1500words
この前日、水曜日は実験がなく2時半に解放されたにも関わらず、
国際PやADYF、そして高校関係のメールやファイルを作成してて、
一通り終わったのが夜中の0時半。
24日には英語の講義「開発とインフラ」のレポート期限。

90年代インフラ援助投資の批判原因と、
それを克服して途上国のdemandと援助国のsupplyのgapを縮減する方法を論ぜよ。
英語で。1500words以内。

待て待て、前日になって何もしてないから。
レポートラッシュでやる気も時間も削がれ、ちょっと、おかしいから。

てことで配布資料の抜粋転記に傾注することに。もう、写しちゃえば良えねん。
わっせわっせと書き写しちゃえば良えねんて。
と思ってやるけど、これまた抜粋に時間がかかる。
非常にショッキングだったのは20分で60wordsしか書けてなかったこと。
いや…8時間20分とかかけるつもりないから…(-_-)

ちゅーことで頑張って頑張って、終盤890wordsに到達したところで気づいた。
これ1500wordsじゃ写しきれない。オーバーする。
—ということで、適当に終わらせることにした。
最終的に1186words。良いんちゃうの?頑張ったよ俺。

と、やり遂げた感覚の中、漠然と全体を見直して、思った。
これ、質問に対する答えになってないやん。なんかちょっとズレてるやん。
うーーーーー。
見なかったことにした。


反省:忙しすぎる環境を作ってはいけない。
また安易な逃げ道はどうせ足がつく。
[PR]
by kan-net | 2005-06-23 00:00 | 学業
<< ランチ担当 バスケット >>