<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
24分の1
あーー。

ちょっと油断しとるあいだに

大学院生活の24分の1が終わってしもたー。

あーーーっ。



ところで修論の先生決めは難航していてまだ先延ばしされています。
私の運命はどうなってしまうのでしょうか。
[PR]
by kan-net | 2007-04-30 12:09 | 学業
天罰?
モテ期とか書いた4時間後くらいから激しい腹痛に見舞われて
嘔吐と高熱に苦しみました。

おかげさまでもう回復しましたが。



ちょっと調子に乗ったことを書いた罰が下ったのかなという気がします。



ごめんちゃい。
[PR]
by kan-net | 2007-04-29 22:35 | 暮らし
モテ期到来の予感。
研究室でTルミさんと話していたら、
「Kanは海外の女の子達の間で人気だった」(ユースフォーラムのとき)
という情報をゲットいたしました。

そういえばベトナムでもバイクの間をすり抜けながらAっこがKittyか誰かに
「この3人の中で誰が一番ベトナムでモテるか」
と聞いたときにも「Kan」と言ってもらえたような気がします。



おっなんだこれは。もしや…



「モテ期」到来!?



うおーすげー!自分にはもう二度と(一度も)こないと思ってたー!!てか言葉が古い!!


…まぁそう思いを寄せてくれてる(寄せているのか?)女の子が
みんな海外の人ばっかりなんですけどね。でも良いんじゃないでしょうか。
この波をうまく引き寄せてモノにしていけば、何か起きないこともないかも!?
[PR]
by kan-net | 2007-04-27 03:06 | 暮らし
修論指導の先生を選ぶ戦略
修論指導をお願いする先生を、今日の夕方までに決めなくてはならない。

12人の学生に対して12の枠。
学生同士で希望が競合することも大いにあるが、
学生だけで何とかして決めることになっている。

決定に向けて僕達がとる手順は以下。

1.全員が第1希望~第3希望を書く。
2.全員が第3希望以内に入るパターンを全て列挙。
3.全パターンのうちどれが良いかを投票して決定。

去年の卒論の時に作った手順を今回も適用することになった。
なかなか良い手順だと思う。パターンが多すぎると困るけど。

しかしこの手順の裏側には「第3希望までに入れば良い」という前提がある。
もちろんそれはそうなのだけど、
これだと第1希望と第3希望の差に関して誰もが同じ意識であるということになる。
つまり、「第3希望までなら本当に誰でも良い」という人と、
「本当は第2希望までしか嫌だ(けど第3希望も書かなくちゃいけないから…)」という人の、
その順位付け意識の違いは無視されてしまう。

だから「本当は第2希望までしか嫌だ」という人は、
第3希望の記入にとても慎重にならなくてはならない。
うかつに手を出すとそのくじを引いてしまうかもしれないからだ。
こんな場合は、第3希望は少しでも人気の集中している先生を記入するべきである。
そうすれば第3希望が蹴られて、第1希望か第2希望が残る確率が高いからである。たぶん。
(第1希望も第2希望も人気の高い先生の場合はその限りではないけれども。)



…なんてうだうだと書いたけど、とにかく今日の夕方までに希望を決めなくてはならんのだ。
こんなこと書いてないで、早くいろんな先生のところに行って話を聞いてみなくっちゃ!
そして納得の希望票を出すのだー。
[PR]
by kan-net | 2007-04-26 09:56 | 学業
あめときどきやむ
フジテレビの朝3時58分の天気予報によると、
神奈川県の今日の天気は

あめ ときどき やむ

だそうです。



「やむ」!?



そしてどうなる!?





きっと

「そしてまたふる。」

やな。
[PR]
by kan-net | 2007-04-25 04:11 | 何気ない
さようならサミット
サミットの開催地が洞爺湖になったらしいですね。
まぁ北海道だろうという噂は耳にしていたので、特段驚きはしなかったけども。
サミットにくっついてイベントをするとかっていう話も一時はあったけど
いよいよその可能性がなくなったなぁ。と思ってニュースを受け止めたのでした。


ところで。

最近は勉強をしたいと思っているのだけど、
探している土木学会の論文集が研究科の図書館になくて愕然としました。
それでも社会基盤かよー。
今後のことも考え、しょうがないから自分で土木学会に入会しようかーと思って調べたら、
論文集をかなり安く販売していて入会しなくても良いんじゃないかと。
でも編集委員のH田先生曰く、論文集は赤字だそうで…もうちょっと高くしても良いのに。。


ところで。

最近我が家のスペースが大きく増えたのを契機に
ちょっと大掃除と模様替えをしようかと思ってます。
しかし…2年あまり住んでるといろいろと溜まってるもんですなー。
こんなものがこんな場所にあるとはー、という発見の連続で、
あまり手を動かさないままちょっと面倒くさくなってしまっています。
でもそろそろ友人がまたウチに遊びに来ると言ってくれているので
今のうちにやっちゃおうと思います。がんばるぞー。


うわぁなんて適当な日記なんだろうこれ笑
[PR]
by kan-net | 2007-04-24 07:44 | 暮らし
「彼」と「彼女」
一昨日?の読売新聞に載っていたコラムで、
日本人が英語の「he(彼)」と「she(彼女)」をよく言い間違える、とあった。

たしかに!

僕も間違えたことがあります。たぶん。

コラムによると、アメリカ人なんかは絶対に間違えることがないそうで、
その原因を考えるにアメリカでは常に男女がお互いを異性として意識しており、
日本社会はそういった意識が薄いのでよく間違えるのだろう、とのこと。

まじかー。

でも…

そんなこと言われても、それは英語だからのような気がするし(日本語なら間違えない)、
むしろ「アメリカでは常に男女がお互いを異性として意識」とか…そんなん嫌やし笑



ところで友人が今日、とある先生の恋愛談について面白そうに話してくれましたが、
たしかにとても面白かったのですが、先生の名誉を守る必要はないのだろうかと
少し気になりました。きっと必要ないのだろうが。
[PR]
by kan-net | 2007-04-18 04:18 | 何気ない
総裁との記念ショット
先週の水曜日にADB総裁と会ったときの写真を手に入れました。

この写真を撮ってくれたのは、ADB日本代表理事。
このカメラは、ADBのOBの携帯電話。
e0001193_18334580.jpg

[PR]
by kan-net | 2007-04-17 18:35 | サークル
駒場でしゃべる
駒場の講義にて10分ほど話してきました。

国際プロジェクトコースを宣伝する講義で、
コースの先生がオムニバスで自分の研究の話をするのだけど、
今回はその講義の初回ということでコース自体の紹介がありました。
僕は今回その紹介の中で、コース学生の様子を紹介するという目的で
先生に呼んでいただいて話をしてきました。

ただ、もともと15分間くらいの時間を与えられていたはずが、
先生からバトンタッチを受けたときには既に残り時間10分を切っていてちょっと焦りました。
とは言えもとからあんまり長く話そうと思っていなかったので、ツカミをよくするためにも
「みなさん早く食事に行きたいでしょうから早めに終わります」
と言って始めたのにもかかわらず、
話し始めたら余計なことも話してしまって10分くらいかかってしまい、
講義時間を若干オーバーしてしまいました…。

大失敗やー。

先生に付き添って5月にはまた駒場に行ってコースの宣伝をする予定です。
そのときにはちゃんとその場の適切な時間で話せるようにしたいと思います。
[PR]
by kan-net | 2007-04-16 10:40 | 学業
ガリヴァー旅行記
本を読み慣れていない私ですが
時間をじっくりじっくりかけて
「ガリヴァー旅行記」
を読んでみました。

小人の国、巨人の国、空飛ぶ島国、不死身の人がいる国、馬が人を支配する国。

いやぁおもしろかった。そんでまた考えさすなぁと思った。
空飛ぶ島国ラピュータの人々の描写には衝撃を覚えた。

ラピュータの国王が地上の人々に制裁を加えるときの「いかずち」は、
「旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火」でも、
「ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えている」ものでもなくて、
「島そのものを彼らの頭上めがけて降下させる」のだそうです…。


さてー次は何を読むかな。
[PR]
by kan-net | 2007-04-15 20:59 | 読書