カテゴリ:仕事( 55 )
無事です
滞在しているホテルの近くで爆発が発生しました。
僕と僕の同僚たちは無事です。


http://www.thenews.com.pk/latest-news/4712.htm

http://public.dawn.com/2010/11/11/bomb-blast-at-cid-building-at-least-five-killed.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101112-00000006-jij-int
[PR]
by kan-net | 2010-11-12 02:12 | 仕事
折れる男
今日はまた衝撃的なことがあり、

「あー!やってらんねー!」

と声に出して言ってみました。


声に出したからといってすっきりしなかった。意外と。

先輩からは「折れるな!折れたらあかん!」と言われましたが
もう折れてる。折れてるー。



あーでもあと10日だ。あと10日だーー。



粘る男。
あ、納豆たべたい。



とか言いながらウイスキーをあおる男。




ところで問屋について前回書いたんだけど、RSSに問題があったようです。
リンクだけ貼っておくので、よかったらご確認くださいませ。

2010年10月31日 そうか問屋よ
[PR]
by kan-net | 2010-11-05 04:09 | 仕事
週末に向けた気合
今週末は、

1.交通調査結果の初期分析
2.ジャカルタ業務の完了
3.ハリキリ通信

やっときたい。


よっし。




こちらでの仕事については、いろいろと思うところはあるけど、
イライラしたって仕事はむしろはかどらなくなっちゃうだけなので、
心を無にして現状を飲み込み、
そのうえで仕事を最適に進めていく努力をしよう。
という方針を固めてなんとかやってます。

なお心の中で細目をすると、なんとなく心を無にしたような気分になれます。
目を閉じてしまうと思考してしまうので、閉じきらないのがポイント。
[PR]
by kan-net | 2010-10-09 05:26 | 仕事
今日も酒を飲む
日本から持ち込んだ黒霧島を飲みながらぼんやりしている。
流れるBGMはClub Jazz Digs Lupin the Thirdとかいうやつ。




パキスタンにジャズが似合うとは特に思わない。




パキスタン渡航も3度目、これまでにも様々なことがあったが、
今日ほどガッカリ失望させられた日はない。


昨日まで一緒に計画を立てていたローカルコンサルの背信。
「それはお前が勝手に進めた話でこちらは承知していない」
よくもまぁそんなことをいけしゃーしゃーと言えるものだ。
まったく、本当に耳を疑った。言葉も出なかった。
会社として人としてあまりにも酷すぎる。
これまでも大小さまざまな嘘をつかれ裏切られ続けてきたが
今回のは過去最大級の失望。

こんな会社と協力して仕事を進めていくなんて難しすぎるし、というかほぼ不可能で、
もともと彼らのおかげで積み残された仕事は五万とあるというのに
やる気が根こそぎ削がれてしまった。
彼らと仕事したくないし、しても完遂できないと思う。


そんなこと言ってないでやらなくちゃいけないんだけど。



やるけど。




・・・飲んで寝よう。
[PR]
by kan-net | 2010-10-05 05:04 | 仕事
酒を飲む
日本から持ち込んだ黒霧島を飲みながらぼんやりしている。
流れるBGMはClub Jazz A La Mode Terzoとかいうやつ。



パキスタンにジャズが似合うとも思わないが、
4月の初回渡航のときによく聴いたせいか、どうもこのBGMが一番しっくりくる。


パキスタンには国産のビールがあります。
イスラム教国であるのにビールを生産するというのは理解しがたいですが、
イギリス統治時代の遺産なのだそうです。んなこといったって理解しがたいです。



どうも疲労感とストレスが溜まっている。
昨日から腕や足の痙攣が始まりました。
休んだほうが良いと知りつつ、今日は酒を飲まねばならない。飲まねばやっておれん。


パキスタンで仕事をしていくだけで十分なのだが、
どうも神か仏か小麦粉か何かはそれでは飽き足らぬらしく、
ジャカルタの追加業務を授けてくれました。期限まであと10日。


しかしちゃんと遊んでるんです。
先週末はカラチ市の辺境の町役場の人に誘われて「ピクニック」に行ったし
明日もローカルコンサルに誘われてクリケットに行く予定になっている。
それらはそれらで楽しい。
しかし身体は疲れる。時間はなくなる。




何はともあれ、ああ、こんなことを書きたくはなかったのです。

今日は僕の敬愛してやまないコンクリ研の先輩の結婚式の日でした。
ハード系に疎く引け目を感じていた僕が研究室に入り込んでいくきっかけをつくってくれ、
毎日のように様々な面倒を見てくれ、僕の就職後もちょくちょく一緒に飲んでくれる、
もし彼に連帯保証人になってくれと言われたらついついなってしまうかもしれないような
それくらい敬愛する先輩の結婚式の日でした。

お祝いに行けないかわりに電報を送ろうと考えていたけど、送りそびれてしまった。。

とにかく今日は、だから、とても嬉しい日なのであって、
すなわち今こうして飲んでいる黒霧は祝杯なのだ。そうなのだ!

そう考えると良い気分。もっと飲もう。

あー本当に嬉しいことです。
俺は今モーレツに嬉しい!!




まとまらないけど、つまり、
とても嬉しいという気持ちと、疲れとストレスとが今ここにあり、
そして今ここに酒があり、それを飲んでおり、
それが祝杯なのかはたまた自棄酒なのか、
その答えは祝杯であった、という、そういうお話だった。
ということにしよう。


こんなに話がまとまらないのは趣味じゃないんだけど、
なんだかもういいや今日は。
[PR]
by kan-net | 2010-10-03 03:40 | 仕事
4%っとれん
1週間の日本旅行の後すぐにカラチへやってきて、
朝から晩までローカルコンサルタントと会議とかしつつ、
夜や休みの日にはジャカルタや東京から追いかけてきた仕事に対応。



やっとれん。


という思いが、4%くらいあります。
つかれたよーくたくただよー温泉つかって畳でゴロゴロぼんやり日々を過ごしたいよーおーい酒!
というやつ。





でも意外と68%は納得していて、


やりましょう、やらせていただきましょう。


好きでこの業界に身を投じ、やりたいと思っていたことに近いことをやっている、
という納得感。





残りの28%は


これなの?これなのか?


「やりたいと思っていたことに近いこと」だと思うけど、そもそも「やりたいと思っていたこと」って
「世界が平和で幸福で美しい様子になるようできることする」というところで、
これであってるんだろうかという思いはある。
さしあたりできることしてるけど、できることでしてないこともあるし、
できるようにならなくちゃいけないこともたくさんあるんだ。(←平仮名ばかりで読みにくい)





総じて、(←早くも総じちゃう)

68%の「やったりましょう」という単なるノリが優勢勝ちでありながら、
28%の「これなの?」という疑問感と4%の「やっとれん」という一次的感覚が
追随・共存している心理状態というのは比較的バランスのとれた良好な状況と思われ、

まことに吾輩は物事・状況をぐびっと飲み込んで良いように咀嚼解釈する生き物なのだな、

と一人感じ入るとともに呆れ返る次第。




そんな今日は、だから、
朝から晩までジャカルタや東京から追いかけてきた仕事に対応しているのでした。
やっとれん。
[PR]
by kan-net | 2010-09-19 21:04 | 仕事
とりあえずカラチ
「とりあえず生」ならぬ
「とりあえずカラチ」。

(なんたる差!!)



ジャカルタの残務、日本の業務、疲労感、
全部詰め込んで
とりあえずカラチに戻ってきました。
早めに積み残しを消化してカラチに切り替えていかないと。



今朝、親に電話したら
「お前どうなっとるのかよくわからん」と。
なんたる偶然、僕も最近少しそう思っていたところ。
さすが血のつながりを感じました。




今回のカラチは2ヶ月間。一連のカラチは今回でラストです。
[PR]
by kan-net | 2010-09-16 05:27 | 仕事
伊豆へ
水曜日の朝に帰国しました(Fromジャカルタ)。
来週の水曜日の朝まで日本にいます(Toカラチ)。

今回のジャカルタは初めての業務だらけだった。
そこで、能力の不足を補うために時間と体力をあてがうという
いつも通り得意の戦略を展開したところ、
たぶんそれ自体はある程度まで功奏したのだけど
四月から出張続きの身体のほうが
「あかん、あきまへん」
とはんなり風に音をあげて止まないので

(ここまで前置き)


温泉めざして伊豆に来ました\(´∀`湯)


ジャカルタの積み残し業務を連れて…( -_-)



疲れた身体をいたわりつつ、かつ
次の出張までに積み残しを消化するには
僕にはこの手しか残されていなかったのです。

ほら、かつての文豪たちもよく
旅館に身を寄せて静養しながら書いてたでしょ。
そういうこと。


現在、修善寺駅前のそば屋にて
ビール片手に川端康成の「伊豆の踊子」を読んでます。
もうすぐ宿行きのバスがくる頃。
一泊の予約だけど二泊にするかも。もはや三泊という噂も。


ああ温泉が僕を待っている。


ちょっと休んできます。
[PR]
by kan-net | 2010-09-10 14:22 | 仕事
やりきった感と悔しさ
甲子園の話じゃありません。(←タイトルね)



先月の9日からジャカルタに来てます。
明々後日の夜便で7日に帰国します。
(なお15日からまたカラチに行きます。。)



民間案件に参加させてもらい、
やったことのない業務をもらったことのない契約金額でやることになった。
(契約金額の85%は会社に吸収される。。)
業界としては小さい3人という調査団のうちの1人として、1ヶ月間、
既存調査のレビューから解析、改善提案そしてそれらのレポーティングまで
責任を持ってやらせてもらえたのはとてもいい経験になったと思う。


が、しかし、まあー力不足を痛いほど感じた。


なんとか形にはなった。けれども、
8割のところまでの成果は半分の期間で出せていたのに、
そのレポーティング過程でその倍くらいの期間を費やした。

結局、最終成果の形を初期のうちに見越せなかったのが響いたと思う。
早期にザックリと答えを出そうと大まかなストーリーで進めたものの、
成果品に繋げるためにはしっかり論理を積み上げる必要があって、
後半は当初のストーリーの修正・見直しの連続。
細かい話としては、報告書で使える図表が全くできていないこととか。
そこに英語力の不足が相まって、後半は毎晩のように夜なべしても
ずっと前から見えている答えすら表現できないという、
大変なもどかしさ、情けなさを味わった。

加えて、自分でなんとかできる、なんとかしなくてはという思いで
球離れが遅くなってしまい、周りの方々に迷惑をかけたりもした。

1ヶ月間でどうにかと焦ってしまって、冷静さを失っていたと思う。
やる気がすごくあったのだけど、それも空回りしてしまった感じ。


経験不足というのもすごく影響したんだろうけど、
経験が浅いから仕方ない、というのはすごく抵抗があって、
やっぱり悔しい。力不足を改めて自認させられる1ヶ月間だった。


この経験を活かして、もっと力をつける必要がある。力をつけたい。
そう強く感じた。




ってこんな話、多くの人にはつまらない話だろうけど、
自分自身として大事なことだったので
ちょっと時間ができた今のうちにと思って書いてみた。
それなら自分個人の日記につけやがれという声が、、聞こえないよーだ。

残り3日間、残ってる仕事もたくさんあるのでまた頑張ろう。


ちなみにハリキリ通信というものは本気で張り切っている時には
書けたもんじゃないということを改めて確認しました笑
2月のカンボジアと同じだ。




----- 


以下、上の記事がつまらなかった人の機嫌を伺う写真集。

まだ時間に余裕のあった第一週末に
友人を訪ねてジョグジャカルタへ飛んだときの写真です。



プランバナン。ロロジョグランとかちょっと聞いたことある感じ。

e0001193_2214114.jpg





雰囲気でてる。

e0001193_2371096.jpg





へんな風に組まれちゃった。

e0001193_2244194.jpg





王子対決。知る人ぞ知る。

e0001193_229515.jpg





ところ変わってジャカルタ。
イスティクラル・モスク、お祈りの合間。東南アジア最大。広い。

e0001193_230780.jpg





イスティクラル・モスク、外。一マスずつに入ってお祈りするそうだ。

e0001193_2302732.jpg





おしまい。

e0001193_2435731.jpg

[PR]
by kan-net | 2010-09-03 20:18 | 仕事
今あるものリスト(カラチ時間27日23時現在)
帰国を間近に控え、入れ替わりでカラチ入りする先輩ともろもろの連絡を取り合っている。
先輩はラマダン期間を含む2ヶ月間を当地で過ごすことになるので、
生活環境に関連する情報は重要だ。

そこで「こちらに今あるものリスト」というのを作って送ってあげた。
若手4人がのべ6回の渡航を経てカラチに運搬した物品の数々(多少の現地入手も含む)。

我ながらつぶさ。

----

こちらに今あるもの(カラチ時間27日23時現在)

・お徳用味噌汁20食(かつおだし長ネギ汁6、いりこだし豆腐汁6、こんぶだしわかめ汁8)
・マルコメ君味噌汁6食(わかめ3、油揚げ3)
・マルコメとん汁 生みそタイプ 5食
・野菜スープのもと(現地モノ)3食
・尾西の梅がゆ 梅の風味の、やさしいおかゆ 1食
・味の素KK梅がゆ 肉厚の梅干しを丸ごと入れました。 4食
・おとなのふりかけ焼鮭 1袋
・おとなのふりかけおかかごぼう 1袋
・お茶漬けのり だしの味にこだわった、旨みの強い海苔茶漬けです。5袋
・食物繊維入りこんぶ茶8本
・ほうじ茶 いつでも、どこでもお湯かお水に溶かすだけ!12本
・抹茶入り玄米茶 いつでも、どこでもお湯かお水に溶かすだけ!12本
・緑茶 いつでも、どこでもお湯かお水に溶かすだけ!12本
・緑茶煎茶 水でもお湯でも注ぐだけ 5本 
・緑茶ティーバッグ ティーバッグのひもや個包装を省くことによりコストを下げました。 40袋マイナスいくつか
・つまみ種 源泉10種類 豆がおいしくなりました!6袋詰
・ハッピーバリュー チーズ鱈 1袋
・焼足するめ 北海道近海産真いか使用 1袋
・亀田の柿の種わさび 2袋
・しょうが飴 特製 辛味絶佳 0.5袋
・ホールズリラックスハーブ のどと体にやさしい 1袋
・Marie Biscuits Queen of Biscuits 1箱
・KitKat ChunKy New Foil Fresh 1本
・ポカリスエット 1リットル用5袋
・黒霧島 1.2リットル前後
・黒伊佐錦 0.6リットル前後
・大分むぎっ娘 0.1リットル前後

----

我々がこちらの食生活にたいして如何に怯えて入ってきたかがよくわかる笑。



ところで食品のパッケージってよく見てみるとすごく面白い。
「緑茶」と「緑茶煎茶」が相討ちしてるチャンスなのに
「緑茶ティーバッグ」は何を思ったか明後日の話をしている。
「梅がゆ」対決は、「梅がゆ」である以上わかりきった情報にかかずらわっている尾西を
「肉厚」「丸ごと」という魅惑の2フレーズで味の素が大きく引き離した。
「つまみ種」、豆以外の9種類はどうなった!
「ホールズリラックスハーブ」、喉は体の一部です。
ていうか「ホールズ…」と言われてもそれが飴だなんて全くわからないけど、
「ポカリスエット」はその味まで誰でも想起できる。これがベテランの貫禄というやつか。
[PR]
by kan-net | 2010-07-28 04:58 | 仕事