カテゴリ:何気ない( 166 )
望んだ男の振り返り
11月14日16時~11月19日22時の結果発表。

関連: 2010年11月8日 望む男


食べもの
・くりごはん ← ◎
・茶碗蒸し ← ◎
・ほうれんそう胡麻和え ← ×
・きんぴらごぼう ← ◎
・納豆 ← △
・肉じゃが ← ×
・炊き込みご飯 ← ◎
・土瓶蒸し ← ×
・しゃぶしゃぶ ← ◎
・厚切りベーコン ← ◎
・あさりのワイン蒸し ← ◎
・クリームシチュー ← ×
・アスパラベーコン ← ×
・えのきベーコン ← ×
・豚汁 ← ×
・とんかつ ← ×
+春巻き

飲みもの
・日本酒 熱燗 ← ◎
・ボジョレーヌーボー ← ◎
・日本酒 熱燗 ← ◎
・プレミアムモルツ ← ◎
+梅酒

おつまみ
・さけとば ← ×
・えいひれ炙り ← ×
・茹でそらまめ ← ×
・味噌きゅうり ← ◎
・あたりめ ← ×

甘味
・干し柿 ← ×
・あわび餅 ← × ていうかわらび餅
・柏餅 ← ×
+柿

エンタメ
・美術館めぐり ← ×
・釣り ← ×
・能 ← ×
・歌舞伎 ← ×
・雅楽 ← ×
・オーケストラ ← ×
・紅葉狩り ← ◎
・くり拾い ← ○
・押し花 ← ×
・陶芸 ← ×
・渓流くだり ← △
・シュノーケル ← ×
・ミュージカル ← ×
・ジャズ ← △

買い物
・靴 ← ◎
・万年筆 ← ◎
・秋物の服 ← ◎
・鞄 ← ×
・スーツ ← ×

安らぎ
・温泉 ← ◎
・マッサージ ← ◎
・温泉 ← ◎
・露天風呂 ← ◎
・温泉 ← ◎
・和室 ← ◎

会合
・お誕生日会 ← ◎
・クリスマスパーティ ← ◎
・忘年会 ← ◎

その他
・散髪 ← ◎




うん、けっこうけっこう。

精神的にかなり追い詰められた状態での日本5日間だったけど、
たくさんの友人たちがいろんな形で僕をほぐしてくれました。
心から感謝。


---

日本との時差は7時間。
ちょっと夜更かししているだけなのに
日本はもうみんな朝の目覚めを迎えているのだと思うと
不思議な感じ。中東と日本って遠いんだね。
[PR]
by kan-net | 2010-11-25 07:50 | 何気ない
望む男
あと1週間。



食べもの
・くりごはん
・茶碗蒸し
・ほうれんそう胡麻和え
・きんぴらごぼう
・納豆
・肉じゃが
・炊き込みご飯
・土瓶蒸し
・しゃぶしゃぶ
・厚切りベーコン
・あさりのワイン蒸し
・クリームシチュー
・アスパラベーコン
・えのきベーコン
・豚汁
・とんかつ

飲みもの
・日本酒 熱燗
・ボジョレーヌーボー
・日本酒 熱燗
・プレミアムモルツ

おつまみ
・さけとば
・えいひれ炙り
・茹でそらまめ
・味噌きゅうり
・あたりめ

甘味
・干し柿
・あわび餅
・柏餅


エンタメ
・美術館めぐり
・釣り
・能
・歌舞伎
・雅楽
・オーケストラ
・紅葉狩り
・くり拾い
・押し花
・陶芸
・渓流くだり
・シュノーケル
・ミュージカル
・ジャズ

買い物
・靴
・万年筆
・秋物の服
・鞄
・スーツ

安らぎ
・温泉
・マッサージ
・温泉
・露天風呂
・温泉
・和室

会合
・お誕生日会
・クリスマスパーティ
・忘年会

その他
・散髪





なお

11月19日からの出張、
1ヶ月間の予定が延長されて
12月29日帰国の運びになりました。

したがって今年の日本滞在は残り9日間です。


ひいーー。



改めて

バカ問屋!! ヾ(T□T*)ノ彡



なによりの望み
・日本滞在
[PR]
by kan-net | 2010-11-08 04:15 | 何気ない
そうか問屋よ
あと14日間。


11月14日の帰国に向けて、あと14日間。2週間。
よし、あと残りわずか、精一杯がんばろう。



帰ったらみんな遊んでね☆




…という時間は実はあまりなく、
11月19日には次の国に発つことになりました。日本は5泊6日。


このところ間髪入れない出張が続き、
疲れやストレスが蓄積して自分が鈍化していくのを感じるので、
そろそろ富山に帰ったり旧友と飲み明かしたりして
エネルギーを貯めたいと思っていたのだけど。

そうは問屋は卸さないことにしたらしい。


って

この…このっ…このバカ問屋っ!!ヾ(。`Д´。)ノ彡




5泊6日だと活発に動きつつエネルギーを貯めるにはちょっと短いなぁ。
静かにエネルギー消費を抑えて次に備えるべきだろうか。



このさい温泉旅館に5泊6日してやろうかなんて考えてます。
そこに友達を順次招いて酒を酌み交わす。
時事問題を論じる。つもりはなかったのだが熱くなる。
昼間は紅葉の庭園を散策、ふきすさぶ秋の風、襟を立てて歩き去る私。
温泉で猿と晩酌、料亭の主人の包丁さばきに感嘆、
裏の酒蔵に案内されて秘蔵酒に舌鼓、
偶然居合わせた画家と意気投合、触発されて久方ぶりの写生に挑戦、
女将にまた来ますと約束。


あーこういうのが良い。かも。


とにかく鈍化だけは止めなくてはならない。
[PR]
by kan-net | 2010-10-31 21:01 | 何気ない
身体が二つになったら
全然仕事が間に合っていない。
ジャカルタの仕事はなんとか蹴りをつけたものの、
本命のカラチの仕事が間に合わない。
このまままた次の国へカラチの仕事を持っていくなんていやだー。。


と思うのは自然な成り行きあって、
その際に「ああ、身体が二つになったらなあ」と思うのも自然の成り行きです。


身体が二つになったら、
・あの仕事とこの仕事を手分けしてやろう
・仕事が片付いた方の身体から、久々にスポーツして身体を動かそう
・二つともの身体の仕事が片付いたら、その二つの身体同士でテニス対決をしよう
・テニスの前と後にはお互いにストレッチを手伝おう
・一緒にビリーズブートキャンプもしよう。人数が多い方が楽しいはずだ
・にらめっこ
・デュオ結成
・組み体操

夢は膨らむ。


でも身体が二つになったら、
・どうやって二つを同時に動かそう。同時に二つなんて難しそう。
・家族や友達もびっくりしてしまうだろうに。どうやって説明しよう。
・それに、身体一つに戻りたいと思った時に、ちゃんと戻れるだろうか?
・なによりここのホテルのこのセミダブルベッドじゃ狭い。その趣味はない。

なかなか難しそうだ。


さしあたり当面は身体一つで何とかがんばっていこう。
[PR]
by kan-net | 2010-10-23 03:43 | 何気ない
本領発揮する男
オシャレな男は
秋こそ本領発揮

組み合わせの自由度が高い分、秋のコーディネートは悩みがち。
トレンドをはじめ、押さえておきたいポイントは? 知恵袋.
秋のオシャレQ&A.
今シーズン、5つのポイント.
街のデキる男のセンスを盗め ...


(Yahoo!Japanのちょっと前の特集部分より)




あまりに隔絶された環境(カラチ)にいるもので、
こういう特集記事なんかを見ると、こう、もう、
堪えられんね。


しかし敢えてのツッコミ。


・秋こそ本領発揮
→あるのは雨季と乾季だけです。ずっと30度以上。

・組み合わせの自由度
→半そでワイシャツにチノパン。以上。

・秋のコーディネートは悩みがち。
→半そでワイシャツにチノパン。悩みません。

・トレンドをはじめ、押さえておきたいポイントは? 知恵袋.
→このところ市内の治安が急速に悪化しているので外出は控えましょう。特にLiyari川北部。

・秋のオシャレQ&A.
→Q. 衣服に油性マーカーで部屋番号を書き込んでいるのはオシャレですか?
→A. オシャレです。

・今シーズン、5つのポイント.
→SITE、Liyari、Orangi、Baldia、Malirは特に危険なので近寄らないようにしましょう。

・街のデキる男のセンスを盗め
→外出禁止のため街に出られません。



おそろしく治安が悪化している今日、生きて日本の土を踏みたいと願うばかりです。
日本ではニュースになっていないようだけど。
http://www.paktribune.com/news/index.shtml?232651




どうもこのところ卑屈になりがちでよくない。
そろそろハリキリ通信読者も待っているようだ。
[PR]
by kan-net | 2010-10-21 02:26 | 何気ない
気晴らし
そうか日本では明日は祝日なのか。

ん?ついこの前も祝日があったばかりじゃないか、9月20日と23日。
本当、日本って祝日の多い国です。



昨晩見た夢の中で、交差点解析が展開されていました。
寝ても醒めても仕事というのはまったく精神衛生上よくなくて、
しかし気晴らしに散歩と思っても徒歩外出は危険。
せめてダラダラと読書して気分転換したいのだが、
仕事がてんこ盛りなので好きなだけ読むというわけにもいかず
けっきょく酒を飲みながらパソコンに向かっている日曜日の夜。



-----

おもむろに修善寺の写真で気を紛らわすことにした。



独鈷の湯(足湯)とその周り。

e0001193_0405588.jpg




修善寺。

e0001193_0412662.jpg




修善寺の主。

e0001193_042235.jpg

[PR]
by kan-net | 2010-10-11 00:42 | 何気ない
読書ねん
今年は国民読書年なんだそうで。

ということで張り切って本を何冊か買っているのだけど、
このところ読んでいない。頭には何も入らぬまま本棚にばかり入っていく。

長かった非読書人生ともオサラバして
ついに私も読書家になったか、うむうむ
と昨年あたり密かに思っていたのだが、
これでは逆戻りではないか。

と、思われる諸君。いやいや心配ご無用(誰も心配していない)。

すでに読書家になってしまった僕には、
読書欲なる欲求が根ざしているのだから。
読書したいよぅしたいよぅと
心が叫んでいる。泣き叫んでいる。

ということで明日から時間は長かれ短かれ毎日
本を読むことにしました。
記念すべき明日の本は本棚より「眠れぬ夜に読む本」これでいこう。


・・・眠れぬ夜なんてないんだった。
代わりに「足ツボ・リンパマッサージ」よしこれで。



----


週末に仕事をしに行って、
2件の仕事を終わらせたのだけど、
同じく週末に仕事をしに来ていた先輩から
2件の仕事を依頼された。重め。

事態の理解に時間がかかった。


----


そういやブログにてちゃんと書いていなかったけど、
4月中旬からパキスタンに行くこと、これ決定しました。
出発の日付は決まっていないけど、4月中旬から3ヶ月。
その後、11月に1ヶ月。
来年1月中旬から1ヶ月。
来年度はしたがって合計5ヶ月パキスタン予定です。プラスアルファもありえる。

3ヶ月ってこれまでの海外滞在最長期間(1ヶ月4日)をはるかに超えるし
しかもパキスタン。って。

社会人で初めてのクライアントがパキスタン人の方だったこともあり、
どこか縁を感じるところではあるので、素直に受け容れるけど、
毎日のカレーはきっと身体が受け容れないので食事対策を考えていかねば。

料理教室に通いたい。
[PR]
by kan-net | 2010-03-15 01:30 | 何気ない
初夢けにあ
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


--------

今年の初夢。


ケニアの峡谷を車で下っていく。
鉄橋で川を渡った先の村落で
ブタの丸焼きを熱心に指導されるが
串の刺しかたがうまくいかない。



そんな具合で今年は2月にカンボジアへもう一度行ってから、
4月からはケニアもしくはパキスタンに行くかも。
どちらも熾烈。まだまだ未定だけれど。
お土産の希望ある?とか聞いてもピンと来ないよね!



--------

富山の雪は久々に壮絶だったけどもっと降ってほしい気もしたなぁ。
あー今年はスキー行けるだろうか。

e0001193_17533735.jpg

[PR]
by kan-net | 2010-01-03 17:53 | 何気ない
かうんとだうーん
まだもう少し先の話だと思っていたら
どうやら来週の今ごろにはマニラに着いてるころのようだ。
出発する前に今抱えている仕事を一区切りさせなくちゃいけないので
けっこうワタワタしてます。

もちろん、出発準備もしなくてはならない。
仕事で海外に行くのは初めてなので、今日は
「ちゃんとしてるように見える、汚れても良い服」、
みたいなのを買ってきた。

あまりに暑いし今日は他にもやることがあるので帰ってきたが
明日は仕事帰りに
「ちゃんとしてるように見える、汚れても良い靴」
を買ってこよう。

フィリピンには知人・友人が多数いるので
連絡をして、現地でお会いできるよう調整したいのだけど
未だ連絡できておらず。
明日か明後日くらいには連絡したいぜ。


-----------

ところでチェゲバラ。

今春公開の映画「28歳」と「39歳」は映画館で観ていたのだけど、
先週末、友達から借りた「モーターサイクル・ダイアリーズ」をDVDで観た。

その行動力というか実行力というか実現力というか。そしてその若さ。
24歳で南米縦断、28歳で革命、39歳で二度目の革命挑戦。

大器晩成という言葉もあるし、人それぞれ生き方のペースはあれど、
何か為したいと考えるときに「若い」ことを言い訳にするのは止めにしようと思った。

ちなみにのが部の研修時に言ってくれたから思い出して心に刻まれた、
世銀の或る人が定義するところによる「プロフェッショナル」とは
「できないことの言い訳をしない人」。
なるほどなぁ。


「プロフェッショナル原論」なる本を買ったのでフィリピンに持っていって読もう。


-----------

ところで今やっていたお灸が驚くほど効いた。
足全体にきた。


-----------

ところでそろそろブログ上部の写真を替えたいのだが
どんな写真にしたものか。
夏のイメージで、何か撮ってこないとなぁ。
[PR]
by kan-net | 2009-07-26 18:18 | 何気ない
苦悩の帰省
三連休を実家で過ごすために富山へ向かっているところです。


ああ

これまで六年間の東京在住時には、
物理的には離れていても心はいつも富山と寄り添っていた。
しかしついにこの四月になって、
様々な事情から、横浜に住民票を移すことを余儀なくされた。
第三者から見るかぎり、
さしずめ私はついに富山を捨てて横浜に魂を売った都会っこ、
シティボーイ、
イケメン、
といったところだろう。

でも、違うんです、違うんです。
確かに横浜に税金を納めているし、
確かにイケメンではあるけど、
私の心は今もずっと富山と共にあるのです。
富山は私にとってすべての原点であり、
日本海側のかつての大都市であり、
夏は暑く冬は寒く、
暖流と寒流がぶつかって色々なお魚が富山湾に逃げてきて、
おいしい。
そんな大事なところなのです。

だからどうか、県民たちよ、
この、すっかり都会に染まったシティボーイが、
などと蔑まないでください。
どうか温かく迎えてください。


好きです、富山。

きときと、富山。




要ははくたかが退屈なんです。
[PR]
by kan-net | 2009-07-18 18:13 | 何気ない