<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
道、か。
自分が将来取り組みたい仕事を考えたときに、
たぶんそれは「道」に関する仕事なんだろうと思った。最近。
道。道路。
しかも歩道つきの。

おそらく学部4年の11月にバリアフリーの研究をしにハノイに行って
道ばっかり見て何もかもわからなくなって帰った経験に多分に影響を受けていると思う。
道は少なくとも経済と文化と人権と環境に強く密着しているように思えたのだが、
それをじゃあどう整備したら良いのか、まったくわからないぜ、おいおい、
しかし実際にはエンジニアがぺぺっと設計して決まってしまう、
ということに強い問題意識を抱いたものである。

道だけに固執するわけではないけれど、こうした体験もあって
やはり「道」は自分にとっての大きなキーワードなのだろう。
あと「文化と経済と人権と環境」。多いけど。

そういえば以前ゼネコンの人に「好きな構造物は何?ダムとか。」と聞かれたときにも
なんてことなく「道」と答えたことがあった。
そのころは自覚がなかったけど、やっぱりそうなんだな。道なんだな。


自分のキーワードが見つかったのは、なんとなく嬉しい。祝杯でもあげよう。
[PR]
by kan-net | 2008-02-25 02:30 | 道しるべ
発表会の風物詩
まず、卒論生のみなさんは本当にお疲れ様でした。


卒論の発表会が終わった。
自分の研究室メンバーの時を中心に時間のある時は見に行ったけど、
みんなそれぞれに善戦・苦戦した様子が伝わってきた。
そう考えると去年の自分はいかにも苦戦の末に色々ごまかした様子が
露呈していたのだろうと思われ、いささか恥ずかしい。


それにしても卒論の発表会では各研究室の団結力の一端が
極端な形で現れるのが一種の見どころである。と勝手に思っている。

たとえば我がコンクリ研の場合、コンクリの学生が発表する順番が近づくと
少しずつ教室の最後列にコンクリ研のメンバーが増えてきて、
コンクリ学生の発表が終わったとたんに教室を退出する。
同じ学生部屋を共有している橋梁研も来てくれるので、退出するその数およそ15人。
15人が一気に部屋を退出する雰囲気はなかなか圧巻である。
ほかに景観研や交通研あたりもそういった雰囲気をかもし出していたように思われる。

そんなに一気に集団退出するのは次の発表者に対していささか失礼にもあたるのに
むしろ知り尽くしたような身内の発表だけを聞いてそそくさと退出するその態度には
強烈な身内びいき意識と団結力の顕示欲のようなものがあるような気がして、
そこらへんもまた何か人間らしいところを感じて憎めない。
集団退出はそんなほっこりした気持ちにしてくれる卒論・修論発表会独特の行事と言える。


そして明後日と明々後日は修論発表会。
来年に向けてイメージを作るために、
そして集団退出を見たり自ら実行したりするために、
できるだけ見に行こうと思っている。
[PR]
by kan-net | 2008-02-20 04:11 | 学業
自画自賛
希望企業のエントリーシートに自己PRの欄があった。
先日も人に自分用の推薦状のお願いをするために自分で草稿を書く機会があった。



どうもこういうのは苦手。
親しい友人との会話では好き放題にやらせてもらっているが
ちゃんとした書類を前にすると自画自賛しようと思っても全く筆が進まない。



自画自賛のあまり思わず使ってみたいフレーズ集

・「類まれなる~~」

・「人並みはずれた~~」

・「不敵なまでに~~」

・「○○の再来を思わせる~~」




…こういうフレーズを使って書いたらテンション高く楽しめるだろうなー。
[PR]
by kan-net | 2008-02-11 23:15 | 何気ない
日本で二番目においしいちゃんこ
駒込会。コンクリート研究室の、駒込周辺に住む人々の会。今日はその初回。

参加者はもっと大人数を想定していたものの、直前のキャンセルなども立て込み
結局は朝メシ会の3人に。いつものメンツ。
場所は駒込在住5年のCぢわさんの鶴の一声で
「日本で二番目においしいちゃんこ」のお店「割烹神幸」に決定。


店内。

e0001193_22574828.jpg


すごい!いたるところに写真やらポスター、番付表などがあって、つり天井まで。
店の雰囲気にさっそく圧倒される。
そして店の主人は元幕内の力士・神幸さん。
声が太い!そして手が大きい!!(写真は撮れなかった)
店内と神幸さんに完全に圧倒されてしまった。


そしてついに主役、日本で二番目の実力を誇るちゃんこ鍋が登場。

e0001193_234507.jpg


これがまたボリューム満点。そして美味い!!
本当に美味しかった。こんなに美味しいとは…想像をはるかに上回る美味しさ。
神幸さんには「残したら罰金」って言われたけど、残すわけない。
最後の最後まで美味しくいただきました。本当に大満足。


ちなみに神幸さんに聞くところによると、

お相撲さんが食べるちゃんこは普通の人の1.5倍くらいらしい。
食事じゃなく、稽古で体を大きく強くするんだそうな。
2倍くらい食べてるのかと思ってたけど、なるほど、そういうわけでもないんだ。

「だいたい二番目くらいかな」と思ったのが「日本で二番目においしいちゃんこ」の理由らしい。
一番目においしい店は「知らない」そうだ。
その豪快な決め方にあっぱれ。きっとだいたい二番目においしいのだと思う!

神幸さんは富山でタクシーに乗ってて怪我をしたらしい。
田んぼの畦道。対向車をかわしてそのままハンドルを取られたそうだ。
これで右手の甲を骨折。現役時代のことだったそうだが今もその傷跡は残っている。
これが致命傷になったかどうかは、聞けずじまい。
とりあえず「富山県がすみません」と謝罪しておいた。


とにかく店内の雰囲気も神幸さんの人柄もとても素晴らしくて、
絶対にまた来よう!と思った。本当に大満足。
第一回の駒込会はまさに大成功だったと思う。
(解散して5分後には家に着くというアクセスの良さも完璧だ。)

「日本で二番目においしいちゃんこ」。みなさんも駒込にお立ち寄りの際はぜひ。

e0001193_23571488.jpg

[PR]
by kan-net | 2008-02-08 23:48 | 暮らし
節分
毎年恒例のことながら、節分の豆まきで磯野家には泥棒が入る。
「まぁマスオさんたら役者ね」などと言いながら若女房らが泥棒に豆を投げつけて追い出す。
直後にのんきなマスオが登場。慌てた若女房が110番に通報。「ど、どろぼうですぅー」。
平和なものである。



平和と言えば、恵方巻を食べた。
はじめのひとかじり、真北を向きながら豪快にいってしまったことが悔やまれるが、
ふた口目からは南南東を向いて粛々と食べた。
きっと4月くらいからは平和が訪れるであろう。それまで自分で耐え抜かねば。



ところで昨日は紹介し忘れましたが
昨年の生誕23周年記念パーティーから我が家に来ている一員がいるのでした。

近藤さんです。特技は運搬。

e0001193_20145265.jpg



そのうち我が同居人たちをいっせいに紹介したいと思っています。
[PR]
by kan-net | 2008-02-03 20:27 | 暮らし
新しい仲間
最近とても寒い。とっても寒い。
地元の富山は寒かった。でも湿度は高かった。だからそのぶんの温もりがあった。
東京は違った形で寒い。気温は高いが湿度が低い。かさかさ。そして風が強い。
だから東京でも富山と同じくらい寒く感じる。

この際だからはっきりしておくと僕は末端冷え性である。
寒いとすぐに手の先、足の先が本当に冷たくなる。死んだかのごとく。
そしてその結果、コンビニで釣り銭をもらうときにちょっと手が触れた女性店員から
「寒いから風邪には気をつけてくださいね」と言われるようなことが起きるのである。
ちなみにこの店員は御年60歳(推定)。冷え性は出会いの武器にはならないのか。
ちなみにこの前日から風邪をひいていた。忠告は先にたたず。

ということで、最近新しいアイテムを購入した。
冷え性対策に直接結びつくわけではないが、保温効果を期待してのアイテムである。

e0001193_04554.jpg

湯たんぽ」。
帰り道で見つけて購入。950円。

これ、色合いや素材はイマイチだが、売り出しているからには機能はするのだろうし、
どうせバスタオルに包んで使うと思えばまあいいか、と思ったのだけど、
問題はその必要なお湯の量。2.6リットル。
多いよ。多い。そんなに必要だとは露気付かず。
これだけお湯が必要だと、まずそれを沸かすのに一苦労とひとエネルギーが消費され、
そしてまた持ち運ぶためにもかなりの運動エネルギーが必要なのである。
あー。あーあ。あーめん。
しかし使わないわけにはいかない。せっかく買ったんだ。包装もやぶりとってしまったし。
と思って使ってみると、なるほど、湯たんぽ。
夜11時に使い始めて翌朝の7時まで温もりを保っているお前は確かに湯たんぽである。
むしろ出来すぎなくらいである。出来杉くんは実は「出木杉」くんだというウワサは本当か?
いずれにせよ、その実力は認めざるを得ない。

しかしいくら力があるとしても、それだけで我が家の一員として認めるわけにはいかない。
水不足、エネルギー問題などが叫ばれているこの世の中、たとえ湯たんぽであろうと
人である以上は地球環境に対して自覚と責任を持たなければならないと考えている。
そこで彼には循環型持続湯たんぽという近未来型システムを与えることとした。
一度利用して冷めてしまった水を温めて再利用するのである。
再加熱にエネルギーが必要となるが、そのぶん湯たんぽとして僕を長く温めてくれるのだ。
それくらいのシステムがあれば、彼も責任ある行動をとっていると言えるであろう。

かくしてこの湯たんぽ湯三郎(とうざぶろう)は我が家の一員となった。
冬になればいつも僕のそばに来て、僕に温もりを与えてくれるであろう。
我が家を訪れる方は、ぜひこの湯三郎、お見知りおきください。

再度顔見せ。
e0001193_04554.jpg





ところで一月が終わりましたが、筋トレ2008回、目標どおりやりとげました!
月末に風邪を引いてしまったので最後の4日間で587回詰め込んだ。日本史もおろそかに。
今月はちゃんとコンスタントに回数を重ね、歴史も勉強していきたいと思います。
[PR]
by kan-net | 2008-02-03 00:20 | 暮らし