<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ありがとう20000回
気が付けばこのブログ、
2005年6月10日の開始からの総アクセス数が2万を超えてました!


2万。20000。にまん。


僕が生まれてから月が地球の周りを回った回数を全部数えても10000回転に及ばず、
邪馬台国があったころから地球が太陽の周りを回った回数などは2000回転にも及ばない。


というのに我がブログのアクセス数がなんと2万を超えたとは…!
宇宙規模の一大事であることが実感いただけると思う。




などという下らないことばかりを書いてきたブログにこれだけのアクセスをいただけたのは
思わぬ偶然で意図せずして踏み込んでしまった人、一部の熱狂的なファン、
そして暇つぶしにちょっとたまに覗きに来てくれる大部分の方々のおかげです。

どうもありがとうございます。

これからも適度に小細工を加えた少しクスッとくる文章を中心に
時にまじめな文章を、時に自己中心的暴走的な文章を織り交ぜつつ
せっせと書き続けていきたいと思っていますので
今後ともどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by kan-net | 2010-09-26 05:22 | あいさつ
4%っとれん
1週間の日本旅行の後すぐにカラチへやってきて、
朝から晩までローカルコンサルタントと会議とかしつつ、
夜や休みの日にはジャカルタや東京から追いかけてきた仕事に対応。



やっとれん。


という思いが、4%くらいあります。
つかれたよーくたくただよー温泉つかって畳でゴロゴロぼんやり日々を過ごしたいよーおーい酒!
というやつ。





でも意外と68%は納得していて、


やりましょう、やらせていただきましょう。


好きでこの業界に身を投じ、やりたいと思っていたことに近いことをやっている、
という納得感。





残りの28%は


これなの?これなのか?


「やりたいと思っていたことに近いこと」だと思うけど、そもそも「やりたいと思っていたこと」って
「世界が平和で幸福で美しい様子になるようできることする」というところで、
これであってるんだろうかという思いはある。
さしあたりできることしてるけど、できることでしてないこともあるし、
できるようにならなくちゃいけないこともたくさんあるんだ。(←平仮名ばかりで読みにくい)





総じて、(←早くも総じちゃう)

68%の「やったりましょう」という単なるノリが優勢勝ちでありながら、
28%の「これなの?」という疑問感と4%の「やっとれん」という一次的感覚が
追随・共存している心理状態というのは比較的バランスのとれた良好な状況と思われ、

まことに吾輩は物事・状況をぐびっと飲み込んで良いように咀嚼解釈する生き物なのだな、

と一人感じ入るとともに呆れ返る次第。




そんな今日は、だから、
朝から晩までジャカルタや東京から追いかけてきた仕事に対応しているのでした。
やっとれん。
[PR]
by kan-net | 2010-09-19 21:04 | 仕事
とりあえずカラチ
「とりあえず生」ならぬ
「とりあえずカラチ」。

(なんたる差!!)



ジャカルタの残務、日本の業務、疲労感、
全部詰め込んで
とりあえずカラチに戻ってきました。
早めに積み残しを消化してカラチに切り替えていかないと。



今朝、親に電話したら
「お前どうなっとるのかよくわからん」と。
なんたる偶然、僕も最近少しそう思っていたところ。
さすが血のつながりを感じました。




今回のカラチは2ヶ月間。一連のカラチは今回でラストです。
[PR]
by kan-net | 2010-09-16 05:27 | 仕事
伊豆へ
水曜日の朝に帰国しました(Fromジャカルタ)。
来週の水曜日の朝まで日本にいます(Toカラチ)。

今回のジャカルタは初めての業務だらけだった。
そこで、能力の不足を補うために時間と体力をあてがうという
いつも通り得意の戦略を展開したところ、
たぶんそれ自体はある程度まで功奏したのだけど
四月から出張続きの身体のほうが
「あかん、あきまへん」
とはんなり風に音をあげて止まないので

(ここまで前置き)


温泉めざして伊豆に来ました\(´∀`湯)


ジャカルタの積み残し業務を連れて…( -_-)



疲れた身体をいたわりつつ、かつ
次の出張までに積み残しを消化するには
僕にはこの手しか残されていなかったのです。

ほら、かつての文豪たちもよく
旅館に身を寄せて静養しながら書いてたでしょ。
そういうこと。


現在、修善寺駅前のそば屋にて
ビール片手に川端康成の「伊豆の踊子」を読んでます。
もうすぐ宿行きのバスがくる頃。
一泊の予約だけど二泊にするかも。もはや三泊という噂も。


ああ温泉が僕を待っている。


ちょっと休んできます。
[PR]
by kan-net | 2010-09-10 14:22 | 仕事
やりきった感と悔しさ
甲子園の話じゃありません。(←タイトルね)



先月の9日からジャカルタに来てます。
明々後日の夜便で7日に帰国します。
(なお15日からまたカラチに行きます。。)



民間案件に参加させてもらい、
やったことのない業務をもらったことのない契約金額でやることになった。
(契約金額の85%は会社に吸収される。。)
業界としては小さい3人という調査団のうちの1人として、1ヶ月間、
既存調査のレビューから解析、改善提案そしてそれらのレポーティングまで
責任を持ってやらせてもらえたのはとてもいい経験になったと思う。


が、しかし、まあー力不足を痛いほど感じた。


なんとか形にはなった。けれども、
8割のところまでの成果は半分の期間で出せていたのに、
そのレポーティング過程でその倍くらいの期間を費やした。

結局、最終成果の形を初期のうちに見越せなかったのが響いたと思う。
早期にザックリと答えを出そうと大まかなストーリーで進めたものの、
成果品に繋げるためにはしっかり論理を積み上げる必要があって、
後半は当初のストーリーの修正・見直しの連続。
細かい話としては、報告書で使える図表が全くできていないこととか。
そこに英語力の不足が相まって、後半は毎晩のように夜なべしても
ずっと前から見えている答えすら表現できないという、
大変なもどかしさ、情けなさを味わった。

加えて、自分でなんとかできる、なんとかしなくてはという思いで
球離れが遅くなってしまい、周りの方々に迷惑をかけたりもした。

1ヶ月間でどうにかと焦ってしまって、冷静さを失っていたと思う。
やる気がすごくあったのだけど、それも空回りしてしまった感じ。


経験不足というのもすごく影響したんだろうけど、
経験が浅いから仕方ない、というのはすごく抵抗があって、
やっぱり悔しい。力不足を改めて自認させられる1ヶ月間だった。


この経験を活かして、もっと力をつける必要がある。力をつけたい。
そう強く感じた。




ってこんな話、多くの人にはつまらない話だろうけど、
自分自身として大事なことだったので
ちょっと時間ができた今のうちにと思って書いてみた。
それなら自分個人の日記につけやがれという声が、、聞こえないよーだ。

残り3日間、残ってる仕事もたくさんあるのでまた頑張ろう。


ちなみにハリキリ通信というものは本気で張り切っている時には
書けたもんじゃないということを改めて確認しました笑
2月のカンボジアと同じだ。




----- 


以下、上の記事がつまらなかった人の機嫌を伺う写真集。

まだ時間に余裕のあった第一週末に
友人を訪ねてジョグジャカルタへ飛んだときの写真です。



プランバナン。ロロジョグランとかちょっと聞いたことある感じ。

e0001193_2214114.jpg





雰囲気でてる。

e0001193_2371096.jpg





へんな風に組まれちゃった。

e0001193_2244194.jpg





王子対決。知る人ぞ知る。

e0001193_229515.jpg





ところ変わってジャカルタ。
イスティクラル・モスク、お祈りの合間。東南アジア最大。広い。

e0001193_230780.jpg





イスティクラル・モスク、外。一マスずつに入ってお祈りするそうだ。

e0001193_2302732.jpg





おしまい。

e0001193_2435731.jpg

[PR]
by kan-net | 2010-09-03 20:18 | 仕事