カテゴリ:仕事( 55 )
ラクダと道路標識
リクエストにお応えしてラクダさんの写真。


より美しく映るよう顔の向きを少し工夫しました。ラクダが。
e0001193_1011767.jpg



とか言っておいて、実はもうラクダの写真はないので、以下ラクダに関する写真。

デザートハイウェイにて。
e0001193_10134477.jpg


お気づきか。
e0001193_1014919.jpg



そしてそして、もうラクダに関する写真すらないので、以下、道路標識つながりで。
しかもこれ、ヨルダンじゃなくてもうエルサルバドルの写真になりますが。

道路標識あれこれ。

牛です。
e0001193_10163127.jpg


猫です。
e0001193_10165752.jpg


ウサギ出ました。
e0001193_10173053.jpg


カメついてきました。
e0001193_10174666.jpg


人馬一体です。
e0001193_1018431.jpg


変な格好。
e0001193_10184589.jpg


でも撃っちゃダメ。
e0001193_1019260.jpg


そして野放しにしているとこういうことが起きます。
e0001193_10333724.jpg



五月雨式につまらない写真を失礼しました。
e0001193_10294914.jpg

[PR]
by kan-net | 2011-04-24 10:37 | 仕事
ヨルダンのお写真
それでは宣言通り、ヨルダンのお写真を公開。


ぺトラ遺跡

エル・カズネ(宝物殿)。『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』でも登場。
e0001193_230078.jpg


エド・ディル(修道院)。
e0001193_233571.jpg


見晴らし。
e0001193_3155560.jpg


番猫。
e0001193_2345337.jpg


躍動カメラマン。
e0001193_2394348.jpg


躍動カメラマン2。
e0001193_240548.jpg


筋肉番付カメラマン。
e0001193_2403211.jpg



ワディラム

ワディラム。
e0001193_2364466.jpg


ワディラムの夕日。
e0001193_23754.jpg


ワディラムの夕日に映える岸壁。
e0001193_2373460.jpg


ワディラムの夕日に映える男。
e0001193_2385381.jpg


ワディラム縦横無尽。
e0001193_2553560.jpg



仕事もしてたんです。

住民説明会。
e0001193_2593770.jpg



乗り継ぎ待ちのバンコクで。

ショッピングモールで。
e0001193_33419.jpg




如何に日々苦労しているか、ご理解いただけましてありがとう。
[PR]
by kan-net | 2011-04-23 03:09 | 仕事
レジでの一幕
気分転換にスーパーへ行って買い物をした。
レジで会計していたら後ろの客がおもむろにポイントカードを出してきて、
「お前の買い物も俺のポイントに加算させろ」。
どっちでも良いんだけど、男の横柄な態度が気に食わなかったので断ると、
「なんでお前はポイントカードを持っていないんだ(ばかじゃないのか)」と。

一瞬言葉を失っているとレジの女がポイントカードをさっと取りあげて
「いいわね(彼のポイント入れるわよ)」。


うーん、アラブ。

なじめない。
[PR]
by kan-net | 2011-02-24 06:35 | 仕事
ヨルダン、ジェラシュとかの写真
昨年12月と今年2月に撮った写真より。



ジェラシュ、列柱
e0001193_6244932.jpg



ジェラシュ、教会跡
e0001193_6261744.jpg



ジェラシュ、円形広場
e0001193_6274098.jpg



ジェラシュ、円形劇場
e0001193_6292341.jpg



アンマン、円形劇場
e0001193_6442471.jpg



アンマン、巨大国旗
e0001193_6444879.jpg



マダバと死海の間、ハママトマイン=温泉
e0001193_6451476.jpg



けっこう良い湯でした。


---



年配の先輩が日常会話の中で「よしんば」と言う。
渋い。僕も遣いたい。
しかしいきなり「よしんば」から始めるのは若干ハードルが高い。
「いわんや(~をや)」から始めよう。




ところで再び昨夏のジャカルタ案件の追加業務が入った。
「ヨルダンから帰国した後(3月下旬)ででも対応してもらえるか」とのことだが、
当然お断りだ。せっかくの日本旅行は温泉と相場は決まっている。

帰国の前にやりきることにした。
うまくやれば何とかできるはず。うまくペースを上げていこう。


気分転換になるので、ブログもそれなりのペースを維持するつもりです。
[PR]
by kan-net | 2011-02-22 07:39 | 仕事
生活に変化くわわる
最初この記事のタイトルを「新しい生活はじまる」って書いたのだけど
あとになってなんだか大げさすぎるような気がしたので変更しました。


---

これまで1ヶ月間はサービスアパートの一室にひとり暮らしだったのだけど、
今日から先輩が同居しはじめた。これから約3週間の同居生活が始まる。

昨年の12月にも違う先輩と1ヶ月間の同居生活をしていた。
先輩と同居なんて窮屈で嫌なものかと思っていたけど、普通に楽しく過ごせた。
むしろ家族以外の人と初めて同居することで
自分の生活習慣の変なところ、だらしないところなどが見えたりして
期間もそう長くないわけだし、良いものだなぁなんて思ったりもした。
もちろん先輩の人柄のおかげだと思う。
今回の先輩もとても良い人なので、楽しく過ごせそうだ。

その先輩を含めてここ2日間で3人が現地入りし、調査団員の人数が倍増した。
事務所の雰囲気も活気付き、後半の1ヶ月が始まったんだなという感じがする。

そんな2月20日。



なおその先輩はもともと3週間ほど前には現地入り・同居開始する予定だったのが
少しずつ日程を先に延ばしてきて今に至ったという経緯がある。
他方、僕の住んでいるサービスアパートには寝室が二つあり、
ダブルベッドの寝室と、シングルベッドが無駄に2つ入った寝室なのだが、
今にも先輩が来られると思って僕はずっとシングルベッドの寝室を使っていたのだった。
このまま誰も来なかったらあまりにも自分が不憫だ、よよよ
と思っていたのだけど、今は先輩が入って時差ぼけを調整している。よかった。


なおその先輩が日本からの土産物や託送品などを持ってきてくださったのだけど、
託送チョコレートは特にないようだった。おや?


なお今日は風が強く、雨が降っているのにどこか埃っぽい感じがする。
こんな日は砂漠の国にいるんだな、と思う。


デモでけが人が出たらしいけど、そこんとこ大丈夫かな?」と現地スタッフに聞くと、
『お前そういうの気にしすぎ、平和や言うとるやろドアホ』という表情を浮かべながら
「Don't worry sir, Jordan is very peaceful as I told you before」と言われた。
なんだか表情と言葉が一致しているように思えたけど、口調は穏やかだったので、
また何かコネタを仕入れたらそのつど質問していこうと思った。
[PR]
by kan-net | 2011-02-21 06:31 | 仕事
仕事の現状のはなし
仕事が順調だ。

さすが身を粉にして日々尽力しているだけあって、
ほしかった成果が続々と出てきている。

↑ということが起きてほしい。まだ起きていない。

残り約1ヶ月、がんばらんと。


--


今日は現場の道路脇に座り込んで交通量カウント調査をした。
カウントしながら車のボンネットでチキングリルの昼食をとった。

1万年以上の文明の歴史をもつヨルダン渓谷において、
車のボンネットでチキングリルの昼食をとりながら交通量カウント調査をした日本人は、
私です。


--


社会人になったら仕事の仕方であったり技術的なことなんかも
自然と身につくやろーと思っていたけど、全然身につかない。
きっとそれは、自分も周りも出張ばかりしているのも大きいと思っている。

そこに、先週から交通計画のベテランの先輩が現地入りされている。

2年目終盤に訪れたチャーンス☆

いろいろ聞こう。いろいろ勉強させてもらおう。フンッフンッ(鼻息)
[PR]
by kan-net | 2011-02-18 07:30 | 仕事
アンマンは大丈夫
エジプトのムバラク大統領が辞任した。

ここヨルダンはエジプトとご近所さんで、アンマンとカイロの距離は500km足らず。
とはいえ今のところ街の様子も落ち着いているし、
反響が飛び火するようなこともないだろう、と思っている。

こんなニュースもあったけど、今のところたぶん大丈夫。↓
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20081229-507405/news/20110210-OYT1T01023.htm


今度のエジプトでの一連の出来事に対してすごく違和感を抱いていたのだけど、
その理由になんとなく思い当たった。
のだけど明日は仕事だしもう夜遅いから書くとしてもまた今度にする。

そう、明日は仕事なのです。だって平日だもん。

といっても今日も自室で仕事してたけど。目が痛い。目がー目がー。



気分転換に外出していたら、信号待ちしているところで物乞いに遭遇した。
パキスタンのカラチでは殆どの信号に何人もの物乞いが待ち構えていたものだが、
ヨルダンで遭遇した物乞いはこれでやっと2人目。
たいした産業もないし失業率も高いのに、物価がけっこう高い、不思議な国だと思う。

物乞いのお婆さん、外は寒く(6度とか)大変そうだったので、心ばかりのお金を渡した。
[PR]
by kan-net | 2011-02-13 07:39 | 仕事
木曜日の夜の想い
こちらヨルダンでは金曜日は休日。
金曜日・土曜日が週末。日曜日は平日。

なので毎週木曜日の夜、そうちょうど今くらいになると、
「あー日本の皆はそろそろ起きて仕事に行くころだけどこっちは明日休みだよーだムハハ」
と優越感に浸る。(もちろん毎週土曜日の夜には劣等感に浸る。)

それが。それがです、奥さん、
なんと日本は明日祝日だとか言うじゃない。

なにそれ!なにその3連休!!
こっちに残されたの劣等感だけじゃん!


こちらの昼1時(日本の夜8時)に日本の同僚から来たメール↓
「その件については週明けに連絡します」

なにそれ!こっちより早く休みに入って、こっちより遅く出てくるわけ!?
僕なんか悪いことした?そんなに恨まれるようなことした?
いかんぜよ…いかんぜよ大久保ドン!
(あ、西郷ドン元気かなー)


かくして木曜日の夜が更けていく。


---

今宵は愛するちかちゃんの博論公聴会終了を讃えて祝杯をあげている。今。

いつもお酒を飲んでいるように思われがちな僕。
たしかに飲み会ではビール日本酒焼酎ワインウイスキー構わずいくらでも飲むし
パキスタンでは毎日ひとり日本から持ち込んだウイスキーを飲んでいたけど

実は今回のヨルダン出張ではお酒を控えている。
特に理由はないのだけど、今年度ここまで計約8ヶ月間をイスラム圏にて過ごしてきて
日常生活におけるお酒との距離感が少し開いてきたのかもしれない。


不思議だったのはイスラム教国であるパキスタンが自国でビールを生産していること。
国名に「Islamic」が入るようなパキスタンで国産ビールとは、あら意外。

しかし飲める場所は極端に少ない。
カラチ市内で知る限り、手ぶらで入って飲めるのはアバリホテルと韓国料理屋のみ。
他のレストランで飲みたければ自分で持ち込むしかない(それでも断られる店もある)。
ではどこで入手できるか。

牢獄を思わせる鉄格子のついた狭い窓の向こう側から買うのです。
市内のちょっと薄暗いあたりにいくつかそういう牢獄があって、
不届き者と、腐敗した警察、あと僕がコソコソと買いに通う。
いやはや、本当に薄暗い世界だったなぁ。


ここヨルダンはキリスト教とも因縁の深い国だからそんなコソコソしなくても
ちょっと大き目のスーパーの一角であったり街角にリカーショップがあって
正々堂々と買って、正々堂々と飲むことができる。
今日はちかちゃんのお祝いのためにヨルダン国産ビール「アムステル」を
正々堂々と4本買ってきたぞ。
いやはや、ちかちゃんほんとお疲れ。おめでとう。現在3本目。
[PR]
by kan-net | 2011-02-11 06:02 | 仕事
アンマンのお写真など
なんと12月10日になってしまった。
僕の季節感は7月くらいで止まっているのに、まさかの12月10日。


仕事がきわめてテンテコマイではあるけど、
ようやくなんとか年を越せそうな兆しが見えてきた。
この週末は少しゆっくりと身体を休めよう。

それにしても昨日、突如として大量の髪が抜け落ちて
ほぼ禿になる夢を見たのは何だったんだろう。
…否、夢は夢だ。




仕事がテンテコマイな割りに、
市内やプロジェクト対象道路沿いになかなかの観光名所があるので、
ヨルダンに対する見識を深めるため、折に触れて現地視察を実施している。
そのときの写真を掲載。


-----


ホテルからの朝の眺め。坂が多くて遠くまで見渡せます。

e0001193_6141485.jpg





ペラ遺跡。紀元前7000年だそうです。疲れてて坂を登れず、遠目からの一枚。

e0001193_665126.jpg





アンマン城の、ヘラクレスの門。町の真ん中にあるステキ。

e0001193_621254.jpg





アンマン城の、ヘラクレスの門。青すぎる空。

e0001193_653843.jpg





死海。みんな浮いてます。図らずも、僕、浮くのは得意でした。

e0001193_64339.jpg

[PR]
by kan-net | 2010-12-10 06:15 | 仕事
ついてます
そしてアンマンに来ました。
中東ヨルダンの首都アンマンです。


11月14日夜にカラチから帰国した後、
11月19日夜に東京を発って、
11月20日朝からアンマンに来ています。

12月29日夜に東京に帰る予定になってます。



なかなかどうしてアンマンはいいところです。
外出のときに警察官に警備してもらう必要もないし、
むしろ見知らぬ人たちも愛嬌を振りまいて笑顔で声をかけてくれる。
こちらが申し訳なくなるくらいに我々が快適に過ごせるよう便宜を図ってくれる。

今のところアンマンの責めるべきところは見つかりません。
むしろすでに好きになりつつある。
最近までいた国と比較すると天と地の差です。



とりあえず現在地について遅報でした。元気にしています。
がんばるよ。情熱持って、良い仕事したいと思う。
[PR]
by kan-net | 2010-11-24 05:38 | 仕事