<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
詠み切った一か月間の記録です。
五七五(俳句調) 十六句
五七五七七(川柳調) 四十八句
七七七五(都々逸調) 二十二句



お仕事が情報収集系なので収集スキルと時間が増加。
その中で公私混同した結果たくさん集まっちゃうんです。
読んでると自分的には面白く誰かに伝える気持ちも沸いて。
束の間のゆとりある時期をこうやって満喫するのも悪くないとも。
てなわけでたくさんツイートごめんなさい。



友のため2時間調べて見つかった自動車保有平均年数。
フランスは平均5.2年間、日本は6.9年間です。
フランスは中古車割合6割で保持年数を引き下げている。
日本は中古車4割程度です。

近年は「レジリアンス」が開発の注目ワードになってます。
立ち直る力のことを指していて「復元力」とか「回復力」とか。
国連のSDGsの中にも含まれてくる予定のようです。

東芝の「エコアイランド宮古島」 なかでも来間島のが良いね。
せっかくの優れた事例のようなので勝手に少し宣伝しちゃう。

ヴェルバラの栄華を誇った一輪と後ろ姿で表す二輪目


(返歌) いいでしょう。何度も見ちゃう美しさ。

ドイツにて電気自動車促進のための法律準備中。
補助金は未だ含まれてないもののバス用レーンを開放するなど。
ただ特にバスについては自治体の反発意見も出ている模様。
来年から2030年までの長期を見据えた動きのようです。

去年の欧州Green Capitalナントへ日帰り視察旅行。
見て聞いて触れて歩いて乗って満喫してくる予定です。


帰り道途中で降りだす秋の雨 傘は会社でもう乾いたころ

朝降った後に昼間は晴れてうっかり忘れた「しまった」感、
そして深まる秋の気配が巧みに詠まれた名句です。


国内の駐車の全面無料化も促進策に浮上したらしい。

一方でこれらの施策はノルウェーで既に実施に移されており、
EVがバス用レーンに増えすぎて定時運行が損なわれている。
弊害が生じるリスクも高いのでうまくバランスを取る仕組みが要る。

レース・ザ・チューブ(Race the tube)という名の動画が最近話題になってるが、
そもそも駅などで走る行為は危険すぎるのでやめましょう。
そして早速パロディー動画が出てるけどこれはいい例です。


「急いでる人が駅には多いので危険を感じることも多々ある」、
障害者からの声として耳にした記憶があります、気を付けましょう。

(返歌) 移動制約者という言葉がおそらく対応しているね。

暴力を減らして未来を手に入れる。うまく成果があがると良いな。

カンボジア・オーストラリアが難民の受け入れ転嫁で合意に至る。
こういうのすごく抵抗感がある。

危機管理産業展(RISCON TOKYO)が15日から3日間ビッグサイトで。
「防災」と「IT」という日本の秀でた二つの分野のイベント。
一般の来場を抑えたいような案内だけど構わず行くべし。

息抜きにブログをひとつ書きました。

今日はけっこうたくさん飲んだ。寝不足もあってよくまわる。

お前が回るか俺が回るか,どっちもどっちだ親子酒。

様々な都市の交通流の図示。コレクションとして面白い。

ハノイにてバスサービスの向上にICカードが間もなく導入。

先週のナント日帰り視察についての記録を書きました。

アクセシビリティで書き忘れていたことがあったので追記した。

(返歌) 参考にしていただけたら光栄です。

11月ウガンダ行って参ります!チケット買った!超楽しみ!

(返歌) おっもしやこれに乗らせていただける!?

これでいよいよ余裕はないぞ。論文残り50日!

週末のタスク6分の4まで終わった。残りの2つがめちゃくちゃ重い…。 (不成立)

(返歌) りょうかいです!日曜日どこに行こうかね。

今週の試験の準備を始めたが、あまりにできず唖然としている。。

(返歌) おっいいね!そしたら遠くもいけるかな?休みの権利は活用すべき!

疲れてる。ちょっと身体を休めねば。でもやることもちゃんとやらねば。

フォローとリストの整理ができた。便利なツール、ツイッター。
ほんとはも少しフォローを減らしてリスト中心にしたいけど、
リストに便利なフートスイート(Hootsuite)もいつも見るわけじゃないもんな。


需要予測が外れた際にコンサルタントの責任は?
オーストラリアの有料道路のPPPでの事例より。


実はこれ、焦点は予測精度でなく技術者倫理と契約関係。

ようやくCV修正できた。できれば今週中に出す。

あたりめをつまみに熱燗すすむ夜


パリ-モスクワは鉄道があり、シベリア鉄道乗り継ぎ可能。
終点ウラジオストク港には富山伏木へのフェリーあり。


あくまでも情報として覚えとく。

(返歌) そうなんよ。いつやるのかが問題だ。

(返歌) へえそうか。んー、ただ船がね、どうしても。富山発着が望ましいもんで。

自動車のサイズを占めた自転車たち…ラトビアで粋な啓蒙活動。

本当にしみじみ時間が足りてない。

こんなにも腹が立ったのは久しぶり。イライラで今日は仕事にならない。

平静を保とう。平静を保とう。どんな時でも規律は守ろう。

この手の遊びは穏やかに過ごす工夫として良い感じだな。

パソコンで「もーむす」変換してみると「。」つきでちゃんと出てくるんだね

久々に「休み」をやった日曜日。CVも出せてひとまず良かった。
あとはもうひたすら論文書かないと。頼むぞ俺のフランス語脳。

雨の日のニューヨークにてタクシーが捕まり難い理由の研究。

これはアカン。 可愛すぎやろ。まったくもう。


友人を真似てブログを書きました。

(返歌) すばらしい!…そうだな、こっちの準備もしないと。。

スウェーデン、ゴミのほとんどを再活用。埋立はたった1%。

寒いけど景気づけのためビール飲む。締め切りまであと一カ月ちょい。

第二章終わるまで今日は眠らんぞ。

第二章、ゆっくりとしかし着実に。スタジオジブリに癒されながら。

眠すぎて何度も失神しかけつつ何とか終わった。いったん休む。
[PR]
by kan-net | 2014-10-25 18:50 | 何気ない
最近聴いてる曲
「最近ブログさぼりがちなので、しょーもないことでもいいから書いていきます。」

友人がこういってブログを書いていたので、まさしく、と思って、書くことにしたのです。
前にも同じようなことは思ったのだけど、ツイッターがあると、なかなか、ですね。

さて内容も、友人を真似して「最近聴いてる曲」としてみます。
このブログにそういう内容を書くのは非常に稀(むしろ初めて?)な気がしますね。


Pentatonix
フランスに来てから見つけて、その後もう何度も聞いてます。とても好き。
上手なのはもちろんのこと、見てて楽しいのが良いです。



Edith Piaf
フランスのシャンソンの王道です。何度聞いても良い。
特にこの曲「A quoi ça sert l'amour」(愛は何のため?)は歌詞も曲調もお気に入り。



ZAZ
シャンソンがEdith Piafなら、現在のフランスポップは僕にとってはZAZですかね。
ハスキーボイスが非常に気持ちいい。飲みに行きたい。



Clémentine
フランスよりも日本での方が知られているかもしれない。
こんなスーダラ節は色っぽすぎてあかん。



Crazy Ken Band
日本の曲もけっこう聴いてるけど、なんだか元気が出るのがCKB。
プレイボーイ革命、VIVA女性など、名曲だなあと思います。



アナと雪の女王
大ヒットしてますね。僕も例に違わず、この曲は頭から離れません。
太陽がきときとになってしまいますね。

[PR]
by kan-net | 2014-10-23 04:16 | 暮らし
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [3/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [1/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [2/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [3/3]


Conclusion/まとめ/Conclusion

C’était une visite par laquelle j’ai pu apercevoir des raisons pour lesquelles Nantes est bien évaluée. Je ne vois pas encore de situation pendant les jours ouvrables, mais j’ai pensé qu’elle est à un bon niveau à l’égard du transport, de l’environnement, de la culture et etc., et aussi qu’elle essaie d’aller au-delà “d’une bonne ville“ balane avec de la volonté et de l’intention concrète. Je suis motivé d’étudier comment Nantes est arrivée ce style.
ナントが都市として高く評価されている理由が垣間見える視察だった。平日の様子を見てみないと実際のところはわからないけど、交通・環境・文化等の観点でもおよそ望ましい水準は満たされているようだし、その水準を超えていくための明確な意図と意志を持った町づくりが展開されているという印象を受けた。ナントがどのようにしてこうしたスタイルに辿り着いたのか、少し勉強してみたいと思った。
By this visit I could somehow understand why Nantes is highly evaluated. I haven’t seen yet the situation during weekday, but I thought that it is at a good level in terms of transport, environment, culture and etc., and also that it is trying to go beyond a normal “good city” with certain willingness and intention. I was motivated to study how Nantes has gained this style.


Annexe/おまけ/Annex

Le Passage Pommeraye, le seul passage français avec trois niveaux. Au fait, j’avais pensé qu’il n’était pas accessible, mais si, c’est accessible. Comme l’immeuble se situe sur une pente, on peut l’accéder de l’extérieur.
Passage Pommeraye、3階建てのパッサージュはフランス国内でもここが唯一らしい。ちなみにこれはまったくのバリアフリー非対応、と思いきや、地形に合わせての3階建てなので建物の外から各階にアクセスできる。
Passage Pommeraye is the only one passage with three levels in France. In fact, I was thinking that this must not be accessible, but yes, it is accessible. As this building is located on a slope, we can entre it from outside.
e0001193_71316.jpg


Une vue fluviale. Il faisait beau, alors la vue était belle.
川沿いの眺め。天気が良かったこともあり、とても美しかった。
A river view. The weather was fine, and the view was beautiful.
e0001193_713940.jpg


Une vue de la navette. Au fait, comment fait-il autant de traînées de vapeur, le ciel français?
フェリーからの眺め。それにしてもフランスの空はどうしてこうも飛行機雲を作るのだろう。
A view from the ferry. By the way, how does it make such a number of vapor trails, the French sky?
e0001193_714452.jpg


Probablement incité par les mouvements d’indépendance en Écosse et de la Catalogne, une manifestation a été organisée pour la réunification de la Bretagne. J’ai vu pas mal de jeunes.
スコットランドやカタルーニャの独立運動に触発されたか、こちらは独立という趣意はないようだが、ブルターニュ地方の再統合デモが開催されていた。若い人もけっこう参加していた。
Probably incited by the independence movements in Scotland and in Catalonia, a manifestation was being organized for the reunion of the region of Bretagne. I saw many young.
e0001193_715070.jpg



Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [1/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [2/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [3/3]
[PR]
by kan-net | 2014-10-05 07:01 | 勉強・見学
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [2/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [1/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [2/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [3/3]


2. Accessibilité/アクセシビリティ/Accessibility

Il y a beaucoup de chaussées de pierre en Europe. C’est un bien historique, mais ce n’est pas favorable pour les personnes à mobilité réduite. À Nantes, j’ai vu des tronçons de pierre avec une partie accessible. Au fait, la ligne verte dans la photo présente une route touristique de 12 km, et j’ai l’impression que la partie de cette ligne a souvent été rendu accessible. (Photo devant le château des ducs de Bretagne)
欧州の国で多い石畳の道路。これは歴史の足跡ではあるが、足の悪い人や車椅子の人を始めとする移動制約者に優しいとは言えない。ナントでは石畳の一部幅をバリアフリー対応させている区間がいくつか見られた。なお緑の線はナント観光のモデル経路12kmを案内していて、この線の箇所はバリアフリー整備されているところが多かったように思う。(写真はChâteau des ducs de Bretagne前)
There are a lot of roads of stones. This is a historic asset, but is not really easy for the disabled people. In Nantes, I saw some sections which have an accessible part. By the way, the green line in the photo presents the touristic route of 12 km, and the part of this line was mostly accessible, I think. (Photo in front of the Castle of the Dukes of Brittany.)
e0001193_6565552.jpg


La photo suivante a été prise à l’intérieur d’un château historique (château des ducs de Bretagne). Parfaitement accessible. Mais là, je ne sais pas si c’est aussi bien ou pas. On voit de tels aménagements à des châteaux au Japon. Voici une question de la relation entre la préservation de l’histoire et la nouvelle valeur (ici la valeur de la conception universelle)
次の写真は歴史的な城(ブルターニュ大公城)の内部。完全にアクセシブル。しかし、ここまですると、果たしてそれが正なのか疑問が生じる。日本の城でもこういった例は見られるように思う。歴史の保存と新たな価値観(ユニバーサルデザイン)の関係という問題。
The next photo was taken in a historical castle (Castle of the Dukes of Brittany). Well accessible. But here, I don’t know if it’s really good or not. We see this kind of treatment in Japanese castles also. This is a question between the preservation of history and the new value (in this case the universal design)
e0001193_657492.jpg


Beaucoup de wagons de tramway ont leur plancher bas, mais ce n’est pas le cas pour tous. Alors quand on utilise des wagons de haut plancher, un wagon de plancher bas est mis au milieu de trois wagons, soit entre deux wagons de haut plancher.
トラムは低床車両が多いものの、そうでないものもある。しかし3両構成のうちの真ん中の1両が低床車両とされていることが多いようだった。
Lots of cars of tramway had its low floor, but this is not the case of all cars. Accordingly when we use some cars of high floor, one car of low floor is put in the middle of three cars, in other words, one low-floor car between two high-floor cars.
e0001193_6571427.jpg


La marque du passage piéton passe la chaussée puis même la voie cyclable. Ici la voie cyclable est intégrée dans le trottoir, pas dans la chaussée.
横断歩道のマークが車道を超え、さらに自転車レーンを超えるところまで引かれていた。この区間、自転車レーンは車道ではなく歩道の側に組み込まれている。(Boulevard Babin Chevaye)
The mark of pedestrian crossing passes the carriageway then even the bikeway. Here bikeway is integrated in in the sidewalk, not in the carriageway.
e0001193_6572525.jpg


※[Ajout 2 heures après la première publication / 最初の投稿の2時間後に追記 / Addition 2 hour after the first publication]
Quand on parle de l'accessibilité, on pense surtout de l'infrastructure. Oui c'est important, mais on ne doit pas oublier un autre aspect: les étrangers. Il y a des étrangers qui ne parlent pas la langue locale et donc qui ont mal à obtenir des informations, faute des expressions multilingues ou universelles. Il y a des étrangers (y compris des citoyens du même pays mais d'autres villes) qui ne connaissent pas le lieu et donc qui ont mal à trouver des chemins, faute d'indication. C'est un aspect important de l'accessibilité qui n'a pas besoin de trop d'investissement mais qui est souvent bien oublié. Et malgré mon attente sur la ville nommée pour l'Access City Award, malheureusement, ce n'a pas été assez accompli même à Nantes, à mon point de vue.
アクセシビリティについて話すとき、主に思い浮かべられるのはインフラストラクチャーのこと。それもたしかに重要だけど、同時に忘れてならないのは「訪問者」のこと。現地の言葉を話さないのに他言語表示やユニバーサル表示がないため、情報を上手く得られない訪問者がいる。その土地を知らないのに道標がないため、道を上手く見つけられない訪問者がいる(たとえ同じ国の人でも余所から来た人を含めて)。「訪問者」のためのアクセシビリティというのは膨大な投資を必要とするものではないのだけど、よく忘れ去られてしまっている。今回、Access City Awardにノミネートされた都市ということで期待していたのだけど、あいにく僕の見た限りでは、ナントでもこの要素は満たされていなかったと思う。
When we talk about accessibility, we imagine especially the infrastructure. Yes it’s important, but we mustn’t forget another important aspect: the outsiders. There are some foreigners who don’t speak the local language and accordingly who have a difficulty to get information, for lack of multilingual or universal expressions. There are some outsiders (including the citizens of same country but from other city) who don’t know the area and accordingly who have a difficulty to find the way, for lack of indication. This is an important aspect of accessibility which doesn’t require huge investment but which is often forgotten. And although my expectation on the city which was nominated for the Access City Award, unfortunately, it was not achieved even in Nantes, from my point of view.
※[Fin d'ajout / 追記終了 / End of addition]


3. Convivialité/活気/Conviviality

Avoir une convivialité sur ses places est peut-être une condition d'être une bonne ville. Bon, ceci serait un paysage assez banal dans des villes françaises, mais on ne voit pas souvent de places comme ça au Japon. (Photo à la place du Bouffay)
広場に活気があることは良い町の条件だと思う。フランスの都市ではけっこうよくある光景だけど、あまり日本だと見ないかもしれない。(Place du Bouffay)
Having conviviality at its open spaces may be one of the conditions to be a good city. Well, this might be a normal scene in cities in France, but we don't see places like this often in Japan. (Photo at the place du Bouffay)
e0001193_6585055.jpg


Comme c'était samedi, un grand marché "le marché de la Petite-Hollande" a été ouvert sur une autre grande place. Plein de chaleur. J'ai eu l'impression qu'il y a beaucoup d'arabes, soit comme vendeurs, soit comme acheteurs.
土曜日ということもあり、別の大きな広場ではマーケットLe marché de la Petite-Hollandeが開かれていた。かなりの熱気だった。なお売り手・買い手含めてアラブ出身の人がかなり多い印象だった。
As it was Saturday, a big market "Le marché de la Petite-Hollande" was being hold at another big open space. Lots of energy. I thought that there are a lot of Arabs, as the sellers and as the shoppers.
e0001193_659637.jpg


Il y a des espaces ouverts autour du fleuve, et là des gens passent du temps comme ils veulent: faire un promenade, s'allonger sur la pelouse, faire un pique-nique avec des amis, etc. La possibilité d'un tel aménagement préservant des espaces ouverts est un grand avantage des villes qui se développent à 'échelle entre la grande ville et celle moyenne.
川沿いにも広々とした空間が整えられていて、遊歩道を散歩する人、芝生に寝転がる人、ピクニックする仲間たちなど、人々が思い思いに過ごしていた。こうした解放感を保ちながらの行き届いた整備ができるのは、中~大規模な都市の利点だと思う。
There are some open spaces near to the river, and there people spend their time as they want: take a walk, lie down on the grass, do a picnic with friends, etc. The possibility of such development preserving open spaces is a great advantage of cities at a level between the big city and average city.
e0001193_6592026.jpg


Il est aussi important d'avoir des terrains de jeux pour les enfants. J'ai aimé des parcs et des jardins, surtout le jardin des plantes.
子どもの遊びの場があるのも大事なこと。公園や庭園、特に植物園(Jardin des plantes)は気に入った。
It is also important to have some playgrounds for children. I liked the parks and gardens, especially the "Jardin des plantes."
e0001193_6593782.jpg


On est d'accord qu'on ne peut pas garder de la nature sans retouche dans les zones urbaines. Alors, il me semble que Nantes essaie d'enlever davantage l'écart entre la nature et l'humain par plus d'intégration de la nature dans la ville comme des objets à toucher ou des objets avec lesquels on s'amuse. (Photo au Jardin des plantes)
「ありのままの自然」を都市の中に維持するのが困難だというある種の見切りはどこでも付けているものだけど、ナントはもっと踏み込んで自然と人との距離をさらに近づけ、触れる対象、遊び・娯楽の手段として自然を組み込んだという印象だった。(Jardin des plantes)
We understand that we cannot preserve the nature without retouching in our urban areas. Well, it seems for me that Nantes is trying to remove further the gap between the nature and the human by more integration of the nature in the city as the objects to touch or to play with. (Photo at Jardin des plantes)
e0001193_6595450.jpg

e0001193_70480.jpg


Nantes font aussi des efforts culturels. Il y a des touristes qui y viennent voir l'éléphant mécanique grandeur nature aux Machines de L'île. En fait, si on le regarde de près, on comprend facilement que ce n’est pas aussi pointu mécaniquement. Cependant, elle réussit effectivement à conquérir asses de touristes en tout cas ; c’est probablement grâce à sa façon de se présenter.
ナントは文化活動を通した町おこしにも精力的に取り組んでいる。もはや名物となっている実物大の機械仕掛けの象を目当てにナントを訪れる観光客もいるとのこと。ただしよく見ると、機械仕掛けと言ってもその技術的な水準が飛びぬけて高いわけでは決してない。それでもこれを「目玉」としてアピールに成功している要因は見せ方の巧さ、発信の巧さなのだと思う。(Les Machines de l'île)
Nantes makes an effort in its cultural activities. There are some tourists who come there to see the life-sized mechanical elephant at Les Machines de l’île. In fact, if we look at it closely, we can easily notice that it is not much surprising mechanically. However, it is effectively getting a lot of tourists; this may be because of its way of presentation.
e0001193_702289.jpg



Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [1/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [2/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [3/3]
[PR]
by kan-net | 2014-10-05 06:59 | 勉強・見学
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [1/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [1/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [2/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [3/3]


Le samedi 27 septembre, je suis allé à Nantes, une ville à l'ouest de la France. C'est la ville qui a été élue comme "l'European Green Capital" de l'année 2013 et a été nommée pour "l'Access City Award" de la même année, donc j'avais toujours pensé d'y aller. Comme il me reste pas beaucoup de temps du master en France, j'y suis enfin allé. Ç'a été plutôt une inspection qu'un voyage.
9月27日(土)にフランス西部の都市ナントへ行ってきた。ここは2013年のEuropean Green Capitalに選出され、また同年のAccess City Awardにもノミネートされた都市で、以前から行きたいと思っていたのだ。フランス留学の残り期間も短くなって、満を持して行ってきた。旅行というよりも、視察という感じだ。
On Saturday 27th September, I went to Nantes, a city in western France. This is the city which was selected as the "European Green Capital" of the year 2013 and was nominated for the "Access City Award" of the same year, so I had always thought of going there. As the remaining time of the master in France is not much anymore, I finally went there. It was rather a site visit than a tourism.

Brièvement, je suis content d'y être allé. Il y avait plusieurs choses intéressantes et des éléments sur lesquels j'ai senti des limites. Voici une note de la visite avec photos.
手短に言うと、行ってよかった。いろいろと勉強になる点もあったし、うーんこれが限界かと思うところもあった。写真を使いながら簡単に振り返る。
In brief, I got satisfied to go there. There were lots of interesting things and some elements with which I felt some limits. This is a record of the visit with photos.

(Ce que je vais décrire ne sont pas forcément des éléments spécifiques de Nantes, et d'autres villes faisaient peut-être des choses pareilles ou même de meilleures activités, mais je m'en fou de ça; je vais tout simplement noter des éléments que j'ai marqués pendant la visite.)
(取り上げるのがナント特有の取組みとは限らず、むしろ他の都市と同様かむしろ劣る点があっても不思議ではない思うが、とりあえず気にせず、ただナント視察の記録として目に留まったものを記すことにする。)
(What I will describe are not necessarily original elements of Nantes, and other cities might be doing some similar things or even some better activities, but I don't care; I will simply write down what I noticed during my visit.)

Vue depuis le Château des ducs de Bretagne / ブルターニュ大公城からの眺め / View from the Castle of the Dukes of Brittany
e0001193_65075.jpg



1. Transport en commun/公共交通/Public transport

Aujourd'hui on voit souvent des tramways comme un moyen de transport en commun dans des villes en France. C'est Nantes qui a amorcé le retour du tramway après des années de disparition. Des axes principaux urbains dont la gare SNCF sont liés par 3 lignes.
現在のフランスの都市公共交通で多くみられるトラム。一度消えたトラムの再浮上の先駆けとなったのがナント。SNCFの駅を含む主な都市軸を、3本のトラムが結ぶ。
Today we see often some tramways as a means of public transport in some cities of France. It is Nantes which initiated the return of tramways after some years of disappearance. Some main urban axes including the station of SNCF are connected by 3 lines.

L'interconnexion est bien élaborée. Cette photo montre un milieu autour d'une station hub (Commerce) au centre-ville. De la gauche de la photo, c'est un trottoir, une voie tramway, une voie tramway, un trottoir, une voie bus et voitures, une voie cyclable, une voie bus et voitures, et un trottoir. Cet espace ouvert tient plein de fonctions comme un hub de transport.
接続の工夫が見られた。写真は都市の中心部でのハブ駅(Commerce駅)周辺の様子。写真左から、歩道、トラム、トラム、歩道、バス・一般車、自転車、バス・一般車、そして歩道。ひらけた空間の中に交通のハブ機能が凝縮している。
The interconnection is well developed. This photo shows a place around a hub station at city center. From its left, it is a sidewalk, a tramway lane, a tramway lane, a sidewalk, a lane for buses and cars, a bicycle lane, a lane for buses and cars, and a sidewalk. This opened space has a lot of functions as a transport hub.
e0001193_73138.jpg


C'est une photo autour d'une station de banlieue (Station Pirmil). Elle est séparée de la circulation générale, et apparemment elle a des fonctions comme un ajustement des départs des bus. On peut voir son établissement qui sépare l'espace plutôt clairement. Les deux stations intègrent bien le tramway en tant qu'un moyen principal de transport au niveau qu'on ne voit probablement presque jamais au Japon.
郊外のハブ駅(Pirmil駅)周辺の様子。ここは一般交通とは分離されていて、バスの時間調整などの機能も持たされているようだった。空間を区別するような施設の作りも見て取れる。いずれの駅も、日本ではあまり見ない規模でトラムが主要な交通手段として融合されている。
This is a photo at a suburban station (Pirmil station), which is separated from normal traffic, and which has apparently some functions such as a adjustment of departing time of buses. We can see its establishment that separates the space rather clearly. Both stations integrate well the tramway as a means of transport at a level that we probably never see in Japan.
e0001193_73569.jpg


Sans métro, il est assez compréhensible que le tramway est bien favorisé à Nantes. En revanche, une telle grande occupation des sols provoque des inconvénients. Vers 1930 autour de la gare Maritime, un long embouteillage a été observé sur l'axe ouest en sens au centre-ville.
ナントには地下鉄がないので、トラムがそれだけの重要性を持って整備されているのもうなずける。しかし地上空間をこれだけ広く占有することによる難点というのも当然ある。夕方17時半ごろ、西側から中心部へ向かう道路には長い渋滞が見られた。(Gare Maritime駅周辺)
As it has no metro, it is quite comprehensible that the tramway is well privileged in Nantes. However, such a large occupation of the ground raises some disadvantages. Around 19:30 near to the station Maritime, a long traffic jam was observed on the western axis on the direction to the city center.
e0001193_74319.jpg


Des bus sont aussi bien favorisés. La seule ligne de transport en commun aux "Machines de lîle," un endroit touristique très connu, est desservie par le bus (C5) qui a partiellement des voies dédiées. Mais par exemple au tronçon de la photo, la circulation général dans une direction est interdite en raison de la voie dédiée au bus. Ça me semblait un peu trop.
バスも多く整備されている。観光名所へ向かう唯一のバスルート(C5)に部分的に敷かれていたのはバス専用レーン。しかし狭さの道路での専用レーンによって同方向の一般車両の通行が禁止されている。これは少しやり過ぎではないかという印象を受けた。
Buses are also well privileged. The only route of public transport to "Les Machines de l'île," a popular touristic place, is served by bus which has partially its separate lanes. But in this section of the photo, for example, normal traffic is banned because of the separate lane for bus. It seemed too much.
e0001193_74936.jpg


Les écrans à des stations des tramways servent à, en dépit de mon espérance qu'ils nous montrent des itinéraires, la recherche des animations dans la ville.
トラムの駅にあったディスプレイは、経路案内かと思いきや、乗り継ぎ待ち時間を有効利用するための町のアミューズメント検索用のものだった。
The screens at some stations of tramways are useful for, despite my expectation that they give us some itineraries, the search of amusements in the city.
e0001193_741333.jpg


Une pratique intéressante est la navette fluvial "Navibus Loire" en tant qu'un moyen quotidien qui lie deux points des deux rives en 8 minutes; sans elle, on doit faire un grand demi-cercle en passant un pont. Le tarif est pareil au tramway et au bus. Accessible. Semble bien efficace. Au moment où je l'ai utilisée au soir d'un samedi, la plupart de passagers a probablement été des touristes, alors je voudrais savoir comment elle est utilisée pendant les jours ouvrables.
面白い取り組みの一つは生活手段としてのフェリーNavibus Loire。トラムやバスでは橋をまたいでぐるりと移動しなくてはならない地域を8分程度で結ぶ。料金はトラムやバスと同額。バリアフリー対応。非常に機能的という印象。僕が乗った土曜日の夕方という時間帯に乗客のほとんどは観光客だったと思われ、平日に地元の人がどのくらい使っているのか、どのように使っているのか興味深かった。
One interesting practice is its ferry "Navibus Loire" as a means of daily life which links two points of the two banks in 8 minutes; without it, we need to make a big semicircle passing through a bridge. The tariff is same as tramway and bus. Accessible. Looks efficient. When I used it on Saturday evening, most of the passengers were probably tourists, so I am curious to know how it works during weekdays.
e0001193_742099.jpg



Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [1/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [2/3]
Visite à Nantes/ナント日帰り視察/Nantes visit [3/3]
[PR]
by kan-net | 2014-10-05 06:50 | 勉強・見学
キーボードの乱
「日本語」の配列。自宅では日本語も英語もこれで入力。
e0001193_565484.jpg


「英語」の配列。殆ど使うことはないが、インターン先の会社のパソコンでは使う。
記号の部分だけが日本語とちょっと違う。
e0001193_58160.jpg


「カナダマルチリンガル標準」の配列。フランス語の入力のために自宅のパソコンで使う。
アクセント記号のつく文字が追加されただけで、日本語・英語の配列とほぼ変わらず操作できるのが最大の利点。
この配列の説明・追加についてはこちらのサイトを参照。
e0001193_5131555.jpg


「フランス語」の配列。会社のパソコンの標準配列。
「A」「Z」「W」「Q」「M」「,(コンマ)」の配置に注目。そしてピリオドと数字がない(Shiftキーを押しながら入力する)。ビックリマークの位置にもビックリ。
e0001193_5135379.jpg




これまでずっと「日本語」の配列を使ってきたが、
フランスに留学し始めてからは「カナダマルチリンガル標準」の配列を取り入れて、
二刀流としてやってきた。

夏からフランス企業でインターンを始め、会社のパソコンで作業する時間が急激に増加。
会社のパソコンは当然「フランス語」が基本。そしてサブとして「英語」の配列がある。
パソコン配給初日、「日本語」を追加したまでは良いが、はて、フランス語の記入はどうする。
「フランス語」を消して使い慣れた「カナダマルチリンガル標準」に入れ替えるか?
しばし躊躇した上で、「フランス語」で続行することにした。
新しい文化(配列)を取り入れていく柔軟性をいつまでも持ち続けねば、と。
かくして会社では「フランス語」でフランス語、「英語」で英語、「日本語」で日本語を記入する、
という至極まっとうな体制が築かれることとなった。


インターンを開始してから3か月が経過。
もう、ぐちゃぐちゃ。
自宅で「日本語」で日本語を記入している時はまだいい。ただもう、

・自宅で「日本語」を半角にして英語を記入
・自宅で「カナダマルチリンガル標準」にしてフランス語を記入
・自宅で「カナダマルチリンガル標準」のまま英語を記入
・会社で「フランス語」にしてフランス語の記入
・会社で「フランス語」のまま英語の記入
・会社で「英語」にして英語の記入

この取っ替え引っ替え、これはかなり厳しい。
もはや会社では「日本語」で日本語の記入をするときにすらタイプミスすることがある。

キーボード配列はプログラムごとに保存されるので、例えば
「英語」でウェブ検索した結果を基に、「フランス語」でプレゼンを作成し、「日本語」で同僚にチャット
なんていう場合にも配列の切替え作業をその都度する必要はなく、アクティブウィンドウを切り替えればそれで成立するので、まだ良い。
ただ例えば、その次の瞬間に
日本語のキーワードで検索し直し、英語で作っているプレゼン2への修正指示が入り、モロッコ人がフランス語でチャットしてくる
なんてことが起きたりすると、完全に自分の現在の配列を見失ってしまう。
自分の状況を把握するまで「ALT+TAB」(アクティブウィンドウ切替え)、「ALT+SHIFT」(配列切替え)の連打状態、ということが、ままある。

「A」と打ったつもりで「Q」が表示されるときの脱力感にはもはや慣れた。
そんなことより危険かつ深刻なのは、「日本語」等の配列と「フランス語」の配列では「Z」と「W」の位置が逆ということ。
ショートカットコマンドで極めて高い頻度で使う「Ctrl+Z」(戻す)機能が、なんと「Ctrl+W」(閉じる)へ。
閉じる前に保存を確認してくれるプログラムならまだ救いようがあるものの、運が悪いと一つ作業を戻ろうとしただけなのに無言で終了される。
そんなのってありかい。


そんなわけで最近ちょっと困っています。
というお話でした。
[PR]
by kan-net | 2014-10-03 06:27 | 暮らし