<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
課長の懇願
幸い僕には親しくしてくださる課長がいて、
ほぼ毎日、課長と2人、もしくは数人で昼食を摂る。

その課長、月曜日はいつもちょっと元気がない。
特に今週のように祝日のない、平日が5日普通にある週の月曜日は、
「ああー今週はフルかー」と
とても無念そうに嘆く。

フルの週なんてもう何百回・何千回と経験してきたはずでしょう、と
おしとやかにツッコミを入れるものの、依然として無念そうである。


そんな課長が月曜日に心の支えとしているのが
少年ジャンプの漫画「ワンピース」だそうだ。
また長い一週間が始まる、ああ嫌だと思っている心を奮い立たせてくれるのが、ワンピース。
ワンピース休刊の週などは、
「どうやって今週を乗り切ればいいんだ」と
いつにも増して嘆き悲しむ。

そしてここで記事タイトルに戻るが、課長に懇願されたのが、

「オマエもワンピースを読んでくれ」

である。

どうにもその大航海について語りたくてしようがないらしい。
曰く、最強のイキモノたち?が何体も?現れてもう大変な状態なのだそうで、
次の展開を予測してみたり過去のいきさつを振り返ってみたりと
もうどうにも落ち着いてメシなど食っていられないくらいの白熱した昨今のようだ。


ワンピースと言うともうかれこれ10年ほど前には始まっていたのではないだろうか。
中学生かそこらのころに友人宅でごろごろ読ませてもらった記憶がある。
彼らはその後もずっと航海を続けているようだが、課長曰く
「今まだ目的地まで半分」だそうだ。
そして曰く、
「これまでに単行本は50巻以上出ているはず」だそうだ。

それは・・・無茶ですよ、と
無下に断ろうとしたのだが、


1冊を20分のペースで行けば、
1時間で3冊、つまり8時間労働で24冊いける。
ということはだ、2日読み通せば、意外と楽勝なんじゃね?(課長)


そう言われてみると、意外と行けそうである。実際。
あとは勇気を持って出航するか否かという問題のようである。


課長の懇願を受けたのが、2週間前の月曜日。
未だに出航できずにいる僕です。申し訳ないかちょ。


------


航海へ出られずいるうちに出張に出ることになりました。
まだ最終決定ではないけど、期間は12月6日~26日。
行き先はカンボジアの首都プノンペンと、タイ国境のポイペト。
タイ国境は国交情勢によっては回避するかもしれません。(と僕が勝手に思っている)

出張のことを大学時代の友人に言ったら、
「良い仕事してこいよ!」と言われ、不覚ながら身が引き締まりました。
ただそこにある業務をするのではなくて、
しっかり自分の身体と頭を使って、創造的に、「良い仕事」をしなくてはならない。
そんな当たり前のこと、当たり前にできるはずだったけど、
振り返ってみて実際のところ、あんまりできていないと感じます。
今回の出張は特にこのこと、「良い仕事」のことを心がけて仕事をしてきたいと思います。
[PR]
by kan-net | 2009-12-01 01:26 | 仕事