<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
あわや不条理
昨夜の帰り道、いつもどおり自転車で走っていたところに、友人からメールが。
肩からかけていたカバンを前カゴに入れようと思っていたこともあり、
いったん自転車を止める。と、反対車線側の歩道に知り合いの姿らしきものを認める。
おやーと思いながらきょろきょろしていたら、前方から警察官の人がやってきた。

ポリス「こんにちは、人待ちですか?」

か「いえ、そういうわけでは。ちょっとメールが来たので。」

ぽ「そうですか、いや、きょろきょろしてらしたから、あそこにパトカーがあるからかなと…」


なるほど30mほど前方にパトカーが止まっている。
気付いてはいたが認識していなかった。

か「いや、全然そんなんじゃないです。」

ぽ「あ、そうですか。…念のため防犯登録の確認させていただいてもよろしいですか?」


そして確認が始まる。
確認の待ち時間がよっぽど暇なのか気まずいのか、ポリスはいろんなことを聞いてくる。

ぽ「大学生ですか?」

か「そうです。」

ぽ「何年生ですか?」

か「修士課程の一年生です。」

ぽ「そうですか。そしたら・・・」

か「あ、すみません電話に出てもいいですか?」


電話に出る。

か「・・・あ、うん。・・・いや、もう大丈夫。・・・うん、はい、じゃあまた後で。」


ポリスの質問は続く。

ぽ「この自転車どこで買われました?」

か「品川です。えーと…ジャスコです。品川というかもうちょっと…まあ品川です。」

ぽ「でもここらへんに住んでいらっしゃるんですね?」

か「ええ、でも前に世田谷に住んでましたから。そのときから乗ってるんですこの自転車。」

ぽ「世田谷に住んでて…品川で買われたんですか。」

か「あの、安かったんで。安いと聞いたんで。東京に来たてでよくわからなかったし、まあ。」

ぽ「そうですか。」


ポリスの無線に連絡が入る。確認が取れたらしい。
ポリスは礼を言ってパトカーのほうへ去っていった。


ポリスが去って再び自転車をこぎながら、今回のやりとりの一部始終について考えていた。

あらかじめ断っておくと、僕はポリスに対して特に好感を抱いているわけでは断じてないが、
悪い印象も抱いているわけでも全くない。
むしろ一部の人のせいで世間からどやされ、注意しただけで悪態を浴びたりしながらも、
きっと多くのポリスが正義感を胸に社会の治安を維持するために頑張っているのだ。
そんなわけで夜に自転車の無灯火で呼び止められた時には例え多少急いでいる時だろうと
嫌がったりせず快く防犯登録確認に応じるし、質問にも素直に答えることにしている。
そして確認が終わって別れる時には口にこそしないものの、
「ありがとう、おつかれさまです。」という気持ちを抱きつつ立ち去ることにしている。

しかし今回の出来事では印象がいつもと少し違った。
これまでのポリスとの絡みはいつも無灯火で呼び止められることで始まるのだが、
今回ポリスはわざわざ僕の元へやってきたのだ。
自転車は止まっていたので無灯火であることは特に問題ではないはず。
恐らくポリスは僕に何らかの犯罪と関連する可能性が潜むと見て話しかけてきたのである。
(実際にポリスの言葉からもそういう理由で話しかけてきたことが伺える)

こんな言い方は失礼だろうが、ここまでくると、もはや可哀そうである。
偶然パトカーの手前で止まってきょろきょろしているだけの男にも犯罪の可能性を見出す。
犯罪を未然に防ぐ、根絶するために必要なことだから、と割り切る部分もあるだろうが、
このように「怪しい」人を見ると犯罪の可能性を少なからず想像してしまう、
そしてその僅かな可能性に対してケアし続けるという作業を仕事として繰り返すのは
大変な心労なのではないかと思う。
極端に悪い言い方をしてしまうと、絶えず人を少なからず疑っているのである。きっと。
もちろんこんな大変な仕事だからこそ感じられる使命感や遣り甲斐もあるのかもしれないが。
ポリスというのは本当に大変な、そしてどこか悲しみを伴う仕事なのだなと改めて感じた。
今日出会ったような全うなポリスには少しでも幸せな人生を送ってもらいたいものである。
そしてこれからもポリスと絡むときには嫌がらず素直であろうと思った。


あと今回の出来事で感じたもうひとつのこと。
それは、全うに生きているつもりでも運が悪いと大変なことになるのかもしれないということ。
今回、僕はメールによって偶然パトカーの手前で止まり、
偶然知り合いに似た姿を見たことできょろきょろとして、ポリスに話しかけられた。
そしてポリスとの会話の中で僕は唐突に誰かと電話で話し、
僕が乗っている自転車は品川で買われた物で、僕は駒込に住んでいる。
疑おうと思ったらいくらでも疑えるような男である。名探偵コナンもきっと僕を容疑者に挙げる。
大学に進学した当初に僕が極端なケチで品川から自転車で世田谷まで乗っていったなんて、
いったん容疑者になったとすれば誰が信じてくれるだろうか。いや誰も信じないだろう。
電話は仲間をポリスから逃がそうとしたのかもしれない。自転車はきっと盗難だ。
また会話には出てこなかったが、僕の自転車のライトがしばらく前から壊れていて、
直しに行くのが面倒だからかわりに小型のミニライトを持ち歩いていて、
用は足せるから別にこれでいいやと思っていることなんて、
もし僕が何かの裁判に追い込まれてそう証言しても絶対に誰も信じてくれないと思うのだ。

この感覚は最近読んだ「異邦人」で描かれていた不条理と通じるところがある。
結局のところ、異邦人の主人公も僕も、特に何も考えていないだけなのである。
特に深い考えがあったわけでもなく、非常に偶発的に事件に巻き込まれただけなのだ(僕は実際は何にも巻き込まれていませんが)。
しかしひとたび事件に巻き込まれてしまうと、人々はその行動に何らかの理由を結びつける。
自転車のライトを直さずミニライトで代用するなど理由もなくするはずがないのだ。普通。
そしてそこに本当に何の考えもないのだということを主張しても、
それはむしろ容疑者がますます普通でないという印象を植え付けていくことになるのだろう。
異邦人の主人公の場合、確かに彼は殺人を(偶然)犯すのだが、裁判において検察官から
これまでの人生におけるあらゆる場面で彼は通常でなかったという評価を受けることになる。
そして死刑の判決を受け、相変わらず静かにそれを受け入れて死んでいく。

つまり、ふとしたことで穴に落ち始めると、それがそのまま何の抵抗もできないままに
限りなく落ち続けていくということがあり得るのではないか、ということ。
自分としては全うに生きているつもりでも運が悪いとそういうことになり得るのではないか、
と、そんなことをぼんやり考えていた帰り道でした。



ああ、長くなった。長くなったけど、なんか書きたいこと書いたので満足。
[PR]
by kan-net | 2008-01-26 06:12 | 暮らし
黄金の豚
最近はコンクリートだけじゃなくて世界にも目を向けようと言うことで
ベトナムとフィリピンとアセアンのニュースをできるだけ毎日チェックしていますが、
その中にこんな記事が。

「黄金の豚年」生まれ望んで駆け込み出産

日本でも丙午で1966年に中絶が多かったらしいですが
なるほど、良い干支だとむしろ「生ませてくれ」となるわけやね。
なんで日本は丙午(1966年)に反応したのに丁亥(2007年)で反応しなかったんだろう。
「うまい話には乗らないぞ、嫌な可能性は排除するけど」ということなのかな。

なお、『社会学者らは、多くの夫婦が良いといわれる年に子どもを産むことで同年齢者が増え、かえって我が子の受験や就職が困難になると警告している』らしい。

なるほど!落とし穴や。


**********


先日、コンクリ関係の先輩に質問することがあってメールしたら、
「ホームページ見てます。溢れる才能に感激しました。」
と返事をいただいた。
物静かですてきな雰囲気の先輩なので、ちょっと気を良くして、
写真集と野球部のページを一気に更新しまくってしまった。

偶然はじめることになったホームページ係だけど、
クラブ活動なども導入しながらやっているおかげでなかなか楽しい。
筋トレも歴史の勉強を取り入れてやることで続いている。
上記、アジアのニュースチェックも時おり面白ニュースがあるから目が離せない。

「せっかくやるなら楽しく。」

大学院生活のテーマです。
[PR]
by kan-net | 2008-01-20 16:29 | 暮らし
待ち合わせの時間にギリギリで急いでいるというのに
見知らぬオバサンに引き止められて
「あんたは本当に魅力のない男だ」と言われる。
知らんよ、と思いながら内心かなりショックを受ける。


***************


2ヶ月ほど前に初対面の人から「夢は?」と聞かれて困ったことがあります。
小さいころはなるほど夢はプロサッカー選手になることでしたが、
それを高校生くらいのときに諦めて以来、これといった夢を抱いていないかもしれない。
「夢」というと非現実な叶わぬものというイメージがあるから、
もう少し叶いそうな「目標」とか「方針」、もしくは主体性のない「願い」に摩り替えてしまって、
夢を持つことを放棄しているのかもしれない。
ということに気付いて以来、なんとなく反省する日々を送っています。

夢は、きっと自分が思い描く理想形なのだから、
やっぱりちゃんと夢を抱いてずっと追い求めていたいなあと思い直しました。
非現実で叶わぬものかどうかはそのうち判る。でも今ではないのです。
夢を追い続け、少しずつ爺さんになっていって、熱い番茶をもらいながら息子の嫁ヒデコさんに
「僕の夢」と題してその概要、進捗状況、今後の計画を発表する。パワポ使用可。
そしてヒデコさんが本心はともあれ「ステキですねぇ☆」と言ってくれるのを聞いて
「こんな話を聞いてくれるのはヒデコさんだけじゃよ、ハハハ」と
嬉しさと恥ずかしさと年寄り独特の郷愁の入り混じった微笑を浮かべ、
しかしその瞳には若かりし頃と変わらぬ光が宿っている。



ともあれこうと決まったからには夢をちゃんと抱かねばならない。
今の自分にはこれといった夢がないので、まずは夢探しから始めようと思います。




そう言えば昨日は高校陸上部の後輩と久々に会いました。
3,4年ぶりなのに何だかそんな感じがしないねと言って盛り上がって、
お茶だけの予定が夕食までご一緒してしまった。いやー楽しかったなぁ。
Iちゃんは卒論提出まで残りわずか頑張ってほしい。キミなら絶対にできる!
Kは老後どうにか富山に帰れるような計画を練ってほしい!練れたら教えてほしい。
高校で共に汗を流した仲間と再会したことで、
あの頃は本当によく頑張っていたなぁと思い出がよみがえりました。
まだまだ自分は頑張れる。頑張ろう。そう思いを新たにする土曜の午後でした。



歴史筋トレは今月の残り1392回。
1392年は
・室町時代。将軍は足利義満
・南北朝の合体(分立は1336年)
・李氏朝鮮の誕生
[PR]
by kan-net | 2008-01-13 18:50 | 暮らし
だんねん2
結局間に合わず、今回も学会の応募を断念しました。
力及ばず。

次こそは次こそはといって結果を出せない日々。
フラストレーションが溜まるし自信をなくしかけるけど、
あんまり挫けてると奴らの思う壺なので
しっかりとこれまでの悪いところを改善して、
次こそは必ず結果を。
[PR]
by kan-net | 2008-01-12 00:11 | 学業
ああ勘違い
6時間くらいかけてやっと少し結果の形が見えてきたと思ったら
最初のほうで勘違いしていたことが判明しました。
今から全部やりなおし。あーあ。

でも勘違いだったとはいえ、作業している間にいろいろ考えが深まったので
まだ良かったです。勘違いしてなければもっと良かったに違いありませんが。

さあもう一度。今度はできるだけ勘違いしないよう気をつけよう。
[PR]
by kan-net | 2008-01-11 04:52 | 学業
新年、気持ちを新たに
あんまり新たになりませんでした。

昨年末から研究が行き詰っていて、この1ヶ月間ほどはほとんど何も進まず、
1月11日締め切りのJCAを諦めようと思い、でもそんな自分に嫌気が差して、
やっぱりちゃんと研究したいし、卒論を頑張れなかったぶんも取り戻したいので、
どうしたらいいか自分なりに考え、これは新年早々から怒られる覚悟をしてしまおう、と、
先生に研究への取り組み方についてご指南をお願いした。
超初心者ということで学部生のようにわかり易いテーマをつけてもらったり、
あるいはとりあえず実験を始めることになったりしやしないかという期待だった。
少なくともここ最近の行き詰まり感をどうにかして払拭したかった。

のだけど入室した直後から先生には研究内容についてのご指導をいただき、
行き詰っていた原因をスッパリ取り除かれてしまった。
行き詰まりは単なる勘違いから来ていたらしいことがわかった。


先生「ほら、簡単でしょ。すぐ答え出せるでしょ。」

自分「はい、簡単です。すぐ答え出せます。」



先生のおかげで行き詰まりからはアッサリ逃れることが出来た。
そして僕の眼前には再びJCAの締め切りが姿を現した。しかもすぐ近くに。


今日の話し合いで確かに行き詰まりからは逃れることが出来たけど、
卒論のことまで思い出しつつ面談してもらったのに矛先でチョィっと繰られた気がして
なんだか呆気にとられてしまい、
こんなので今後やって行けるのか、またこの先も同じように行き詰ってはチョィされるのでは、
というそこはかとない不安感を胸に抱きつつ、今僕は研究室にいます。
何がどうあれやはり一度掲げた目標を簡単に諦めるのはしゃくだ。男がすたる。
たとえ今の自分がチョィされただけの存在だとしてもとにかく今持ちうる力を最大限に注いで
金曜日の夕方5時のJCA応募締め切りに間に合わせることを目指します。
[PR]
by kan-net | 2008-01-08 05:05 | 学業
東京に戻ってきました
東京に戻ってきました。
明日から講義も始まるようです。たぶん。
まだちょっとうかうかしているので、少し気を引き締めんといかん。


東京に戻ってきたのを実感した出来事は、
今日の夜に自転車で王子駅周辺を通過したとき。
何かのキャンペーンのために動員されたウサギちゃんマスコットが、
仲間もなし、音楽もなし、さらに発声もまったくなしで、
完全に単独・無言でアピール活動を展開していました。
信号待ちの間その姿をしばらく観察していたのですが、
本当に何のキャンペーンだかわからない。
ウサギちゃん側からも何を伝えようという気配は全く感じられず、
ただ若干けだるそうにあっちへこっちへボテボテ歩いている。
たまに口に両手を当てて、うふふふみたいなアクションをしている。
なぜだろう。彼もしくは彼女は何をしたいんだろう。普通ならキャンペーン仲間がいて然るべきではないか。仲間はいったいどこへ―
思いをめぐらせているうちに信号が青に変わってしまい、
結局ウサギちゃんの真意を汲み取れぬまま僕はその場を離れました。
本当に、東京は何があるかわからんな、と思いました。


昨日から筋トレを再開しました。気持ちばかりのメニューですが。
2008年にちなんで腹筋・背筋・腕立て伏せを毎月2008回ずつできたらと思っています。
という目標は今決めたので、今月残りがんばらんと。
残り1908回。ちなみに1908年は
・明治41年
・第一次西園寺公望内閣、第二次桂太郎内閣
・戊辰詔書
・赤旗事件
・ブラジル移民開始
・味の素創製さる
・青年トルコ革命
歴史をほとんど忘れてしまっている自分に気付きました。
[PR]
by kan-net | 2008-01-06 20:08 | 暮らし
寝正月
久々に実家に帰ると親が食事やら洗濯やらあれこれいろいろ世話してくれるので、
あまりにも極楽。完全に寝正月です。
しかしずっと寝てばかりいるのは東京生活での習慣もあって非常に落ち着かず、
持ち帰ってきた教科書やら論文やらを眺めてみたりしています。

1月11日に応募締め切りのJCAには間に合いそうになく、
いったい自分は本当に研究をしているのだろうかという思いに悩まされます。
実際、就職活動やクラブ活動、サークル、読書、などなどにうつつを抜かして
単純に研究してないのかも。
あとやるべきことが明確になっていないのも研究の進展を妨げている。
そんなことはとっくの昔に気付いてはいたんだけども。



今年は結果を出せる男になるというのが目標です。
そのためには、
・現状を潔く受け入れ、やるべきことをやる。
・中途半端なレベルで自分を甘やかすのはやめる。
「できる-できない」はともかく、「する-しない」の問題は怠けずに向き合って、
来年の正月はもっと安らかな寝正月にしたいと思っています。
[PR]
by kan-net | 2008-01-03 15:22 | 暮らし
2008年 あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
今年が多くの人にとって良き年になりますように。
今年もよろしくお願いいたします。



年末年始は実家に帰省しています。
姉と兄が帰省していないので今年は家族3人。
正月に家族全員が揃っていないのは異例の事態ですが、
そんな年もあるのだ、と気持ちを静め、
すでに例年通りの寝正月を過ごしています。

初夢は、何か見ましたが、忘れてしまいました。
目覚めた瞬間にそれが「一鷹 二富士 三茄子」だったかどうかだけ瞬時に確認しましたが
そうではなかったらしいことが頭の中ではっきりしたので、安心して二度寝しました。
二度寝で見た夢も「一鷹…」ではありませんでした。

久々に故郷へ帰省したということで地元の新聞を読んでいると、
今年は県内の高校からプロ野球選手が二人出ること、
立山黒部アルペンルートが文化財として学会に紹介されること、
室堂のあたりまで光通信を整備しようという案が今後協議されること、
などがわかり、地元新聞の溢れんばかりの富山愛を感じました。
こうすることで知らず知らずのうちに読者にも富山愛が育っていくのでしょう。

ただ、鹿島の柳沢、7年ほど前に磐田に入った西野、5年ほど前に中日にいった櫻井、
などについての記述がほとんど全くなく、
西野と櫻井については今やどこで何をしているかもわからない始末。
一時ずいぶん持ち上げたのだから、引き続き少しは応援してあげてほしいものです。
たとえばカターレ富山や富山サンダーバーズで引き取ってあげたらどうか、
などと、たまにしか帰省しないくせにそんなことを考えています。


ともあれ今日から2008年が始まり、
ある人は温暖化防止の期間に入ったといって鼻息荒く、
ある人は新春大バーゲンが始まったといって鼻息荒くなっているわけですが、
僕はといえば今年の366日間、世界が平和で多くの人が幸せになれることを願いつつ、
寝正月を満喫しています。
[PR]
by kan-net | 2008-01-02 01:42 | 暮らし