カテゴリ:暮らし( 146 )
ヴィシーの様子
僕がこれから5か月間を過ごす中仏の町、ヴィシーをちょっとだけ散歩して写真を撮ってきた。


ヴィシー駅。ヴィシーの玄関。
e0001193_1434282.jpg

町の中央東側に位置している。小さい駅。


L'Hôtel de Ville。直訳すると「町のホテル」だけど、なんなんだろう。とりあえず良い感じ。
←「市役所」ということがわかりました。「町のホテル」で市役所って、面白い!(モリヲさんありがとうございました)
e0001193_1452251.jpg



通っているCavilamという語学学校。
e0001193_1574222.jpg

世界各国からいろんな層の人が集まってきている。土曜日もロビーは開いていたけど図書館は閉まっていた。残念。


ちょっと賑わっている感じの通り。デパート的なものとかが少しある。
e0001193_1404928.jpg



街角のカフェ。
e0001193_1555772.jpg

今日は晴れていたしちょうどお昼時だったので、外で食べている人たちが多かった。そこらへんにこういう空間があるのは欧州的だなぁ。


家の前の通り。
e0001193_1353523.jpg

町なか、こんな感じの街路が多い。うちは写真右側の、黒服のオジサンが立ってるところから右に入っていったとこ。


桜。こんなところにもあったのね。
e0001193_159922.jpg



うちのネコちゃん。
e0001193_23494.jpg

散歩から帰ったら眠そうにしていた。かわいい。


明日も暖かいみたいだから、もう少し遠くも行ってみよう。
[PR]
by kan-net | 2013-04-14 02:09 | 暮らし
フランス生活一週間目の感じ
Bonjour! フランスより僕です。

フランス・パリに到着したのが4月7日の夕方。現在4月13日のお昼なので、まだ丸一週間は経過していないけど、暦的には今日で一週間。とはいえもうこっちに来てそれなりの時間が経過したように感じる。それだけ濃い一週間だったのだろう。

-----

4月7日(日)、予定よりも2時間遅れて夜7時過ぎにパリに到着し、その晩はそのまますんなり休息。夜8時でもまだ外が明るく、異国に来たなという思いを新たにする。

4月8日(月)、朝9時の高速鉄道で中仏の町ヴィシーへ移動。この出発の際、駅の窓口でチケットを入手しようとするも長蛇の列が行く手を阻み、最終的に車掌さんに荷物を引っ張られてのギリギリの乗車(乗車した瞬間にドアが閉められた)。危なかった。たいへん危なかった。でも乗れてよかった。

3時間の移動の後、ヴィシーの駅でホストマザーのシルビーが迎えてくれた。忙しいお母さんは家に案内した後けっこうすぐに仕事へ出かけてしまった。一人ぽつんと残された僕は荷物を整理したあと、ちょっと疲れたのでお昼寝。起きたら隣の部屋に息子のセドリックが帰ってきていて、ご挨拶。

家族構成はママに加えてホストブラザー1人とホストキャット3匹。アパートメント暮らしだ。2人も3匹も英語を話さないのでフランス語とジェスチャーで意思疎通をするしかない。僕のフランス語レベルは今のところ最底辺なので、わかってはいたけどとても大変だ。早く言葉をマスターして意思疎通できるようになりたいと思う。

4月9日(火)、朝8時に語学学校へ行き、レベルチェックのテストを受ける。もちろん全然わからなくて、A1-2とかいう下から2番目のレベルのクラスへ振り分けられた。

授業は全てフランス語でわからない単語・表現がたくさんだったけど、そういうレベルのクラスなのでギリギリついていける。しかしそもそも一日中レッスンを受けるという経験自体が久々で、たまに集中力が切れてしまって全く理解できない時間があるなど。まずはここでの生活スタイルに順応していかなくてはならない。

この日は9月から同じ大学(コースは違う)に行くことになっている日本人学生5人の方たちと一緒にお昼ご飯を食べた。みんな22歳とかで、卒論を終えたばかりの若い子たちだ。ちなみにそのうち2人は語学のクラスも同じ。ずっとつるんでいると語学習得に支障がありそうだが、今後長く付き合うことになる仲間たちなので適度な距離を保ちながら仲良くしていきたいと思う。

4月10日(水)は朝8時45分から授業。というかここの学校の授業はコマ数が少ない。一週間で13コマ(×1.5時間/コマ=19.5時間)ぽっきり。

月・・・ 11:00~12:30 14:00~15:30
火・・・ 8:45~10:15 10:30~12:00 14:00~15:30
水・・・ 8:45~10:15 10:30~12:00
木・・・ 8:45~10:15 10:30~12:00 14:00~15:30
金・・・ 8:45~10:15 10:30~12:00 14:00~15:30

というわけでこの日の午後は図書館で勉強をして、それから少し散歩をした。のんびりした昼下がり。夕食の食卓で少しまともに会話ができた気がしてうれしかった。

4月11日(木)、少し生活にも慣れてきた気がしつつ、でもまだ5日目だと気づく瞬間あり。雨で図書館に人が溢れかえり、席が取れなかったので家に帰って勉強する。

4月12日(金)、少し生活にも慣れてきた気がしつつ、でもまだ6日目だと気づく瞬間あり。自室の明かりがちょっと弱いこともあり、図書館で復習や予習をするのは非常に快適だと確信した。毎日の習慣にしようと思った。

-----

そんな一週間。

それなりに良いスタートを切れたと思う。ホストファミリーは良い人たちだし、ヴィシーの町はこじんまりとしていて平和な感じだ。語学学校でも家の中でもフランス語には今のところとても苦労しているけど、わかっていたことなので大丈夫。大変だけど、がんばれる。

まあ、新しい環境へ身を移したことに加えて時差ボケもあるのだろう、木曜日くらいから少し疲れを感じつつある。思っていた以上に肌寒いので風邪をひかないようにしないといけない。

今日は土曜日。午前中はちょっとダラダラしちゃった。天気も良いし、これから出かけて散歩でもしてこよう。帰ったらこの一週間の授業の復習もちゃんとやろう。

そんな一週間でした。
[PR]
by kan-net | 2013-04-13 19:41 | 暮らし
向こう暫くの予定(2013年3月まで)
向こう暫くについてはこんな具合で移動する見込み。厳密ではない。

12月30日(土)~1月23日(水) 富山 25日間
1月24日(木)~1月27日(日) 横浜 4日間
1月28日(月)~2月19日(火) 東海道五十三次+大阪 23日間
2月20日(水)~2月27日(水) 横浜 8日間
2月28日(木)~3月3日(日) 福島・宮城・岩手 4日間
3月4日(月)~3月7日(木) 横浜 4日間
3月8日(金)~3月21日(木) 富山 14日間
3月22日(金)~3月31日(日) 東京 10日間
4月1日(月)?~ フランス 21か月間


東海道五十三次が目下の最大イベント。
やりたいことや既に入った予定がけっこう地元や首都圏外にあるので
東京・横浜での滞在期間がけっこう短い。
んだけど予定がまだ固まってないだけで、首都圏にも会いたい人たちがたくさん。
困った。困ってますが、このフレームの中でどうにかやりくり上手したいと思います。


注:フランスの留学選考を通過する前提のスケジュールです。
  選考試験は17日に終了済みで、現在は合否の通知待ち中。



ところで新しい富山大橋、立山連峰が映えて、なかなか良かですね。

e0001193_172941.jpg

[PR]
by kan-net | 2013-01-21 17:07 | 暮らし
最近多い凡ミス
・自宅の鍵を開けないままドアを開けようとする

・トイレを出た後とかに目的地の逆側に向かって歩きだす

・残業中に社員証を忘れてコンビニに出掛けてしまい戻れない

・パジャマのズボンを後ろ前にはく

・240円区間なのに260円切符を買う


疲れてるのかしらん
[PR]
by kan-net | 2012-12-10 23:18 | 暮らし
断水
朝から晩まで外回りをして、会社に戻って、
嫌になったから一杯ひっかけて帰って、
ひとっ風呂浴びようと生まれたままの姿で浴室に突入し
ひねったのに、出ない。

隣に移ってひねって、さらに隣にうつってひねっても、
出ない。断水?

とりあえず寒いので衣服をまとう。
気を取り直して洗面台に行ってひねるも、
やっぱり出ない。断水。

顔くらい洗いたくても断水。
小腹対策にカップ麺を買って帰ったけど断水。
寝ても覚めても断水。


ふと思い立って隣の旧館に行く。寮は2棟続きなのだ。
すると出た!お湯が出た!
ということで旧館のお風呂に入ってきました。


風呂上がりに寮内の掲示を見ると、明日の日中に断水予定と書いてあった。
でも明日やん。なんで今日なん。


まあでも入れたから良いけど。
今からラーメン食べて、徹夜の作業をがんばるであります。



皆様も断水にはご注意を。
[PR]
by kan-net | 2012-12-05 02:22 | 暮らし
においの日
このところ何だか作文することを心掛けていまして、
乱筆乱文かつどうでもいい話ばかりですがお付き合いください。
考えたこと思ったことを表現してみようと思っているのです。

今日はにおいについて。

今日は仕事がなかなか進まなくて、粘っていたら終電ギリギリになってしまった。
駅まで走り、やっとの思いで電車に滑り込んで腰を下ろしたところ、
隣に座った人のタバコ臭がものすごくきつかったんですわ。
ほかに空いてる席がなかったし疲れていたから辛抱して座ってたんだけど
あんまりきつくて途中で立つことにした。
タバコが苦手な僕には、とてもつらかったのです。

そして寮に到着して風呂場へ行くと、またここが、なんとも残念なことに、
とっても汗臭い。とーーっても汗臭い。ツーン。
普段の寮は、みんなそんなに汚くしてないし毎日お掃除もちゃんと入っているので
くさいなんていうことはほとんどないのだけど、
今日ばかりは。しかもよりによって風呂場が。
脱衣所から風呂場にかけてツーン。いや、きつかった。

きついよーきついよーと思いながら、とりあえず身体を洗っていたら、
隣に同僚が入ってきた。んだが、彼がまた、
タバコくさいのなんのって。
初期条件の汗臭にタバコ臭が加わって、僕の鼻は滅びました。
一日の終わりにずいぶんとニオイに攻め立てられる日だった。

そういえば日中も、ネパールから帰国したオジサンがすごく強い香水をつけてて
悪い香りじゃないんだけどちょっと強すぎるなぁと思ったのだった。

今日はニオイの日だったな。
僕自身はまったく香水とか使わなくて、夏場とかにギャッツビーとかするくらいなんだが
ニオイってけっこう人に与える印象が大きいよな、と改めて思った。
自分のニオイってなかなか気づきにくいんだけど、
人の不快になるニオイは絶対に出さないよう気を付けようと思ったのであった。

おしまい。これぞ乱文。おやすみなさい。
[PR]
by kan-net | 2012-11-14 02:13 | 暮らし
文庫本を書く
今日も作文をする。少し。

昨日のことだけど、無印に行ってノートを買った。
罫線の入っていないやつで、「文庫本ノート」とかいうタイトルで売られていた。

これまで長らく日記をつけてこなかったので、つけようと思って。
なかなか思い通りの日記帳がなかったというのが僕の言い訳なのだけど、
今回偶然手にしたこの「文庫本ノート」はなんとなく気に入って、
これなら継続的に日記が書けるかもしれないという感じがした。

・罫線がない
・厚みがある
・しおりひも付き

確かに文庫本っぽい装い。

せっかくなので縦書きで書いてみることにした。
どこかの国で「日本人は本当に縦に文章を書くのか」と尋ねられたことがあって、
あまり意識していなかったけど、縦書きは確かに少し珍しい文化と思われる。
そんなわけで、縦書きの日記。

書いてみて気付いたけど、日本人である僕自身、縦書きから長らく遠ざかっていて
ちょっと書くのに戸惑いがあった。
思えば仕事でも手紙でも最近はほとんど横書きになってしまっていたので、
縦書きの日本語は読むという形でしか触れていなかったようだ。
そう考えると、どうして学校の国語の作文は縦書きだったのだろう?
縦書きと横書きの使い分けはどうやって?

いずれにせよ日記をつけるのはいいですね。
これまでいろいろな国に行ったのに日記をつけなかったのがもったいない。
でも、これからもいろいろな国に行き、いろいろなことを経験するつもりなので
今からでも始めてみよう、と思ったのでした。

この文庫本「日記」は僕しか読めない一冊ですが、いずれ僕が本を出版するときには
ここから何かネタをもってくるのかもしれないね。

おやすみなさい。

e0001193_0574292.jpg

[PR]
by kan-net | 2012-11-12 01:22 | 暮らし
ちょっと作文
最近なんだか作文力が下がっている気がするので
何か作文してみようと思った。


1.ビールに関すること

会社を出た時には今夜は一杯飲むぞと思っていたのだけど、
1時間15分の帰路の間にうっかり忘れたまま寮についてしまった。

しかしそこは寮。渡り廊下でつながっている隣の館にビール自販機があるのだ。
お風呂に入りにいったあとで買いに行けば良いではないか、と思い立った。
500円玉をポケットに入れて風呂へ。

ちなみに風呂は寮生の共用。
さっき入ったときは1年後輩君と1年先輩さんが入っていた。

さて風呂にも入ってすっきりしたところで渡り廊下を渡って自販機へ。
この時間からだけど500缶にするか、はたまた大人しく350缶にするか、
コイントス3本勝負の結果350缶に決定して、いざ買おうと投入したところ、

カコンッ

なんとまあ、入れても入れてもおつりのとこに出てくるんだわ。
こういうのって実のところどういう理由なんでしょう?相性?
とりあえず勢いをつけてみたり殺してみたりと何度か試行したけどダメ。
がっかりでした。

その後もう一回買いに行って、今はそのビールを飲みながら作文しているわけです。


2.アイロンに関すること

アイロンが壊れているんです。
もう、かなり以前から。

今年の1~3月にかけて、日本でとても忙しくしていたころに
僕が大事にしていたのがアイロンがけの時間でした。
面倒くさがりなので普段からアイロンをかけるようなタイプではないのだけど、
その忙しい時期は、なんだか洗濯の時間がゆっくりくつろげる時間になっていて。
寝不足な夜中の2時過ぎとかに、アイロンをかけたりしていたの。

そのアイロンが3月に壊れたんです。ショックだった。
直しに行こうと思いつつ時間がなく、そうこうしているうちにベトナムへ出張。

時は流れ、先日、ようやくアイロンを持って、閉まりかけた町の電気屋へ駆け込んだ。

私「たぶんヒューズだと思うんです」
翁「そうですか、どれ・・。あ、このネジの形じゃ開かないから無理だわ」

無理なんかーーい。

しかし確かにヘンな形のネジだ。
ということでこの週末は新しいアイロンを買いに行こうかと思います。


3.フランスに関すること

行きます。正しくは、行きたいと思ってます、ですが。
心機環境を一転させるつもりでいます。
これについて詳しくはまたいずれ改めて書くことにしますが。

自分の人生を自分のコントロール下に入れ直すというところがあるように思う。

いろいろな人と話をさせていただき、最も印象的だった言葉。

「挑戦自体にも価値はあるけど、挑戦するからには成功しなさい。世界のトップ10を目指して頑張れ。悪くとも上位1割に入らないとダメだ。」

がんばります。トップ10目指します。

シャンゼリゼ通りで会いましょう。



今日はこれでおしまい。おやすみなさい。
[PR]
by kan-net | 2012-11-10 02:13 | 暮らし
休日らしいことのひとつ
週末が終わってしまった。
週末は二日間とも会社に行っていて、
休日らしいことがひとつもできなかったので、
休日らしいことのひとつやふたつくらいしたいと思い、
少しブログを書いてみることにしようと思い立った。


このところ仕事がとってもとってもなので、
ツイッターでも仕事のことばかり書いてしまう。
この週末も、仕事で終わってしまったし。

でもそんな日々はつまらないし、何か、息抜きにしていることが、
ひとつやふたつあるんですよ。こんな僕にも。

1.次やることを考える
こないだ大学の先生にご相談に伺って、いろいろ教えていただき
アドバイスも頂いたので、進む道が少し具体的になってきた気がする。
そこらへんのことを考えてるのは、気分転換になるね。

2.お灸
据えるんです。もうかれこれ8年間くらい据えてますけど
据えるんです。足とかにね。
利くんです。

3.ルービックキューブ
くるくる回すんです。色を、面ごとにそろえようと努力するんです。
もうかれこれ3年間くらい回してますけど
まだ回しますよ。私は。

4.読書
通勤に1時間15分ほどかかるうち45分くらいは電車で座ってるんで、
読書をするんですね。まあ読み始めて5分もすれば、自然な成り行きで
すぅーっと、落ちるんですがね。諦めず読みますよ。

5.三味線(予定)
本格的に、買いに行こうとしたのに、
仕事が追いつかなくて買いにいけなかった経緯あり。
2月中に買って、東北の温泉へ持参したい。


最後のは「予定」やけど。
でももうこんな時間だから、おやすみ。
週末でした。
[PR]
by kan-net | 2012-01-30 01:39 | 暮らし
平凡に毛の生えた一日の記録
東京にいる。

朝、横浜の寮から最寄り駅の近くの駐輪所まで雨模様を気にしながら自転車をこぎ、
百円払って駐輪して、駅に向かった。

駅にはたくさんの人がいた。
電車のドアが口を開け、人々を飲み込んで労働場所へ運び出していく様を、
茫然と眺めながら並ぶ。
今日は座れなかったから、立った。

会社へ着く前にコンビニで朝ご飯を買った。
特に今朝は納豆巻を買った。
僕は納豆が好きだ。
席に着いて納豆巻を開封した。
しかしその瞬間、納豆の匂いが思いのほか鋭く、たじろぐ。
こんなに納豆の匂いを鋭く感じることなんて、これまでなかった。
食べた。味は変わらず、美味しかった。

お昼には海鮮丼を食べた。
醤油が終盤に不足した。
しかし醤油だけの問題ではなくて、わさびも絡んでくる件であるから、
おいそれと容易な答えに飛び付いてはならじと耐えることにした。
美味しかった。終盤は醤油不足が響いた。

食べてばかりいるわけではなくて、午後はクライアントとの打合せをした。
クールビズの適用範囲がわからなくて、スーツにネクタイ着用で赴いたが、
先方はラフな格好で、むしろ当方も数名がラフな格好で、
これは議場でちょっとした話題になって、今後のクールビズに向けてのヒントになるかもしれぬと期待したものの、
まったく話題にのぼらなかった。
スーツにネクタイで、暑くないですか、と言うほど暑くなかったのだ。

打合せが無事に終わり、約束の飲み会に向かおうとしていたら、
クライアントから電話が入り、明日の会合に向けて分析資料を追加してほしい旨の打診を受けた。
その時すでに時間帯も遅く、飲み会も始まっていたのだが、
先方の依頼もしごくもっともな内容に思われたので、
やることにした。
そうしたら三十分おきに三度、電話が鳴って、その都度もっともな内容に思われたので、
三度、業務が追加された。

しかしこうなってくると一晩で片のつく話ではなくなってきたと思われたので、
せっかくなのでもともと参加する予定だった飲み会の終盤に顔を出した。
関連会社の飲み会だったため知らない顔ばかりだった中で、
大学院時代に隣の研究室に入っていた人と会った。
確かにどこかで見たことがあった。
しかし話したのは今回が初めてだ。

飲み会のあと、会社に戻って仕事を続けた。
お酒を飲んでもあまり酔っ払わないのは、時として有用である。
しかし今日はあまり集中力が高くないように思われたので、
消灯のアナウンスが流れたところで帰宅することにした。
消灯のアナウンスが流れたのに、しかし、消灯が行われなかったので、
手動で消灯を行った。節電ジャパンである。

実は先程の飲み会の一員から「ロポンギ」というメールが届いていた。
帰り道の沿線なので、駅まで歩きながらロポンギへ行くか否か考えてみたところ、
その一員の携帯電話の番号もメールのアドレスも、
僕の携帯電話に登録されていないことがふと発覚した。
家路に着いた。

駐輪所に着いて気付いたことは、手元に自転車の鍵がないということで、
自転車の鍵がないところか自宅の鍵もないということだった。
どうやら鍵は今日の打合せのために着ていったスーツのポケットに入っており、
そしてそのスーツは明日の会合のために会社に置きざられているのだった。

驚いたことに時計の針は零時を回っており、
残された選択肢などほとんどないように思われた。
そこで僕が選んだのは寮の友人にタオルを借りてひとまずシャワーを浴びることであったのだが、
しかし友人はタオルを貸すことよりもむしろ管理人を叩き起こして、僕の部屋の合鍵を借用させてくれた。
持つべきものは鍵と強気な友であると再確認した。

そして今僕は自室のシングルベッドのうえにいる。
どうも今日という日は平凡でありながらもやや起伏のある、印象的な日であったと
思ってブログに記録を残すことにしたのであるが、
記録に時間がかかってしまって、
やはり自宅のパソコンをインターネットに接続せねば、
そのために破損したスマートフォンをいち早く修理せねばと
思いを新たにした。

明日の夜はしゃぶしゃぶである。


-----

という日記を昨晩のうちに付けたのだが、
携帯からの制限字数を超えてしまっており投稿できなかった。
今こうして大胆にも会社のパソコンから書きつけてやろうという始末。
やはり、自宅のパソコンをインターネットに接続せねば、
そのために破損したスマートフォンをいち早く修理せねばと
思いを新たにする。

今夜はしゃぶしゃぶである。
[PR]
by kan-net | 2011-06-24 17:59 | 暮らし