<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
夏目漱石「吾輩は猫である」を読んだ。

言わずと知れた名作。
ひとつひとつの話が別に連続しているわけでもなかったので
常に鞄にしのばせておいて、電車に乗っているときなどに読んだ。
ただしそのペースだといつまで経っても読み終わりそうになかったので、
最近意を決して最後まで読むことに決め、昨夜ようやく読み終わったのだ。
結局読み始めてから半年くらいかかったことになる。
しかし読み終わってすっきりした。

猫の目線によって描き出される話の展開の仕方が絶妙。
全編を通して人間や社会への皮肉に満ちている。
人間はアホじゃないのか、と。
猫の目にもわかるバカバカしさがなぜわからんのだ、アホか、と。
「猫」が執筆されたのは今からだいたい百年前だけど、
漱石が皮肉の対象としたバカバカしさは今も着実に受け継がれているようだ。
でなければこの本を面白おかしいと感じるはずがない。

面白おかしいといえば、猫ならではの仕草の描写も面白かった。
例えば見モノだったのは、餅に噛みついて窒息死しそうになったときの猫の思考展開。
慌て苦しみ、何とか逃れようとしっぽをぐるぐる振ったり耳を立てたりねかしたりした後に、
「考えてみると耳としっぽは餅となんらの関係もない。要するに振り損の、立て損の、ねかし損であると気がついたからやめにした。」
一刀両断。
こういう描き方が出来るあたり、やはり凡人とはかけ離れた、
千円札に用いられてしかるべき逸脱した能力というものか。
僕も千円札に採用されるためには動物の目線くらい身につけたほうが良いかもしれない。

話の結びかたが衝撃的だった。
足掛け半年これだけ読んできてこんな終わり方かと、唖然としてしまった。
ただしこの結びかたに対して何らかの不平不満を言ったところで、
猫にしてみればバカバカしい不満であるということなのだろう。
「本の結びなんぞについてかくも熱心に不平不満を論うほど、人間というのは暇で仕方がないらしい。」
と言われそうだ。


かくなるうえは千円札に、いや一万円札に採用されたい。
[PR]
by kan-net | 2008-08-27 21:05 | 読書
地震が
そろそろ来るような気がします。
根拠なし。
なんとなくそんな気がするだけ。

はずれてくれろ。


もし我が家にいるときに揺れがきたら
このコタツ机の下に潜り込むことになってます。
台所側にいた場合はトイレに入ることになってます。
なのでもし我が家が埋まったら
コタツ机の下とトイレを探してください。
そこにいます。

外出先ではその場でのアドリブになるので
どこにいるかはわかりませんが
でっかい声で呼んでください。
たとえ埋まっていてもその気持ちにはきっと答えます。
余裕があれば埋まる前に靴か何かを10mくらい投げます。
その靴から半径10mの範囲で探してください。


起きてほしくないな地震。

この1週間くらいがヤマなんじゃないかとか
勝手に思ってます。

なんとかやりすごしたいところ。
[PR]
by kan-net | 2008-08-24 01:20 | 何気ない
司馬遼太郎の小説「峠」を読んだ。

幕末の長岡藩士・河合継之助にスポットをあてたお話。
時代の大波に押し切られそうになりながら、
芯でもって自分の魂を保ち、不退転の覚悟で物事に臨み、
広大な世界観を持ちながらも七万四千石という弱小の長岡藩と命運を共にし、
というよりも長岡藩を道連れにして、
長岡藩と共に滅びていった人の、お話。

ついさっき読み終わったばかりなのでまだ整理がついていないけれども、
なかなかどうしてすごい男である。と思った。

いちいち一貫している。
途中、反論する人を説得しきれずに蟄居させたあたりはどうかと思ったけど、
途中、反論する人の気をオルゴールで静めようとしたあたりもどうかと思ったけど、
その当時のその時勢においてやるべきと考えたことはすべてやっているのであって、
やはり一貫している。
命は使うべきときに使わないと意味がないという考え方や、
藩主に「おそれながらお考えがお浅うござる」と言うとか、
やりすぎなほどに一貫している。

やるなぁ。やるなぁ河合継之助。
思わず「つぎのすけ」と打って「継之助」と変換できるように登録してしまったよ。

今の世に河合継之助が生きていたらどう考え、どう動くのだろう。
ひょっとすると、今の世には継之助は出てこられないのかもしれない。
前々から思っていたのだけど、幕末という国家の強烈なゆがみの瞬間に
思想や文明や人物がかなり弾けるように飛び出てきたのは
いったい、なんだったんだろう。

もんもん

もんもん

ともあれ継之助の生き方、態度、姿勢は大いに参考になった。
継之助は首尾一貫して美しき政治家であり美しき武士であり続けた。
すごい男だ本当に。

同時に忘れてはならないのは、彼が最後に敗れたことで
巻き込まれた長岡藩にも不幸が降りかかったということ。
これだけの才能と意思、姿勢、覚悟を持っていたために、
自ら一藩を一身に背負い、また一藩もその一身に命運を託すしかなかった。
計画が全てうまく運べば継之助は英雄であったろうと思う、しかし上手くいかなかった。
結果として継之助は非難されざるを得ない。
その後の長岡が混迷を極めたことで、継之助は少なからぬ人の恨みを買い、
墓は何度となく荒らされてきたという。
継之助にしてみれば、荒らされてもきっと「さもあろう」といったところだろうが。

・・・

我が人生何をか為さんということを考えさせられた。
就職して働き始めてからもう一度読もうと思う。



ちなみにこの「峠」を読むきっかけは、約2週間前に長岡技術科学大学に見学に行って
時間が余ったときに長岡駅の近くにあった河合継之助記念館を訪れたこと。
その時に先生から「何かの縁だと思って読んでみたら良いよ」と薦められて、読んだ。
読み始めたら一気に読んでしまった。
ああ、何も知らずに記念館を訪れたもったいなさよ。
きっと今度また機会があったら、再び記念館に行こうと思う。
そしてガットリング砲を見て、塵壺を見て、慈眼寺の嘆願書を見よう。
そして時間が許せば継之助を象徴する様々な「峠」にも行ってみたいものである。
[PR]
by kan-net | 2008-08-23 00:53 | 読書
とやま
お盆は数日間だけ富山に帰省してました。
富山よかったー。

なんか、やはり故郷というのは特別な場所であると思う。
そして故郷の友人たちはやはり特別な人たちであると思う。

東京に出てきて、いろいろ勉強して経験して大人になったかなと思ったりするけど、
富山にいたころの全ての日常があって今の自分がいる。
そのころの毎日を共に過ごした友人たちというのは
具体的な出来事も抽象的な思い出もいろいろ覚えていたりして、話せば話すほど、

当時はとにかくひたすら縄跳びの「名人」を目指していたことや
当時はとにかくひたすらAべちゃんの家に遊びに行ったことや
当時はとにかくひたすらドッヂボールの練習を頑張ったことや
当時からずっと意地っ張りで目立ちたがり屋だったことや
当時からずっと一枚ウワテなふりをしていたことや
当時からずっと恋愛がうまくいっていなかったことや

いろいろ思い出させられる。
なんか、東京で身に付けたいろいろなことを身ぐるみ剥がされていくような感じ。
そしてその剥がされていく感じが、なぜだかとても心地よい。
なんだろうなこの心地よさ。
そこにより本当の自分がいるような感じがするのかも。


いや、もしかしたら好きなだけ富山弁しゃべれるからだけかもしれんな。笑
いやぁ~あんなたくさん富山弁しゃべったん久しぶりだったもん。えらい快適だったわ。
東京戻ってきてもまだ引きずっとんもんね。こんなん大学入学以来初めてやわ。
富山弁最高やちゃ。なんちゅしゃべりやすいがけ。

実際に自分にとって快適な言語ちゃあると思うがです。
やっぱり自然と身に付けた慣れとる言語はすらすら出てくるし、ストレスがなくて、
あとから身に付けた言語はいくら慣れたゆうてもどっかストレスながだと思うがです。
きっとそういうがんを明らかにした研究とかもあるとは思うがですけど
なんせ本当に富山弁でしゃべっとるがが快適だったん。


・・・とにかく今ちょっと富山シックになっとんがやちゃ。
シックに行きたいが。ゴールデンボールも行きたいが。
みんなに会えてうれしかったが。


年末年始はまた帰っから、みんなまた会ってねぇ頼むちゃ。
今回会えんかった人も会おうねぇ。


いやぁ・・・


富山シック。



(最後のほう富山弁を文字に起こしてみたけど、やっぱり方言は文字だと読み難い…。
富山弁を話せない方は、文中の「が」を「の」、「け」を「か」にすると読めます。
「しゃべりやすいがけ」→「しゃべりやすいのか」、「思うがです」→「思うのです」。)
[PR]
by kan-net | 2008-08-20 01:24 | 暮らし
富士山
先週末、研究室の仲間たちと富士山に登ってきた。

20時前に新宿出発、22時過ぎに五合目に着いて、夜通し登りと倒すというストイック企画。
いちおう「研究室旅行」である。何かが違うという感は否めないが。

しかし一度登ってみたかった富士山、やはり登ってみてよかった!



まず五合目から見上げた空に感動した。なんと星の数の多いこと。
プラネタリウムの次に多くの星を目にしたと思う。
「天の川」というものを肉眼で認識したことも感動。目に見えるものではないと思っていた。
これについては僕のカメラでは撮りきれなかったので写真はない。
ぜひ一度自分で行って確かめてもらいたい。


以降は、実物の迫力には遠く及ばないが、写真と共に紹介する。



9合目と山頂の間から見た海原。
朝4時28分から熱心に出待ち。
すごく寒い。5度とか。

e0001193_0453647.jpg




9合目と山頂の間から見た海原2。
朝4時50分、ついに出てきた。御来光。
光と熱が大気を包み込む。

e0001193_050283.jpg




9合目と山頂の間から見た海原3。
朝5時10分。すでに外はとても明るく、暑くて上着を脱ぐ。
人々も改めて山頂目指して動き出す。

e0001193_0525785.jpg




9合目と山頂の間から山頂を見上げる。
年間でも最も多くの人が登頂した日だったらしく、すごい行列。登山というより行列待ち。
空が近い。

e0001193_0552442.jpg




山頂。
見渡す限りの大海原。
晴れていたら東京も見えるらしいが、海原もかなりの壮観。

e0001193_0574818.jpg




山頂2。
上り詰めてしまった人を発見。

e0001193_0584692.jpg




下山。
雲の上の世界を歩いている感じがすごくワクワクした。
この写真は、ピンボケなのが逆によかったかも。

e0001193_102087.jpg





とにかく、とても良い経験であった。富士登山。
これまでの人生で一番といって良いほど空を見た。


また行きたい。

次に行くときはもう少し人の少ないときにしよう。
[PR]
by kan-net | 2008-08-08 01:04 | 学業