じすっ
JIS [Japanese Industrial Standards: 日本工業規格]
工業標準化法に基づいて制定される標準。鉱工業品の品質の改善、生産能率の増進、生産の合理化、取引の単純公正化、使用、消費の合理化を図る等を目的として、鉱工業品の種類、形式、寸法、構造、品質等の要素、また、鉱工業品の生産方法、設計方法、使用方法等の方法、若しくは試験、検査等の方法その他について規定するもの。
(引用:日本工業標準調査会HP)




JIS規格に沿って測定装置を作成した。
実際に使ってみたところ、ぜんぜん使えないことがわかった。


真剣に凹む。真剣に。
もう時間ないんですけど。
JISに振り回されてる暇はないんですけど。
がっかりだ。。。


JISが使えないとわかった以上、JIS超えの測定装置を作らざるを得ない。


じすごえ。今週中にじすごえ。




繰り返すようだけれども修論は良いものを書きたいのです。良い研究をしたい。
研究を通して自分自身にとって勉強になった、経験になったでは終わらせられない。
修士課程には社会に対して何らかの成果を出すべき責務があると思うのです。
もしくは「出せるはずだ」という思いがその責務を感じさせているのかもしれない。

成果偏重で考えているわけではなく、ただ、今は研究が楽しいしやりがいがあるし、
この調子でやっていけば何か生み出せるんじゃないかという気がしている。
ただし時間は限られていて、学生でいられる時間はあと半年を切っている。
「この調子」でやってる場合ではない。この調子では価値の低い研究どまりになってしまう。
ルート2倍くらいの加速が最低限必要だ。

【今後の予定】
・ルート2倍で11月中旬までを加速して乗り切る。ここであっさりじすごえ。
・その後やや動きが鈍る。ルート2倍による疲労が蓄積。台湾の学会含む約1週間。
・その後はさらにルート2倍、つまり現在から比べて2倍に加速する。これが11月下旬。
・そこからはスクランブル体制に入る。右半身と左半身が別々に移動可。幽体離脱可。
・そして誕生日を迎える。人々のあたたかい声援や手拍子が身にしみる。頬をつたう涙。
・忘れ得ぬクリスマス(今度の合コンの結果次第)。それは二度と戻らないあの冬の思い出。
・やがて年末年始。顔が真っ青に見えるのは雪のせいですと親に報告。
・ここからはもはや肉弾戦。「肉弾」ってなんかちょっと気持ち悪いけど肉弾戦。
・そして論文提出・発表。もはやこの頃はルート2倍くらいにしておかないと体力が持たない。


うーん
11月下旬から12月中旬にかけての加速がMax2.2倍くらいじゃないと
納得いくレベルに到達しなさそうな気がする。
あと今から11月中旬までのルート2倍の質をかなり良くしないと
12月下旬に入って手遅れを嘆くことになりそうな気がするな。


あわわ
そう考えるとちょっと2月までの計画を改めてしっかり練り直さんとまずいな。
週単位での計画を一度かっちり考えたいな。進むにつれて変更があるにしても。


あわわ
そんなこと言ってる一方で左手が発泡酒を口に注いでるし。
その左手に持たれているのは、はい、「STRONG SEVEN」です。
はい、シーズン3箱目です。



でも真剣に、シャワー浴びてすっきりしてから計画練るとするか。うん。
[PR]
by kan-net | 2008-10-27 23:29 | 学業
<< 修論発表終了 げんしゃ >>