カテゴリ:旅( 52 )
Le 14 juillet 2013
Le 14 juillet, c'est le jour spécial de la France pour son commencement de la révolution en 1789 à la prise de la Bastille. C'est la Fête Nationale. Alors j'ai visité Paris ce week-end du 14 juillet, pour y voir la fête et pour voir des étudiants et la responsable du master où je vais étudier à partir de septembre.
7月14日は1789年にパリのバスティーユ牢獄で革命の第一歩が刻まれたフランスにとって特別な日。国民の祝日である。この7月14日の週末、9月から入るマスターコースの学生や先生に会いにパリへ行ってきた。

Samedi matin je me suis levé à 6h et j'ai monté dans le train à Paris à 7h. Je suis arrivé à Paris vers 10h, j'ai trouvé deux japonaises qui étudient à la même école dans le même programme que moi à la promotion dernière et une française qui est la responsible de la programme, puis on a déjeuné ensemble à Montmartre. Ensuite on a marché vers Montmartre, Opéra, Musée du Louvre et etc. Soir j'ai vu environ 10 étudiants du même programme, et nous sommes allés au bal des pompiers.
土曜日の朝、6時に起きて7時の電車でパリへ。10時ごろにパリへ到着、同じ大学、同じプログラムに参加している一年先輩の日本人学生お二人、およびプログラム責任者のフランス人の方にお会いしてモンマルトルで昼食。それからモンマルトル、オペラ、ルーブル美術館などを散歩した。夕方には同じプログラムの先輩10人くらいとお会いして消防団の屋外ディスコテク?へ。

Dimanche je me suis levé tard et je me suis promené avec Noriko qui est la même fille japonaise que samedi dans la rue un peu loin du centre-ville, puis on a visité des places comme la place de la Bastille et la place de la République. Soir tout le monde s'est retrouvé encore et on a vu le feu d'artifice en face de la Tour Eiffel.
日曜日はゆっくり起きてから土曜日から引き続き先輩のノリコさんとパリ中心部から少し離れたあたりを散歩し、それからバスティーユ広場、リパブリック広場などを訪問。夜はまたみんなが集まってエッフェル塔の目の前で花火を鑑賞。

Et lundi matin je me suis levé vers 7h, j'ai pris le train vers 9h, puis je suis revenu à Vichy où mon amie Silja est partie après 10 minutes de mon arrivée. Je suis allé à l'école après-midi et maintenant, je suis ici chez moi, avec mon corp complétement fatigué.
そして月曜日、7時に起きて9時の電車に乗り、ヴィシーに戻ったところで入れ替わりに出発する友人Siljaを見送る。それから午後は学校に行き、現在、疲れ果てて自宅にたたずんでいる。

C'était très très bon week-end à Paris. J'en ai profité beaucoup. Je me suis trouvé d'avoir de la chance parce que tout le monde que j'ai vu était vraiment syampathique. Je n'ai pas encore peut parler bien français, mais ils m'ont donné du temps et m'ont encouragé. J'avais envie de parler plus avec eux, mais j'étais assez timide à cause du manque de confiance. J'ai confirmé que je dois et je veux apprendre au maximum le français avant d'integrer au master.
非常に良いパリでの週末だった。がっつり楽しんだ。お会いした人みんながすごく良い人たちで僕はとても運が良いと思った。まだ僕は上手くフランス語を話せないのだけど、ゆっくりと時間をくれたり励ましてくれたりして。もっと彼らと話したかったけど、自信がないのでちょっと遠慮してしまった。マスターに入る前にできる限りフランス語を習得する必要があるし習得したいなあと再確認した。

En tous cas, c'était superbe !
しかし、よかったわ~!


Sacré-Cœur, Montmartre / サクレ・クール寺院、モンマルトル
e0001193_827827.jpg


Blanquette de veau / 子牛のクリーム煮
e0001193_827167.jpg


Opéra de Paris / パリ・オペラ
e0001193_8272235.jpg


Musée du Louvre / ルーブル美術館
e0001193_8272630.jpg


Hôtel de Ville / パリ市庁舎
e0001193_827315.jpg


Bal des pompiers / 消防団の屋外ディスコテク
e0001193_8273610.jpg


Café à la Gare de Lyon / リヨン駅のカフェ
e0001193_8274515.jpg


Place de la Bastille / バスティーユ広場
e0001193_8274856.jpg


La Tour Eiffel / エッフェル塔
e0001193_8275319.jpg

e0001193_828197.jpg

e0001193_828413.jpg

e0001193_828975.jpg

e0001193_8281370.jpg

e0001193_828191.jpg

e0001193_8404538.jpg

[PR]
by kan-net | 2013-07-16 08:42 |
Excursion en Auvergne (Le Puy) / オーベルニュ遠足(ピュイ)
Hier, je participe le programme culturel de l'école "l'excursion en Auvergne", et vais au Puy-en-Velay et la Chaise Dieu, les vieils villes.
昨日は学校の文化プログラムに参加してピュイ・アン・ヴレとシェズ・デュという古い町に行ってきた。

Au début, nous visitons deux lieux dans la Chaise Dieu. Le premier lieu est la salle d'écho. Cette salle est très interessante. Dans cette salle, on peux parler avec d'autre personne par les coins diagonals. C'est-à-dire, quand on parle à un coin, le mur transmet en diagonal le son à l'autre coin. C'est une salle qui servi pour le medecin à parler avec ses patients à distance.
まずはシェズ・デュの二か所を訪問した。一か所目はエコーの部屋。とても面白いところで、部屋の対角線の角を通して会話ができるのだ。つまり、部屋の角に向かって話すと、壁が逆側の角に音を伝えるという寸法だ。この部屋は医者が患者と距離を保って会話するために作られたらしい。
e0001193_2061657.jpg


L'autre lieu est l'abbaye. C'est un abbaye très très vieux avec l'histoire depuis l'année 1043. Malheuresement, il pleut beaucoup et la restauration est en cours, donc je ne peux pas prendre de belle photo de l'extérieor. Une chose que j'aime beaucoup, c'est le grand orgue. C'est très grand et très beau.
もう一つは大修道院。1043年からの歴史を持つとても古い大修道院だ。あいにく雨が降っていたのと改修が進められていた関係で外観の良い写真が撮れなかった。非常に良かったのはグランドオルガン。すごいデカかったし綺麗だった。
e0001193_2145269.jpg


Après la Chaise Dieu, nous allons au Puy-en-Velay. C'est aussi une vieil ville. Nous visitons à la cathédrale Notre-Dame-de-l'Annonciation du Puy-en-Velay. Cette cathédrale est sur la montagne, et des escaliers de l'intérieur longent la montagne.
シェズ・デュの後はピュイ・オン・ヴレに行った。これも古い町だ。司教座聖堂(?)に行った。この大聖堂は山の上にあって、山の形に沿った階段があった。
e0001193_2063411.jpg


Cette ville est connue aussi avec ses dentelles, et il y a beaucoup de magasins de belle dentelle. Je regrette vraiment que je ne achète pas une, parce que en fait demain est l'anniversaire de ma mère d'accueil! J'avais complètement oublié... Maintenant, je me tourmente pour le cadeau à elle. Oh là là!
この町はレースでもよく知られていて、きれいなレースの商店がたくさんあった。実は明日がホストマダムの誕生日で、レースひとつ買っておかなかったことをひどく後悔している。完璧に忘れていた…。目下マダムへのプレゼントについて大悩み中。おーらら!(フランス風「なんてこった」)
e0001193_2063198.jpg



Alors, à vrai dire, parce qu'il pleut et fait très froid toujours, et l'arrangement de toute d'excursion n'est pas très bien, donc ce n'est pas de très bon jour. Mais je regrette que je ne faire pas de demande à le guide pendant que je ne suis pas content. Quand je participe une autre excursion, je dois être plus fort.
で、本音を言うと、ずっと雨が降っていてすごく寒かったのと、遠足のアレンジがあまり良かったとは言えないので、あんまり良い日ではなかった。ただまんじりとしない時にガイドの人に要求をしなかったことを後悔している。次にまた別の遠足に参加するときにはもうちょっと強気で参加しようと思った。
[PR]
by kan-net | 2013-05-19 21:07 |
Excursion à Moulins / ムーラン遠足
Aujourd'hui, je vais à la ville de Moulins avec mes amies. Je voudrais écrire le journal comme l'excursion à Lyon.
今日はムーランという町に友人と行ってきた。リヨンの時のように日記を書こうと思う。

(Ce journal encore, je vais écrirer au présent et au futur proche, parce que je voudrais m'améliorer avec la progres de la classe. Je voudrais aussi utiliser beaucoup de mots et phrases que j'étudie pour ma révision de la semaine derniere.)
(この日記も現在形と近接未来で書く。授業の進行に沿って勉強したいので。あと先週の授業の復習のために勉強した単語やフレーズを使うようにしたい。)

La ville de Moulins, c'est se trouvé au centre de France. Moulins est le préfecture du département de l'Allier, mais le nombre d'habitants n'est pas très grand: il y a 19590 habitants en 2010. Pour plus d'informations, allez sur wikipedia, s'il vous plaît!
ムーランの町はフランスの中央に位置する。アリエ県の県庁所在地だが、人口はあまり大きくない。2010年時点で19590人だ。詳しくはウィキペディア。

Ce matin, j'ai un rendez-vous avec mes amies à 10:30 à la gare de Vichy, et nous achetons les billets à Moulins. En fait, parce que je n'ai pas beaucoup de liquides avec moi, j'achète tous les billets par carte bancaire et ramasse de l'argent. Après une demi-heure de train, nous arrivons à Moulins.
今朝は友達とヴィシー駅で10時半に待ち合わせて、ムーラン行きの乗車券を買った。実は、僕は現金をあまり持っていなかったので、僕はカードで払って現金を集めたのだが。30分間電車に乗って、ムーランに到着。

La vue devant la gare de Moulins est très ressemble à ça de Vichy. Il y a beaucoup de petite rues agréable et paisible. Je pense que la ville de Moulins est plus petit que Vichy, donc la ville est plus compacte et a moins de voiture. Nous nous disons qu'il y a des charmes de la petite ville, et nous pouvons nous relaxer dons la petite ville comme Vichy et Moulins.
ムーランの駅前はヴィシーのそれと非常に似ていた。居心地のよく静かな道がたくさんあった。僕の考えではムーランの町はヴィシーよりも小さいので、町がよりコンパクトで車が少ないのだと思った。小さい町には小さい町の魅力があって、僕たちはヴィシーやムーランのような小さい町のほうがリラックスできるよねという話をした。

Nous déjeunons au café. Parce que tous les tables dans le café sont ocupé, nous choisissons le table sur la place, devant le café. Il fait frais avec le ciel bleu et gris. Quand le vent siffle fort quelque fois, nous avons froid en fait. Le goût, c'est bon! Nous mangeons doucement pendant environ 2 heures.
カフェで昼食。室内のテーブルが満席だったので、店の前の広場のテーブルにした。空はちょっと曇っていて少し肌寒かった。風が何度か強く吹いて、その時は実際のところ寒かった。味は良かった。約2時間かけてゆっくり食べた。

Nous visitons les églises, les musées et les cafés. La famille d'accueil de mon amie dit qu'il faut prendre le bus à Moulins, mais nous marchons tout le jour parce que nous pouvons et nous voulons marcher. Le promenade dans la ville est très agréable avec le soleil et le ciel bleu l'après midi. Nous profitons beaucoup la ville et le temps.
教会、美術館、喫茶店に行った。友人のホストファミリーは、ムートンではバスに乗るべきだと言ったそうだが、歩けるし歩きたいということで一日中歩いた。午後は日も覗いて青空も広がり、町中を歩くのがとても気持ち良かった。僕たちは町と天気を存分に堪能した。

Ce que je dois raconter, c'est l'événement du soir. Ce soir vers 18:30, nous boirons doucement dans un café. Nous nous disons que c'est bon week-end sans le stress de temps. Nous ne nous inquietons pas l'horaire de train. Alors, quand nous reconnaissons l'erreur, le train part déjà de Moulins. Le prochain train à Vichy est à 21:30. Nous attendons pendant 3 heures? Jamais. Nous décidons de prendre le train à St. Germain des Fossés, la ville à cotê de Vichy, et prendre le taxi à Vichy.
夕方の出来事を書かなくては。夕方の18時半ごろ、僕たちはカフェでのんびりしていた。時間も気にせず良い週末だ、などと言っていた。電車の時刻は特に気にしていなかった。それで、僕らが過ちに気付いたときには電車はすでにムーランを出ていた。ヴィシー行きの次の電車は21時半。3時間待つか?いやいや。僕たちはヴィシーの隣町であるサンジェルマンまで電車で行って、ヴィシーまでタクシーに乗ることにした。

Nous attendons l'arrival du train dons la gare, mais il y un marque bizarre pour le quai dans l'horaire éléctrique. Ce marque, c'est le bus. Nous ne comprenons pas, donc nous démandons à personnel de la gare, et nous comprenons qu'un bus va venir à la place du train. Parce que des gens disent qu'il n'y pas de taxi à St. Germain des Fossés soir en général, mon amie téléphone sa mère d'accueil et elle vient gentiment nous chercher à la gare.
僕たちは駅の構内で電車の到着を待っていたが、電子時刻表のプラットホームのところによくわからないマークがあった。そのマークというのはバスのマークだった。理解できなかったので駅員さんに質問し、バスが電車の代わりにくることがわかった。普通サンジェルマンには夕方タクシーがないと言われたので、友人がホストマザーに電話をして彼女が親切にも僕たちを迎えに来てくれたのだった。

Nous apprenons deux choses importantes pour vivre en France. Numero un, il faut confirmer attentivement l'horaire en avance quand on prend les trains. Numero deux, il ne faux pas éspèrer toujours les trains à la gare. Ce excursion, c'est l'expérience très intéressant. Quand on voyage, on rencontre quelque chose. C'est la raison pourquoi j'aime envoyer.
フランスで生活するにあたっての重要事項を二つ学んだ。一つ、電車に乗るなら前もってしっかり時刻表を確認すること。もう一つ、駅にいるからと言って必ずしも電車が来ると期待してはいけない。今回の遠足はとても面白い経験になった。旅に出ると、何かに出遭う。これだから旅は好きである。


Voici, c'est une photo de la Cathédrale Notre-Damede de Moulins.
こちらムーランのノートルダム大聖堂の写真。
e0001193_1004824.jpg


C'est une photo dans la Cathédral.
大聖堂の中の写真。
e0001193_1005580.jpg


C'est une photo des fenêtres en vitrail dans la Cathédral.
大聖堂の中、ステンドグラスの窓の写真。
e0001193_101196.jpg


Voici, c'est une photo de L'Eglise du Sacré-Coeur
サクレコール教会の写真。
e0001193_101878.jpg


La lumière via fenêtre en vitrail sur le sol.
ステンドグラスの窓を通した光。
e0001193_1011439.jpg


C'est le musée (Centre National du Costume de Scène). Il ne faut pas prendre des photos dans le musée.
美術館(舞台衣装国立センター)。美術館内での写真の撮影は禁止。
e0001193_1011834.jpg


Voilà ce sont des photos dans la rue. Il y a des décorations intéressantes.
道端での写真。面白い装飾がいくつか。
e0001193_1012225.jpg

e0001193_1012833.jpg



(Cette composition (just français) m'a pris environ 2 heures et quarte.)
(この作文(フランス語)に要した時間、約2時間15分)
[PR]
by kan-net | 2013-05-05 11:13 |
Excursion à Lyon / リヨン遠足
Aujourd'hui je suis allé à Lyon. C'est un programme culturel de l'ecole. Lyon est la troisième grande commune de la France. Le numero d'habitants de Lyon est de 484344 en 2010. S'il vous plaît, allez au Wikipedia pour la plus information! :)
今日は学校の文化プログラムでリヨンに行った。リヨンはフランスで3つめに大きなコミューンで、住民の数は2010年で484,344人。詳しくはウィキペディアを見てください。

(Je veux ecrire au présent et au futur proché, parce que je n'ai pas appris les autres en leçon. Et je voudrais essayer utiliser la mots et les phrases que j'apprends dans la leçon. Je voudrais m'améliorer de plus à plus.)
(現在形および近接未来で書こうと思う。他のは授業で勉強してないので。あと授業で勉強した単語やフレーズを使うようにしようと思う。徐々に習得したいと思います。)

Ce matin, il pleut beaucoup, et le vent souffle très fort. Quand notre bus arrive à Lyon, après 2 heures et demis en bus de Vichy, il fait mauvais encore. Je prends mon blouson, mais il fait trop froid. Il fait seul 10 degrés. Mais je suis chanceux parce que il ne pleut pas l'après midi.
今朝はひどく雨が降っていて、風も非常に強かった。ヴィシーからバスで2時間半かけてリヨンに着いたときも、まだ天気は悪かった。寒すぎてジャンパー効き目なし。気温は10度ぽっきり。でも午後は雨が降らなかったので運が良かった。

Matin nous, les participants de l'ecole, visitons les places principles ensemble, et nous nous séparons. Je dejeune avec mes amis de classe, Susanne et Seggie, au restaurant. Nous posons une question à un client qui dejeune a côté de nous, sur un mot français, et nous apprenons le mot "mien(ne)". C'est très drôle!
午前中、学校からの参加者一同は基本的な場所を一緒に回って、解散した。僕はクラスメートのスーザンとセギーと一緒にレストランで昼食を摂った。僕たちは隣で食べていたお客さんにフランス語の単語についての質問をして、「我が物」という単語を学んだ。たいへん愉快であった。

Après midi, je me promène dans la commune, et prends beaucoup de photos. Je vais aussi à l'office de tourisme, pour exercice de la langue française, et je démande le plan de la commune. Je veux essayer le plus, mais je n'essayer pas parce qu'il y a trop de touristes derriére moi. Je vais essayer la semaine prochaine ici à Vichy.
午後はコミューンの中を歩き回って写真を撮りまくった。フランス語の練習でもと思って観光案内所に行って地図をもらった。もっと練習したかったのだが、後ろにたくさん観光客がいたので止めておいた。来週ここヴィシーで練習しようと思う。

La commune, Lyon, est très bon. Il est la commune de histoires et cultures. Il y a beaucoup de belles et vieilles constructions. Je vois beaucoup de restaurants et marchés, mais moins de immeuble de bureaux. Des places pour l'habitants et l'offices se trouvent en nord, à la est et en sud, peut-être.
リヨンは歴史と文化のとても良いコミューンだ。美しくて古い建物がたくさんある。レストランや商店はたくさん見たけどオフィスビルはあまり見なかった。住宅地やオフィス街は北、東、南にあるのだろう。


Voilà, c'est une photo de Lyon. Le ciel est couvert completement. Mais ce vue, c'est beau.
リヨンの写真。空は完全に曇っているけれども景色は良かった。
e0001193_8251049.jpg


C'est une photo de la Basilique Notre-Dame de Fourvière. Je prends cette photo dans la basilique. C'est très belle.
フルビエール・ノートルダム大聖堂の写真。大聖堂の中で撮影。大変美しい。
e0001193_8294572.jpg


C'est une photo d'Hotel de Ville.
市役所の写真。
e0001193_8303039.jpg


C'est un jet d'eau devant l'Hotel de Ville.
市役所の前にある噴水。
e0001193_9192646.jpg


C'est un musée à côté d'Hotel de Ville. Je prends cette photo dans une chambre gratuite pour entrer.
市役所の横にある美術館。無料で入れる部屋で撮影。
e0001193_920439.jpg


C'est une photo pour mon intérêt: le transport. C'est un tramway. Il y a beaucoup de moyens de transport à Lyon, comme le metro, le tramway, le trolleybus, le bus et le funiculaire. Lyon utilise très bien l'espace de le chemin, comme l'autres communes europeans.
これは僕の関心事項である交通についての写真。写真はトラム。リヨンには地下鉄、トラム、トロリーバス、バス、ケーブルカーといった様々な交通手段がある。他のヨーロッパコミューン同様、リヨンも道路空間を上手に使っている。
e0001193_9245991.jpg


C'est une photo de la rue de restaurants. C'est très jolie. J'aime beaucoup ce vue.
レストラン通りの写真。たいへんきれいでこういう眺めは好きだ。
e0001193_9361545.jpg


C'est une photo du pain. Je ne mange pas, mais le personne d'accueil dit que c'est un specialité de Lyon. Quel est ce rouge-là...?
パンの写真。食べなかったけど、付添いの人が言うにはリヨンの名物の一つらしい。赤いのは何なのか・・。
e0001193_9382181.jpg




En fait, cette excursion est très bon. Je voudrais visiter Lyon encore, quand il fait beau!
というわけでたいへん良い遠足だった。実際。天気の良い時にまたリヨンに行きたいと思う。


Une digression. Quand je rentre à la maison, ma mère d'accueille est dans ma chambre. Elle fait le ménage pour moi. Elle et son garçon sont très gentils. Je voudrais faire quelque chose pour remercier eux.
余談。家に帰ったらホストマザーが僕の部屋にいて、掃除やら何やらをしてくれていた。彼女も息子も大変親切で、お礼として何かしたいものだと思っている。

(Cette composition m'a pris environ 2 heures et demie.)
(この作文に要した時間、約2時間半)
[PR]
by kan-net | 2013-04-21 10:57 |
東海道五十三次 まとめ
本日、横浜の自宅に帰宅。東海道五十三次の旅が無事に終わった。

特段の考えがあって始めた旅ではなかった。小さいころに父と福井から奈良までの徒歩旅行をしたのが楽しかったし、自分の歩いた道のりを日本地図で見られるのが嬉しかった。またやってみたい、その時はもう少し長い距離でと思っていた。社会人になり、留学をすることにして、突然まとまった自由時間が手に入った。何をしようかと思ったときに、ふと思い浮かんだのが東海道五十三次の旅だった。

二十日間の徒歩旅行。いろいろなことがあった。荷が重すぎて押し潰されそうになった初日。重荷を下ろして息を吹き返した二日目。箱根に挑んだ三日目。箱根に怯えた四日目。のんびりしだした五日目。静岡の温かさに触れた六日目。安全第一の大人な対応ができるようになった七日目。天候が崩れ出した八日目。どまん中に到達した九日目。津波に襲われかけた十日目。愛知の手荒な歓迎を受けた十一日目。愛知の手荒な祝福を受けた十二日目。愛知の優しさにちょっと触れた十三日目。東海道を逸れた十四日目。三重の押しの強さに圧倒された十五日目。悠々自適旅の醍醐味っぽいのを味わった十六日目。峠で吹雪につつまれ遭難が頭をよぎった十七日目。接触事故の十八日目。式典に備えて温泉で過ごした十九日目。そして思いも寄らない衝撃の結末を迎えた二十日目。思っていたよりも遥かに大変というか過酷だったけど、毎日が波乱万丈、とても楽しい旅だった。

自分の足のみで歩む旅路。なんだか歩き続けていると自分の「範囲」というのがすごく自覚されてきて、今の自分に本当にできること、到達できる範囲に対して正直になれた気がする。ハッタリをかましてもしょうがないというか。自動車や電車、コンピュータやら何やらといった飛び道具が溢れた今の世の中だと、本当に自分にできることが何なのかを自覚することが難しい。定まりにくい自分という存在の範囲をはっきり自覚できたことが、旅の間なんだか自分自身に対して居心地よく感じられた原因の一つだと思う。自転車で旅することも考えたけど、歩きにして良かった。

三条大橋に到達した時、踏破の達成感を味わうというよりも旅の終わりが寂しくて、できることならまだ歩き続けたいと心から思った。旅先で出会う人たちとの触れ合いが楽しかった。家族や友人知人が面白がって見守ってくれたのも嬉しかった。これから先こんな機会が持てるかわからないけど、チャンスがあればまた歩きたいと思う。

京都到着後は大阪の友人夫妻の家で二日間お邪魔させてもらって、今日、新幹線のぞみで東京へ戻った。自宅へは新横浜で下りたほうが近いのだけど、せっかくだからと東京まで。驚異的な速さだった。二十日間かけて歩いた道のり、二時間半ほど座っていたら着いてしまった。なんちゅうこと。そんなに急いでどこ行くの。窓の外の景色は目に全然留まらなくて、僕の歩いた東海道との交差部分で写真でも撮ろうと思っていたのだけど全く歯が立たず、僕は静かにカメラを置いたよ。

いずれにせよ自宅に帰りついたので、いよいよ旅は終わりである。長いようで短いような二十日間の、過酷であり楽しくもあった、東海道五十三次の徒歩旅行。これにて完結。

e0001193_0213637.jpg



-----

旅データ

旅行タイトル:東海道五十三次
旅行起終点:東京・日本橋~京都・三条大橋
旅行期間:2013年1月28日~2013年2月16日(20日間)
歩行距離:約591km(GPS経路データより) (日平均29.6km)
歩行時間:約140時間50分 (日平均7時間2分)
歩数:875175歩 (日平均43759歩)


-----

東海道五十三次 頭出し

東海道五十三次 第一日 日本橋~(1)品川~(2)川崎~(3)神奈川
東海道五十三次 第二日 (3)神奈川~(4)保土ヶ谷~(5)戸塚~(6)藤沢~(7)平塚
東海道五十三次 第三日 (7)平塚~(8)大磯~(9)小田原~(10)箱根
東海道五十三次 第四日 (10)箱根~(11)三島~(12)沼津
東海道五十三次 第五日 (12)沼津~(13)原~(14)吉原
東海道五十三次 第六日 (14)吉原~(15)蒲原~(16)由比~(17)興津
東海道五十三次 第七日 (17)興津~(18)江尻~(19)府中~(20)丸子
東海道五十三次 第八日 (20)丸子~(21)岡部~(22)藤枝~(23)島田
東海道五十三次 第九日 (23)島田~(24)金谷~(25)日坂~(26)掛川~(27)袋井
東海道五十三次 第十日 (27)袋井~(28)見附~(29)浜松~(30)舞坂
東海道五十三次 第十一日 (30)舞坂~(31)新居~(32)白須賀~(33)二川~(34)吉田
東海道五十三次 第十二日 (34)吉田~(35)御油~(36)赤坂~(37)藤川~(38)岡崎
東海道五十三次 第十三日 (38)岡崎~(39)池鯉鮒~(40)鳴海~(41)宮
東海道五十三次 第十四日 (41)宮~(42)桑名
東海道五十三次 第十五日 (42)桑名~(43)四日市~(44)石薬師~(45)庄野
東海道五十三次 第十六日 (45)庄野~(46)亀山~(47)関
東海道五十三次 第十七日 (47)関~(48)坂下~(49)土山~(50)水口
東海道五十三次 第十八日 (50)水口~(51)石部~(52)草津
東海道五十三次 第十九日 (52)草津~(53)大津
東海道五十三次 第二十日(最終日) (53)大津~三条大橋


-----

長々と旅日記にお付き合いいただいた方々、ありがとうございました。なおほとんど指摘なかったですけれども、僕が自分で彫った「寛蔵くん」というのが全ての宿場の写真に入り込んでいます。僕の身代わりのようなものです。実は僕がずっと家に籠って壮大な創作話を展開しているだけなのではないかと疑いを持っていた人がもしいたら、写真に寛蔵くんを探してみてください。いますんで。
[PR]
by kan-net | 2013-02-19 00:05 |
東海道五十三次 第二十日(最終日)
東海道五十三次の旅、最終日。二十日間、500kmに及んだ旅は衝撃のラストを迎える。

起き抜けからひと温泉あびて朝8時50分、いよいよ最後の出発。これで最終日かぁと感慨に浸る暇もなく、降りしきる雪の中を進む。ますます強まる雪の中、一路、京都へ。頭の中にあったのは、「到着式には誰か来るのか」「誰か来るかもしれないから11時55分に到着しよう」ということ。

ただし容赦なく雪に降られていることもあり、どうしても歩みが早い。順調に進めすぎる。進めすぎた結果、三条通りの最終ストレート1.5kmに出た時点でまだ午前11時5分。50分間も余ってしまった。しかし大丈夫、ここは京都だ茶屋の一つや二つあるにちがいないと左右を確認しながら歩き続けていると、するすると三条大橋200m手前に到達してしまった。その時刻まだ午前11時30分。とりあえず引き返して再度確認するもやはり茶屋なし。仕方がないので野党顔負けの牛歩作戦を決行する。

そして時刻を重ねて確認したうえで、いよいよ午前11時50分、京の三条大橋たもとに到達。前の宿場からの距離は約11.7km、所要約3時間、歩数19536歩。ついに終着である!

e0001193_22591859.jpg


長いようで短いような旅路だった。毎日が楽しかった。いよいよ終わってしまったと思うと寂しいよ。

しかし僕には最後の儀式が待っている。到着式である。橋の向こう側を見ると、そこには…既に到着式が開催されている!?慌てて橋を渡るとそこには「東海道五十三次 500km制覇!」の横断幕を掲げる男性と、その取り巻き5,6名の方々。な、なにごと!!デジャヴ!?完全に弥次喜多さん像のダブルブッキングである。

暫く衝撃に打ちひしがれているとその集団の方々は退散していき、そこに残ったのは僕と3人の賓客たち。男1、京都時代のサークル飲み会があるというので偶然京都に来ていたら今朝になって僕の到着式の存在を知ったというY君。女1、motoさんの在学時代の部活後輩でmotoさんから連絡を受けて来てくださったというMさん。女2、実母。

ありがとう!これにて東海道五十三次の旅、完結である!

e0001193_23191922.jpg



感想。いよいよ旅が終わってしまった。怪我なく無事に、楽しく旅を終えられてとてもよかったと思う。到着式は直前にカットインを受けた衝撃はあったが、たくさんの賓客が来てくれ盛大に開催できたことに心から感謝している。

到着式の後、祝宴を行い、茶屋で一服した後に大阪の友人宅へ電車で行った。20日ぶりに乗る電車はとても速く、流れていく景色に目がついていかなかった。あっという間に大阪へ到着。なんと早いことか。衝撃だった。歩くのはのんびりで良かったなと思った。


今日はここまで。大阪の友人宅で今から祝杯の続きなので。また後日、旅のまとめを書きたいと思う。


本日の通過宿場:五十三、大津宿(出発)~京、三条大橋(終着)
本日の歩行距離:約14km(GPS経路データより)
本日の歩行時間:約3時間
本日の歩数:19536歩
[PR]
by kan-net | 2013-02-17 00:12 |
東海道五十三次 第十九日
東海道五十三次の旅、第十九日。いよいよ最後の宿場へ。

旅も大詰めである。粉雪の舞う中で出発したあの日はまだ一月だった。あれから十九日。ずっと眺めていた富士山もいつの間にか背後に姿を隠し、天からは春を呼ぶ雨が数日おきに降り注ぐようになった。人たちの言葉もいつのまにか「ありがとう」から「おおきに」に変わり、宿場の番号も五十を超えた。

やっと、ついに、ここまで来たという満足感。それと同時に僕の胸の中ではむしろ寂しさの方が大きくなっていた。もうすぐ旅が終わってしまう。身体は今もとても痛く、決してラクな旅路ではなかったけれど、なんだかずっと楽しかった。それは自分で進むと決めた道を自分の足で踏み込んでいく楽しさであり、目標へ毎日確実に近付いていく喜びだったのだと思う。こうして日記をつけるにあたってその日一日を振り返り、つらかったことはあっても後悔することはなく、どうやってこの過酷さを面白おかしく紡ごうかなどと睡魔と争いながら考えるのも楽しかった。おかげで結構な寝不足が続いたけれども。

でも僕はこのままずっと旅を続けるわけにはいかない。来週末の友人の結婚披露宴に向けてももクロの練習や打合せをしなくてはならないからだ。だから京都に辿りついたら、今回の旅は終わり。寂しいけれども、始まりあるものには終わりもあるのだ。

みぞれ交じりの雨中を歩きだしたのは午前10時。ゴアテックスのレインウェアに身を包んだ僕の弱点は、毛糸の手袋しか用意していなかった手先、そして靴底4cmまで浸しても大丈夫だが上からの降雨に弱い靴を履いた足先だ。雨が着実に僕を末端冷え症状態へ陥れていくのに対し、グーパー運動で抵抗しながら道を進める。雨脚が弱まってきたころにようやく次の宿場へと突入。木曽義仲と松尾芭蕉の墓がある義仲寺に寄り道しつつ、午後1時50分、第五十三の宿場、大津宿に到達!前の宿場からの距離は約14.3km、所要約3時間50分、歩数23219歩。ついに最後の宿場だーーーっ!!

e0001193_22173861.jpg


と。ここで押さえておきたい事実が一つ。「東海道五十三次」。それは江戸の日本橋から京の三条大橋を結ぶ東海道沿いに幕命により設置された五十三の宿場のことである。すなわち一か所目が出発点でも五十三か所目が終着点でもなくて、五十三次というのは飽くまでも中継地点の数なのだ。ちなみに「次」は「継」からきているらしい。五十三次が五十三泊五十四日の旅路を意味していないことと併せて覚えておきたい。

ということで最後の宿場に到達したものの、最終目的地まではあと一区間残している。京の三条大橋では到着式を催さなくてはならない関係上、今日はこの大津宿にて停留することにした。近くの小山から琵琶湖を望んでみたりぶらぶらした後に、午後3時20分、琵琶湖ホテルに投宿。全室レイクビューが望めて、天然温泉の大浴場を備えた高級ホテルである。到着時、レインウェアにバックパックという僕を部屋までエスコートされたのには参ってしまったが、最後の宿場だ、豪華にしたら良いじゃないか!

e0001193_22413968.jpg



感想。ついに最後の宿場に辿りついてしまった。旅の終わりはもうすぐそこ。本当に楽しい旅だったし、やはり終わるのは寂しい。

でもでも、明日は予期せぬほど多くの友人知人が僕の到着を祝ってくれることになっていると思っているから、僕はそれが楽しみだ!数少ない関西在住の友人知人がことごとく「明日は無理」と連絡をくれる中、どんなに盛大な到着式になるのか、不安と懸念で胸がいっぱいである。

何はともあれ明日の午前中、引き続き安全に気を付けて歩き切り、楽しく旅を締めくくりたいと思う。


本日の通過宿場:五十二、草津宿(出発)~五十三、大津宿(到着)
本日の歩行距離:約19km(GPS経路データより)
本日の歩行時間:約5時間
本日の歩数:28661歩


~お知らせ~

明日の到着式は三条大橋西詰の弥次喜多像前にて正午より執り行います。12:00開式の辞、12:01来賓紹介、12:02到着宣言、12:03在京生の迎える言葉、12:04万歳、12:05記念撮影、12:06閉式の辞。その後簡単な祝宴を予定しております。全員自由参加方式を採用しております。

なお開催場所である弥次喜多像は+35° 0'32.02"N, 135°46'16.75"E、目印はローソン、最寄駅は三条駅および三条京阪駅です。京都駅からは市営烏丸線に乗り烏丸御池駅にて東西線へ乗継ぐと三条京阪駅に出られます。

大阪方面からお越しの方は11時大阪駅発の東海道本線新快速・長浜行をご利用になると良いようです。東京方面からお越しの方は新幹線のぞみ215号(東京駅9時発)、富山方面からは特急サンダーバード14号(富山駅8時18分発)です。お乗り遅れのないよう、どうぞお気を付けください。


e0001193_23114912.jpg

[PR]
by kan-net | 2013-02-15 23:15 |
東海道五十三次 第十八日
東海道の旅、第十八日。旅も佳境に入り、恐れていたことが起きたりするが、終わり良ければすべて良し!

旅館の朝。出発の準備をしていると、旅館の主人が「あの、これ。」と握り飯とチョコレートを差し出してくれた。東海道を歩く人にはいつも握り飯を作ってあげているそうな。チョコレートは「バレンタインデーだから(照)」とのこと。おいさっきまでそこにいた女将はどこへ行ったんだ出てこい、とやや納得できないところもあるが、ありがたく頂戴して、朝9時20分に宿を発つ。

昨日とは打って変わって朝から晴天。身体の随所を労わりながら、のんびり歩みを進める。心なしか荷が重く感じるのは疲れからか、それとも握り飯か、はたまたチョコのせいか。あまり考えないことにして前進を続け、午前12時5分、第五十一の宿場、石部宿に到達。前の宿場からの距離は約13.7km、所要約2時間45分、歩数18526歩。

e0001193_234653.jpg


近くの休憩所で握り飯を食らう。でかい。そして美味い。ありがとうご主人!ご主人…。

e0001193_0181728.jpg


胸が満たされたところで旅路を再開。ここで事件は起きた。というか事故が。

歩いていたのは細い一般道。車が行き違うのも難しいような細い道路ながら、近くの幹線道路のバイパスになっているらしく交通量がけっこうあった。歩車の分離は白線のみで、僕は白線外側で下水溝の蓋上などを歩いていたその時。後ろからきた車両のサイドミラーに右腕を撥ねられた。

思いがけないことに瞬間あっけにとられる。車は何事もなかったように走り去り、ん、何事?と思っていると対向車が止まって「お兄さん当たられたでしょう!?大丈夫!?」と心配してくれた。幸い当たりどころが良かったようで特に痛くもなく無傷だったので、大丈夫みたいです~と答えたら、「デミオの○○○番だったよ!」と教えてくれた。お礼を言って再び歩き始めたのだけど、こういう怪我のない接触事故の場合って警察とかに言うとどうなるんだろう?此処で現場検証がナントカとかになると旅路に支障も出るし、あのデミオがすぐ止まって怪我の確認とかしてくれたらそれで済むことだったのになぁとか思う。

それにしても狭い道路なのによく車が通る。しかもけっこうスピードを出して。一度当たられてちょっと車が怖くなった僕は狭い排水溝蓋のさらに外縁を歩いていたが、電柱がその歩行者スペースを遮ったりしていて安全に真っ直ぐ進むことができない。周辺地域住民たちの日常的な危険が気の毒だ。小さな子を持つ親はこんな地域には住めないだろう。交通計画、交通政策に大いに問題があるなぁと感じた。こんな道路はイカンよ。

e0001193_191118.jpg


接触事故を境にどうにも気持ちが落ち込んでしまった。このまま今日は終えられないぜ!ということで次の宿場町に入ってすぐにあった御菓子屋で甘いもんを食べることにした。うばがもち。うまっ!

e0001193_113372.jpg


けっこう単純に気分は回復して、そのまま午後3時50分、第五十二の宿場、草津宿に到達した。前の宿場からの距離は約11.7km、所要約3時間5分、歩数20273歩。本陣は内部を公開していたので見学もしてみた。良かった。

e0001193_120649.jpg


ところでここ草津は思い出深い地である。あれは凡そ6年半前になろうか、サークルの活動でこの地に降り立った僕とFumiは所用を終えて路線バスに乗りながら、「草津に来て温泉に入らず帰れるものか!で温泉どこ?」と言葉を交わしていたのだった。Fumiが携帯で検索して草津違いだと結論付けるまでそれなりに時間はかかった。消してしまいたい記憶である。

あれから少しは大人になった僕はしかし、懲りずに草津温泉を探すことにした。というのも、例えそれが草津違いだとしても、地球上どこでも頑張って掘りさえすれば温泉は出るものだからである。なので調べてみた。あった!この滋賀県草津市にも草津温泉はやっぱり実在した!しかも本陣のほど近くだったので、その足で向かってみた。本当にあった!

e0001193_1435358.jpg


なんか「Onsen」って書いてあるけど…。恐る恐る近づいて見ると下駄箱なんかもあって、確かに公共浴場のようだ。しかし残念ながら木曜日は定休日、Onsenの実態を調べることはできなかった。その場に長居するとなんだかマズイような気がしたので、足早に立ち去り、午後5時、ホテル大昌草津に投宿した。


感想。事故には遭わないようにと思っていたけど、ちょっと遭ってしまってショックだった。でも全く怪我もしていないので不幸中の幸いだったと思う。残りの道のり、ますます気を付けて歩くことにする。ただ、もし落ち込むようなことがあっても、甘いものを食べたら気分が良くなることがわかった。

ところで2013年の成績は一個(2013年2月15日午前2時現在)であった。それも、たぶん義理である。住所不定状態が響いたか。それを補うためにわざわざ行程を発信し続けたのに、残念な限りである。明日は甘いものを食べよう。


本日の通過宿場:五十、水口宿(出発)~五十一、石部宿~五十一、草津宿(到着)
本日の歩行距離:約28km(GPS経路データより)
本日の歩行時間:約6時間45分
本日の歩数:42047歩


余談。夜は中学時代の大親友であり現在彦根市に在住のYusukeと数年ぶりの再会を果たした。変わらず元気そうで良かった。なかなか滋賀に来ることはないから、本当に今回この旅をして良かった。
[PR]
by kan-net | 2013-02-15 02:22 |
東海道五十三次 第十七日
東海道の旅、第十七日。魅了溢れる三重県に別れを告げて滋賀県へ。若干、予期せぬ形で。

日程に余裕のある現状。ガイドブック上ならば二日半で行く距離に対して僕は三日半を残していたので、今日ものんびり二つ分だけ歩くことにした。そして宿について、当初は夕方まで歩いてから探していた僕だが、最近では旅館の料理を食べたいがゆえに午前には予約の電話を入れるようにしているので、今朝もさっそく目当ての旅館に電話したところ「改装していて休業中」との衝撃回答。周辺に探すも、ない。急遽、今日は三つ先まで進むことに予定変更した。そして若干慌てながら朝9時35分に出発。

心配していた雨は昨晩のうちに止み、たまに雪が降りかかるものの天気予報は「曇りのち晴れ」と言う。レインウェアを着ずに出発していた僕が、何か様子がおかしいと気付いたのは出発して約30分が経過したころだった。前から横からそして下から、激しく吹きつける雪。僕はいつの間にか吹雪の中を歩いていた。それからさらに約30分歩いたところで見つけた観光施設に転がり込んで聞くに、鈴鹿峠の方では朝から吹雪なのだそうだった。山を甘く見ていた。

e0001193_2346586.jpg


レインウェアを着込んで暫し休ませてもらったが、吹雪が弱まる気配は一向にない。意を決して外に飛び出し、午前11時、第四十八の宿場、坂下宿に到着。前の宿場からの距離は約6.5km、所要約1時間10分、歩数8276歩。

e0001193_23445610.jpg


ここから先が、東海道の三大難所の最後の砦、鈴鹿峠の本番である。…のだが、ひらけた舗装道路で猛威を振るっていた吹雪が、この峠道に入ってピタっと止んだのだった。というか外側では依然として猛々しく吹雪いているのだが、この峠道ではほとんど風すらも感じないのだった。最後の難所は確かにきつかったけれども、なんだか逆に僕を守ってくれているような気がして、自然崇拝という思想のあり方に改めて納得した。

e0001193_23583842.jpg


峠の頂点に達したところに三重県と滋賀県の県境標識。そう、ここで三重県とお別れなのだった。数々の魅力を見せつけてくれた三重県、最後には山の厳しさと温かさを教えてくれたんだね。ありがとう三重県、でも最後の吹雪はちょっとやり過ぎだったよ。とは言えありがとう三重県。

そして僕は滋賀県にお邪魔した。峠道は県境で終わり、再び吹雪の中で手荒な歓迎を受ける。体力と体温を奪われる過酷な旅路が続き、この時、僕は人がいかに遭難するのかを知った気がした。休みたいけど立ち止まるとさらに体温を奪われてしまう、でも休みたい。ここで足が出なくなったらアウトなのだろう。僕は、もし動けなくなったところを誰かに見つかって救助車に乗せられてしまうなんてことになったら絶対にイヤだ!まだ車には乗りたくない!という強い気持ちを糧に前進を続けた。

そして午後1時25分、第四十九の宿場、土山宿に到着。前の宿場からの距離は約9.7km、所要約2時間25分、歩数14733歩。このころには次第に吹雪も弱まっていた。

e0001193_0235111.jpg


冷え切っていた僕は近くにあった蕎麦屋に駆け込んで温まった。そこが歴史的な建物を改造した有名な食事処うかい屋で、僕が食べたのが名物の鴨南蛮そばであることは、食べ終わって店を出る直前に知ったのだった。早く言ってよねー!

店を出たころには晴れ間ものぞき始めていた。体調も回復して順調に歩みを進め、午後4時35分、第五十の宿場、水口宿に到着。前の宿場からの距離は約10.5km、所要約2時間35分、歩数17419歩。いよいよ五十番台に到達である。

e0001193_037613.jpg


そして町を少しだけ散策してから、午後5時10分、あや乃旅館に投宿。期せずして長く厳しくなった今日の旅路を終えた。


感想。山の天気は変わりやすかった。まさかあそこまで激しく吹雪かれるとは想像していなかったので不意を突かれたが、最終的には山に守られるかたちで難所を通してもらうなど、完全に手玉に取られた一日だった。これも三重県の最後のひとネタだったのかしらん。

滋賀県の人たちは今のところ三重県ほどの押しはないが、とてもよく挨拶をしてくれて気持ちが良い。しがない旅人である僕に何人もの子供や大人が声をかけてくれる。うちの子もちゃんと誰にでもあいさつできるように育てていきたいと思った。おらんけど。


本日の通過宿場:四十七、関宿(出発)~四十八、坂下宿~四十九、土山宿~五十、水口宿(到着)
本日の歩行距離:約29km(GPS経路データより)
本日の歩行時間:約6時間45分
本日の歩数:43592歩
[PR]
by kan-net | 2013-02-14 03:04 |
東海道五十三次 第十六日
東海道の旅、第十六日。そうそう、こういう旅をしたかったんだ!

朝からぐいぐい押し込んでくるご夫婦をなんとか制して出発したのは朝9時20分。今日の行程には余裕があるので、まず進路と逆方向に位置する昨晩キャンセルしたホテルに立ち寄ってキャンセル料金を支払う。このホテルも小奇麗だし悪くなさそうなのだけど、あの爆笑旅館が相手では運が悪かったな。もし再び庄野に来ることがあれば、僕はまたあの旅館に泊まるだろう。

旅路を進めると東海道を歩いている淑女二人の旅人に追いつくき、しばらくお話をしながらのんびり並歩。天気がもつと良いですねぇ~なんて言っていたらふと「私たち遅いからどうぞお先にお行きくださいね」と言われ慌てて加速。彼女たちも決して遅くなかったので、見えなくなるまで引き離すのにかなりの労力を費やした。すると次第に見えてきたのが屋号札を掲げる家々。亀山市では住民たちが歴史的な町並み保存のための取り組みとして屋号札を手作りして該当する家に掲げているそうな。

e0001193_21594814.jpg


そして午前12時10分に到着したのが第四十六の宿場、亀山宿。前の宿場からの距離は約7.8km、所要約2時間50分、歩数18623歩。ホテルに立ち寄ったりしたので時間と歩数がかかってしまったけど、快適な旅だった。

e0001193_2261872.jpg


この亀山宿とお隣の関宿では2月10日から「東海道のおひなさま」というイベントを合同開催しており、そこかしこの個人宅、商店が所有のお雛様を展示し公開している。屋号札と言い、なんとも趣深い。感心していると旧舘家住宅に行きついた。ここは旅館の女将が勧めてくれていた場所だと思いだし、行程に余裕もあるので入ってみた。中には大小各種さまざまなお雛様が。豪華絢爛。

e0001193_22224475.jpg


ほぉ~とか言っていると管理されている方たちに絡まれる。いすゞ旅館で勧められたので来てみたんです~と言ったら、「あそこの女将、話し出したら全然止まらなかったでしょう!?アタシタチの同級生なのよ!」と大爆笑。つまり僕は昨夜から今朝にかけて、この一帯でも有数のお喋りにつかまっていたらしい。なんだか妙に納得していると、「兄ちゃん昼はもう食べたの?まだならカップ焼きそばあるから食べていったらいいさ!」とご馳走になってしまった。なんて良いところなんだ、三重県。蛤が食べられなかったり食事が冷え切ったりカップ焼きそばを出されたりと、三重県入りしてからなんだかグルメからは縁遠い節はあるが、それを上回る魅力に圧倒される出来事の連続である。

舘家のおじさんから「東海道のおひなさま手形(スタンプ)ラリー」に参加するよう厳命を受けて旅を進める。途中、立派な一里塚を見上げていると通りかかったおじさんが物語を聞かせてくれたり。そして午後2時30分、第四十七の宿場、関宿に到着。前の宿場からの距離は約5.8 km、所要約1時間30分、歩数9680歩。

e0001193_22435961.jpg


この関宿の町並みの素晴らしいこと。歴史情緒の溢れる家々が見事に保存されてずらーっと立ち並んでいる。一里塚のおじさんが「東海道イチの見どころ」と言われたのも頷ける。しかも運のいいことに今は「おひなさま」イベントの最中で、立ち並ぶ家々から覗く煌びやかな装飾がまた何とも美しいこと。圧巻である。

しばらく恍惚とした後、足湯交流施設のお雛様展示場にて最後の手形を手に入れ、手形ラリーの任務を完遂。そしていざ足湯!と両足の裾をたくし上げかけたところ、なんと昨日が祝日だった余波で本日の足湯はお休み。「旅路でやりたかったことランキングトップ5」に確実に入ってくる足湯を敢え無く逃す。無念。

だが気を取り直して同じくランキングトップ3に入る「茶屋で休憩」を行動に移す。ぜんざい!

e0001193_23114243.jpg


そして続けざまに団子餅「志ら玉」!

e0001193_23134548.jpg


くーっ!これぞ、やりたかったことやーーー!!

寒い中、風雨の中、暗闇の中を歩いたり、コンビニでおにぎりを買って昼食を済ませたり、峠で足を滑らせて転倒したり。そんなんじゃないんだよ僕が求めていたものは!茶屋での一服、早い投宿、立ち上る温泉の香り!これこそ僕の求めていたものなのだよワトソン君!

茶屋を存分に賞味し、さらに町並みを堪能したうえで、午後4時10分、関ロッジに投宿。あいにく温泉ではなかったものの大浴場を独り占めするなど、今日はやりたかった旅行像をほぼ実現できたのだった。


感想。人々の持ちネタの多さ、押しの強さだけでなく、町並みやお雛様の趣向まで見せつけられて、三重県のパフォーマンスにはもううっとりである。知らなかったよ、こんなに良いもの持ってたんだね三重!静岡県を抜けるときにも切なさを抱いたものだけど、三重県とも明日でお別れである。まだまだ過ごしたかった。そう思う三重県であった。


本日の通過宿場:四十五、庄野宿(出発)~四十六、亀山宿~四十七、関宿(到着)
本日の歩行距離:約22km(GPS経路データより)
本日の歩行時間:約6時間
本日の歩数:32828歩


なお「東海道のおひなさま」は3月10日までやっているそうだ。

e0001193_23424844.jpg

[PR]
by kan-net | 2013-02-12 23:49 |