カテゴリ:仕事( 55 )
サイゴンのしめやかな宴
ベトナムは飲みゅにけーしょんの国。

帰国前日の昨夜、交通調査の再委託先ローカルコンサルタント4人と飲みに行った。

よく、日本人とベトナム人とで「飲み会」をすると、
さかんに「もっ はい ばー よー!(1、2、3、ダーッ)」と声をかけて
一気飲みだとか半分飲みだとかする流れになるのだけど、
今回は違っていた。

ひとりが杯を前に出す。周りも従う。コツンと合わせる。終わり。特にかけ声なし。

おー。ベトナム人もけっこうしめやかに飲むんやな。と。
そんなに日本での普通の飲み方と変わらんちゃ変わらんな。
…と単純に思っていたのは序盤だけで、やっぱり途中から少し様子が違うとわかった。

①ひんぱん
この、誰かが杯を前に出したのに従って乾杯するという方式、の、実施頻度が高い。
五分に1度はやってたんちゃうか。

②きっかけなし
誰かが面白いこと言うとか、話の切れ目とか、そういう明確な区切りがなくても
唐突に誰かが杯を差し出して、コツン。

③みちづれ
終盤になると食事もほぼ済み、ただ飲むだけという段階になるわけだが、
その段になると完全みちづれシステムに移行する。
誰か一人でも杯を手にした時点で、「お、おまえ飲むのか、じゃあ」つって、コツン。


静かに、しかし着実に。
少人数だったから体験できた飲み方だったかなぁと思う。味わい深い夜だった。


ちなみに食事では魚介類、特に貝類がふんだんにふるまわれた。
2010年のパキスタン出張依頼、どこへ行っても大きく腹を壊していないのだが
今回は大丈夫だろうか。食べてから10時間経過してるけど、今のところ異常なし。

今から現場に出て、夜行便で帰国します。で今回のベトナム出張30日間おわり。
ではまた日本で。
[PR]
by kan-net | 2012-04-11 08:23 | 仕事
小さい地球
メキシコからエルサルバドルへの飛行機の窓から。
e0001193_1252292.jpg




於エルサルバドル。

日本、インド、日本、アメリカ、エルサルバドル、メキシコ、エルサルバドル。
怒涛の2011年9月をなんとか乗り切った。

飛びすぎて、時計の時間をいじりすぎて、
自分が今どこにいるのかわからなくなってしまったりしている。
今、エルサルバドルにいて、10月2日の夜10時である。
ついこの前までインドにいたんだけどな。


不思議だ。
こんなに短期間にあちこち行き来できるなんて、地球って小さいんだな。
この小さい地球で、70億の人間が、
全然違った環境の下、全然違った生活スタイルで暮らしている。
飛行機を乗る前に話した人たちと、降りてから話した人たち。
全然違う、着ている服、話す言葉、顔の作り、体型、性格、肌の色。

昨日は現地視察でエルサルバドルとホンジュラスとの国境へ行ったけど、
幅40mそこらの小さい川に橋がかかっている。それが国境。
その川の向こう側とこっち側というだけで、違う国。

向こう側がホンジュラス。
e0001193_12554388.jpg



本当に不思議。

豊かな国、貧しい国。対立しあう国。友好も対立もなくお互い認識すらない国。

「国家とは!」みたいな難しいことを考え始めると、難しくて大変なんだけど、
なんとなく、70億人の人たちって本当すぐそこにいるご近所さんなんだなと。
思うのだった。

ご近所づきあいって、大変だったりするけどね。



(というか2011年10月31日に世界人口が70億人に到達する見込みだということを
この記事書くのでちょっと調べて初めて知りました。70億人かぁ。
国連人口基金東京事務所プレスリリース
[PR]
by kan-net | 2011-10-03 13:48 | 仕事
小さい地球の写真
お写真。(Twitterからの再掲多)


インド(9月1日~20日)

チェンナイ市内。
e0001193_356241.jpg


Traditional Mutton Rogon Jash(マトンに香料をきかせた伝統的なカレー)
e0001193_13232598.jpg


マハバリープラムのヒンドゥー寺院。世界遺産。
e0001193_132448100.jpg



日本(9月20日~21日)

成田空港。台風15号の影響で出発が1時間早まった。
e0001193_13285696.jpg



アメリカ(9月21日~22日)

アトランタ。乗り継ぎ。
e0001193_13301349.jpg



エルサルバドル(9月22日~24日)

サンサルバドルのカプチーノ。
e0001193_13313810.jpg


イロバスコに遊びに行ったらパレードやってた。
e0001193_13325359.jpg


イロバスコのカテドラル。
e0001193_1344254.jpg



メキシコ(9月24日~30日)

メキシコシティのカプチーノ。
e0001193_13372426.jpg


地下鉄。
e0001193_13381485.jpg


太陽のピラミッド。世界遺産。
e0001193_1339451.jpg


ソカロのカテドラル。世界遺産。
e0001193_1341405.jpg

[PR]
by kan-net | 2011-10-03 13:48 | 仕事
インド残り50時間
いつの間にか、今回のインド滞在は残り50時間くらいになってた。
けっこうやること残ってるなぁ…いかんいかん。

今回の出張中は、人にお勧めの本を聞いてしまったり
読まないといかんなーと思う本があったりして、
10冊もの本をAmazon購入してしまったー。
加えてラーメンズのDVD-Boxの2本目も購入してしまったーよ!

やー帰国が楽しみだーーー!
しかし読めないままの本がまだまだ増えていく。全部は持っていけないし。。


****

エルサルバドル行きのフライトが先日やっと確定して
20日の15時45分に日本に着いて、
21日の15時50分に日本を発つことになりました。

すなわち日本滞在時間を24時間05分ほど確保できることとなり、
ああ、良かったなぁ。24時間いれて。と。


****

最近は11月12日のADYF祭りの準備をほんの少しずつ進めている。
仕事(業務)ばかりしていると考えなかったようなことなども
考えたり調べたりすることになって、リフレッシュになって良い。

あと英語の勉強と統計の勉強をちょっとずつ始めた。
日々カレーを食べて、ちょっぴり刺激的な生活ができているかなぁという感じ。


****

先週このブログを見に来てくださった方が急増した件について。
こーんな感じで跳ね上がっていたみたいです。

e0001193_2254216.gif


何がどうなってこんなに跳ね上がったのか全然わからないんだけど、
とにかく昨日は以前の水準(19アクセス)まで落ち着いてきてくれたので、
きっと単なる偶然なのだろうと思うことにした。。


****

ツイッターでおもむろに短歌を呟いたりしているのだけど
こないだのが自分の中でなんとなくお気に入り。

『インドにてBBCを聞きながら落語の本を読んでいる夜』

なかなか良いんでない。
[PR]
by kan-net | 2011-09-18 02:52 | 仕事
どんな仕事をしているのか
先日「なにをしているのか」という悩める記事を書いてみたら
どうしたことか、いつもより多くの人が読みに来てくれたようである。

(僕のブログは一日平均13人、記事を書くと25人くらいの大きさです。
 それが先日はなんと49人!ちなみに東北へ行った記事の時は59人でした。)

このブログでこれまで仕事に関することは断片的にしか書いていないので、
「結局どんな仕事しとんがー?」という質問は何度も耳にしてきた。
なので先日の記事は、「やっと書いたか」と読みに来てくれた人がいたのかもしれない。

ものすごく間が悪かった。です。苦笑



ということで観念して「結局どんな仕事しとんがんか」を書こうと思った。ふと。
書く作業を通して「なにをしているのか」に対する答えにも近づけるかもしれない。


以下。


サラリーマンをしている。民間企業の、入社3年目の社員。
業界としては建設コンサルタント。業種としてはサービス業になる。
会社の中に国内部門と海外部門とがあって、1年目から海外部門に所属している。

海外部門の仕事は主に日本のODA(政府開発援助)に関するもので、
途上国の開発を支援する事業、例えば道路建設、上水道整備、電力開発などの
計画、調査、設計、施工監理(、維持管理)を、政府の委託を受けて実施する。
もちろん国際機関や民間企業からの仕事を受注することもあるけど、
うちの会社はまだまだ日本ODAが多いようだ。

(なおこうした途上国の開発支援の仕事を請け負うコンサルタントの業界として
「開発コンサルタント」という呼び方がある。
僕の会社の海外部門は「建設系の開発コンサルタント」といったところかと思っている。)

僕の所属は道路交通のうち、特に交通計画の部隊。
なので計画・調査フェーズの仕事が多い。
交通渋滞のひどい都市部や、移動時間がかかってしょうがない都市間などに対して、
どのような対策を打つべきかを検討し、提案する。
例えば都市の外側に新しくバイパスを作ることを提案したりする。
そのために、交通の現状を把握するべく交通調査をしたりしています。

↓パキスタン、カラチでの交通量調査の様子。みんなで交通量を数えてる。
e0001193_3523135.jpg


「現状の交通がこうで、交通量は今後の経済成長に伴ってこれだけ延びると予見されて、
したがってこんな道路事業が何年までに実施されることが望ましい。」
といったようなことを提言するのが、僕の仕事。

業務では必ず設計専門家やその他の人たちと一緒に「調査団」を形成していて、
費用と効果、環境社会配慮等の観点から成立する道路整備を提案するまでが、
調査団としての一括りの仕事になっている。

調査は8カ月間~1年間程度の期間での委託を受けることが多く、
10名程度の調査団員が入れ替わり立ち替わり対象国に入って業務を実施する。
僕自身は1~2カ月間ずつ2,3回に分けて入ることが多い。

国や案件によって求められる専門性が異なるので、
調査団はそのつどメンバーが変わり、他社とJV(共同事業体)を組むことも多い。

そういう仕事を、している。


そういう仕事なので、海外出張が多い。

1年目
・計63日間(年17.3%)
・3渡航:フィリピン、カンボジア、カンボジア
2年目
・計275日間(年75.3%)
・6渡航:パキスタン、パキスタン、インドネシア、パキスタン、ヨルダン、ヨルダン
3年目(11月10日予定まで)
・計160日間(年71.7%ペース)
・4渡航:エルサルバドル、エルサルバドル、インド、エルサルバドル+メキシコ+エルサルバドル
累計(11月10日予定まで)
・計498日間(52.3%ペース)
・13渡航
・8カ国:フィリピン、カンボジア、パキスタン、インドネシア、ヨルダン、エルサルバドル、インド、メキシコ



といったところか。



厳密でないところ、違和感のある箇所がいくつかあるけど、
ざっと書くとこんなところです。
[PR]
by kan-net | 2011-09-10 04:41 | 仕事
なにをしているのか
世界飛び回ってますよーすごいでしょー

みたいなことを昨晩書いたばかりだけど、
それの何がすごいんだろう。何もすごくない。

それで何をしているっていうんだ。



疲れてるな。でもこういうことを考えたい。
考えるだけじゃなくて、勉強しよう。
無力感を抱いてるから、こんなこと考えるハメになるんだ。
虚から実へ。実を追及しなくては。
[PR]
by kan-net | 2011-09-08 04:08 | 仕事
9月の動き
このところツイッターをそれなりに使うようになってきて、
あまりブログを書いていなかったけれども、
ツイッターはドドドーっと文字が流れ去ってしまうので
ちょっとしたことはやはりブログに書くのが良いと思う。

ということで9月の動き、というか、自分の居場所について書きます。

今は、とりあえず、インドにいる。
インド南部の都市、チェンナイ。旧名称はマドラス。

大都市という触れ込みだったけど、これまで見た限りでは
「人のたくさんいる雑然としたところ」という感じだな…。
運転手に「スーパーマーケットにつれてって」とお願いしたら
超ちっぽけな個人商店に連れていかれて、看板に「SuperMarket」と書いてあった。。
ホテル周辺の歩き回れる範囲には個人商店が無数に散在しているだけで、
どうにもこうにも、手も足も出ないという感じ。
あまり、趣があるわけでもなく。。

と、インターネットで検索するとCity Centerというモールがあるらしいので
今度はそういうところに行ってみよう。
雑然に支配されているのは僕のいる地域だけかもしれない。

という感じで、チェンナイにいます。インドです。

e0001193_356241.jpg



ここで、この前後の動きをおもむろにまとめます。

7月16日:帰国(エルサルバドルから)
*7月17日~8月31日(47日間):日本(東京、横浜、東北、京都、富山)
9月1日:出国
*9月1日~9月20日(20日間):インド(チェンナイ、バンガロール)
9月20日:帰国
9月21日:出国
*9月21日~9月23日(3日間):エルサルバドル(サンサルバドル)
*9月24日~9月30日(7日間):メキシコ(メキシコシティ)
*10月1日~11月10日(41日間):エルサルバドル(サンサルバドル、サンミゲル)
11月10日:帰国

実は7月中旬から8月にかけての47日間の日本滞在は
2010年4月以降でみると2010年7月の28日間を大きく引き離して
ダントツ第1位の長期滞在だったのでした。
…とは言えそんな恩恵も受けられず、ずっとインド調査の契約締結を待ち続けるため
今か今かと出社し続けていた私は哀れな子羊。
まあそれは、いいや。

9月20日からの動きが圧巻。
いちおう、9月20日は夕方に日本に着いて、日本で一泊します
そんで9月21日の夕方の便で、エルサルバドルへ飛びます。
9月22日の早朝にエルサルバドルに到着して、
9月24日の夜の便でメキシコに移動。
9月30日の夜の便でメキシコを発って、エルサルバドルに戻ってくる。
という予定。

今が9月7日の未明だから、2週間後にはそういう動きが始まってるわけ。か。
インドと日本の時差は3.5時間、
エルサルバドルと日本の時差は15時間、
インドとエルサルバドルの時差は11.5時間なので、
時計の針をグルグル回しているうちに目が回ってしまいそう。

9月はそんなわけで、
●日本→インド→日本→エルサルバドル→メキシコ→エルサルバドル
という4カ国、述べ6カ国巡りを決行。
せっかくだから乗り継ぎを入れると、
●日本→タイ→インド→タイ→日本→アメリカ→エルサルバドル→メキシコ→エルサルバドル
という6カ国、述べ9カ国巡りになるのだ。

すごーい。なんとなく楽しい感じになってきた。
いくら海外出張が多いと言えど、ここまでダイナミックな動きは
今回が初めてなので、なんだかゾクゾクワクワクするのです。

そんな、インドの夜更け。



==追記==

2007年にインドへ行った時のブログ記事がありますのでリンク。
やっぱりなんとなく、デリーの方が整然としていた気がするんだよね。

インド2日目
帰国しました
[PR]
by kan-net | 2011-09-07 04:28 | 仕事
短期出張もう終盤
エルサルバドルにいます。

今回は短期出張で、たったの15日間。
そのうち3日間は移動日に充てられるので、
実質的な現地での作業日は12日間。

あっという間に残りの現地作業日は2日間(水木)になってしまった。
時差ぼけと戦い、現地踏査で草むらと戦い、すったもんでいたら、
残り2日間。

あーりゃまっ

やり残しを作らないように、ちと頑張らねば。ちとまずいです。




そんなわけですからブログトップの画像を変更しました。
サンミゲル現地踏査で撮った写真。
この木、何の木。

e0001193_1522338.jpg

[PR]
by kan-net | 2011-07-13 15:26 | 仕事
頑張った一週間とサッカー
エルサルバドル出張、残り10日間。
(日本着は11日後の6月15日夜。)

いよいよ仕事の状況が緊迫してきたということで、
先週一週間は気合いを入れなおして、がんばりました。
なんとか、ある程度は遅れを取り戻した。と思う。
残りの期間で精度を上げて、レポーティングをして、帰国します。



そんな頑張った一週間の締めに、土曜日はサッカーをしてきました。
エルサルバドルで出会った仲間たちのチームに混ぜてもらって。
対戦相手はサンミゲル医療関係者?のサッカーチーム。30分ハーフ×2。

このところ睡眠時間が平均3時間程度だったうえに、
30度を優に超えるサンミゲルの灼熱グラウンド。
いつ倒れるか、いま倒れるかと思いながらピッチを這いずり回りました。

しかしこれが意外と這いずり回れた。
対戦相手オッサンのえげつないスライディングタックルにあっけなく倒されながら
後半にはチーム3点目となる得点をマークし、3-2の勝利に貢献しました。たぶん。

実はサッカーには5月上旬にも参加させてもらっていて、そこでも1点とっていたので
なんと2戦連発の2点目となります。これはチームにとって不可欠な存在!たぶん。
「エースストライカー」と呼んでくれて構わないです。はい。
昨日は女子チームのメンバーも多く来ていて、ゴール時には黄色い声援が飛んで
たいへん気持ちが良かったね。

参加させてくれたハラペーニョスの皆さん、ありがとうございましたm(__)m



試合後はそのままサンミゲルの現地調査をして、首都サンサルバドルに着いたのは夜。
写真はサンサルバドル行きの車中、完全に体力が底をついて魂が出ていったの画です。
いやはや、体力を使いきった一週間だった。残り10日間もつかな。

e0001193_1346978.jpg

[PR]
by kan-net | 2011-06-06 13:49 | 仕事
仕事がいつもより進んだ件
サンサルバドルです。

今日はいつもより仕事が進んだ。

3週間ひとりぼっちだった先週までは、
前半のサンミゲル合宿で相当な体力を消耗してしまったこともあって
後半もずっとアヤフヤと、ダラダラと、時間を浪費してしまった感があった。

先週水曜日に邦人が一人到着したのに続き、
今日はさらに邦人一人到着、さらに一人ローカルスタッフが加入して、
事務所の雰囲気もにわかに活気づいてきたのだった。
仕事の進捗を説明・共有する必要にも促されて、否応なしに整理が進む。
今日はようやく、アヤフヤ・ダラダラ地獄から少し脱せたような気がする。

1カ月半が経過して体力的には厳しくなってきたけど、
これからますます忙しくなるので、勢いをつけて
なんとかなるべく予定通りに6月4日、
それが無理でも次の週末の6月11日までには、
帰国して、そして温泉に入りたい!そう思うのだ。

とりあえず今日はよかった。ビールがいつもより美味しかった!
[PR]
by kan-net | 2011-05-17 15:32 | 仕事