<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
休日らしいことのひとつ
週末が終わってしまった。
週末は二日間とも会社に行っていて、
休日らしいことがひとつもできなかったので、
休日らしいことのひとつやふたつくらいしたいと思い、
少しブログを書いてみることにしようと思い立った。


このところ仕事がとってもとってもなので、
ツイッターでも仕事のことばかり書いてしまう。
この週末も、仕事で終わってしまったし。

でもそんな日々はつまらないし、何か、息抜きにしていることが、
ひとつやふたつあるんですよ。こんな僕にも。

1.次やることを考える
こないだ大学の先生にご相談に伺って、いろいろ教えていただき
アドバイスも頂いたので、進む道が少し具体的になってきた気がする。
そこらへんのことを考えてるのは、気分転換になるね。

2.お灸
据えるんです。もうかれこれ8年間くらい据えてますけど
据えるんです。足とかにね。
利くんです。

3.ルービックキューブ
くるくる回すんです。色を、面ごとにそろえようと努力するんです。
もうかれこれ3年間くらい回してますけど
まだ回しますよ。私は。

4.読書
通勤に1時間15分ほどかかるうち45分くらいは電車で座ってるんで、
読書をするんですね。まあ読み始めて5分もすれば、自然な成り行きで
すぅーっと、落ちるんですがね。諦めず読みますよ。

5.三味線(予定)
本格的に、買いに行こうとしたのに、
仕事が追いつかなくて買いにいけなかった経緯あり。
2月中に買って、東北の温泉へ持参したい。


最後のは「予定」やけど。
でももうこんな時間だから、おやすみ。
週末でした。
[PR]
by kan-net | 2012-01-30 01:39 | 暮らし
在職中の研究テーマの考察
於会社。
気分転換に、次のステージのことを考える。


在職中に、今年中に、ひとつ論文を書きたい。
自分で書いた交通系の論文がないという弱みもあるし、
大学よりもフィールドに圧倒的に近い今の職場環境を活かせば面白いことができるはず。


今、実務と理論との狭間に、非常に興味がある。


交通需要予測について
・どのくらい当たってて、それはなぜか?
・コンサルが通常与えられる予算と期間、途上国で入手可能なデータ(調査員がサボっているかもしれない)で、どれほどの精度を実現することが可能なのか?
・逆に最低限要求される精度を実現するために必要な調査のスペックとは?


需要予測は事業の妥当性を示すために必ずといっていいほど実施されるが
他方で「予測なんて外れるっしょ」という見方が大勢を占めている。
なので、予測は事業妥当性の説明を与えるための作業であり、その精度については不問。
という現実はあるにして、で、でも結局どれくらいの精度なのか。
それが300万円の調査だと50%の精度で、1000万円の調査だと60%の精度ならば、
300万円の調査でいいんじゃないの。ただ説明を与えるだけなら。
とかとか。


類似研究がきっとたくさんあるだろうから
(仕分けでたたかれた国交省が航空事業の分析レポートを出したりもしているし)
そこらへんの勉強で納得できれば、それはそれで完結。



とか考えてるけど、それ以前に最近は担当業務が多すぎる!いやーん!
しかし私は負けませんよ。やってやるんだから。


…気分転換が長くなっちゃった。今日はもう少ししたら帰ろう。
[PR]
by kan-net | 2012-01-13 22:50 | 何気ない
研究テーマのメモ
いろいろ考えを纏めたかったのだけど、眠る時間になってしまったので
とりあえずメモ書き程度に。


・研究テーマを設定する
・本当に知りたいことを知りたい。自分自身があまり知りたいと思わないテーマは設定しない
・現時点で会社にいるので、せっかくのフィールドとの接点を生かす
・現実(会社、現地、屋外、サンプル)と理論(大学、研究室、屋内、一般)との接点

・実在化される社会基盤インフラの存在感、規定力
 ・文明の形成(ローマ)
 ・習慣の形成(バリアフリー、ホームと車両との間は誰が埋めるのかとか)
 ・利用者による依存の形成(防波堤)
  ・発明:延長線上にない思考、工夫、イノベーション
・なかでも道路
・道路が運ぶ価値観 - ITインフラが運ぶ価値観 越境交流
・エネルギー最適化した社会の道路の必要性 人が自ら動くことの意味
・道路と鉄道 陸路(道路・鉄道)・空路・海路が運ぶ価値観 越境交通として
・交通活性化と平和と繁栄

・書籍化


んーなんだか。まーとりあえず。寝る。
[PR]
by kan-net | 2012-01-12 01:27 | 何気ない
2012年 新春のご挨拶
あけましておめでとうございます。
2012年もよろしくお願いいたします。


今は富山の実家にいます。昨日から少し仕事をしているけど
風邪をこじらせていることもあり、基本的にはパソコンを開かず外にも出ず、
食っちゃ寝、食っちゃ寝、のゆったり正月を過ごしています。
これだけゆったりした日を連日過ごせているのは、たぶん1年ぶり。
富山弁丸出し、家族に好き放題に甘えて、たいへん快適です。

明日(4日)、東京へ戻ります。


-------

気付けばブログを丸三カ月書いていなかった。2011年10月から。
三か月の間で身の回りであったこととは何か。

2011年10月
・エルサルバドル出張の続行
  …楽しかった。湖で泳いだ。
・中米大豪雨でエルサルバドル国家非常事態宣言
  …日本のみんなに知ってほしかった。同時期はタイも大変だったよね。

2011年11月
・エルサルバドル出張の終了(11月10日)
  …寂しかった。感極まってスペイン語スピーチ。
・ADYF祭り
  …楽しかった。(あ、しもた、これのフォローアップないがしろだ。。)
・留学を考え始める。
  …いろいろな人にアドバイスをいただく。
・エルサルバドル調査報告書の作成
  …ちょっときつかった。会社で徹夜1回。

2011年12月
・健診結果「肝機能障害の疑い」
  …その後、お酒はかなりセーブしています。
・けんさく結婚式@沖縄
  …おめでとう!!超うれしかった。この日ばかりはと壮絶に酒を飲んで記憶を失う。
・誕生日
  …27歳になりました。
・インド調査報告書の作成
  …かなりきつかった。会社で徹夜2回。その他の日も始発出社~終電退社が続く。
・インド出張(12月22日~30日)
  …何かに取り憑かれているとしか思えないようなハプニングの数々。後述。
・帰省
  …思ったほど富山、雪積もってないのね。


こうして見ると、11月のエルサルバドル報告書あたりから大変になりつつあったけど、
それでも12月のけんさく結婚式くらいまではまだ余裕があったように思う。
その後が、怒涛だったなぁ、と、思う。
特に最後のインド出張(12月22日~30日)では信じられないようなハプニングが続出。

・22日の成田タクシー、人間ブランケット置き場、ラオス紙幣、入国拒否。
・23日の邦人行方不明、繰上げ会議。
・24日・25日の800km走破、現地カレー、カニカレー、納税ドライバー、人身事故、車両故障。
・26日は、比較的平穏だった。
・27日の遅刻ランチ。
・28日の調査停止、軟禁。
・29日の劣悪調査記録、暴風雨、携帯電話紛失。
・30日は、無事に帰国できて、本当に良かった。何かしらあって帰れないかと思った。

かつて大人気を博した(?)ハリキリ通信が4本くらい軽く書けてしまうネタが、
一気に集まってしまったなという感じ。(ハリキリ通信をどうするかは悩み中)
終盤のツキのなさは尋常ではなく、本当、何かに取り憑かれているのかなと真剣に思う。

ちなみに元日の初詣でも、投げた賽銭が賽銭箱に弾かれたり(縁に乗った)
おみくじが「末吉」で「災が降りかかる」と断言されてたり、
風邪も治らないし、どうやら2012年にも不運は持ち越している様子。

2012年1月いっぱい、様子を見てみて、どうにもアカンなと思ったら、
お祓いしてもらうことにしようと思ってます。


-------

2012年の抱負は、どんなに大変なときも、あっけらかんと、ひょうきんに過ごすこと。
根が神経質なので、この意識をもって自分のバランスを整えることが大事。
これまでも心がけてきたことではあるけど、2011年終盤から少し崩れた。
今年は立てなおして、あっけら寛の復活といきたいと思っています。

具体的な行動目標としては、
・ひょうきんなブログを書く
・あっけらかんと東北に行く
・ひょうきんに楽器を演奏する
・あっけらかんと留学する


2012年は、楽しくいきたいもんです。
改めて、皆さま今年もよろしくお願いします。


2012年1月3日 か 於実家
[PR]
by kan-net | 2012-01-03 16:37 | あいさつ