<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
感動の再会
今日、ADYFの研究会にMサヨが来てくれた!!!

イギリスの大学院に留学中なんだけど、
今は就職活動のために日本に帰国中。
しばらくは日本にいるらしい。

久々の再会に感動。

Mさよは前から目ヂカラがあるタイプ。
今日会って、ますますその威力が増しているような気がした。
きっとイギリスで眼科の名医にかかったんだ。

あんな頑張ってる人を目の前にすると、
自分もちゃんと頑張らないとって心を改める。
最近なんだか頑張れない自分がいるからなおさら。。。
ちょっと気が引き締まった。と思う。


もうしばらくは日本にいるらしい。
今日はあんまり話せなかったから、また今度、機会を見つけて
イギリスの話とかいろいろ聞かせてもらいたいと思う。



なお一緒にパフォーマンスしてくれる人は随時募集中です。
[PR]
by kan-net | 2006-06-28 23:50 | サークル
ぱふぉーまー
さっきテレビを見ていたら
エアボーカルというのをやっていた。

とても面白かったです。


ぜひ皆さんも見てもらいたいですね。

As Long As You Love Me

ひひ。

nintendo themes, a cappella (redefined)

ふは。


もう、なんというか、全世界共通だよねこのエンターテイメント性は。
こーゆーのじゃなくていいけど、
自分も何かパフォーマンスを身につけたいと思いました。


そーいやこないだも原宿いったとき不思議なパフォーマンスしてる人いたなぁ。
あーゆーのはちょっと違う気がしたけど。




んー。楽しい。


誰か一緒になんかしない?
[PR]
by kan-net | 2006-06-27 23:25 | 何気ない
お菓子にもいろいろある。
e0001193_1303532.jpg新潟ぬれおかき

なんとなく、おいしいのかもしれない、いつか食べてみたい、と。
前々から気になっていたお菓子。
で、今日お店に入ったときに、思い切って買ってみたのです。


感想。



いや、まぁ、ね。
僕の感想よりも、製品HPの感想を参照しましょう。


「お客様の声」(ホームページより。)
・ちょっとお餅っぽいところが今までにない食感でよかったです。
・もちもち感があり、しっとりしていて食感としてはグミを思わせるような、新しいおせんべいという感じ。
・しっとりともちっとした食感はパリッとしたせんべいしか知らなかった私には少し衝撃的でした。
・もっちりとして、中まで味がしみていて、初めて食べる食感に驚いた。





あってると思います。みんな良いこと言うなぁ。



食べてみたい人は言ってください。あまってます。



重要だと思うのは、誰も「おいしい」とは言ってないこと。
[PR]
by kan-net | 2006-06-25 21:50 | 暮らし
Asean Sports Festival 2006
ADYFのメンバーということで、ベトナム人留学生団体VYSAが主催の
Asean Sports Festival 2006に参加してみました。

大会の司会進行を任せられていたんだけど、
もう、最初っから、ぜんっぜん話を聞いていない連中が多くて

「んーどうした、様子がおかしいじゃないか」

と思っていたんだけど。
バスケットボールの一試合目を見た瞬間にいろいろ判明した。

うん、こいつらマジだ。

フレンドシップなんて、やつらに言っても意味がない
いかにして他国の連中に勝つか。それが全て。
ラフプレー上等。力づくで敵に襲い掛かる。そして審判にも噛み付く

・・・。

きっとほんわか楽しい大会になるんだろうと勝手に思って
ADYFもバスケットにエントリーしてたんだけど…
一瞬にして試合に出たくなくなりました。
本気でストレッチして臨みました。


けっか。


4戦3敗1分け。


日本サッカーかよ!


でもまぁ最後の試合が引き分けで、いい試合だったと思うので、
終わりよければ全てよし。楽しかったです。
一緒に戦ったMる、Kーせー、Gっきー、Kょろ、Aっこ。おつかれっす!


まぁ、それにしても、もっとフレンドシップ大切にしたほうがいいと思うよ、みんな。
[PR]
by kan-net | 2006-06-17 09:00 | サークル
とりあえず、なんかする。
「やりたいこと」「すべきこと」があるときに
できるわけがないとか、しんどいとか、
思ってどうも手が動かなくなっちゃうことがあります。
そんなときには「そもそも何で?別によくない?」とかいって
投げ出したくなるようなことだってもちろんあるわけです。

そこで、じゃあ投げ出すのか否か。
この分岐点ってけっこう人によってハッキリ決まってる人が多いと思う。
・ゆうても絶対に投げ出さない人
・本当に投げ出す人

投げ出さないのも強さ。投げ出すのも強さ。


まぁ僕自身について言えば、確実に前者。
ゆうても絶対に投げ出さないタイプ。もう、理由どうこう言うレベルじゃなく。

そんな私へ贈る言葉。


とりあえず、なんかやんなさい。どうせ投げ出さないんだから。
そんな躊躇して溜めてたら、むしろ後から苦しむことになっちゃうんじゃないの。
いくらタイヘンだとか言っても、どうせそのうちやることになるんだから。
それに何かしてみたら意外とほいほい進むかもしれないし。
本当に本気で望めば不可能なことなんて思ったほどないよきっと。
ただ、気持ち中途半端なんならやめて他のことしたほうがいい。


しんぷる。

いやぁ、自分自身、最近よく手を止めてしまっている気がするのでね。
よく「あーもーだめだぁ」とか言ってるのでね。
そんなわけでこの記事を書いたわけです。

ま、とりあえず、なんかしてみようか。 って。

一日一善。
一日一前進。
[PR]
by kan-net | 2006-06-15 04:36 | 何気ない
一周年です。
いやー一周年の瞬間にブログを更新しそびれたので
きっと祝辞を寄せようと思っていたのに困った人が2人くらいはいる。

寄せてくれて構わないですよ、今からでも。



ちょうど一周年のときは、合宿に行っておりました。ADYF合宿。
とても楽しかったです。
何がって、

・だるまさんがころんだ
・飲み会

いやー、最高だった。
特に飲み会の会場に突如として現れたランパード
彼のスピード感には誰も立ち向かえませんでしたね。

とにかく、愉快な仲間たちと出会い、とても楽しい時間を過ごすことができたこと。
これが合宿の全てだったわけで。
だから、もう、大成功の合宿だったといえるんじゃないかな。


一年前のブログを見ると、ADYFに入ったばかりで、
とてもアグレッシブな記事とか書いてるわけだけど、
あの時とはまた少し違った感じで熱い気持ちが持続しているのを感じる。

さて、これからさらに1年たったらどんな記事を書いているんでしょうか?
あれまだADYFやってるのかな?

・・・

やってると思う(笑)


写真は愛すべきランパード
e0001193_163882.jpg

[PR]
by kan-net | 2006-06-13 01:05 | 何気ない
うーんへこむ。
最近ちゃんとすべきこともできないし、
それに臨む態度も良くないような気がしていたけど。。


ついに今日ちょっとダメ出しされて。



へこっ



っと凹んでしまいました。


・・・


うん、さっそく取り直していこう。


いろいろ再生していくに当たって、まず
休みの取り方を工夫していきたいところですね。
健康な心は健康な体から。体作りやね。

今日は2時までには寝よう。



ところで今日、自転車をこいでいたらカラスに後頭部を足蹴されました。
車道で仲間のカラスが事故にあったみたいで、えらく怒っていたようです。
突然蹴られてちょっとムッとしましたが、
仲間を失ったカラス、そして事故にあったカラス自身のほうがずっとかわいそうな気がして、
複雑な心境に浸りながら全速力で駆け抜けたのでした。
[PR]
by kan-net | 2006-06-09 00:56 | 何気ない
もうすぐです。
もうすぐ一周年。その時がきたら祝ってください。
いちおう、まだ、と思っています。


さてこのブログの昔の記事を読んだ友人が、
「あのころと変わったよねー」って言ってくれました。

良い変化も悪い変化もあるのでしょう。
人に自分の変化とかを指摘されると、ハッとさせられます。

具体的に最もハッとさせられたのが↓


「以前のには若さがある。最近は疲れが…」


!!!



何はともあれ、こうやって僕の様子を見て見守ってくれている人に感謝です。



楽しい記事で一周年を迎えたいものですね。
[PR]
by kan-net | 2006-06-08 00:40 | 何気ない
三度目の京都出張も無事終わりました。
京都・大阪に行って帰ってきた感じです。

今回もまた疲れた。
しょうじきシンドイ。D本剛やわ。

でもまた信頼できる心強い仲間たちと出会って、
いよいよプロジェクトが一歩一歩進み始めました。

そろそろこの「プロジェクト」、ネタバレしてもいいころだと思ってるんだけど、
なにせ疲弊しているので説明するのが面倒くさい。
こんど書こう。きっと書こう。


ということでこの記事では今回の京都滞在での珍事をひとつ紹介しておきましょう。



なんとタクシーに乗りました。

ひとりで。

ミーティング、自分が代表として時間を設定しておきながら準備が間に合わなくて、
ものすごい急いで書類を作成して印刷して、
京都駅前のタクシー乗り場へ一目散にダッシュ。
目的地は地下鉄でも10分で行けるような場所ではあったんだけど、
電車待ちのリスク回避を優先させました。

タクシーなんて、日本で一人で乗ったことなんて初めて。
しかもあんな近い距離を。
ものすごい急ぎだったゆえの苦渋の選択ではあったんだけど、
乗ってしまえばどことなくブルジョア感に浸りながら、
外の風を感じていたのでした。

教訓:どうしてものときはタクシーは良いぞぉ
   早めに準備しましょう。計画的に。タクシーの利用は最終手段。


ちなみに今回は、初めて文化財視察率ゼロでした。しょぼーん。

一回目・・・清水寺
二回目・・・八坂神社
三回目・・・なし
[PR]
by kan-net | 2006-06-06 01:12 | サークル