になれるか…」と繰り返されていたこと。なかなか厳しいという様子。

それでもお話をさせていただいた後、僕のCVを社内でいろいろな方に回してくださったらしく、なかでも日本事務所の代表の方は強い興味を示してくださったのこと。なかなかそれ以上のところへ進まないのだけれど、人にお会いさせていただいて話をして良かったと感じる部分ではある。

ロンドンには他にも興味深い会社が幾つかあるのだけどツテがなく、とりあえず今回は連絡を取れないまま終了。

以下、写真。

ロンドンの街中
e0001193_06540744.jpg

それっぽい。


6・20デモ
e0001193_06541685.jpg

このデモの影響で道路は大渋滞、地下鉄もいくつか止まっていて大変だった。それにしてもデモで声を張り上げる人たちは子供からお年寄りまで幅広く、偏ったアブナイ人たちという感じは凡そせずしかし懸命で、こういった政治活動はなかなか日本では見られないのではないか。


6・20サークル同窓会へのスカイプ参加
e0001193_06542667.jpg

ロンドンで在英日本大使館に勤める友人とその長男、ウィーンで国際機関に勤める友人、ボストンでハーバード留学中だが調査のため欧州渡航中の友人と、ぷー。


ロンドンタワーブリッジが上がった
e0001193_06544109.jpg

なかなか頻繁には見られない光景なのだそうだ。


フィッシュ&チップス
e0001193_06545367.jpg

アラブ人のおじさんがやっている小さなレストランにて。チップスがそれは酷かった。友人はその夜から腹を壊した。


ところ変わって大英図書館
e0001193_06545732.jpg

モダンだ。老若男女、熱心に勉強していた。この空間は入口からずっと開けた造りになっていて誰でも使える。登録した人はもっと静かで広々とした閲覧室みたいなところに行けるようだ。


クイーンメアリーガーデンとそこんちのリス
e0001193_06550187.jpg

e0001193_06550503.jpg

バラが咲き誇って賑やかな英国庭園。ベンチに座ってのんびり。リスはけっこうデカかったし、近寄っても逃げなくて、なんか偉そうだった。


夜行バスでオランダへ
e0001193_06550937.jpg

写真はドーバー海峡をヨーロッパ大陸へ渡るのを待っているところ。しかしこのバス旅、3人組の若い男たちがビールを箱で持ち込んで明け方まで騒ぎ続け、やっと寝るかと思ったら隣の席に来てひどい寝相。アムステルダムまで12時間くらいの旅路で1時間くらいしか眠れなかったと思う。
[PR]
by kan-net | 2015-07-08 07:23 |
就活放浪スタバンゲルの記録
2015年6月12日(金)~18日(木)に滞在したノルウェー、スタバンゲルの記録。

ノルウェー第三の都市スタバンゲル。第三と言っても人口は11万人、都市圏を含めても15万人くらい。ノルウェー全体の面積が日本と同程度の38万平方キロ、人口が日本の20分の1以下の約500万人なので、かなりのっぺりと広がって住んでいるんだなという印象(日本が過密すぎるのは勿論ながら)。ちなみに首都のオスロの人口が60万人、オスロ都市圏が85万人。

昔は漁村だったところ、北海油田に関するビジネスが発達して最近はもっぱらオイル産業で栄えているらしい。その影響で外国人も多いとのこと。一軒家がほとんどで、たまにあるマンションもハイセンス。白で統一された町並み、澄んだ空気。車も少なく「のどか」という言葉がぴったりくる町だった。ただし物価は非常に高くて困惑した。食事はほとんどスーパーで買ったパンやサラダに終始。あとユースホステルが何故か二人部屋で、初日は独り占めできて最高だったけど二日目からいろいろ人が来て気づまりだった。そんなら四人部屋の方が良いわい。

フィヨルド観光の拠点としても有名で、せっかく来たのだからクルーズに行ってきた。もの凄く寒かったけど、快晴の青空のもとで自然の造形を鑑賞してきた。圧巻だった。あまりに規模が大きくて縮尺の感覚がわからなかった。

就活的には友人のご主人のご友人の方を訪ねた。デンマークのコンサルティング会社のスタバンゲル支店に勤める方で、会社を訪問させてくださって同僚の方ともお話をさせていただけた。あいにくこのオフィスでは交通計画の専門家を必要としていないとのことだったが僕に対しては興味を持ってくださり、オスロオフィスやコペンハーゲンオフィスへ僕の話をしてくれるということになった。この時、「持続可能な開発」というキーワードに関して学んだことがあるというのは少なくとも北欧では高く評価されるようであることを知った。その他、他社も含めて国際的な交通計画の仕事をしている会社を幾つか紹介してくださったり、応募の際には事前に電話をしてアピールし、質問もしてその内容をカバーレターに反映させるのが良いというアドバイスなどもいただいた。

友人のご主人のご友人の方はそのほかにも街を案内してくださったほか、手違いで宿無しになってしまった僕の滞在最終夜には食事を振る舞って宿泊させてくださったりと、非常に非常にお世話になった。必ずお返ししなければならないご恩ができた。

以下、写真。

丘の上からスタバンゲル中心部を望む
e0001193_00372315.jpg

高いビルは少なく、白壁に赤褐色の屋根という家が多く並ぶ。向こうには海。


中心部から少し離れた普通の道での景色
e0001193_00373301.jpg

ずっと住んでいたら面白味も感じなくなるのだろうけど、この景色はそのままで好きだった。


旧市街地
e0001193_00374082.jpg

18~19世紀の家々。


図書館(市民会館)
e0001193_00380848.jpg

市民会館みたいなところが図書館になっていて、子供は遊ぶ、大人も話す、飲食も可。勉強机もコンセントとセットで用意されていてWifiも当然あるのだけど、「図書館では静かに」なんて概念は全くなくて、とにかくオープンな空間に市民が集えるようにされている。


図書館の前の広場
e0001193_00381393.jpg

観光客もいるし市民もいる。地元の中学生ブラスバンドみたいなのが演奏会をやっていて微笑ましい。


一度だけカフェで食事をした
e0001193_00384120.jpg

どうにも時間のマネジメントが上手くいかず、やむなく外食した。このパン2つで104クローネ(約1600円)。


春のセーター売り出し
e0001193_00391362.jpg

最高気温16度、最低気温7度とかだったので、6月だというのに広場ではセーター等の防寒具がたくさん売られていた。観光客が買うのでしょう。


フィヨルドクルーズ
e0001193_00395128.jpg

とても寒かったけどとても良い眺めだった。


リーセフィヨルド
e0001193_00392103.jpg

e0001193_00393413.jpg

この二つ目の写真の中央、四角形に飛び出たところが名所で、25m×25mの綺麗な正方形になっている。海面からの高さは約600m。トレッキングツアーに参加するとあそこに立つことができる。目がくらみそうであるが、くらんでフラついてはならない。


再度スタバンゲル市内、青空
e0001193_00395664.jpg

曇りや雨の日が多いらしいのだけど、僕が滞在した一週間はけっこう晴れてくれて、澄んだ空気と青空が気持ち良かった。
[PR]
by kan-net | 2015-07-08 01:10 |
就活放浪ミラノの記録
2015年6月8日(月)~12日(金)に滞在したイタリア、ミラノの記録。

北イタリアの商業・工業・金融の中心都市。町も広く、古い歴史を感じさせるエリアから観光客が溢れかえる繁華街、新しくデザインされ建設真っ最中のエリアまでいろいろあった。泊まったユースホステルは中央駅の近くだったのだけど、移民が多く住んでいるエリアだったらしいのも印象的。バングラデシュ関係の看板が結構目に入った。少し不思議で不便だったのが、スーパーマーケットのようなものがほとんど見当たらなかったこと。店の名前を知らなくて目に入らなかっただけかもしれないけど、とにかく探すのに苦労した。ちっちゃいことですが。

友人に勧められ、郊外を北東へ電車で1時間のベルガモという町にも行った。中世の街並みを残した小ぢんまりとした町で観光客もたくさんいたけれど、丘の上からさらにケーブルカーで上ったお城の庭にはその時ちょうどあまり人がいなくて、とても眺めがよく、しばらく腰を下ろしてボンヤリとしていた。いつかこんな景色のところに住んでみたい気がした。

就活的には、パリの友人から紹介してもらったJRの方とお食事をご一緒させていただき、アドバイスをいただいた。CVの顔写真は(入れるのなら)笑顔が良い、もっと具体的に実績ハイライトを掲載した資料を別途用意してはどうか(ランドスケープアーキテクチャにとってのポートフォリオから着想)、アムステルダムとコペンハーゲンに信頼できる友人がいるので紹介できる、などなど。実績ハイライトの資料は他の方にも作ってはどうかと言われていたことで、その後作成した。アムステルダムのご友人も紹介いただくことができた。

あとはUITPの展示会場でいくつかの会社を訪問したが、話したいと思っていた会社の人からは愛想悪くあしらわれてしまって収穫なし。イタリアのコンサル会社の人からそう言えば名刺をもらったが事業実施地域がけっこう限定されている印象、だけどもう一度連絡してみようか、今さらだけど。

以下、写真。

観光名所ドゥオモの近辺、旧市街の様子
e0001193_00594134.jpg

このあたりはけっこう古い建物もたくさんありそうで、でも観光エリアだけにトレンディな小売店なんかも多く入っていた。もっと本当に古いんだろうなっていう地区も西のほうにあった。


観光名所ドゥオモ
e0001193_00591984.jpg

観光客でとても賑わったエリア。見学料が2ユーロなので良かったけど、ちょうどイベントの準備中か何かで内部正面とかがあまり見えなかったのが残念だった。


自転車・電気自転車シェアリングステーション
e0001193_01000117.jpg

試してみれば良かった。同じステーションで普通自転車と電気自転車の両方を取り扱うのは世界で最初の例らしい。(Cities Today: Milan adds 1,000 e-bikes to bike share system


UITP-Milanの展示会場
e0001193_05325512.jpg

このイベントに行って人に会うのがミラノ訪問の目的だった。公共交通の事業者が集まっている会議で、日本からJRやその他事業者も参加していた。


ミラノ万博
e0001193_01000996.jpg

テーマは「食」。万博に行ったのは今回が初めてだったのだけど、通常の一日チケットが34ユーロ、夜間のみのナイトチケットが5ユーロということで、貧乏放浪者の僕はナイトチケットで入った。そしたら日本館の展示場とかは既に閉まっていた。悲しかった。


宿の近くで食べたマルゲリータ
e0001193_01000547.jpg

食をテーマとした万博では大した美食はできなかったけど、滞在したホステルから歩ける距離にあったピザ屋さんでは大変美味しいピザを食べられて良かった。マルゲリータしか置いてないの。本場な感じがした。


ところで台湾みたいな建物
e0001193_00595299.jpg

ミラノ中央駅の正面の通りを真っ直ぐに歩いていたらこういう区間がけっこう続いた。別にこういう造りがどこ発祥かは知らないのだけど、台湾で先に見たので、台湾みたいだなーと思った。


ところでミラノ郊外のベルガモ
e0001193_05254502.jpg

丘の上が中世(13~16世紀)の町、下が新しい町、だけど新しいと言っても19世紀とからしい。


ベルガモの丘の上のお城の庭から
e0001193_05255209.jpg

この芝生のところに行きたかったけど行けなかった。ちょっとラピュタみたいな眺め。


ベルガモの丘からの坂道
e0001193_05262149.jpg

こういう通りを歩くのは好きだ。


ベルガモの広場にいたパフォーマー
e0001193_05260049.jpg

「美しいポーズ」でお金を稼ぐパフォーマー。こういうのは初めて見たし、実際に美しいと思ったので少しお金を入れた。お金を入れるとゼンマイ仕掛けのような感じで目をパチクリしながらお辞儀とかをされて、これはとても美しくなくて、残念だった。
[PR]
by kan-net | 2015-07-08 00:03 |