カテゴリ:サークル( 99 )
第1日目(8月29日)
出国当日にも関わらず何故か荷造りが終わっておらず、
そのくせ朝から友達に会ったり大学に本を返しに行ったりして、
落ち着きの欠片もないまま出発した。
この慌しさ、全旅程の慌しさをすでに暗示していたようである。

さて、自分でも驚いたことに、最初のネタは行きの飛行機内で生まれた。
ベトナム航空とJALの共同運行便。スチュワーデスは皆日本人。
僕は欧米系の女性と隣り合わせて座っていたのだが、
「機内食はいかがなさいます…あっ! Beef or Chicken?」

おぉーーーっと早くもかーーー!
ベトナムに行ったら間違えられるかもよと言われたことはあったが、早くもかーーー!

「ち…ちきん」
「Do you want something to drink? Juice? Beer?」
「…じゅーす」

なぜだ、なぜなんだ。
考える暇も与えずJALの攻撃は続く。
出入国カードの非配布
食事を終えて寝ていたら出入国カードを置いといてくれなかったのだ。
二つ隣のおっさんは寝てても置かれてると言うのに、だ。

さてこれは困った。そろそろ日本人であることを明かすべきだろうか。
それともベトナム人のフリをし続けるべきだろうか。
出入国カードは入管でもらうこともできるから、何も機内でもらわなくても良い。
…様々なパターンを考えた結果、機内で、日本語で、カードを要求しておいた。
俺は日本人だ、と。覚えとけ、と。
だが…当然のことながら落ち着き払ったスチュワーデスの対応。むかっ。

ハノイはノイバイ空港に到着。
AっこSんごKとぅと合流して先発隊の待つホテルへタクシーで向かう。
このタクシー。ベトナムのタクシー。
左車線まで張り出してぐぉーん。(ベトナムは左ハンドル右通行)
しかも早っ。80km/hでカーブとか早っ。
ドライバーよ、もはやキミに怖いものはないか。そうか。
わかったから僕たちを生きたままホテルまで連れてってくれ。

日付が替わろうというときに無事ホテル着。
先発隊の仲間たちと合流してさっそくベトナムのビールを飲む。
味がちょっと不思議。最初はあんまり好きじゃない感じ。翌日には慣れたけど。

部屋はSんごKとぅとの3人部屋。1シングルベッドと1ダブルベッド。
もちろん僕はダブルベッド。Sんごと二人でダブルベッド。
かなり早い段階でわかったことだが、Sんごちゃんたらすごいんだから。
ゆっくり寝させてくれないのね。激しくてね。

てか狭ぇんだよ!!

こっち来んじゃねぇボケ!!

ま、こうしてベトナムサマーキャンプ2005は幕を開けたのでした。
[PR]
by kan-net | 2005-08-29 00:00 | サークル
出国前夜
おや。
気付いたら明日からベトナムじゃないか。

不意打ち。
いや、認識はしてたんだけど。
準備。全くしてなくて。
航空券と保険は手配済みなんだけど。

【準備その一:散髪】
長くなった髪の毛は普段から邪魔。
しかも今回は暑いベトナムに行くとあって、そんな髪の毛は不要である。
こうした条件が揃ったことで、何の迷いもなく散髪は決断された。

しかし、これは僕の長年の悩みなのだが、
「どんな感じにします?」
と理容師さんに聞かれてもこれといった答えが出せないのだ。
今回も、
「えぇ、まぁ、短くお願いします」
「どれくらい?」
「うーん、まぁ、短ければいいんです」
「自然に立つ感じで?」
「そうですね」
「半分以上切る感じで?」
「ええ」

短髪という条件さえ突きつけてしまえばもはや僕はイエスマンに徹する。
「そうですね」「はい」「ええ」「それで」が基本単語。絶対に欠かせない。
ただし今回はそれが度を過ぎたようで、
カットの間ずっと目を閉じてウツラウツラしてから、目を開けると。

みじっ

これは短い。セミの一生くらい短い。
どうやら上記の「半分以上切る」が利いてるんだな。何も考えてなかった。
ベトナムに行く直前になってこんな劇的カットをすることになるとは。
頭が軽く涼しくなったので良いのだが、ADYFの皆が僕を識別してくれるかは不安である。


【準備その二:荷造り(の前の整理整頓)】
荷造りと言ってもドラムバッグに衣服その他を詰めるだけなんだけど
今回の場合はそれすら困難を極める。
なぜなら。
足場が悪いのだ。
足元に散乱するプリント、本、ノートetc...
よくぞこれまでこの部屋で生息してきた!と自分を褒めてみる。
改めて日頃のメンテナンスの大切さを思い知った。
そして土木家の卵としての責任の重大さを痛感するとともに今後の…(略)

ということで清掃と整理整頓を行ったわけだが
かかるかかる。夕方から始めた作業が終わった時には21時を回っていた。
特に先学期のプリントが山のようにつもり積もっていて、整理し終わってみると
半年で1年生時の丸一年分よりも多くのプリントが用いられていたことが判明した。おおっ。
ちなみにその高さは施工計画報告書を越えるA4用紙18cm。

整理整頓をある程度のところで区切りつけて終わって、ようやく荷造りをできた。
昼間に洗濯した服たちが完全には乾いていないので
明日家を出る前に詰め込めば準備は完了だ。



何はともあれ明日からベトナム。
ベトナムでは現地大学生と行動をともにして、
いっしょに遊んだり議論したり政府系機関や企業やNGO団体や学校などを訪問したり、と
とても充実した滞在となる予定である。
7月からADYFみんなで準備に奔走してきた12泊13日の
長いようで短いようなベトナムサマーキャンプ。
精一杯楽しく意義深いものにしてきたいと思う。


よってこのブログもしばらくストップ。
ベトナムで暇を持て余したら書くかもしんないけど
そんなことをしてる暇があったらアオザイの女性を探してるはず。
9月10日の早朝に帰国します。それからまた駄文を書く予定。
皆様しばらくごきげんよう。

行ってきまーす


≪このブログを読んでくださってる皆様にお願い≫
しっかり各党マニフェストを読んで候補者の声を聞いて選挙に備えてください。
9月11日に都合のつかない人は期日前投票、遠隔地投票も利用してください。
国民が政治に対して真剣に向き合わないとますます政治は腐敗する。確実に。
投票は民主国家において最も強力な政治行為です。
[PR]
by kan-net | 2005-08-28 23:59 | サークル
日本・ベトナム学生交流会
財団法人 学生サポートセンター主催
独立行政法人 国際協力機構(JICA)東京国際センター後援

日本・ベトナム学生交流会
に参加してきた。
のだが、先にここへ辿り着くまでのストーリーを記さねばなるまい。

朝10時03分の「はくたか」に乗って富山を出発。
越後湯沢で乗り換え。たのだが。
新幹線「とき」自由席は満席。座れず。立ちっぱなし。
大宮でやっと座れた。きつかったぁ。
東京に着いたのが13時半ごろ?
西ヶ原の家に着いたのが14時15分ごろ。
メールチェックをすると38通のメールが届き、
掃除とか整理とかしてたら15時になってしまった。
15時は新宿集合だったので謝罪のメールを出して
15時50分代々木上原(会場最寄り駅)合流ということに。
「そんなら余裕じゃーん」って悠々歩いて駒込駅に着くと、
財布がない。愉快なサザエさん。
顔パスを試みるも、駅員さん曰く、

「私が知ってる堀切さんはもっと…もっと一生懸命でした!!」

がぁーん(ToT)
そうか、忙しい毎日に飲み込まれて僕はヒタムキサを失って…(中略)
というわけで出直し。ダッシュで。
家に帰って財布を握り締め、再び走って地下鉄に飛び乗った。
乗り換えや下車後の道も全てダッシュした結果、
16時20分ごろ(開始10分前)に会場へ辿り着き、事なきを得たのであった。
(その後、左足首を痛めたらしいことが発覚したが。)


さて交流会の中身に入る。
この交流会にはベトナムからの派遣団員18人(うち団長1人、学生17人)を中心に
ベトナム人・日本人の学生・来賓が約150人ほど出席していたと思う。
「18人の派遣団」と言うと中学時代のダーラム訪問を思い出すが
その大規模・青年版で、今回自分は迎える立場、という感じ。
団長の挨拶やら迎える側の言葉、そして双方の出し物があるあたり
ダーラム訪問と強烈にダブる。

この「出し物」、今回ADYFが担当することになっていた。
まさかこんなフォーマルな状況で150人もの人を前にするとは思っていなかったADYF、
島唄歌います」とか言っちゃってたのだ。
さぁて困った。相手はちゃんと練習を重ねた出し物をしてくれるぞ。
それに比べてこっちは全体練習ゼロ、1週間前に「各自練習」の通達が下ったのみ。
僕自身も昨夜2時間ほど聞いたのみという有り様である。
緊張が、、、危機感が走る。

本番。マイクを握ったのはKとぅ熱唱っ
他に2本あったマイクのどちらもが弱声量だったにも関わらず
そしてCDの調子が悪いか何かで伴奏が止められてしまったにも関わらず
1本だけカラオケマイクが混じっているかのように響き渡るKとぅの歌声。
もはや誰も止めることはできないし、止めようとも思わない。
ステージへ共に上っていたADYFメンバー皆が彼を応援していた。

歌い始めたときには誰も予期しなかった展開で無事に仕事を終えたADYFKとぅ。
周囲には安堵の空気とKとぅへの感動の声が満ち満ちていた。

ところで実際Kとぅがとても上手だったので良かった。
ここでもしKとぅがOンチだったらどうなっていただろう。
いわゆる「不協和音」が生まれていたら。交流も何もおじゃんである。
しかも島唄を完全にマスターし、よどみなく歌い切ったKとぅ。
彼にはイグノーベル賞を捧げたい。

そんなわけで交流会は万事問題なく終わった。
次の交流イベントはいよいよ1週間後からのサマーキャンプである。
Closing CeremonyでOぎSんがバンドを組むという噂なので
イグノーベルのKとぅと組んでADYF新人がいっちょ盛り上げてやろうかと企んでいる。
[PR]
by kan-net | 2005-08-22 16:30 | サークル
元気玉
元気玉。
yahoo!で検索すると約266,000のページがヒットする言葉。

これ、腕を上げて手の平を天に向けて、
「みんな!オラに元気をわけてくれ!!」
とか何とか言ったら周辺の人や動物、植物などといった生命から
「元気」なるものがユラリユラリと遊離して手元に集まってきて、
たくさん集めれば集めるほどそれはそれはものすごいエネルギーで、
それを敵にぶつけると敵が「ひぃー」って言って死んじゃう技。
21世紀のエネルギー問題の解決策として期待されているが
エネルギー収集の際の周辺生命との合意形成プロセスが問題視されており
今日の段階では実用化への道はまだまだ長いと目されている。


ADYFのSん、Oぎが、
「サマーキャンプ最終日の会議に外部の人を招く招待状を誰かやって」
と。
「マンパワー足りてないから自ら手を挙げて欲しい。かんとか。
と。

はぁい。

悪いクセだと思うんだけど、
売られたけんかは買うタイプ振られたネタは買うタイプ。
今回も気持ちよくお買い上げしてしまった。
ただし今は自分も様々な用事で忙しい時期。
しかも招待状で書くべきコンテンツに疑問点多。
自分だけでできるわけない、というわけで元気玉発動!!
「はぁい」と挙げた手の平をそのまま空に向け、
「オラに力を貸してくれ!!」
と。

諸事情により昨夜中に仕上げねばならず、徹夜覚悟の元気玉だったんだけど、
普通に感動したのは、何人もの人が本当に力を貸してくれたこと。
Yッコ、Kとぅ、Aっこ、Oぎの力がなければ絶対に成し遂げられなかった。
みんなには感謝している。ありがとう!
特に書類の半分を引き受けてくれたYッコ、スペシャルサンクス☆

夜3時に自分の担当分を仕上げてYッコに送って眠りについた結果、
目覚めたのが8時40分。
焦って歯だけ磨いて家を出たのが8時43分。
西ヶ原駅で電車に乗ったのが8時46分。
9時00分を電車の中で迎え、電車降りて信号待ちの間にウイダーインゼリーを買い、
誰もいないオフィスに着いたのが9時09分。(参考:8月9日の記事

この朝の出来事は僕に二重の衝撃を与えたのだが、
さらに衝撃的な出来事は帰宅してからやってきた。
メールをチェックすると、SんからMailingListへの投稿、

「~~~というわけで招待状はやらなくて良いや。」

どぉぉぉぉぉーーーん。
わっせわっせと作ってきた元気玉は自分の足元に落ちたらしい。
そりゃないわぁ…ショック。

このショックをスーパーマリオブラザーズ(ファミコンのやつ)で表すとしたら
・1stステージで慣れたもんだってんで走ってったら
 最初のノコノコに対するジャンプが早すぎて着地で当たって死んだ、くらいのショック。
・スターをとって無敵になって走ったり飛んだりしてたら
 勢いあまって谷底に落ちて死んだ、くらいのショック。
・スターをとって無敵になって猛スピードで先に進んでたら
 ちょうどスターが切れてクリボーに当たって死んだ、くらいのショック。


でもね、ここはオトナになるの。
「頑張って作ったんだから使ってよ」とか言っても誰も幸せにはならない。
みんなの力を借りて頑張れただけでも良かったと言えば良いじゃないか。
ぐっと飲みこむの。ぐっっっと。

…ぅぐっっっ

ちなみにやはり少しは仕返しをしたくて、Sんにはベトナムのマイチョーで
全員が抱腹絶倒の「おもしろいこと」をしてもらうことにした。
もしおもしろくなかったらキャンプファイヤーで火焙りにしてあげよう。
[PR]
by kan-net | 2005-08-18 03:20 | サークル
Rナ送別会
ADYFメンバーのRナさんがもうすぐアメリカへ留学してしまうということで
時間のある者どもがワラワラ集まってRナ送別会が催された。

19時から新宿のベトナム料理店にて。
だったんだけど、早く上げにゃならん書類があって1時間半の自主残業。
19時過ぎに四ツ谷のオフィスを退社した。
新宿ついてから若干迷って、着いたのが19時40分ごろ。
なぜか未だ始まってなくて、何人か遅れたから自分だけじゃないらしいけど
どうやら待たせたらしい。申し訳ない。

11人いたから大体の時間は二つに分かれてワイワイやってたんだけど、
逆サイドのT斗あたりがちょくちょく精度の悪いクロスボールを放り込んできて
困ったものであった。
得点力不足は決してフォワードだけの責任ではない。チームの責任なのである。
日本代表W杯最終予選1位通過おめでとう。

ちなみに僕はRナさんの隣でいろいろ話してたんだけど、
彼女は僕が20歳ということを認めようとしない。
ベトナムで楽しみにしているものを

アオザイ

と迷わず答えて何が悪い。
「絶対20歳じゃないよね、おっさんだよね」と何度言われたことか。

じゃあそんな僕より年上のあなたは むにゃむにゃむにゃ…

Rナさんは2年間もアメリカンになってくるらしい。
帰ってくる頃にはどんな感じになってるんだろう、
ジャンクフードの虜になってるんじゃ…
白っぽい巨大プラスチックタンクに牛乳とかオレンジジュース入れてるんじゃ…
ゆー えす えー !! ゆー えす えー !!とかノリノリで叫んでたりして…

ひぃぃぃ~~~

いや、彼女はきっと正しく成長して帰ってきてくれる。
たくさん武勇伝を聞かせてもらう。
その頃には僕はどうなっているだろうか。
現実的に本物のおっさんに近づいていることは間違いない。
[PR]
by kan-net | 2005-08-15 19:40 | サークル
レディース会
一昨日から書いてた基本設計会議の資料、A3用紙20枚書いて提出して、
標準労働時間をちょっと過ぎたくらいの17時45分ごろ退社。
忘れた傘を取りに戻って、急いでJR四ッ谷駅から新大久保駅に向かう。

今日は18時14分にJR新大久保駅改札内側でADYFのKとぅと待ち合わせていたのだ。
しかし、来ない。
改札の外側を覗き込んだりするも、それらしき人影は見当たらない。
メールによると、「え?本当に行ったの?」
なぜかKとぅは僕との待ち合わせを本気にしていなかったらしい。

失礼なやつだねホント。
そんなさぁ、18時15分にJR新大久保駅改札外側でADYFレディース会があるとの
噂を聞いたからといって、偶然を装って鉢合わせ→乱入を狙うような、
そんな小せぇ男なわけないじゃん!?
まったくもぅ…

ただしここにはレディースの姿も見当たらない。
いや、別に、レディース会の方々は予定が変更になったのかもしれなくて、
別に、それは、僕にとっては全くどーでも良いことであって、
気になるわけが、ないのだ。
・・・。

まぁまぁまぁまぁまぁ!!
ホームのベンチにでも腰掛けて慌しい世間を尻目に見ながら本でも読んで、
しばし休息してから帰ろうじゃないの。
もしかしたらちょっとの遅れでKとぅがやってくるかもしれない。Kとぅが。

と。
18時50分、電話。Aっこ。

なんだ、Aっこか。Kとぅじゃないじゃん。がっかりぃ。

Aっこ「まだ新大久保にいる!?来てよ!!」

えーーーーー?


しっかたねぇなぁ


というわけでしぶしぶ韓国料理屋に。
参加者はS子さん、Iーちゃん、Rナさん、Aっこに、遅れてMサヨさん。
僕としてはレディースの集まりに一人(良い)男が入っちゃったせいで、
話の腰を折ってしまうとかなり懸念していたのだが
そんな感じでもなかったらしいので安心した(これは本気で)。
社基でたくさんの男と少数の女の子が気兼ねなく楽しくやってるのと同じ原理か。

レディース外部者には聞かせられないような話題にについては
両耳を両手で叩きながら声を出す『わわわわわわ』を決行。
1回わわわわ決行中、突然視界に現れた店員さんのリアクション↓
(無音声のため想像だが)

「こちらお下げしてもよろし…え?」

ごめんなさいね、こっちも色々事情抱えてるんです。

でも、普通に楽しかったなぁ。
普段そんなに話す機会のない人とゆっくり話せて。
またレディース会があったら偶然最寄駅に行こう。


…おっ?


ちなみに帰るころにはいつの間にか、
雷が激しく鳴り響き夜空が時折光に切り裂かれる天候だったのだが、
怯えたIーちゃんがS子さんに抱きついていた。
すかさずIーちゃんの逆サイドに走りこんだのだが、
何事もなし。

雷いらん。
[PR]
by kan-net | 2005-08-12 18:15 | サークル
勝てるはずない
ADYFの真剣な話し合いにて。
円形になって話し合ってて、僕の正面に座っていたのがS子さん。
ふと、目が合った。
その瞬間、
恋に落ちた
にらめっこがはじまった。

久々の戦いに血が騒ぐ。
「ぜってぇ負けねぇ」
負けたら腹を斬る覚悟で睨みつける。



ん~~~~~、


むあああああ!!!


結果。
余裕勝ち。ひとっつも負ける気がしなかった。
「むああ」1回でノックダウンとはS子さんもまだまだよの。

真剣な話し合い終了後、S子さんと次戦などの話をしてたらMづきが来て、
S子さんが今回の説明をしたところ、
「そんなの勝てるはずないよ」

まぁまぁ。そう言わず。
勝てるはずないなんて思うから勝てないのよ。
勝てると思えば勝てるかもしれないじゃない!!
さぁかかってきなさい!!

ところでふと気付くとMづきが僕の輝かしい戦績を知っているはずもなく、
もしやMづきは百戦錬磨で業界の重鎮だったりするのか!?
ってのはあまりにもぶっ飛んでいるわけで、
はて、じゃあなんでMづきはあんなことを言ったのだろう、、、
鏡を覗き込んだが、そこに映る青年の端整な顔立ちからは
理由となりそうなものは何ひとつ見つからなかった。
[PR]
by kan-net | 2005-07-12 21:00 | サークル
バスケット
ADYFのメンバーその他と御殿下でバスケットをした。Mづきが主催してくれた。

久々にやるバスケットは本当にきつかった。てか最近はまったく運動してなかったし。
走る走る。ぜいぜい言いながら走る。んでパス受け取る。
はい、シュウッ!

『ゴン』

おいおい、リングにもあたらずボードで撥ね返ってきたよ。

代表Tっちーや巨人Pーターが屈強で苦しめられたけど
途中からは感覚が戻ってきてシュートも入るようになったから楽しかった。
またみんなでスポーツしたいなぁ。

しかし前夜は学科レポとADYFプレゼン準備のため5時就寝の2時間睡眠だったわけで
死ぬ思いして走り回った。
無理はしちゃいかん。あとスポーツは給水を心がけましょう。

バスケのあとは通常通りの研究会。プレゼンが待っているわけ。
って思ってちょっと緊張してたらSんちゃん研究発表で時間使いすぎ!
全体の前でプレゼンする内容は大幅にカットされて、ほとんど話さなかった。
かわりに全体研究会後の運営会議のときに思う存分言わせてもらった。
団体の様々な面をより目に見える形に変換して戦略作りに活かしていく、
チームビジュアル系
の設立を提案してやった!!
会議場からは感嘆(落胆?)の声が。
うん、まぁ予想通りやね。

そんでこれからが忙しい。
ビデオ会議やバスツアーのコンセプト図、あとネットワーク図を描かねば。
自分としては団体そのもののコンセプト図を一番やりたいんだけどなぁ。
本質的重要性よりも差し迫った要求があるものからやらねばならないのが現実。
さらにはレポートが山積しているのが現状。
はてさてこれからどうなっていくことやら~。
辛抱強く頑張っていくしかないのぉ。
[PR]
by kan-net | 2005-06-21 16:00 | サークル
ADYF初参加
昨日あれだけ頑張って勉強した水理学、三割合ってるかどうか。
解説を聞くとわかる。すごく。「そりゃそうだ」ってなる。
でもその直前、一人孤独に問題を睨んでいる時にはわからない。
この無力感。たまらんね。

さて、今日はもっと他に書きたいことがあるのだ。
それは。
ADYF』のこと。
国Pの先輩Tっちーさんが代表をしている、アジアの援助を考えるインカレサークル。
これに、参加することにして、今日はさっそく研究会に参加してみた。

ものすごいポテンシャルの高い人がたくさんいた。
それはすごい嬉しかった。
こーゆー出会いってむっちゃ嬉しいよね。
それは、良かったのさ。

ただぁ。前半部。開発援助と貧困削減についての話し合いみたいなやつ。
これはちょっと不毛かなぁって気がした。
総合的な援助が必要とか、みんな知ってるんじゃ?って。
それは週に1回みんなが集まる場で半分もの時間を割くべき項目なのかな。
んで自分らの議論が国や世銀の援助体系にインパクトを与えられるわけではないし。
門外漢で見えてないところもかなりあるんだろうし。
そんなところが大学の講義もしくはゼミとかぶり過ぎな気がした。
漫然とした勉強会って感じ。

そんなことよりADYFのビジョンとか活動計画とか、そーゆーのをまず浸透させて、
それを話し合いとかで淘汰して磨き上げていくべきだと思う。
(驚くべきことにその点がまだ確立されてないらしい。)
『ADYFは究極的に何をしたいのか』。援助のお勉強?じゃないよね。
土台としての目標がしっかりあって初めて勉強に意味が付加される。
むしろ国や世銀の援助の勉強こそが必要かもしれない。
そしたら、それを勉強する。

例えば今日の話に関連付けるとしたら、
・ベトナムのCPRGSと国別援助計画の整合性を検証してみる。
・セクター毎の重率の付け方は妥当かどうか検証してみる。
・自分たちで国別援助計画を書いてみる。
土台としての目標が確立されているのならば方向性を失うことはないだろうから、
なにも週一回の研究会で結末を見ようと焦ることはない。

三番目のをちょっと応用して
・自分たちで地域別援助計画を書いてみる。
っていうのはどうだろう。
実行できそうで、しかも面白そう。と自分としては思う。
バスツアーとかも密接に絡めることができて、
ADYFの活動全般に統一感持てるだろうし。

最後の案が最良と言い切れるわけないけど、とにかく
今のままじゃちょっとなぁ…って思うから、
でも優れたメンバーで構成されてる良い団体だとも思うから、
新入りではあるけど自分の良いと思う意見を思い切って発信してって
ADYFを発展させていけたらと思う。

うん、新入りとは思えない傲慢さ。
でも図々しさは必要よね。
図々しく行こう、ずうずうしく。
[PR]
by kan-net | 2005-06-08 01:18 | サークル