<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
バングラデシュまとめ
バングラデシュにいます。
8月26日から9月6日までモンゴルにいまして
9月7日から今日までバングラデシュにいましたんですが、
今日(9月19日)の便でウズベキスタンに行きますんですので
バングラデシュにいる間にバングラデシュまとめを書くことにしたの。


①ダッカ市のとんでもない密集

世界最高の人口密度を誇るダッカ。
どこに行ってもぎゅうぎゅうでした。


ダウンタウン
e0001193_5564510.jpg




e0001193_557121.jpg




e0001193_5574241.jpg



人!
e0001193_558086.jpg



②乗り物・乗り方いろいろ

いろんな乗り物と乗り方がありました。
ちなみにリキシャーは日本語の人力車が名前の由来らしいと知りました。
なんか同じだなーと思ってたけど、同じだったのね。


リキシャー
e0001193_641055.jpg



バス
e0001193_645256.jpg



鉄道
e0001193_6519.jpg



③友人との再会

コンクリート研究室時代の友人(というか先輩ですが)と再会して
ご飯を食べたりお茶したりした。再会は本当に良い。
コンクリート研究室には彼からお土産がありますので今度持っていきます。


むいーどさんと。
e0001193_672174.jpg



④発展を考える

いろんな人(上流階級の人ばかりだけど)と話をして、
この国は十分なポテンシャルを持っていると感じた。
政府はドナーの援助もたくさん受けているけど、自助努力もそれなりにちゃんとしている。
人たちは結構まじめで誠実、親しみやすい国民性。

でもあまり発展していない。
洪水、停電、無秩序な開発、無数の貧民層といった問題の数々。
たくさんの調査がこれまで行われてきたはずなのに、ちゃんとした発展が実現していない。

今日の会議でのバングラデシュ官僚の言葉。

「マスタープランは重要かもしれないが、それを今から作り始めたら実現できるのはいつになるのか。2年も経てば社会の状況は変わる、政権も変わるかもしれない。無駄になるかもしれない調査に時間を費やせるほどの余裕はない」

調査ばかりに時間を費やす援助界に対する苛立ちが感じられた。
もちろん短絡的な投資はできないけど、スピーディーな開発が求められるのは当然だ。

12日間、主に交通セクターの官僚たちと話をしただけなので偏った印象の話だけど、
この国のポテンシャルはこんなものじゃない、今のままではもったいない、
という思いを強く抱いた。絶対にもっと良くなる方策があるはず。
バングラデシュにはまた帰ってくる必要があるし、帰ってきたいと思った。


⑤その他

・泊まったホテルがまあまあ良くて、日本食もちゃんとしたのが出てよかった。
・でも最後の2日間、体調を崩してしまってきつかった。
・今もちょっと頭痛いの。
・明日の飛行機ではゆっくり眠ろう。
・あー荷造りせんといかん。
・むいーどさんにお願いして、コーランの英語版を買ってきてもらった。読む。
・こっちで読んだ「国をつくるという仕事」という本の影響あり。
・草の根かぁ。あまり知らない世界と思う。
・そっちの世界にいきたいなぁ。
・あ、その前に荷造りせんと。
・結論としては、ダッカにはまた帰ってくるということ。
[PR]
by kan-net | 2012-09-19 07:07 | 仕事
バングラデシュの小ネタ
バングラデシュのちょっと面白いと思ったこと。


1.スーパーのチラシ

e0001193_0282999.jpg


新聞に挟まれてた。日本のと似てるけどなんか違う。何書いてあるのか読めんし。
そして鶏肉がちょっとエグい。

こういうチラシを海外で見た記憶があんまりないけど、万国共通なんだろうか。
ホテルでもらえる新聞はチラシが抜かれることが多いだけかな。



2.ティッシュ箱

e0001193_038284.jpg


「Say No to Drugs」

ティッシュ箱からそんな主張をされるとは。タバコじゃないんだから。

でもドラッグとか多いのかなぁ、この国もやっぱり。
ブラジルではかなり多いような感じがした。



3.ビール

e0001193_0444814.jpg


夜、部屋で休んでたらホテルのオーナーが突入してきて冷蔵庫にビールを投入してきた。
そして曰く「3600タカ」(=3600円)。別に頼んでないのに…。まあ買ったけど…。

イスラム教の国なので基本的にアルコールは禁止。
外国人は普通に飲むものと認識されているし現地人も飲んでいるようだけど
スーパーだとか普通の場所で入手することはできない。
それでオーナーは気を利かせてくれたようだ。1本300円ですね。


おしまい。
[PR]
by kan-net | 2012-09-10 00:53 | 仕事
モンゴルまとめ
モンゴルにいます。
8月26日に日本から来て、12日間ですか、首都のウランバートル市にいます。
なんですが今日(9月6日)の便でバングラデシュに行きますんですので
モンゴルにいる間にモンゴルまとめを書くことにしたの。


①ウランバートル市は結構でかい

でかいね。人口は120万人。これからまだまだ増えるでしょう。
市内はどこもかしこも建設ラッシュ。
自動車の数がここ3年間で2倍になったらしくどこもかしこも渋滞ラッシュ。
国として鉱業が潤っていて、「次なるドバイ」という声も。
国の予算が前年より1.8倍になったとかって、ホントかなそりゃ。


新興住宅街のほう
e0001193_5364482.jpg


国会議事堂
e0001193_538107.jpg


ウランバートル市パノラマ(ザイサンから)
e0001193_5382679.jpg



②モンゴル草原は結構ひろい

けっこう広いですね。けっこうどころじゃなく広いと言っても過言ではない。
そんな中に突然チンギスハン像が立っていたり、
そんな中に突然13世紀村があってラクダに乗ったりと、
なかなか粋な演出。モンゴルの魅力をうまく見せていると思う。


チンギスハン像
e0001193_5444564.jpg


チンギスハン顔
e0001193_545281.jpg


チンギスハン顔ひき
e0001193_5454271.jpg


13世紀村
e0001193_546379.jpg


13世紀の乗ラクダ
e0001193_5511328.jpg


13世紀の乗馬
e0001193_548554.jpg


13世紀のモンゴル文字で名前書いてもらった
e0001193_5499100.jpg



③青空だ

モンゴルの魅力の一つは青空だと思われます。
ウランバートル市は年間270日が晴天なんだとか?
風が強いとすごく埃っぽくなるんだけど、基本的に青空で、気持がいいわ。


ロシアの面影
e0001193_6352431.jpg



④友人や知り合いに会えて嬉しい

モンゴル人の友人に会えました。APYFのびゃんばーちゃんです。
今はJの仕事で働く傍ら、お兄さんと二人でNGOを立ち上げて
鉱業開発が進む地域で定期的に水質調査をしているんだって。
それと9月からは週に一回、孤児院で英語の先生もするんだって。
びゃんばー頑張ってます。すごいです。褒めちぎっておきました。
みんなも機会があれば褒めちぎろう。
ちなみに2017年のAPYF2の話をしてきました。

それから他社の知り合いの方に、一人は予定通り、もう一人は思いがけず会えて
一緒に食事に行けたのが嬉しかった。
お二人とも、前に食事に行ったのはハノイで一度だけだったので、
これでハノイとウランバートルで一度ずつ。次はどこだ。意外と鎌倉とかだったりして。


④知り合いが増えて嬉しい

今回の約10日間の調査にずっと付き添ってくれたアシスタント兼日本語通訳のガナくん。
専門外の言葉を一生懸命通訳してくれる姿も非常に好青年という感じだったんだけど
終盤になってある日本人スタッフと口論になったときに
「俺はモンゴルの男として許せないと言ってるんだ。金なんか要らない。こんな仕事やらなくたって俺の人生には何の問題もないんだ」
とタンカを切ったのには惚れた。良いやつ。結局最後まで付き添ってくれてありがとう。

あと高名をかねがね聞いていた他社のNさん。
やわらかい感じでありながら確固とした信念があって、こういう方の下で働けたら
楽しくてやりがいあるだろうなぁと思った。実際一緒に働いたことないけど。
お食事ご一緒したかったけど仕事に埋もれて断念。今後に期待。


⑤大陸になじむ

モンゴルに入る飛行機で入国カード配布中のCAに「Are you Mongolian?」と聞かれた。
あーさすがモンゴル、そりゃ日本人の顔はモンゴル人っぽいよね、と思っていたけど
他の日本人メンバーはそんな質問されなかったとのこと。
そして昨日、クライアント(日本人)との打ち合わせに行って名刺交換したら、
モンゴル語のほうを上にして渡された。
なかなかどうして。そんなに大陸かね。


⑥その他
・親日国で、日本語を話す人がちょこちょこいる。
・モンゴル語って、知らない。こんにちは=サンバイノ。ありがとう=バイラーラ。
・だってキリル文字なんですもん。読めないよー。難しいよーモンゴル語ー。
・食事は基本的にうまい。でもあんまりご当地料理を楽しめなかった。外国料理店も多。
・物価安。たくさん食べてビールも飲んでも千円いかないくらい。
・日が沈むと寒い。それでも今回の滞在はちょうど夏だったみたいで助かった。
・9月中旬にはもう冷え込んで、冬にはマイナス20度とかの世界らしい。怖い。
・てか日本との時差が1時間しかない。2時間くらいはありそうなイメージなのに意外と。
・だから今は明け方の6時なので、とても眠い。
・2時間半後にホテルを出発して、今からバングラデシュへ行くの。
・あ!荷造りしなくっちゃ。
・モンゴル。ウランバートル。気に行った。また来たい。
[PR]
by kan-net | 2012-09-06 07:02 | 仕事