<   2005年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
年越しタイ第4日目(2005年12月31日)
2005年最後の一日の過ごし方。

朝起きてロットゥー(乗り合いのバン)でバンコク入り。
バンコク有数の規模の市場「ウィークエンド・マーケット」へ。
そっち行きBTSに乗ってる人の9割はこれ目当てやったほど。
大賑わい。

ちょっとエスニックな笛2本、30B。
きらびやかな財布2つ、40B。
黒光りする象と亀の置物3つ、40B。
安物をさらに値切る緊張感、プライスレス。


e0001193_2355462.jpg市場を出てからはBTSでまた中心部へ移動、
3kmほど歩いてドゥシット動物園へ。猿、鳥、カバ、虎、象、ダチョウ、などなど。
で普通は印象に残るのは象のはずが、
是非ご覧に入れたい画像はこちら→

大迫力でねだりすぎや。


動物園のあとは歩き続けて
旧国会議事堂
ラーマ5世騎馬像
ワットベンチャマボピット
ワットインドラウィハーン
ラーマ8世橋

ベンチャマからインドラに行く途中で国連ビルってやつの前を通ったら
まったく明かりのついている様子なく、
なぜかマネキンが正門を見張っていた。
センスを疑う。

ラーマ8世橋は美しい斜張橋だった。これは良い。
e0001193_1303311.jpg



フェリーで南下して、若者の町サイアムをちょっと見て、
BTSでプロンポンに移動、タイスキを食す。
年越し蕎麦の代わりにグリーン麺を投入したところ、まぁまぁおいしかった。

そしてホテルに向かう道の途中で日本語の古本屋を発見。
ここで2005年最後の買い物。
購入したのは「大人のためのグリム童話」。
というのも帯に惹かれたので。

  大人のためであれ子供のためであれ、(省略)
  ひとは童話から多くを学ぶことができますが、
  その最大の収穫は「諦め」を知ることです。(後略)


年越しの瞬間、多くの場所で一斉に花火が上がり、夜空を明るく照らした。
とても美しい花火。すばらしい年越しだった。
[PR]
by kan-net | 2005-12-31 00:00 |
年越しタイ第2,3日目(2005年12月29,30日)
ホアヒンビーチ一泊二日の旅。
リゾートってやつだね。

ここでは大学で日本語を学習しているモンさんに案内してもらった。
まだ大学二年生だというのにしっかり日本語を話す。すごい。
そして一緒に案内してくれた兄さんも日本の知識豊富。なぜだろう。
とても素敵な兄妹だった。とてもお世話になった。

29日、到着したところに兄妹が迎えに来てくれて、
地元の人しか行かないようなおいしい店で昼食を摂った後は
古い駅舎を見て、海を臨む宮殿を見て、ビーチでちょっとくつろいだ。
この宮殿、「マルカタイヤワン宮殿」、これが本当に素敵だった。
あんなところに住もうものなら毎日ゲストを招いて自慢するしかない。
広い海を独り占めするかのようなロケーションはまさに贅沢そのもの。
夜は市場に行って露店で夕食を摂った。

e0001193_2357227.jpg30日、朝からビーチに繰り出して遊ぶ。
ダイブ。頭からダイブ。
海水がもっと綺麗だったらもっと良かったんだけど、
そんなの気にせずとりあえずダイブしてきた。
やっぱリゾートに来たらこれくらいはせにゃ。
んでくたくたに疲れた後でおいしい生ハムの店で昼食を摂り、ホアヒンを発った。


かなり良かった。ホアヒン。えんじょい。
ちょっと日焼けしたかな。あんまりわからんけど。
前もって購入していたサングラスは持って行ったけど、
裸眼視力の弱い僕には利用意欲があまり沸かなくて、
しかもビーチでゆったりする時間もかなり短かったので
ほとんどかけなかったというオチ。あーあ。

いやー良かった。また行きたいな。

街中を歩く欧米人の多さにはちょっとガッカリだったが。
ビーチを埋め尽くす欧米人の多さにはけっこうガッカリだったが。
なぜかギプスや松葉杖など大怪我の欧米人の多さにはかなりションボリだったが。

うん、ホアヒン、すばらしかった。
これからタイを訪れる人はオススメのスポットです!
[PR]
by kan-net | 2005-12-30 00:00 |
年越しタイ第1日目(2005年12月28日)
昨夜からタイ入りしてるとは言え実質的に今日が初日。
そんな初日はさっそくバンコクに行って歩き回ってきた。


午前10時ごろにバンコクに着いて、兼ねてから見たかったチャオプラヤー川に対面。
いやー汚かった。濁度高すぎ。
そんでまた波打ちすぎやし。緩勾配だけに。
でここには4種類くらいの水上交通手段があって、
そのうち「チャオプラヤー・エクスプレス・ボート」というのに乗ってみた。
風がすごく気持ちよかった。
e0001193_1552043.jpg


BTS(スカイトレイン)」という高架式鉄道に乗った。
揺れも小さくてかなり快適。1999年にできたんだって。

にもかかわらず街中の道はどこもかしこも渋滞。世界一の渋滞をここに見た。
うん、まぁBTSとか空いてたもん。
もっと公共交通使おうよ、みんな。排気ガスで臭かったよ。
そしてトゥクトゥクは「動くボトルネック」かもしれないと思った。
実は渋滞の多くがやつらの後ろに発生してるんじゃないか?

とまぁ交通の話なんてのは面白いから夢中で語りたくなるんだけど
(特にバイク王国ベトナムとの対比や、公共交通の面では他の先進国との比較とか)
ここでそんな本腰入れて考察加えるのは面倒くさいし
他にも書きたいことはあるから話題を変えよう。


苦労話。
タイでもっともご利益があるとされる祠、「エラワン・ブーム」に行ったので、
ここでお祈りをした。健康とか、学業の充実とか、ま、いろいろ。
年はまだ越してないからちょっと早いかなぁとは思ったけど、
越したら越してからまたお祈りすればいいやと気を取り直して。
このとき20Bで線香と蝋燭と花のセットを購入したんだけど、こいつが曲者だった。
強い風で線香の煙がまともに僕の方へ流れてきたのである。
風向きノーチェックだった自分が愚かだった。
線香をセットしちゃったからにはその場で蝋燭も取り付けたいと思って時間は長引く。
もう、最終的には目が痛くて痛くて。
あたかも何かとてつもなく悲しい思いを抱えて仏にすがりついた人かのように
今にも泣き出しそうに目を腫らしてお祈りをすることになったのだった。
いやー大変だったなぁ。

そういえばサングラスを買ってみた。
なんだか旅に出るたびに買ってるような気がするんだけど、こりずに。
今回のは今のノーマル眼鏡に似た形で、薄茶色が入ったやつ。
ちょっとね、これ、現代っぽいので初めてちゃんと似合うかもしれない。
(80年代サングラスが似合うのは既に確認済み。)
たぶん近々後悔するので公開するので講評いただきたい。


一日中歩いた感じだからちょっとくたびれたなぁ。暑いし。
と、そう思って夜空を見上げてみると、とてもきれいな星空が広がっていた。
あんなはっきりとオリオン座を見たのは初めてだったんじゃないかな。
なんとなく嬉しくなって、ちょっと疲れが抜けた気がした。


明日もまた楽しい一日になりますように。
[PR]
by kan-net | 2005-12-28 00:00 |
年越しタイ第0日目(2005年12月27日)
夏のベトナム旅行記録がとても遅くなってしまった反省を踏まえ、
今回はネット環境が良いこともあり、
記録を書けるときには随時書いていくことにしようと思う。

ということで。

==============================
第0日目。移動日。

午前中でやり残した用事をパパパっと済ませて13時半ごろに家を出た。
今年三度目(!)の海外進出だけど、直前まで準備に余裕がないのは相変わらず。
年末の出国ラッシュにつかまるかと心配してたけど
思ってたよりもずっと空いてたなぁ。よかった。

機内ではひたすら睡眠。あとは「地球の歩き方」を読んで過ごした。
到着してからわかったことだけど、機内でマリオができたらしい。
…なんてこった!!
いくら糾弾されても仕方ないミスや。我ながら愚かすぎる。
せめて、ボケーっと右斜め前方の席の映画を盗み見てる時間くらいマリオるべきだった。

姉が空港まで迎えに来てくれて、タクシーで移動。
あの、高速道路で、車線なんて気にせずぶっぱなす感じが好きだな。

で。
到着して早々、本日最大のミラクルが起きた。
降車してしばらく歩いてから、
トランクに大きい荷物を預けたままであることに気付いたのである。
気付いた瞬間、身を翻して約30m猛ダッシュ
幸いタクシーはまだ止まっていたので無事に荷物を確保することができた。

いやー焦った。
まぁそこに入ってたのは洋服くらいだから失くしてもなんとかなったんだけど、
盗まれるわけでもなく、自ら荷物を置いて立ち去るなどどいう珍事を
旅行初日にして起こそうとしていたわけでしょう。
うーんこの先どんなことが起きてもおかしくないような気がするなぁ。

というわけで、年越しタイ旅行の第0日目は
今後に大いなる期待を抱かせて、終しまい。
明日からまたどんなイベントが待っているんだろう?
楽しみだなぁ。あんまり危ないのは好みませぬ。

また時間があれば随時更新していきまふ。
ではまた~。
[PR]
by kan-net | 2005-12-27 00:00 |
エスケープ前日
今年中に出さなくてはならないレポートを昨夜なんとか終えて、
今日は年末大掃除に取り掛かっている。
大掃除は今日でケリをつけねばならない。
絶対に。

と言うのも。


明日以降しばらく俗世からエスケープするのです。


e0001193_13355920.gifタイに行ってきます。

それに向けて今せかせか掃除中。
まだ出国の準備は全くしてないんだけど。
(親の脛をかじって航空券は手配済み。ありがとう。)


向こうに行ってからもネットは可能だけど、
ファイルとかは全部残していくので
何か年内で用事のある人は今のうちに連絡くださると助かります。
あと年始もしばらくはバカンスなので
年賀状とかくださっても返事は遅くなります。
ご了承ください。
[PR]
by kan-net | 2005-12-26 13:31 | 暮らし
クリスマスパーティー
親戚のK島家で開催されたクリスマスパーティーに招いていただいたので
迷うことなく参加してきた!
(去年のイブは実家に向かう高速バスで過ごしたことから比べると大いなる進歩である。)

一家・親戚みんなでのクリスマス。
CぃたんとKズくんが相変わらず元気にはしゃいでて、
さらに盛大なディナーが用意されていたからもう素晴らしかった。
It's a Sweet Christmas やな。

ちなみにディナーでターキーをいただいた。
あんなにすごいターキー、初めて食べた。
すごいわ。
見た目の威力だけでなく、実力も伴っている。
来年クリスマスパーティーを開催する予定のある人は
ぜひともターキーを用意することをお奨めする。


んで。
僕はもうかなり無防備に、招かれるまま着の身着のままで行ったのだけど、
それがちょっとナイ行為であったことに気付くまでには
さほどの時間を要しなかった。

そりゃそうだ。
クリスマスだもの。
CぃちゃんKズくんという天使がいるんだもの。
クリスマスプレゼントのひとつやふたつ。
用意して当然じゃないかっっ!!!

それをなんだ!
僕は手ぶらで行ったどころか!
逆に!!
プレゼントをもらってしまったではないか!!!

どーん。

もっとも、最近だった誕生日に絡めての贈り物、ということだけども、
ちょっとなかったなぁと。。。
悔やんでも悔やみきれませんっ

でもまぁそんなことは今さら言っても仕方のないこと。
天使たちとはいっしょに遊んであげたし、
それこそ、ほら、若気の至りってやつですよ。
至っちゃったんだな、さっそく。
うん、しかたがない。



猛省。
今後もっとちゃんと気の利く男になりやす。


とりあえずクリスマスパーティーに誘ってくださり
すごく楽しく充実した夜をすごさせてくださったみなさんに感謝☆
メリークリスマス!!でした!!
[PR]
by kan-net | 2005-12-24 17:00 | 何気ない
つたや合宿
22日から23日にかけてADYFのメンバーで合宿に行ってきた。
と言っても東大本郷キャンパスから徒歩5分のところにある旅館。
(なお実はこの旅館、僕が大学受験のときにも利用していた思い出深き旅館です。)

メンバーが今年を振り返っての正直な感想と来年への思いを語る。
そんな真剣な時間を1時間ほど持ちます、
と考えていたのだけど。

最初っから
最後まで

んなことできるわけねーーー

<敗因>
・最初から参加したメンバーが少なかった
・特に話し合いをする場に不可欠なメンツがなかなか揃わなかった
・なのに山DとKっきーが最初からいた
・しかも山DとKっきーが隣りあわせで座っていた


ということで、
2005年の反省をしっかりすることなく、
2006年の展望をしっかり語ることなく、
年内活動は終わってしまった。

あれーーー。


まぁ何人かと個人的に話すことはできたので
それでそれなりにヨシとしよう。

なにより、楽しかったから良かったんじゃないかな。この合宿。
やっぱり楽しむことが基本だからね。



2006年もみんなとともに真剣に考え、激しく飲み、愉快に歌って、
共に成長していきたいと思う。
とりあえず今年はお疲れ様、来年もまたよろしく。だね。
[PR]
by kan-net | 2005-12-23 00:00 | サークル
喜びつつ動揺するモグリ
JVFnetが主催するフリートークイベントに行ってきた。
テーマは「日本人から見たベトナム」で、ADYFに与えられた30分の間に
・○が「学生団体ADYFの紹介」
・Aっこが「SC2005の概要と機関訪問の印象」
・ぼくが「ベトナムの交通」
のプレゼンテーションをした。

で。
僕のプレゼンが殊の外うけた。プレゼン終了後には
「我々はどうやってあなたの挙げた問題点を解決できるのだろうか?」
という熱い質問や
「ぜひ今後も研究を続けてベトナムの交通アドバイザーになってくれ」
という世辞、さらには
「とても興味深い。政府機関や新聞にあなたの記事を投稿させてくれ」
というぶっとんだ話まで飛び出してしまった。

最後の人にはアドレスを頂いて、すでにメールのやり取りもした。
折角だし今から追加で考えてグレードアップさせたものを出したいと思う。
なんせ僕がしたプレゼン、賞味二時間くらいしか考察してないんだもの。
以前大学の講義でプレゼンしたことを思い出してちょっとソレらしくしただけの
いわゆる「モグリ」だから。
まさかこんな反響を呼ぶことになろうとは...
名誉なことでうれしいけど、同時にちょっと動揺だな。

でもやっぱりうれしい!誇りじゃ!!
今かなり忙しい時期だけど頑張るぞー。
目指せベトナムお雇い外国人(笑)
[PR]
by kan-net | 2005-12-18 15:45 | サークル
21歳、若気の至り宣言!!
いつだって個人的なブログに
今日は最大限に個人的な記事を書くことにします。


12月14日、今日は僕の誕生日です。
21歳になりました。

各地の多くの方からお祝いの言葉を受けてとてもうれしいです。
みなさんありがとうございます。
こんなに祝ってくれる人がいるということに感激です。


誕生日。
プレゼントやメッセージをもらって熱烈に祝ってもらえる日。
とても嬉しく、気分も良い。
だけど同時に誕生日は、その日を迎えた僕自身が、
共に笑ったり泣いたり人生をより充実したものにしてくれている全ての人に対して
感謝の気持ちをより一層強める良い機会だと思う。
だから僕は言いたい。

ありがとう。


21歳のテーマ。は―――。
Sくん(24歳)から「落ち着きより、若さに期待」と言われました。
そのフレーズ気に入ってます。実は。「落ち着きより、若さ」。
ということで21歳はこれまでよりも若さを前面に打ち出していこうと思います。
落ち着きはオマケ程度に添えておきましょう。
Try and Error 上等!! 若気の至り 上等!!
みなさん、僕の態度に若さが不足してたら指摘してください。


何はともあれ僕の人生、いよいよ21歳の1年が始まりました。
この1年が良きものになりますように。
いやいや、
この1年、良きものにします!!
[PR]
by kan-net | 2005-12-14 16:55 | あいさつ
東京の冬
大学3年生の12月なのだから、
東京暮らしを初めて2年と半年以上が経過していることになる。
のだが。
どうもこの東京の冬は未だに掴めていない。

よく晴れる。本当によく晴れる。
だけどしっかり寒い。日差しに当たってもあんまり温かくなかったりする。
12月中旬頭で気温は最低2,3度で最高8,9度。
地元の富山は雪降りまくりの最低0度で最高4,5度らしいから
それに比べるとまだ温かいはずだ。もはやそんなに変わらんけど。

また東京の冬はなんせ乾燥している。
いつのまにか喉がからから。日本海側の富山にいた時は考えられないことだ。
東京には「保湿器」というものがあるらしい。富山には「除湿器」がある。

さらにこれは夏でも冬でも言えることだが、
東京は寒暖の差が激しい。建物の内外で。
東京は明らかにやりすぎている。特に冬場はひどい。
自転車通学の寒さ対策のため肌着から上着まで5枚ほど着て行っても、
講義室に入ったら2枚への減量が余儀なくされることすらある。
窓も閉め切っていて空気も悪くなるからもう本当ひどい。
冬なんだからさ、もっとこう、慢性的に寒くたって良いんじゃないか。と思う。


そんなわけで東京の冬には毎年ずいぶんと振り回されてしまうのだが
今年こそは敵をよく見て落ち着いて勝利を収めたい。
「どうせ室内は暑いし」ってあまり着込んでない時に強烈な冷え込みを経験した昨冬。
「寒くないの?」などという質問はあまりにも手痛かった。
本当に寒かった。。。寒かった。。。

あれから一年。
もう、負けるわけにはいかんのだ。

   東京の夜空に雪が舞った翌日、背中に太陽の光を感じながら。
[PR]
by kan-net | 2005-12-12 15:58 | 何気ない