カテゴリ:道しるべ( 8 )
パリに戻って1か月が経過
TwitterとFacebookではシレっと書いたけれども、約1か月前の3月29日に東京を発ってパリに到着している。最初の10日間ほどは友人宅に居候させてもらい、4月7日からはパリ17区のワンルームを借りて一人暮らしをしている。パリジャンである。

今回のミッションは、ずばり、就職活動。

昨年12月にフランスの大学院を修了し、帰国して12月末には前職の会社を正式に退職した。2年前、2012年の12月末には上司が「欧州は不景気が続いているし、戻ってくる可能性を残しておいたら良い(そして戻ってこい)」と言ってくれたので休職扱いでの留学だったのだけど、留学を終えてやはり退職させていただいた。転職先が決まっての退職ではない。

欧州の会社で働いてみたいというのは留学を始める時点から思っていた。かねてから、日本は世界地図の右端の国であって世界はもっとずっと広い、その広い世界のうちの中心のひとつと言えそうな欧州で考え方や働き方を見てみたい、と思っていた。21か月間の留学を通してその一端は見られたと思うけど、奨学金をもらって守られた環境で過ごしたこともありフランス社会にしっかり突っ込めたという実感がないし、もともと留学期間中に勉強したかった内容がちゃんとカバーできなかったことも相まって、まだまだやりたいことがここ欧州には残っている。

そんなわけで1か月前からパリに戻ってきて細々と就職活動をしているのだけど、先日、かなり興味深いしおそらくその資格が自分にはあると思われたポジションへの応募が、インタビューまで行き着くこともなく書類審査だけで落ちた。ショックだった。実力はともあれ、書類上はそれなりに強いと思っていたので。

まだ今のところなりふり構わず応募するのではなく、以前から興味のあった会社、知人づてに良い評判を聞いた会社に狙いを絞り、求人情報をじっくり見て応募しているので、そんなにたくさんは出していない。ただこれからどうなるだろうか、どうやら実務経験4年程度を対象とした求人はあまり多くない。しかも前からわかっていたことだけど僕が以前の仕事で最もよく利用していたソフトウェアは日本独自のもので世界的には使われるどころか知られてすらおらず、世界標準のソフトウェアは使ったことがないのだ。

日本に帰れば職に就けるだろうとは思う。現在30歳で海外実務経験もあるので、実は国際機関へも若手採用枠を利用すれば今なら行けるかもしれない。だけどイギリスの建設コンサルタントには書類で落とされた。こういうところで勝負してみたい。学歴も実績リストも大して効かず、結局お前は本当は何ができるのというところ。むしろ労働ビザの関係で会社からしてみればコストになるようなところ。こういうところにどうにか食い込んで、いつクビになるかも知れない環境で、足りない知識と技術を習得し直し、下手な言語を磨き直したい。そして多国籍軍の中で自分をちゃんと位置づけられるようになりたい。それが、次のステップでの目標だ。

自分をどこまで信じられるかという話でもある。自分のことは誰よりも自分自身がよくわかっていて、失望させられた自分もあれば希望を抱かせてくれる自分もある。その上で、ここはどうにか自分への希望を保って、もう一度、何とかしてある一線の上に自分を持ち上げたい。10年物の大仕事、まだ磨けるはずだ。それが途切れた時には、日本に帰るかもしれない。だから暫くは日本のみんなに会えないことを願いたい。でも、皆さんの方から欧州へお越しの際は、是非お声掛けくださいね。

-----

久しぶりに出てきた友人のブログを読んで刺激を受けて何か書こうと思ったんだけど、そちらとは大違いでかなり内省的な記事になってしまった。まあそういうこともあるだろう。
[PR]
by kan-net | 2015-05-02 05:27 | 道しるべ
France, 30 ans et avenir / フランスと30歳とこれから / France, 30 years old and future
C’est un article que j’ai écrit en japonais avant le départ de France le 20 décembre 2014. Je le publie maintenant avec les traductions en français et en anglais.
この記事は2014年12月20日にフランスを発つ前に日本語で書いたものです。フランス語と英語を添えて投稿します。
This is an article that I wrote in Japanese before the departure from France on December 20, 2014. I publish it now with its translation in French and English.

Maintenant c’est un moment important pour moi. Le 12 décembre 2014, j’ai eu le diplôme du master français que j’ai commencé le septembre 2013. Le 12 décembre 2014, il a été mon 30ème anniversaire.
今このタイミングは、僕にとって一つの節目の時。2014年12月12日、昨年9月から入っていたフランスの修士課程を修了。2014年12月14日、30歳の誕生日。
This is one of important moments for me. On December 12, 2014, I finished the master program in France where I had studied since September 2013. On December 14, 2014, I got 30 years old.

Je suis resté en France pendant environ 21 mois depuis l’arrivée du 7 avril 2013. Les premiers cinq mois ont été consacrés pour la langue française. J’ai commencé à l’apprendre au Cavilam de Vichy en restant chez ma famille d’accueil depuis le niveau débutant pour attendre le niveau « acceptable pour faire les études dans un master français ». Ayant attendu cet objectif, je suis ensuite entré dans le master à banlieue de Paris en septembre 2013. Je me souviens très bien que le premier cours de la TIC et transport m’a véritablement assuré parce qu’il a été tout à fait compréhensible, et que le cours suivant du même jour de l’économie de l’environnement m’a fortement frappé avec sa langage pas du tout compréhensible ni sympathique. Désormais j’avais de la difficulté pendant beaucoup de cours, puis les cours ne correspondaient pas forcément à ce que j’avais attendu, alors j’étais vraiment nerveux pendant les premier mois. Après beaucoup de réflexions sur la situation et l’avenir y compris la possibilité de quitter le master, j’ai choisi en décembre 2014 tout de même de le continuer. À partir du juillet 2014, j’ai fait mon stage chez Renault en écrivant mon mémoire basé sur le stage, l’ai rendu à l’école le 24 novembre, puis ai fait la soutenance finale le 4 décembre. Enfin, après 623 jours du séjour en France, je suis parti au Japon le 20 décembre 2014.
フランスには2013年4月7日に到着して以降、約21か月間を過ごした。最初の5か月はヴィシーで語学研修。ほとんど何も話せないところから、ホームステイをしながら語学学校に通い、「大学院で学べるだけのフランス語を身につける」という入学条件をどうにかクリアした。そして9月からの16ヶ月はパリの郊外で大学院生活。初日のITS(高度道路交通システム)の講義は内容的にも言葉的にもほぼ理解できてひと安心したものの、その午後の環境経済学の講義が全く理解できなくてすごく落ち込んだことを思い出す。その後、講義についていけないことも多く、また日本を発つ時に期待していた学習内容が必ずしも満たされないことに、最初の数か月はとても悩んだ。修士課程を辞めることも真剣に考えた後、とりあえず続けてみることにしたのが去年の暮れ。今年の7月からはルノーでインターンをしながら論文を書いて、11月24日に提出、12月4日に発表。そしてフランス滞在623日目の2014年12月20日、パリを発つ。
I spent 21 months in France since my arrival on April 7, 2013. The first five months were for French. I could not at all speak French, so I started to study in a French language school in Vichy and stayed in a host family to reach a level to study in a master in French. Then the master program began on September at a suburban area of Paris. The first class was on ITS (Intelligent Transport System) that I could mostly understand, but the second class at the same day on the economy of environment shocked me a lot with its incomprehensible language. Since then I had lots of difficulties in many classes, and the classes were not always corresponding to what I had wanted to learn, so the first months I had been really nervous. After a long reflection on the choices for the future including a possibility to abandon the master, I chose to continue it on December 2013. From July 2014 I did an internship at Renault with writing a master thesis, submitted it on November 24, and defended it on December 4. And after 623 days’ stay in France, I came back to Japan on December 20, 2014.

Étant honnête et direct, mon premier impression après ce séjour est l’inachèvement de mes études. J’ai vraiment senti que la langue et la pensé sont sans faute liées fondamentalement. Ce qu’on a dit souvent avec des amis japonais est que « on se sent moins capable ici en France. » Une certaine partie de pensé/cerveau serait occupée par l’essai de traiter la langue, peut-être ? Par exemple j’ai eu une réponse très banale et pas du tout intéressante par un prof pendant un cours, mais tout de suite j’ai remarqué que c’était moi qui ai posé une question très banale et pas du tout intéressante. Et tout simplement, l’efficacité des études n’était pas bien à cause de la langue. Une fois qu’on a lu un document avant un jeu de rôle, les autres élèves ont déjà commencé le jeu avant que j’aie lu la moitié. Mes études aussi inefficaces avaient besoin de trop de temps et d’énergie pour que j’étudie d’autres sujets de mes intérêts hors des cours. Enfin, j’ai l’impression de ne pas avoir pu apprendre la plupart des sujets que j’avais envie d’apprendre avant le départ du Japon. Bon, j’ai appris des choses auxquelles je n’avais pas forcément visé au début, tel l’énergie, l’environnement, l’innovation etc., et je trouve que c’était assez important. Mais c’est plutôt l’inachèvement que je sens maintenant. Des gens gentils me dissent que j’ai bien fait en pensant la situation initiale où je n’ai pas du tout parlé français… oui merci, mais, j’avais vraiment envie d’aller au-delà de ça.
正直かつ率直に、振り返って最初に思うのは学習が不完全燃焼に終わったということ。やはり言葉と思考とは本当に密接に関わっていると感じた。友人とよく言っていたのが「自分がすごく馬鹿になっている気がする」という話。言語の扱いそのものに思考作業の一部を占められることになるからだろうか。例えばある講義で質問をした時に先生の返答がすごく一般的でつまらなかったのだけど、よく考えると僕の質問の質が低かったということがあった。またごく単純に言語のために学習効率が悪くもあった。例えば配られた資料を読んだ後に議論をする講義では、僕がまだ半分も読み切れないうちに多くのクラスメートたちが議論を始めたこともあった。そういう学習をしていたので時間はかかるし質は低いし、また講義で学べない興味分野を自習しようと思ってもそんな時間と体力は残っていなかった。結局、日本を発つ時点で学びたいと当初から思っていた分野のほとんどは手つかずで終わってしまったと思う。他方でエネルギーや環境、イノベーションといった、もともと中心には据えていなかったものの関連する分野の様々な概念に触れて重要性を感じ取れたことはとても良かった。でも今は悔しさが先に来る。全く話せないところから始めてよくここまでやったと言ってくれる人が多くいてありがたいけど、もっと超えていきたかった。
To be honest and direct, what I think now is that I couldn’t really achieve my objectives regarding to the study. While the stay, I really felt the strong relation between the language and the thinking. What we said among some Japanese friends is that “we feel to be less capable here in France.” One part of capacity for thinking might be occupied by effort to treat the language, rather than by the issue to think of, maybe? For example a professor once answered my question in a very general and banal way during a class, but after a while I realized that it was because of my general and banal question. Moreover, the quality of study was not sufficient because of my language level. For instance, in a class where we did some discussions after reading texts, I was shocked that others started discussion when I hadn’t read even half of the text. Accordingly my study took too many hours and too much energy to study others subjects out of school. As a result I couldn’t study most of the subjects that I had thought of at the time of departure from Japan. Well, I would say that on the other hand I could learn lots of other related subjects that I hadn’t initially thought of, such as energy, environment and innovation, and they are really important. But for the moment, my first feeling is that “I couldn’t”. Some friends say that I did well considering that I didn’t speak any French at the beginning, but I wanted to go beyond it.

À part les études, j’ai pu regarder les bons points et les mauvais points de la France, puis ceux du Japon comme un objet comparé. J’ai eu beaucoup d’amis de beaucoup de pays qui m’ont permis d’apprendre leurs cultures. Mais il était un peu dommage que je n’aie pas eu beaucoup d’amis français vu que j’étais dans le programme principalement pour les étrangers. J’ai bien profité de l’avantage géographique afin de voyager en Espagne (Basque), en Allemagne, en République tchèque, au Pologne, au Bretagne, en Suisse et en Ouganda. Récemment, j’ai trouvé une carte que j’ai reçue par d’anciens collègues avant le départ du Japon, et un sénior ingénieur m’avait donné un très court message « Apprendre de la culture ! » Je crois l’avoir fait plus ou moins.
学習以外では、今回の滞在を通してフランスの良いところ・悪いところを見て、投影的に日本の良いところ・悪いところを見られたことは良かったと思う。多くの国の多くの友達ができて、その文化に触れられたのも楽しかった。ただし留学生コースで過ごしたことでフランス人の友人があまりできなかったことは残念だった。地の利を活かしてスペイン(バスク)、ドイツ、チェコ、ポーランド、イギリス、スイス、そしてウガンダといった国々へ旅行できたのも良かった。先日荷物を整理していたら、出発前にもらった先輩からの「文化を吸収!」というメッセージを見つけた。たぶん、少しはそれができたのかなと思う。
Besides the studies, I could see some good and bad aspects of France through the stay, and reflectively some good and bad aspects of Japan. It was also nice that I could have a lot of friends from a lot of countries. However it was regrettable that I couldn’t have many French friends as I was in a master program that is principally for foreigners. I enjoyed the geographic advantage of France to travel several countries such as Spain (Basque), Germany, Czech Republic, in Poland, Britain, Switzerland and Uganda. Recently when I was organizing my stuffs, I found a short message from my senior “learn the culture!” I guess that I achieved it more or less.

C’était un grand plaisir de rencontrer mes amis. Je ne peux pas mentionner les noms puisque j’en ai beaucoup et tout le monde est spécial, mais grâce à vous j’ai pu passer de bons moments à Vichy et à Paris. Je suis impatient de vous revoir la prochaine fois. Je vais évidemment continuer à apprendre le français pour ce moment-là.
大切な友人知人と出会えたことは紛れもなく大きな喜びだった。たくさんの人に出会ってみんなに感謝しているので一人ひとりの名前を挙げることはできないけど、パリでもヴィシーでも、本当に皆が親しく接してくれて楽しい時間を過ごすことができた。いつになるかわからないけど、彼らとまた会えるのを楽しみにしている。その時のためにフランス語は継続的に勉強しておく。
I was a great pleasure to have a lot of friends. I cannot mention the names of each one as they are too many and everyone was special, but thanks to them I could have stayed with happiness in Paris and in Vichy. I am looking forward to seeing them again. And, for this motivation, I continue to learn French.

Alors, j’ai obtenu le deuxième diplôme du master en France, et ai maintenant 30 ans. Pour moi, c’était déjà un grand changement d’étape de ma vie quand j’ai commencé le voyage en France il y a 21 mois, donc cette fois-ci c’est la fin d’une phase après le changement. Je suppose pour la prochaine phase de travailler comme un spécialiste de transport dans un conseil européen en ingénierie qui travaille dans les pays en voie de développement. Je suis en train de chercher un travail en espérant une bonne chance. C’est un vrai honore que l’ancien conseil du Japon m’invite à y reprendre un travail, mais pour le moment je voudrais me situer dans un milieu que je ne connais pas encore bien afin d’apprendre d’autres cultures, coutumes et raisonnements.
二つ目の修士課程を修了、30歳。僕の中では21か月前の留学への出発がまず大きな転換点だったので、これはその後の最初の節目と言って良い。次のフェーズで想定するのは途上国開発に携わる欧州の建設コンサルタントで交通スペシャリストとして働くこと。良い会社と縁があることを期待しながら就職活動をしている。前にいた日本の会社からは復帰を誘っていただいているけど、まだしばらくは異なる国の文化や風習、道理の中に身を投じてもっと自分を育てていきたい。
I got the second degree of master, and am 30 years old. For me, it was already a big turning point to come to France for the master, so now this is the end of first phase after that. In the next phase I expect to work as a transport specialist in an European engineering consultant working in developing countries. So I’m recently looking for a job and a good luck. It is a great honor that the Japanese company where I had worked invited me again, but what I want now is to educate myself in an environment that I don’t know in order to learn other cultures, customs and ways of thinking.

En cherchant un travail, je vais me reposer et m’amuser au Japon. La lecture, la promenade, le sport. Je m’intéresse aussi aux travaux à temps partiel dans des domaines que je n’avais aucune occasion de connaitre jusqu’à maintenant. Il faut étudier les sujets que je n’ai pas pu apprendre en France. Le français aussi. Ah j’aime bien voyager. Je suis sûr d’aller à Tohoku, la région frappée par le séisme de 2011. Un voyage à l’étranger avec un sac à dos doit être amusant aussi. Hot Springs, poterie, shakuhachi.. J’ai plein de choses intéressantes ! C’est vrai qu’il n’est pas formidable de ne pas avoir de travail comme un homme de 30 ans, mais je suis très content de cette situation complètement libre.
そうやって就職活動をしつつ、しばらくは日本でのんびりする予定。読書、散歩、運動。これまで縁のなかった業界でのアルバイトも興味深い。フランスでできなかった勉強の補完は必ず。フランス語も。旅行もしたいな、東北には必ず行こう。久々にバックパックで海外を巡るのも楽しそう。温泉、陶芸、尺八…。やりたいことは山ほどある。30歳でいつまでも無職では良くないだろうけど、この自由時間をしばらくは楽しみたいと思ってワクワクしている。
While looking for a job, I would like to take a rest and enjoy Japan. Reading, walking, sports. I am interested in part-time jobs of domains that I haven’t had any opportunity to know up to know. I must learn some subjects that I couldn’t have learned in France. French language also. And I hope to travel. I would go to Tohoku, the region that experienced the earthquake 2011. It must be interesting to travel abroad with a backpack. Hot Springs, ceramic art, shakuhachi.. I have many things to do! It is not really wonderful to be unemployed as 30 years-old man, but I am well satisfied of this completed liberty.

30 ans. Je ne supposais pas d’avoir 30 ans sans travail, et n’ai actuellement aucune choses fixées concernant mon avenir, mais j’ai un esprit libre pour essayer toutes les choses qui m’intéressent. Bon, j’espère tout du même obtenir un travail d’ici en six mois, je dirais. Enfin, je voudrais vivre en essayant toujours quelques choses, en m’amusant bien et en bonne santé.
30歳。無職でこの節目を迎えることはあまり予想していなかったし、実際に今後のことで決まっていることは何一つないけど、これから何でもやってやるぞという気持ち。半年くらいを目途に次の仕事がみつかると良いな。そして何よりこれからも挑戦しながら楽しく健康に生きていきたいと思う。
30 years old. I haven’t imagined being 30 years old without job, and actually I don’t have any fixed plan, but I have a willingness to do anything. Well, I expect to have a job in a half year. And in any case, I hope to continue my life with challenging something in good health.
[PR]
by kan-net | 2015-01-22 23:23 | 道しるべ
スタート時
アメリカに留学し始めた友人がさっそく張り切って頑張っているようだ。まだ正式なスタートは先のようだけど。がんばれよ。無理はほどほどにね。


彼のつぶやきを見ていると、自分のフランス留学スタート時が自然と思い返されてきた。僕のスタート時には2段階ある。2013年4月の語学学校の時と、同年9月の国立土木学校の修士課程の時だ。

語学学校のスタート時は、とにかくやる気が漲っていたと思う。それまで海外出張が多かったとはいえ人生初の海外「居住」という緊張感もあった。そして10年ぶりの習得を目指すフランス語。ブログでは何度か書いている件だけど、僕の同年9月からの進学は「大学院レベルのフランス語習得」というのが条件になっていたので強い危機感も抱いていた。交通を勉強しに来たのに進学できなかったら話にならんじゃないか、と。5か月間という限られた期間で習得することが明確なミッションだった。

なのでこの頃は言葉もできず最も苦労した時期に違いないのだけど、その記憶があまり強くない。苦労は分かっていたことだし、乗り越えないと次がないんだから、やるしかないという気持ちでやっていたんだと思う。そして環境にも恵まれたことも大きい。情熱的で親身な先生のクラスに入れたことが何より良かった。10人程度のクラスの中には僕以外にも3人の若い日本人がいたので学習環境としてどうだろうと初めは訝ったが、みんな真面目に頑張っていて必要以上に日本語でダラダラ話すこともなく(むしろフランス語で話そうとしていた)、結果的には「彼らに負けたくない」という意識を持つことで僕自身もより頑張れたのかなと思う。そうして良いスタートを切れた後は、けっこうちゃんとその良い状態を維持しながら(運にも恵まれた)5か月間の語学学習をしっかり過ごせたと思う。

良いスタートを切ることは大切だ。環境・人間関係がある程度固定された中で、自分という人間の表現をコロコロ変えることは難しい。おそらく心理的に。だから前回の表現を周到することになる。それが良い表現であれ、悪い表現であれ。

修士課程のスタート時は、語学学校のそれに比べて力のないものになってしまったと思う。原因はいくつか思い当たる。一つは単純に「息切れしてしまった」のかなと思う。一段階目の留学5か月間を高い集中力で過ごした後での、二段階目のスタート。日本から出てきたときほどの強いエネルギーは持っていなかったのかもしれない。

二つ目は「語学力と時間の不足」。講義がわからない。そもそも言葉がわからない。なので当然復習をしたいのだけど、グループワークの課題が早速あってなかなか時間が確保できない。グループワークに参加するにも資料を読むにもレポートを書くにも、いちいち辞書を引き、それがまた時間を削っていく。時間がなくて嫌だったのは講義の復習ができないこともあったけど、講義に含まれない興味分野すなわち統計やプログラミングなどを自習する時間をとれないことも大きかった。これについては途中で諦めた。そういうレベルでなく、時間がなかった。その一因に語学力はあったと思う。(非母国語の環境で学習することの限界についてはいずれまた書きたい)

三つ目、最終的にこれが大きかったかなと思うのは、残念ながら「周囲のモチベーション」だった。仲間たちは基本的にいい奴らではある。しかし学習意欲が高いとは言えなかった、初めから。全員ではないが。これに関してはあまり書かない。ただ、周囲の環境というのはやはり影響力があるなと思ったし、それをうまく割り切って自分で突き進めていくほどの力は残念ながら僕にはなかった。特に初期、自分自身に息切れ感があったのもその一因だと思う。

良くないスタートの先に良くない結果があるかと言うとそうとは限らなくて、それなりの成果は得られているけど、良いスタートが切れていたらもっと良い結果になったんじゃないかという思いはある。まだ終わってないけど。まだ終わってないから少しでも成果を高めるため今からもっと頑張ろうと思うけど。
良いスタートを切れなかった時にできることは「切り替え」で、それはたぶん自分の中でスタートを再設定するという作業なんだろうと思う。簡単なことじゃないけど、できないことじゃない。むしろ切り替えを必要とする場面の方が人生の中で多いわけで、これをもっと上手くできるようにならなくてはならない。


最後ごちゃごちゃっとなったけど、遥かアメリカ大陸に想いを馳せて、そんなことを朝から考えたのだった。



写真はアメリカ大陸というだけの繋がりでエルサルバドル。
e0001193_16154469.jpg

[PR]
by kan-net | 2014-08-17 16:17 | 道しるべ
2013年4月7日フランスへの空路にて
成田発パリ行の航空機内にて。フランスに着く前に少しだけ何か書いておこうという気がして、書く。

出発日だからと言ってなかなか吉日とはいかない。数日前から患った風邪はおおむね治ったものの、今朝は悪夢にうなされて起床。空港では強風のため搭乗から離陸までニ時間待機。そしてここ機内ではトイレットペーパーが最後の一巻きしか残ってなかった(なんとか足らしめた!)。さすが仏滅。

今日はシャルルドゴール空港に到着し次第、まずパリ南方のホテルまで移動しなくてはならない。どの電車に乗ればよいのか調べてなかったから、親切そうな人を見つけて教えてもらおう。それからホテルではルノー財団の方とお会いする。到着の確認とあいさつのためにわざわざホテルまで来てくださるなんて、ルノー財団は本当に良い方を雇われたなと思う。今夜はたいがいにして床に就き、明朝の電車で語学学校の町ヴィシーへ向かう。正午に目的地の駅に着いたらホストマザーが僕を迎えに来てくれているという算段だ。午後はゆっくり過ごし、翌日(明後日・4/9)から語学学校へ登校。仏語クラス分けのためのイニシャルテストで木端微塵に玉砕し、明々後日(4/10)から本格的な仏語との日々が始まる予定となっている。

フランス語。19歳・大学2年生の時以来、9年ぶりに語学というものに取り組む。そのプレッシャーたるや。しかも今回は8月末までに大学院レベルの仏語を習得しなければ9月に強制帰国という条件がついている。たくさんの友人知人たちの温かい応援の気持ちを満帆に受けて自ら「僕の壮行会」まで催しておいて、9月に帰国するようなことになったらどうしよう!そのプレッシャーたるや!

今回のフランス語への挑戦は、これまでに僕が仕掛けてきたチャレンジの中でもかなり勝算のついていない部類のものだ。たいていのことを「いやーまあどうにかなるでしょ」と捉えてきた楽天的ぬるま湯タイプの僕だが、今回ばかりはどうにも想像がつかない。なんというか、ここ数年間は「学ぶ」ことは多かれど「習う」ことは限られていて、語学習得では「習う」の脳みそをきちんと使わなくちゃいけないような気がしているんだ。それがどれくらいできるか。こればかりはやってみないとわからない。

ただまあ当たり前のことだけれどもフランス語の習得は飽くまで副次的な目的なのであって、主目的は9月から始まる交通学の再勉強なのだから、ここで足踏みしているわけにはいかんのだ。必ず8月末までに十分なフランス語能力を習得する。そして9月からパリで学ぶ。これは譲れない。

うっすらと期待しているのは、先日の東海道五十三次の展開。初めは思っていた以上に厳しく挫けそうになることもあろう、しかしそこをなんとか気合で押し切る。高い集中力で半分くらいまで邁進してみると意外と貯金ができていて、最終的には余裕のゴールインという展開だ。あんまり甘い期待をするのは良くないかもしれないが、期待してもしなくても乗り越えるべき課題は変わらないのだから良かろう。そうなってくれれば御の字だ。

よしやろう。やるぞ。やる気がみなぎってきた。あ。やる気がみなぎってきたらちょっと緊張してきてしまった。手がちょっとしびれる(いやこれは飲み過ぎか?)。

緊張ついでに言うと、ここ4年間の社会人生活のうち約半分が海外出張だったので日本を離れることには慣れているけど、一度の出張期間はせいぜい3か月程度だったし、その際も現地コミュニティと一定の距離を保ったホテル生活がほとんどだった。なので今回のように海外へ行きっぱなしで棲み込む経験は今回が初めてのことになるという意味でも、ちょっと緊張している。あかん。緊張あかん。空の上でまだ残り8時間あるのにこんなに緊張したらあかん。

他の話を少しだけ。故郷の富山を離れて東京へ移り住んだのが2003年春。そして10年後、日本を離れてフランスへ移り住む日が来た。東京での10年間は驚くようなイベントが特にあるわけでもない平穏な日々だったと思うけれども、結果としての自分の有り様を考えると富山の時点ではちょっと想像しなかったところへ来たなという面白味がある。こんなに土木の視点にハマるとは思わなかったし、未だにリーダーキャラみたいので好き放題やってるとは微塵も想像しなかった。そういう意味で、この次の10年後にはどんな僕になっているだろうと思う。こんなことしたい、あんなことしたいと思うことはいろいろあるけど、また想像もつかない10年後を迎えられたら楽しいな。

2013年4月7日、次なるステージへ。舞台はヨーロッパ、フランス。

これからも楽しく頑張るわい!

むっしゅかん

-----

そしてこの記事をアップロードしようとしているここはパリ。いよいよ着いてます。着陸前、遠方に見えたのはたぶんエッフェル塔だった、のだろうか?とにかく無事に到着した。

飛行機が遅れたためルノー財団の方とはお会いできなかったけど、電話したところホテルまでタクシーを使うことを許可(払い戻ししてくれる)してくれたので、お言葉に甘えてタクシーさせていただいた。甘っちょろくてイカン!と自分自身に思ったりもしたが、最初しばらく慣れるまでは甘えられるところで甘えさせていただけば良かろうと思うことにする。

ホテルに着いたのが20時過ぎだったので今夜は出歩くこともなく大人しく過ごした。明朝の電車で語学学習の地ヴィシーに移動。いよいよだ。がんばるわい!

むっしゅかん
[PR]
by kan-net | 2013-04-08 06:49 | 道しるべ
僕の向き合い方
すでに3月13日ではあるけど、僕にとっての東日本大震災について少しだけ書く。

2年前の3月11日に僕はヨルダンにいて、観光に出ている途中で警察に呼び止められ、警察署の中で現地の臨時ニュース番組を見た。ものすごい揺れの映像と、街を飲み込んでいく津波の映像。仙台空港が水浸しになっていく映像が何度も放映されていた記憶がある。僕はただ呆然と画面を見て、慌てることすらもできなかった。

そんなところから始まっているので、僕はどうしても少し距離を感じているというのが正直なところだ。2011年7月と2012年5月に数日間ずつ東北へ足を運んだが、それらはつまり日本人であり土木技術者であるという立場や役割の意識からくる行動であって、東北大震災という現象を自分自身に内在化することはできていない。さらに春から日本を離れると、東北の復興に関するニュースを目にする機会も減るだろう。このままだと僕の中で3.11は単なる「大変なことがあった日」となり、一年に一度お祈りを捧げるだけの日になっていくかもしれない。

だから僕は、この震災に対して知識・情報の源として向き合い、役立てていくことを頑張りたいと思う。精神的な向き合い方よりも、それが僕にとっては自然だと思うから。土木技術者として、何がこの被害を招いたのか、何があれば被害を軽減できたのか、実際に有効だったツールは何か、復興進度の差異を生む要素は何かなどに注視しできる限り理解し、これからの仕事に反映していきたい。それに僕はこれからフランスで世界各国の留学生とともに学ぶ機会を持つ。その場においてできるだけ多くの仲間たちを作り、この震災の知識・情報を共有することがとても重要だと思う。

フランスへの出発まで少し時間ができたから、もう一度東北へ行ってから渡仏するつもりだ。


-----
東北旅行記録 2011年7月 
東北旅行記録 2012年5月
[PR]
by kan-net | 2013-03-13 22:19 | 道しるべ
フランス留学とその後について
合格通知が旅の途中で、ちゃんと書けていなかったので。


フランス留学の審査に無事に合格することができました。
この春から2年弱、フランスに行って勉強してきます。

1月17日にスカイプで面接を受けて、3週間後の2月7日に結果を受け取りました。
面接で「As soon as possible」で結果を通知すると言われたもので
その日のうちからいつでも喜べるよう準備していたので、待ち疲れたけど、
最終的に合格となって、本当に良かったです。

3月31日(予定)の飛行機で渡航。
最初はヴィシーというフランス中部の町で、ホームステイしながら語学学校に通います。
4月2日には授業が開始。つまり34日後の今頃は1日の授業を終えたころでしょうか。

実は今回の留学審査の合格は「条件付き」になっていて、その条件は
「8月末までに大学院レベルのフランス語を習得していること」。
大学の1,2年生の時(つまり10,9年前)に第二外国語で勉強したことはあるけど、
それ以降でフランス語に触れる機会は皆無。
それを4月からの5か月間で「大学院レベル」に持ち上げるというのだから大仕事。
やるしかないのでやります。(※ダメだったら強制帰国です実際)

無事に条件をクリアできたら9月からパリ郊外に移動。
Ecole des Ponts(国立土木学校)にてルノー財団が提供するTraDDというプログラムに参加します。
交通を軸に経済・環境分野も含む総合的学習で、修士課程に対応する学位がつきます。
期間は短くて16か月ぽっきり。2014年の12月中旬に修了予定です。

つまり。
・2013年4月~2013年8月末 ヴィシーにてフランス語の学習
・2013年9月~2014年12月中旬 パリ郊外にて交通の学習
です。


その後については未定ながら、おそらく年末年始に久々に帰国した後、
年明けに再度渡航して就職活動をすることになろうかと思っています。
日本以外の視点・スタイルでの、仕事や途上国との向合い方に触れたい。
フランス系にこだわらず、その時点での自分の思想に合わせて考える予定です。
今のところ欧州系コンサルで4,5年、それから国際金融機関で3,4年とかどうだろうかと
漠然と考えています。

そうすると、ここらへんで今からおよそ10年後、38歳あたりを迎えることになります。
ここからの身の振り方がちょっと難しいのだけど、漠然とした可能性の話としては
やはり会社を作るというのがひとつ。途上国で働く会社。
各分野で活躍する旧友を集めて何かできたら面白いねという話で、
さほど具体的に考えてはいないけど、それにしても、これからの10年間で
既存組織に頼らず独り立ちできる実力をつけるという意識の目安になるので
とりあえずこれを頭に描いておこうと思っています。
(友人の皆様もそのつもりでよろしくお願いします。2023年ごろです。
何か面白いことできるようになっておいてください。イリュージョンとか。)

先のことはわからないので、その時々で柔軟に計画も変えていくつもりだけど
何しろ自分に自信を持って楽しみながら生きていきたいし、
自分のやることで人が笑顔になってくれることを常に目指しながら、
こんなような計画でいろいろと頑張っていこうと思う次第です。


日本にいるのは残り32日間程度ですがまた遊んでください。
[PR]
by kan-net | 2013-02-28 02:29 | 道しるべ
28 新しい挑戦の年 / year for new challenge
(I wrote some words below, for friends in abroad)

28歳になりました。ありがとうございます。
家族はもちろんのこと、友人、知人、会ったこともないたくさんの人たち、
たとえば社会インフラの維持のため汗水たらしている人たちや、本の著者たち、
などなど、あらゆる人たちの影響を受けて、支えてもらって、
今この28歳の自分という人間ができてきているわけで、本当に、感謝です。
おかげさまで28歳になりました。今後ともよろしくお願いします。

で、この際なので27歳の振り返りと28歳の意気込みについて。

まず27歳の1年間はいつもと同じようにいろいろ良いこと・悪いことあったけれども
総じて見ると運に見放された1年間でした。
いくらもがいても脱出できなかった。厳しい1年間だった。

でもそんな1年間は今の自分を見つめ直す機会になりました。
やりたいこと、やりたくないこと、大切にしたいこと、どうでもいいこと。
この1年間を乗り切るために、方向性をより明確に見定めることが必要だったと言えます。
それで、ここに偶然も加わって、見えてきたのが次のステージへの挑戦という答え。

28歳は、新たな挑戦、ちょっと大きめな挑戦をする年にします。
2012年限りで今の会社を休職し、
2013年春からのフランス留学を目指すことにしました。
約2年間の、交通分野の修士プログラムです。1月に出願します。

休職という形ではあるけど、あちらにいる間に就職活動して、
できれば留学のあとには欧州のコンサルタントに就職したいと思っています。
そしてさらに先には、まあすでにいろいろ考えているけど、
その頃にはまた様々な選択肢が出てくるだろうから、今こだわりはしない。

いずれにせよ、世界の笑顔に貢献する。
世界トップ1割、ゆくゆくはトップ10の笑顔職人になる。
そうありたいと思っています。

経緯とかいろいろ、もっと整理したいのだけど、とりあえず今はこれくらいです。
まだまだ未熟者な僕ですが、皆様、今後ともよろしくお願いします。


Dear friends,
Today I'm becoming 28 years old, and now I start my new challenge.
・I'm going to have a long leave from my company, from next year.
・I'll apply to a scholarship program in France, to start my second master course study. It will take 2 years.
・Then I hope to join an European consulting company.
This is my plan at this moment. So, now it's time for new challenge.
Thanks all, for every support, every word, everything. Please let us keep in touch, even light touch, then I shall definitely meet you in Japan or France or your place or any other place in the world. It is one of my biggest pleasures for traveling around, to meet you and talk with you!
With best best best regards,
Kan
[PR]
by kan-net | 2012-12-14 01:15 | 道しるべ
道、か。
自分が将来取り組みたい仕事を考えたときに、
たぶんそれは「道」に関する仕事なんだろうと思った。最近。
道。道路。
しかも歩道つきの。

おそらく学部4年の11月にバリアフリーの研究をしにハノイに行って
道ばっかり見て何もかもわからなくなって帰った経験に多分に影響を受けていると思う。
道は少なくとも経済と文化と人権と環境に強く密着しているように思えたのだが、
それをじゃあどう整備したら良いのか、まったくわからないぜ、おいおい、
しかし実際にはエンジニアがぺぺっと設計して決まってしまう、
ということに強い問題意識を抱いたものである。

道だけに固執するわけではないけれど、こうした体験もあって
やはり「道」は自分にとっての大きなキーワードなのだろう。
あと「文化と経済と人権と環境」。多いけど。

そういえば以前ゼネコンの人に「好きな構造物は何?ダムとか。」と聞かれたときにも
なんてことなく「道」と答えたことがあった。
そのころは自覚がなかったけど、やっぱりそうなんだな。道なんだな。


自分のキーワードが見つかったのは、なんとなく嬉しい。祝杯でもあげよう。
[PR]
by kan-net | 2008-02-25 02:30 | 道しるべ