第4日目(9月1日)
朝早めに起きて、SんごAっこKとぅと共にホーチミン廟を訪問。
そこら中に銃剣をもつ兵士たち。不穏な動きをしたら殺される感じ。
廟内にはホーおじさんの遺体が安置されていて、その周りを歩くことができる。
二列縦隊で並ばされ、本当は立ち止まったら殺されるはずなのだが、
この日はベトナム独立記念日の前日で、記念日は廟が閉じられないためか
多くの熱狂的愛国心をもつベトナム人が多く訪れていたようで、
ホーおじさんの遺体に対して一人一人立ち止まって敬礼をしていた。

さて困った!困ったこれ!!
すでに何度もベトナム語で話しかけられている日本人がここに1人。
他に3人、見たらそれとわかる日本人がいるのだが、くしくも彼らは僕の後ろに並んでいる。
どうする、どうすればいいんだ!
あたしゃこんなところで殺されたかないよ。
しかし…だからといってホーおじさんに敬礼をするのか?ベトナムに身を売るのか!?

一人一人が敬礼するため列は一歩一歩ゆっくり進む。
日本人の斬り込み隊長にとってはあたかも死刑台に向かう列のよう。
そして遂に自分の番!


(ちら見) …………… ぷいっ


無視してやった!どうだホー参ったか!!
といらーぐぉいにゃっと!!(私は日本人です)

後ろから来た仲間たち曰く、「ベトナム人はあっけに取られていた」と。
よしっ!!


10時からはADYFの友人としてSCのために尽力してくれていた
Tエちゃん(V:本名Lンちゃん)とカフェにてミーティング。S子さんAっこと共に。
Tエちゃんが翌日のハノイツアーの計画を説明してくれて、その詳細の打ち合わせや
SC全体の日程確認を行う。

ミーティング終了後はHアくん(V)が招いてくれた昼食会に合流。
この店、なんと、「犬肉料理屋」。
これについては賛否あるだろうしコメントは短めにしておく。
食べました。ジューシーでした。

ちなみにこのとき右隣、右右隣、右前、右右前に座った男衆、4人とも、英語できず。
いや、僕も満足にできないんだけどね。彼ら自己紹介が精一杯だったの。
そんなときに何が起こるかというと。
酒!!45%のウイスキー!!
ウイスキーグラス、あの、ちっちゃいやつなんだけど、ドクドク注いでくるのね。
×12,3杯
くそぉ、こいつら何考えてやがる、よくわかんねぇけど
かんぱぁーーーーーい!

あの時ベトナム人と最もコミュニケーションをとったのは僕だったと言い切る自信がある。
代わりに終わったあとはADYFメンバーに怒られてしまった…そう、
15時からは農村開発省(MARD:Ministry of Agriculture and Rural Development)に
訪問するというアポイントメントがあったのである。
「お前つれていかねぇ」
「ごめんなさい許してぇぇぇ」
必死で謝罪。
何とか許していただいて、MARD訪問に参加させていただいた。

MARDでは農協出身のM久(J)さんより、
ベトナムに日本の農協システムを移行することについてお話を聞かせていただいた。
しっかり質問とか考えていったんだけど、概要説明でたっぷり時間をとられたこと、
そして個人的にガッツリ飲んだ後だったことにより、完全に落ちてしまった。
任せたKとぅ&Tかと。僕はしばらく考える人になる。

ホテルに戻るとTっちーOぎMえーんYっこが既に到着していた。
みんなで夕食を食べに出かけて、メイン期間の開始を祝う。
のも束の間、SんごYっこYみAっこKとぅと僕は水上人形劇(写真)に向かった。

e0001193_19211574.jpgこれ、旅行ガイドブックなんかだと
「子供騙しと思うな、すげぇから。仕組みとかわからんから。」
みたいに書いてあり、どんな業を見せてくれるものかと楽しみにして行った。

それで、実際どうだったかって言うと。
うーーーーん。
仕組みわかっちゃったような気がするんだ。
ここに観察結果を細かく書くのは営業妨害になって追っ手がかかりそうだからやめておくけど。

ただ、Aっこが興奮気味に話していた通り、
ストーリー性は完全無視、なんでもあり、関節なしの人形劇。
なぜ小船が水浸しなのに沈まないのかなんて、そんな野暮ったいこと疑問に思っちゃイカン。
あの薄気味悪い人形たちの何とも不可解な動きを楽しむことが大切なのだろう。
そういった意味で、ハノイへ行く人には水上人形劇、僕からもお勧めしたい。

終了後はホテルに戻ってミーティング。夜遅くなっちゃったけどしっかりやる。
一日過ぎたら状況がガラリと変わる世界なので、念入りに。
夜の便でMるが合流したので、全体でやった後には第二陣相手に改めて情報共有。
翌日からのますますハードな日々に備えた。
ただしその時点ではまさか翌日があれほどハードな日になるとは思いもよらなかったのだ…。
[PR]
by kan-net | 2005-09-01 00:00 | サークル
<< 第5日目(9月2日) 第3日目(8月31日) >>