<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
虞美人草
夏目漱石さんの「虞美人草」を読んだ。

ついこないだ「安土往還記」を読んだばっかりじゃないか!やっぱり読書家ね!!

と思われがちだが(←誰にだ)
実は虞美人草はこちらに到着した1月20日から読んでいたので
1ヶ月以上かかった。




以下、夏目漱石さん『虞美人草』より印象的だった節を抜粋。
(こういうの、著作権とかで問題あるでしょうか。あるようだったら、ご指摘いただけると幸いです、すぐ消します。)


不都合な状況に追い込まれたご都合主義者・小野さんの気持ち。

進んで自然の法則を破る程な不料簡は起さぬ積である。然し自然の方で、少しは事情を斟酌して、自分の味方になって働いて呉れても好さそうなものだ。[夏目漱石「虞美人草」より]

わかるわーー小野さん、わかるわーーー。


そんなご都合主義者・小野さんに更なる危機が訪れる(自ら危機を招いてしまう)。
そこに駆け付けた宗近君の言葉。

「こう云う危うい時に、生まれ付きを敲き直して置かないと、生涯不安で仕舞うよ。いくら勉強しても、いくら学者になっても取り返しはつかない。此処だよ、小野さん、真面目になるのは。世の中に真面目は、どんなものか一生知らずに済んでしまう人間が幾何もある。皮だけで生きている人間は、土だけでできている人形とそう違わない。真面目がなければだが、あるのに人形になるのは勿体ない。真面目になったあとは心持がいいものだよ。君にそう云う経験があるかい」

「なければ、一つなって見給え、今だ。こんな事は生涯に二度とは来ない。この機をはずすと、もう駄目だ。生涯真面目の味を知らずに死んでしまう。死ぬまでむく犬の様にうろうろして不安ばかりだ。人間は真面目になる機会が重なれば重なる程出来上ってくる。人間らしい気持がしてくる。―法螺じゃない。自分で経験して見ないうちは分らない。僕はこの通り学問もない、勉強もしない、落第もする、ごろごろしている。それでも君より平気だ。うちの妹なんぞは神経が鈍いからだと思っている。成程神経も鈍いだろう。-然しそう無神経なら今日でも、こう遣って車で駆け付けやしない。そうじゃないか、小野さん」

「僕が君よりも平気なのは、学問の為でも、勉強の為でも、何でもない。時々真面目になるからさ。なるからと云うより、なれるからと云った方が適当だろう。真面目になれる程、自身力の出る事はない。真面目になれる程、腰が据る事はない。真面目になれる程、精神の存在を自覚する事はない。天地の前に自分が儼存していると云う観念は、真面目になって始めて得られる自覚だ。真面目とはね、君、真剣勝負の意味だよ。遣っ付ける意味だよ。遣っ付けなくっちゃいられない意味だよ。人間全体が活動する意味だよ。口が達者に働いたり、手が小器用に働いたりするのは、いくら働いたって真面目じゃない。頭の中を遺憾なく世の中へ敲きつけて始めて真面目になった気持になる。安心する。実を云うと僕の妹も昨日真面目になった。甲野も昨日真面目になった。僕は昨日も、今日も真面目だ。君もこの際一度真面目になれ。人一人真面目になると当人が助かるばかりじゃない。世の中が助かる。-どうだね、小野さん、僕の云うことは分らないかね」[夏目漱石「虞美人草」より]


宗近君…かっこええーーーーーーーつえええええーーーー



真面目。真剣勝負。人間全体の活動。頭の中を遺憾なく世の中へ敲きつける。

自分は真面目が取り柄と思っていた。
だけど、そういう意味で「真面目」になる機会が、減ってきている気がする。
このブログなんてまさに口が達者に働いているだけみたいなものだし。



時々真面目になるようにしよう。そうして平気で生きていこう。



----


昨日もアンマンではデモがあったそうだ。
このところ毎週続いている反政府デモに対して政府側も手をこまねいている
わけにもいかず、昨日のデモでは政府から参加者にコーラやスプライトといった
ソフトドリンクがふるまわれたらしい。みんなハッピーだった、とドライバーの話。
平和だ。



ヨルダン出張のこり3週間。
[PR]
by kan-net | 2011-02-27 07:21 | 読書
レジでの一幕
気分転換にスーパーへ行って買い物をした。
レジで会計していたら後ろの客がおもむろにポイントカードを出してきて、
「お前の買い物も俺のポイントに加算させろ」。
どっちでも良いんだけど、男の横柄な態度が気に食わなかったので断ると、
「なんでお前はポイントカードを持っていないんだ(ばかじゃないのか)」と。

一瞬言葉を失っているとレジの女がポイントカードをさっと取りあげて
「いいわね(彼のポイント入れるわよ)」。


うーん、アラブ。

なじめない。
[PR]
by kan-net | 2011-02-24 06:35 | 仕事
ヨルダン、ジェラシュとかの写真
昨年12月と今年2月に撮った写真より。



ジェラシュ、列柱
e0001193_6244932.jpg



ジェラシュ、教会跡
e0001193_6261744.jpg



ジェラシュ、円形広場
e0001193_6274098.jpg



ジェラシュ、円形劇場
e0001193_6292341.jpg



アンマン、円形劇場
e0001193_6442471.jpg



アンマン、巨大国旗
e0001193_6444879.jpg



マダバと死海の間、ハママトマイン=温泉
e0001193_6451476.jpg



けっこう良い湯でした。


---



年配の先輩が日常会話の中で「よしんば」と言う。
渋い。僕も遣いたい。
しかしいきなり「よしんば」から始めるのは若干ハードルが高い。
「いわんや(~をや)」から始めよう。




ところで再び昨夏のジャカルタ案件の追加業務が入った。
「ヨルダンから帰国した後(3月下旬)ででも対応してもらえるか」とのことだが、
当然お断りだ。せっかくの日本旅行は温泉と相場は決まっている。

帰国の前にやりきることにした。
うまくやれば何とかできるはず。うまくペースを上げていこう。


気分転換になるので、ブログもそれなりのペースを維持するつもりです。
[PR]
by kan-net | 2011-02-22 07:39 | 仕事
生活に変化くわわる
最初この記事のタイトルを「新しい生活はじまる」って書いたのだけど
あとになってなんだか大げさすぎるような気がしたので変更しました。


---

これまで1ヶ月間はサービスアパートの一室にひとり暮らしだったのだけど、
今日から先輩が同居しはじめた。これから約3週間の同居生活が始まる。

昨年の12月にも違う先輩と1ヶ月間の同居生活をしていた。
先輩と同居なんて窮屈で嫌なものかと思っていたけど、普通に楽しく過ごせた。
むしろ家族以外の人と初めて同居することで
自分の生活習慣の変なところ、だらしないところなどが見えたりして
期間もそう長くないわけだし、良いものだなぁなんて思ったりもした。
もちろん先輩の人柄のおかげだと思う。
今回の先輩もとても良い人なので、楽しく過ごせそうだ。

その先輩を含めてここ2日間で3人が現地入りし、調査団員の人数が倍増した。
事務所の雰囲気も活気付き、後半の1ヶ月が始まったんだなという感じがする。

そんな2月20日。



なおその先輩はもともと3週間ほど前には現地入り・同居開始する予定だったのが
少しずつ日程を先に延ばしてきて今に至ったという経緯がある。
他方、僕の住んでいるサービスアパートには寝室が二つあり、
ダブルベッドの寝室と、シングルベッドが無駄に2つ入った寝室なのだが、
今にも先輩が来られると思って僕はずっとシングルベッドの寝室を使っていたのだった。
このまま誰も来なかったらあまりにも自分が不憫だ、よよよ
と思っていたのだけど、今は先輩が入って時差ぼけを調整している。よかった。


なおその先輩が日本からの土産物や託送品などを持ってきてくださったのだけど、
託送チョコレートは特にないようだった。おや?


なお今日は風が強く、雨が降っているのにどこか埃っぽい感じがする。
こんな日は砂漠の国にいるんだな、と思う。


デモでけが人が出たらしいけど、そこんとこ大丈夫かな?」と現地スタッフに聞くと、
『お前そういうの気にしすぎ、平和や言うとるやろドアホ』という表情を浮かべながら
「Don't worry sir, Jordan is very peaceful as I told you before」と言われた。
なんだか表情と言葉が一致しているように思えたけど、口調は穏やかだったので、
また何かコネタを仕入れたらそのつど質問していこうと思った。
[PR]
by kan-net | 2011-02-21 06:31 | 仕事
読書家じゃないけど読書
今日は少し頭痛がしたので読書をした(途中もう少し経緯あるけど省略)。

読んだのは辻邦生さんの「安土往還記」。
午後から読んで、一気に読んだ。

このところあまり本を読んでおらず、こちらに来てから読み終えたのはやっと2冊目。
1冊目の「甘い生活」(島地勝彦さんちょ)は短いエッセイ集。
眠る前にちょっとずつ読んでいて、書きくちも軽妙なのでとても楽しめたのだけど、
今日のように一気にバッツリまるっと読むのも、なんとも言えず爽快!

という具合に「爽快!」と思ったその瞬間、読書家としての新しい人生が開けたような
そんなのは気のせいだと思います。



会社の先輩に進められた「背教者ユリアヌス」を読んで辻邦生さんが一気に好きになり、
言葉の箱」を読んで辻邦生さんにますます惚れて、
今回の安土往還記に至る。

自分はこれまでてっきり夏目さんが好きだと思っていて、
司馬さん村上さん山崎さん遠藤さん川端さん塩野さん浅田さんカミュさんドフトさん
並み居る文豪たちに心惹かれながらもしかし夏目さんへの思いが強かったのだけど、
辻邦生さんがなんだかバチッとはまる。
今「好きな文豪は」と聞かれたら迷わず辻さん。

といってもそれぞれの方の本をたくさん読んだわけでもないのだから
そんな並み居る文豪の方たちを比較して好き嫌いを言える立場にないだろ、
だから読書家でもないのにこんな読書ブログを書くのは嫌だったんです。




浅田次郎さんも好きだなぁ。
出張時の機内、JAL機内誌の浅田さんのエッセイは毎度の楽しみにしている。
そういえばこのエッセイは「つばさよつばさ」って文庫版も売り出されてるんだった。
買ってみよう買ってみよう。そうしようそうしよう。

と、今やオンラインで本を購入できてしまうご時世なので
海外出張の間に読みたい本をまとめて15冊ほど注文しておき、家に届けておいて、
帰国したら荷物に詰め込んで次の出張先で読むという悪徳読書が横行しています。
なにが悪徳って、出張に全部は持っていけないから5冊ほどの代表選手を選ぶことになり、
残りの10冊は自宅に居残りして次のチャンスを虎視眈々と待つわけだが
やっときた次のチャンス時にはまた新たな選手が15冊ほど加入してしまって競争激化、
中には控え組のまま何シーズンも棒に振ってしまう選手たちも出てきてしまうわけです。
「飼い殺しか!」「先発で使え!」とフロント批判の声が聞こえてきそうです。

今回は10冊程度にしておこう。





僕もいつか本を書いてみたいんだ。
[PR]
by kan-net | 2011-02-19 07:11 | 読書
仕事の現状のはなし
仕事が順調だ。

さすが身を粉にして日々尽力しているだけあって、
ほしかった成果が続々と出てきている。

↑ということが起きてほしい。まだ起きていない。

残り約1ヶ月、がんばらんと。


--


今日は現場の道路脇に座り込んで交通量カウント調査をした。
カウントしながら車のボンネットでチキングリルの昼食をとった。

1万年以上の文明の歴史をもつヨルダン渓谷において、
車のボンネットでチキングリルの昼食をとりながら交通量カウント調査をした日本人は、
私です。


--


社会人になったら仕事の仕方であったり技術的なことなんかも
自然と身につくやろーと思っていたけど、全然身につかない。
きっとそれは、自分も周りも出張ばかりしているのも大きいと思っている。

そこに、先週から交通計画のベテランの先輩が現地入りされている。

2年目終盤に訪れたチャーンス☆

いろいろ聞こう。いろいろ勉強させてもらおう。フンッフンッ(鼻息)
[PR]
by kan-net | 2011-02-18 07:30 | 仕事
悩みの原因
例年に比べて今年はやや伸び悩んだ。



原因を分析する。

・中東情勢の悪化
チュニジア、エジプトの余波をもろに受けた形。
穏健派の王制ヨルダンでも直前になって無駄に不安を煽るニュースが流れるなど
せっかく計画していたヨルダン入りを見送った人も少なくないだろう。
このニュースの内容、リリースのタイミング。黒幕の存在を感じる。

・経由地タイの緊張の高まり
日本からヨルダン入りする際に最も安価な空路はタイ経由であるが、
カンボジア国境での小競り合いおよびタイ内部での政府批判機運の高まりを受けて
せっかく計画していたヨルダン入りを見送った人も少なくないだろう。国際的な圧力。

・日本を襲った寒波
大雪のため家を出られなかった人も少なくないだろう。飛行機も飛ばなかったかも。
黒幕の存在を感じる。

・日本を覆いつくす不況
日本-ヨルダン間の航空運賃の負担が重くのしかかったか。補助金制度がほしいところ。

・遠かった
少し距離があった。

・まだ到着していない
上述の各種原因によりヨルダン到着が遅れている。
ヨルダンも寒いので溶けたりしないから安心してほしい。



2011年バレンタイン 記録:0個 (2月14日22時30分現在)
[PR]
by kan-net | 2011-02-15 05:34 | 暮らし
アンマンは大丈夫
エジプトのムバラク大統領が辞任した。

ここヨルダンはエジプトとご近所さんで、アンマンとカイロの距離は500km足らず。
とはいえ今のところ街の様子も落ち着いているし、
反響が飛び火するようなこともないだろう、と思っている。

こんなニュースもあったけど、今のところたぶん大丈夫。↓
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20081229-507405/news/20110210-OYT1T01023.htm


今度のエジプトでの一連の出来事に対してすごく違和感を抱いていたのだけど、
その理由になんとなく思い当たった。
のだけど明日は仕事だしもう夜遅いから書くとしてもまた今度にする。

そう、明日は仕事なのです。だって平日だもん。

といっても今日も自室で仕事してたけど。目が痛い。目がー目がー。



気分転換に外出していたら、信号待ちしているところで物乞いに遭遇した。
パキスタンのカラチでは殆どの信号に何人もの物乞いが待ち構えていたものだが、
ヨルダンで遭遇した物乞いはこれでやっと2人目。
たいした産業もないし失業率も高いのに、物価がけっこう高い、不思議な国だと思う。

物乞いのお婆さん、外は寒く(6度とか)大変そうだったので、心ばかりのお金を渡した。
[PR]
by kan-net | 2011-02-13 07:39 | 仕事
木曜日の夜の想い
こちらヨルダンでは金曜日は休日。
金曜日・土曜日が週末。日曜日は平日。

なので毎週木曜日の夜、そうちょうど今くらいになると、
「あー日本の皆はそろそろ起きて仕事に行くころだけどこっちは明日休みだよーだムハハ」
と優越感に浸る。(もちろん毎週土曜日の夜には劣等感に浸る。)

それが。それがです、奥さん、
なんと日本は明日祝日だとか言うじゃない。

なにそれ!なにその3連休!!
こっちに残されたの劣等感だけじゃん!


こちらの昼1時(日本の夜8時)に日本の同僚から来たメール↓
「その件については週明けに連絡します」

なにそれ!こっちより早く休みに入って、こっちより遅く出てくるわけ!?
僕なんか悪いことした?そんなに恨まれるようなことした?
いかんぜよ…いかんぜよ大久保ドン!
(あ、西郷ドン元気かなー)


かくして木曜日の夜が更けていく。


---

今宵は愛するちかちゃんの博論公聴会終了を讃えて祝杯をあげている。今。

いつもお酒を飲んでいるように思われがちな僕。
たしかに飲み会ではビール日本酒焼酎ワインウイスキー構わずいくらでも飲むし
パキスタンでは毎日ひとり日本から持ち込んだウイスキーを飲んでいたけど

実は今回のヨルダン出張ではお酒を控えている。
特に理由はないのだけど、今年度ここまで計約8ヶ月間をイスラム圏にて過ごしてきて
日常生活におけるお酒との距離感が少し開いてきたのかもしれない。


不思議だったのはイスラム教国であるパキスタンが自国でビールを生産していること。
国名に「Islamic」が入るようなパキスタンで国産ビールとは、あら意外。

しかし飲める場所は極端に少ない。
カラチ市内で知る限り、手ぶらで入って飲めるのはアバリホテルと韓国料理屋のみ。
他のレストランで飲みたければ自分で持ち込むしかない(それでも断られる店もある)。
ではどこで入手できるか。

牢獄を思わせる鉄格子のついた狭い窓の向こう側から買うのです。
市内のちょっと薄暗いあたりにいくつかそういう牢獄があって、
不届き者と、腐敗した警察、あと僕がコソコソと買いに通う。
いやはや、本当に薄暗い世界だったなぁ。


ここヨルダンはキリスト教とも因縁の深い国だからそんなコソコソしなくても
ちょっと大き目のスーパーの一角であったり街角にリカーショップがあって
正々堂々と買って、正々堂々と飲むことができる。
今日はちかちゃんのお祝いのためにヨルダン国産ビール「アムステル」を
正々堂々と4本買ってきたぞ。
いやはや、ちかちゃんほんとお疲れ。おめでとう。現在3本目。
[PR]
by kan-net | 2011-02-11 06:02 | 仕事
ついった
昨日ついにツイッターを始めた。
http://twitter.com/horikirikan

ブログの右側にも載るようにしてみた。
Tムくんからのトラックバックの下という位置づけ。

前々から、時代の波に乗ろうかなーどうしようかなーと思いつつ放置していたけど
このたびF先輩からお誘いのメールをもらったのでピロッと波に乗ることにした。


まだ使い方がよくわかっていません。

・リツイートとかなんとか。
・リスト??
・携帯電話との連携ができるらしいんだけど、海外の携帯からはどうなんだろう。

使いながら慣れていくだろう。


なおアカウントの名前、何にしようかしばらく考えたのだけど
もし万が一このアカウントを他の人に取られたら相当口惜しかろうと思って決めた。
horikirikan
文句なし。


適当なプロフィール写真がなく、またパキスタンの王子になってしまった。


----


ところでこの僕のブログ、豊かな人間味と生活臭のあふれる
たいへん優れたブログであることには寸分の疑いの余地もないのだけど、
やや私生活臭に偏りがちではなかろうかと思うのだ。
もう少し周りの様子、ヨルダンならヨルダン、パキスタンならパキスタンのことを
伝えていくような、そんな社会性を加味していこうかしら。それも面白いかしら。
どうかしら。

とツイッターを始めたついでに思い始めた。


----


ツイッターを始めるきっかけをくれたF先輩は、
コンクリート研究室に入りたての僕を研究の下働きとして低価で雇いいれ、
その後に始まる僕の研究室生活作業着生活のきっかけを作ってくれた人でもある。

今日はそんなFさんの博士論文の公聴会。僕が下働きした成果も入ってることだろう。
聞きに行けないのは残念だがしっかり笑いを取ってきてほしい楽しく発表してほしい。
遠くヨルダンの空の下で応援しています。
[PR]
by kan-net | 2011-02-10 06:22 | 暮らし